大阪大学の滑り止めや併願はどこがいい?同志社やMARCH、早慶上智がおすすめ?

公開日: : その他の話題

大阪大学の滑り止めや併願はどこがいい?同志社やMARCH、早慶上智がおすすめ? – Retire in their 20s

大阪大学を受験する予定の人にとっては、滑り止めや併願をどうするか?どこがいいか?という問題は非常に重要です。本命は大阪大学だとしても、それとは別にいくつかの大学を受ける人が大半だと思うので、どういったところがおすすめなのか?は事前にきちんと考えておきましょう。大阪大学の滑り止めや併願としてどういった候補があるのか?どこがいいか?に関して、ここで紹介していきたいと思います。すでに決まっている人は各自で自由に考えてもらっていいですけど、どこがいいか?悩んでいる人や全然決まらない人であれば、少しでも参考にしてもらいたいと思うのです。

 

大阪大学の滑り止めの候補はどこがいい?

大阪大学の場合、旧帝大ということで偏差値が非常に高いです。私立大学で言えば早慶と並び称されるレベルでしょう。そのため、滑り止めに関してはそれよりも下のランクということになります。共通テスト利用を除く、一般入試で受験するという前提で説明をしていきます。滑り止めは基本的に私立大学になりますが、大阪大学の場合には関関同立は1つの候補になるでしょう。特に同志社大学の場合には、京都大学の滑り止めとしてもメジャーです。大阪大学においても、同志社大学は偏差値的に滑り止めとしておすすめになります。それ以外の立命館大学、関西学院大学、関西大学でも構いませんが、ややレベルが落ちるという印象もあるので、そこまで下げなくてもと思える面はあります。しかし、大阪大学に受かる自信があまりないとか、模試での結果が芳しくない場合には、同志社大学が滑り止めにならない可能性もあります。だから、そういう人たちは立命館大学、関西学院大学、関西大学を滑り止めとして受けると良いと思うのです。さすがに産近甲龍まで落とす必要はなく、というかそこまで落とさないといけない人は、大阪大学の受験自体が無謀すぎる気もします。

 

そして、関東の大学を受験するという手もあります。関関同立に対応するMARCHあたりは特におすすめです。早慶は滑り止めになりませんし、上智大学もきついと思います。そうなると、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学あたりは狙い目でしょう。さらには学習院大学もいいかもしれません。大阪大学の滑り止めはどこかいいか?において、関東の大学で最もおすすめなのはこのランクでしょう。MARCHに関しても、明治大学、青山学院大学、立教大学の方がレベルが高くて、中央大学、法政大学は相対的にランクが下がる印象なので、そこも踏まえて滑り止めはどこがいいか?考えていきましょう。関東では日東駒専よりも上のランクに成蹊、成城、明治学院、獨協、國學院、武蔵といった大学がありますけど、ここも滑り止めとしてはあまり適切とは思えません。だから、基本的にはMARCHレベルは確実に受かるように、実力をつけてほしいと思います。

 

大阪大学の併願としておすすめなのは?

大阪大学の滑り止めに関しては、すでにおすすめなところを挙げさせてもらいました。ただ、併願に関しても重要と言えます。滑り止めは受けても1つ、2つというケースが多いでしょうけど、併願はもっと多く受ける可能性も大いにあります。大阪大学の併願としてはまず候補に挙がるのは早慶です。そして、上智大学も含めることができるでしょう。早慶に関しては、大阪大学とかなり難易度が近いと言われています。科目数が異なる面があるので、人によって難易度の感じ方は違う可能性はありますが、全体的に見たら近い存在だと思うのです。上智大学に関しては、大阪大学よりは多少なりとも難易度が落ちるように見えますが、滑り止めにするにはちょっと難しい気もしてきます。人によっては滑り止めになる場合もありえるものの、そうではない受験生も多いと思うので、上智大学はどちらかと言えば併願の候補になると思います。それ以外となると、私立大学に関しては併願と言えるレベルの大学はあまりないです。人によっては同志社大学やMARCHの上位レベル(明治、青学、立教)あたりが候補になりそうなくらいです。

 

国公立大学は中期や後期で受けるという手もありますが、前期で大阪大学に落ちて、志望大学を変えた方がいいと感じたときには、そういう選択肢も必要かもしれません。ただ、そうなると必然的に大阪大学よりもランクが下の大学ということになります。どういった日程で受けられるか?は大学ごとに異なるので、そこの確認も必要ですが、例えば神戸大学、大阪公立大学、関東だと横浜国立大学、東京都立大学あたりが候補になるのではないか?と思います。国公立大学の併願については、前期で受験する大阪大学の結果次第の面が強く、落ちた場合にどれくらいの手応えがあったか?なども関係してきます。大阪大学の場合、後期日程は多くの学部で内容ですから、前期で落ちると中期や後期は別の大学を受けるという選択になってしまいます。私立大学のみ受験して、国公立大学は大阪大学以外受けないという手もありますけど。大阪大学の併願はどこがいいか?おすすめか?については、こういった部分で考えていくと良いでしょう。滑り止めも重要ですが、併願として受ける大学の方が多くなる可能性も十分にあるため、しっかりと検討してほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

学習院大学のキャンパスの雰囲気や授業、就職の評判は?

東京都の目白にある学習院大学は、非常に洗練された雰囲気の中で学んでいる感じがします。学習院大

記事を読む

部活動はなんのために?だるい、めんどうくさいからサボると怒る奴いるし、あり方を考え直すべき

学校での部活動ってなんのためにあるんですかね?部活動のあり方を考える機会が私もあったのだが、

記事を読む

同志社大学文化情報学部は偏差値や難易度で入りやすい学部?倍率や合格最低点、センター利用のボーダーを知っておこう

同志社大学に特徴的な学部と言えば、文化情報学部になるのではないでしょうか?他の大学になかなか

記事を読む

河合塾の模試の難易度は難しい?信憑性や信頼度は?判定は厳しい?

大学受験の模試を受けている人も多くいると思いますが、中でも有名なのは河合塾になるでしょうか。

記事を読む

成城大学と明治学院大学はレベルはどっちが上?就職はどっちがいい?ほぼ同じ評価か?

成城大学と明治学院大学はどっちが上でしょうか?成城大学と明治学院大学ではレベルに差があるのか

記事を読む

上智大学のキャンパスの雰囲気や授業の評判は?就職実績は強い

早慶上智として関東の私立大学はこの3つがだいたいトップに君臨していますが、上智大学に進学した

記事を読む

大阪商業大学の偏差値や倍率は?評判は高い?ボーダーラインや合格最低点の情報について

関西には多くの私立大学がありますが、やはり有名なのは関関同立や産近甲龍です。しかし、そういっ

記事を読む

東洋大学国際地域学部の偏差値と難易度は上昇気味?倍率と評判も高く人気になりつつある

東洋大学の中でも比較的最近になってできた学部として、国際地域学部があります。「国際」が付く学

記事を読む

東洋大学のキャンパスの雰囲気や学生の評判と就職実績、就職率について

東洋大学は近年人気をとても上げてきており、受験の難易度もとても高くなってきています。その東洋

記事を読む

節約と生活費を抑えた隠居、ミニマリストな生き方が今後の主流に?

「ミニマリスト」という言葉をご存知でしょうか?これはここ1年か、2年くらいでよく聞かれるよう

記事を読む

東北大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや上智、理科大、早慶あたりか?

東北大学を受験する人にとって、どんなところを滑り止めや併願先に

大妻女子と清泉女子のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

大妻女子大学と清泉女子大学はどっちが上でしょうか?どちらも都内

クリナップの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

クリナップの就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したい

法政大学はちょうどいい高学歴で頭いいからモテる?男子のみならず、女子にも人気な大学

法政大学に入学すればモテるでしょうか?法政大学と言えば、MAR

駒場学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

駒場学園高校は東京都世田谷区にある男女共学の学校です。最寄り駅

→もっと見る

PAGE TOP ↑