神戸大と名古屋大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

公開日: : その他の話題

神戸大と名古屋大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い – Retire in their 20s

神戸大学と名古屋大学の偏差値やレベルはどっちが上か?そういった点が気になっている人もいるでしょう。神戸大学は関西地域の有名国立大学で、名古屋大学は旧帝大に属する大学であるため、ともに非常に難易度は高いでしょうし、頭いいというイメージもあるでしょう。ただ、実際に神戸大学と名古屋大学の偏差値やレベルの比較をしたら、どっちが難しいと言えるのか?に関して調べていきたいと思います。また、両者のイメージや雰囲気の違いもチェックしていきます。そういった部分を考慮したうえで、神戸大学と名古屋大学はどっちがいいか?に関して考えていくといいのです。

 

神戸大学と名古屋大学の学部ごとの偏差値の違いは?

神戸大学と名古屋大学の偏差値やレベルの違いをチェックして、どっちが上か?を考えていきますが、今回は河合塾の偏差値を使用していきます。まずは文学部からです。神戸大学が62.5~67.5で、名古屋大学が62.5となっています。文学部は神戸大学の方が難易度が高い状況です。次は法学部ですけど、神戸大学が62.5で、名古屋大学が60.0です。法学部についても神戸大学の方がレベルは高くなっています。さらに経済学部はどうか?というと、神戸大学が62.5~65.0で、名古屋大学が60.0です。経済学部は割と大きな差で、神戸大学の方が偏差値は上です。文系の比較に関してはこういった状況となっています。比較できる学部は多くありませんが、神戸大学と名古屋大学の文系学部における比較をしたら、全体的には神戸大学の方がレベルは高いと言えます。文系学部について、どっちが上か?というと、神戸大学という結論になりそうです。

 

あとは理系についても比較をしていきたいと思います。まずは理学部ですが、神戸大学が55.0~65.0で、名古屋大学が57.5です。理学部に関しては、神戸大学の方が難易度が高いと評価できるはずです。次は工学部ですけど、神戸大学が57.5~65.0で、名古屋大学が60.0です。工学部についても神戸大学の方が偏差値は高いと言えそうです。そして、農学部はどうか?と言えば、神戸大学が57.5~62.5で、名古屋大学が55.0~57.5です。農学部も神戸大学の方がレベルは高い状況でしょう。最後に医学部ですけど、神戸大学が55.0~67.5で、名古屋大学が52.5~67.5です。医学部に関しても、微々たる差ではありますが、神戸大学の方が難しいと言えると思います。こうして見ると、理系学部に関しても神戸大学の方が上と言えるのではないか?と思います。神戸大学と名古屋大学はどっちが上か?と言えば、偏差値やレベルの違いを見ると、こういう結果になるのでしょう。神戸大学の方がやや頭いいと評価できるかもしれません。しかし、両者のイメージや雰囲気の違いという点もチェックしておいてほしいです。そのうえで神戸大学と名古屋大学はどっちがいいか?を判断していくといいと思います。

 

神戸大学と名古屋大学のイメージや雰囲気の違いは?

神戸大学と名古屋大学のイメージや雰囲気の違いをチェックしていきたいと思いますが、両者のキャンパスの立地条件について特に見ていきましょう。神戸大学は兵庫県神戸市にあり、いずれの学部も神戸市内にキャンパスがあります。したがって、県内ではかなり都会的な雰囲気を感じやすい、国際的な場所で学ぶことになります。一方の名古屋大学に関しては、愛知県名古屋市にキャンパスが存在しています。いずれの学部もここで学ぶことになるので、神戸大学同様に割と都会的な場所で就学ができると言えるでしょう。神戸大学と名古屋大学に関しては、キャンパスの場所はもちろん違いますが、雰囲気的には似ている面は大いにあると思います。どちらも都会的な場所で学べるため、あとは神戸と名古屋の好みの違いという点になってしまいます。神戸大学と名古屋大学はどっちがいいか?に関しては、キャンパスの立地条件などを含めて考えるといいと思うものの、差はあまり感じづらいと思います。

 

神戸大学と名古屋大学では就職の違いはある?

神戸大学と名古屋大学において、就職に関する違いはあるのでしょうか?兵庫県内、愛知県内であればそれぞれの大学が評価されやすくなる可能性はあります。しかし、全国的な傾向ではどうなのか?という点は重要です。神戸大学と名古屋大学の偏差値やレベルをチェックすると、文系と理系ともに神戸大学の方がやや難易度は上と言える可能性があります。しかし、名古屋大学は旧帝大であり、世間一般では国公立大学のトップクラスと位置付けられています。つまり、実態としては神戸大学の方が難しいかもしれませんが、世間のイメージとしては名古屋大学の方が上という状況と思われるのです。でも、問題は人事がどういう評価をするか?でしょう。この2つの大学に関していえば、評価それ自体はほとんど変わらない可能性があります。神戸大学と名古屋大学は世間一般ではともに頭いいと言える学歴です。偏差値やレベルでいえば、神戸大学の方が多少なりとも高いとしても、旧帝大のブランドは非常に強いのです。両者ともに評価されるべきポイントを有しているがゆえに、評価はあまり変わらないというのが予想です。就職において、神戸大学と名古屋大学はどっちがいいか?については、どちらを選んでも結果に大きな影響を与えることは考えづらいと思います。就職はそもそも大学名よりも個人の資質の方が大切ですし、面接でどのくらい評価されるのか?が最終的には大きく関係しますから。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

産近甲龍の偏差値やレベルは?順番に並べたときの序列、順位で1番頭がいいのは?

関西の大学群である産近甲龍は関東の人間からすると、あまり馴染みがないでしょう。知っている人は

記事を読む

名古屋市立大学の偏差値は高い!倍率やセンターの足きりのボーダーラインや入りやすい学部はある?

愛知県の名古屋市には名古屋大学と南山大学という2つの有名大学がありますが、この2つの大学以外

記事を読む

日本大学経済学部の偏差値や倍率は?評判や口コミとボーダーラインはどうなっているのか?

日本大学経済学部は日本大学の文系学部の中でも有名で、人気の学部の1つと言えるでしょう。文系学

記事を読む

筑波大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや早慶、関関同立あたり?

筑波大学を受験する人はどういったところを滑り止めにするのか?そこは重要です。筑波大学を受験す

記事を読む

明治大学の併願や滑り止はどこがいい?成城、明治学院はきつい?日東駒専まで下げるべきか?

今や私立大学の中では1番人気が上昇してきているのが明治大学になるかもしれません。この明治大学

記事を読む

AO入試は受けるべき?受かる人と落ちる人の特徴は?受かりやすい人はどんな人?

大学受験は一般入試以外にもいろいろな方法で受けていくことができますけど、その中にはAO入試が

記事を読む

法政大学のT日程の難易度や倍率は?合格最低点とA方式との違いについて

法政大学のT日程を受験する予定の人はその難易度を理解しておく必要があります。法政大学のT日程

記事を読む

駒澤大学は頭いい、高学歴のイメージができつつあるのでモテる?スポーツの話題やキャンパスの立地も魅力的

駒澤大学と言えばどういったイメージでしょうか?各自でいろいろな印象を抱くのではないか?と思わ

記事を読む

明治学院大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめは日東駒専や成蹊、成城、獨協、國學院、武蔵などか?

明治学院大学を受験するにあたって、どういった滑り止めや併願が必要なのか?そこが気になっている

記事を読む

金沢大学とMARCHはレベルではどっちが上?就職の比較はどっちがいい?有利なのか?

北陸地方ではかなり人気の高い金沢大学ですけど、その金沢大学はこのエリアでは受験生に特に人気で

記事を読む

アリアケジャパンの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

アリアケジャパンの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここ

就活は不採用でも落ち込むのがマズイ理由は?再応募は不利?落ちた企業をもう一度受けるメリット!

就活では合否の結果はどのようにして伝えられるのでしょうか?就活

あじかんの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

あじかんの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

集団討論で意見が思いつかないとき、効果的な発言の仕方は?立ち回り方はどうすべき?

集団討論においては、意見を言わないといけない、何か喋らないとい

静岡鉄道の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

静岡鉄道の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職を

→もっと見る

PAGE TOP ↑