家族や一人暮らしの引越しの見積もりは何社、何件依頼すべき?

公開日: : その他の話題

家族や一人暮らしの引越しの見積もりは何社、何件依頼すべき?9b6f49409ffb4500f75d272b472eaaa3_s

引越しをするときには、事前に見積もりをしてもらって、どれくらいの金額がかかりそうか?というのをチェックすると思います。そのときには、1社だけにしか見積もりを依頼しないというケースは少ないと思います。だいたい何社か、複数の業者にお願いをすると思います。ただ、一体何社くらいにお願いをするのが妥当なのか?その数の線引きについては分からないかもしれません。これはどういう規模の引越しを行うか?についてちょっと違うのです。荷物が多くなる場合とそうじゃない場合では、微妙に異なってくるので、それについても後で説明をしたいと思います。今は非常に便利な時代になり、引越しの見積もりはとりあえず多ければ多いほど良いと思います。今は手間がかかりませんからね。

 

一人暮らし、単身用の引越しは1社でも多く見積もりを!

引越しの見積もりには、だいたいインターネットからの一括見積もりサイトが主流となっています。こういったサイトは、主に1人暮らしをする人とか、単身者を想定していると思います。こうしたサイトは、ネットから必要事項を入力して見積もりをしてもらえれば、すぐに見積もりが出ます。おまけに1社だけじゃなくて、複数の会社からの見積もりが一挙に出ます。従来は電話やメールによる見積もりでしたから、見積もりをお願いする業者の数に比例して、見積もりのための電話やメールをする手間がかかっていましたが、こうした一括見積もりサイトができたことで、1社分の手間で複数の会社、10社とか、20社とかに1度に見積もりをお願いすることができるようになったのです。だから、こうしたサイトを利用して引越しの見積もりをする場合には見積もりを依頼する会社は多ければ多いほど良いです。それは1件多ければ、より1円でも安い業者に出会える可能性があるからです。

 

1人暮らし、単身者の引越しの場合は、こうしたネットからの一括見積もりサイトがありますから、やることは1つですね。とにかく一括見積もりをするときに、見積もりを依頼できる業者の数が多いサイトを選ぶということです。先ほど言った様に、1円でも見積もりの安い業者を見つけるには、1件でも一括して依頼できる業者の数が多いサイトの方が良いということです。50社に一括見積もりができるというサイトがあっても、51社に一括見積もりができるサイトの方が絶対に良いわけですよ。だから、1人暮らしをするため、単身者による引越しの場合には、とにかくたくさん見積もりを依頼できる引越しの一括も積もりサイトを探す!これが先決ですね!記事の1番最後に私がオススメするサイトを紹介しておきました。

 

家族で引越しをする場合の見積もりの数は?

引越しは単身者だけではなく、当然家族で引越しをする場合もあります。その場合には、基本的には荷物も相当なものになるので、ネットからの一括見積もりのみでは済まないです。実際に業者の従業員が、その引越しを依頼する家まで行って、荷物の量や大きさを確認するという作業が必要になります。つまり、先ほどみたいに依頼する見積もりの業者が多ければ多いということにはならないのです。業者が多ければ多いほど、自宅に招き入れる回数も増えてしまい、それは大変な負担になります。ネットから一括見積もりをするだけならば、50社でも100社でも問題ありませんが、実際に自宅に来て荷物の良や数を確認する場合には、50社、100社も来られたら大変です。応対するのも大変ですけど、何よりもいつ終わるか?分かりませんから、多大な時間と労力が必要になりますから、家族での引越しの場合は見積もりを依頼する業者の数は多ければ多いほど良いとは言いづらいのです。家族での引越しを予定している場合には、最低2社くらい。多くても5社以内にすれば十分じゃないか?と思います。手間が多少かかっても良いというのであれば、多く依頼しても構いませんけど、ファミリー引越しの場合は、多くの業者に依頼をしても、さほど見積もりの金額に差が出ないとされているので、これくらいの数依頼すれば十分じゃないでしょうか?

 

ネットからの一括見積もりでオススメしたいサイト!

これは「」になります。ここはネットの一括見積もりサイトの中では、特に評判の良い、利用者の多いサイトです。というのも、ここは一括で依頼ができる数というのが物凄く多いです。なんと最大で100社に依頼をすることができます。ここまで多くの業者に一括して見積もりを依頼できるサイトというのは、そうないと思います。100社も依頼できれば、かなり安い業者を見つけることも可能で、そこから非常に安い費用で引越しをお願いすることが出来る。それを実現できる可能性が高いということです。ただ、安いだけじゃ心配という方もいるかもしれません。安いだけでサービスがよくないとか、そういう引越し業者を避けるためには、ホームズのサイトの中に、各引越し業者の口コミが載っているのです。それは過去にその業者を実際に利用した人が投稿したもので、それを見ると利用者がその業者に対して、どういう印象を受けたのか?が分かり、良い業者とそうじゃない業者を事前に見分けることができます。したがって、一括見積もりをして、その中で安い業者を見つけて、それらの業者の口コミはないか?というのをホームズで探してみる。この2つを利用して、見積もり費用が安く、過去の利用者からの評判も良い、トータルで1番良い業者を見つけてほしいと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

西南学院大学のレベルは日東駒専や産近甲龍と比較してどっちが上なのか?

西南学院大学のレベルはどれくらいなのでしょうか?他大学と比較すると分かりやすいかもしれません

記事を読む

独身の場合、持ち家と賃貸はどっちが得?老後の問題は?

独身の人は賃貸に住むというのが一般的な価値観として定着してきましたが、近年はマンションなど、

記事を読む

大谷大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっているのか?

関西にある大学で大谷大学という大学があります。大谷大学は規模はそこまで大きくありませんが、関

記事を読む

日本女子大学のキャンパスの雰囲気や評判と口コミは?就職実績で就職率などは高い?

日本女子大学のキャンパスに関してはどういう場所になるのか?知っておきましょう。日本女子大学の

記事を読む

一橋大学の在学生の評判は格段に良い!就職や雰囲気も優れている

首都圏の国立大学では特に偏差値が高い名門大学として有名なのは一橋大学です。東京大学に次ぐ偏差

記事を読む

早稲田大学法学部の偏差値や難易度はトップクラス!評判も実績も高い

早稲田大学では、やはり看板学部としては政治経済学部が偏差値でも、知名度でもトップに君臨してい

記事を読む

明治大学法学部の偏差値や難易度は?合格最低点が高く、基礎の勉強が大切か!?

明治大学の中では偏差値的に抜けている学部はないものの、伝統的に強いのが法学部です。司法試験の

記事を読む

大阪大学の偏差値は高いがセンターのボーダーや足きりで入りやすい学部は外国語学部!

関西圏では抜群の知名度と難易度を誇るのが大阪大学になりますが、この大阪大学ではどの学部が入り

記事を読む

東京工科大学の偏差値は50前後?難易度や受かりやすい学部は工学部とコンピュータサイエンス学部か?

理系の学生は就職などに有利と言われており、その点に関しては文系よりも理系を選ぶ人が多くいます

記事を読む

近畿大学文芸学部の偏差値や難易度は?倍率や合格最低点は?評判で授業やゼミのことについて

近畿大学は全体的にレベルが上がってきており、非常に難しい大学の1つになりつつあると思います。

記事を読む

no image
エーザイの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

エーザイに就職したいと思っている人はその難易度を把握しておきましょう。

協和発酵バイオの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

協和発酵バイオに就職したいという人もいるはず。そういったときに

三陽商会の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

三陽商会に就職したいと思っている人もいるのではないでしょうか?三陽商会

マニュライフ生命の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

マニュライフ生命保険の就職の難易度はどれくらいか?というのは気

ビズリーチの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ビズリーチに関して、就職の難易度というものを知っておいてほしい

→もっと見る

PAGE TOP ↑