明治大と学習院大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

公開日: : その他の話題

明治大と学習院大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い – Retire in their 20s

明治大学と学習院大学はどっちが上か?どちらもGMARCHと括られることが多い大学だけに、偏差値やレベルの違いは気になるかもしれません。明治大学と学習院大学はどっちが上か?を調べるには、両者の偏差値やレベルをチェックしていくと良いでしょう。そういった面から、それぞれの難易度の違いを把握してほしいです。一般的に言えば、どちらも非常に頭いいと言えるような学歴だと思うので、両者ともに問題ない学歴だとは思いますけど。また、明治大学と学習院大学のイメージや雰囲気の違いについてもみていきたいと思います。偏差値やレベルとは別の部分の比較もして、最終的にどっちがいいか?を考えていくといいです。

 

明治大学と学習院大学の学部ごとの偏差値の違いは?

明治大学と学習院大学はどっちが上か?について、実際に考えていきたいと思います。学部ごとの偏差値を見比べていきますけど、今回は河合塾の偏差値を参考にしていきたいと思います。まずは文学部からです。明治大学が60.0~65.0で、学習院大学が57.5~60.0です。したがって、文学部の偏差値はかなり差があります。次は法学部ですが、明治大学が60.0~62.5で、学習院大学が60.0です。法学部は微妙な差ではあるものの、明治大学の方が難易度は高いです。そして、経済学部(政治経済学部)については、明治大学が62.5~65.0で、学習院大学が57.5~60.0です。こちらも明治大学の方が難しいと評価できます。あとは国際系の学部ですが、明治大学の国際日本学部が62.5で、学習院大学の国際社会科学部が57.5なので、国際系の学部も明治大学の方がレベルは上でしょう。最後に理系ですけど、明治大学の理工学部が57.5~62.5で、学習院大学の理学部が55.0~57.5となっています。

 

こういったところが両者の難易度の比較です。理系に関しても明治大学の方が偏差値は高いため、明治大学と学習院大学はどっちが上か?というと、文系と理系ともに明治大学という扱いになるでしょう。そこは世間のイメージ通りかもしれません。どの学部においても、基本的には明治大学の方が難しいということで、GMARCHでも難易度に関しては割と差があるのです。しかし、一般的に言えば、GMARCHは頭いいという印象がありそうですし、明治大学と学習院大学も高学歴と言える範囲ではないか?と思います。そういう意味では、世間の見方としては同じようなレベルという感覚である可能性もあるのです。そして、明治大学と学習院大学のイメージや雰囲気の違いも知っておいてほしいです。どっちがいいか?を考える際にはそういった面も必要になってきますから。

 

明治大学と学習院大学のイメージや雰囲気の違いは?

明治大学と学習院大学のイメージや雰囲気の違いについて知っておいてほしいですが、やはりキャンパスの立地条件の面は重要でしょう。明治大学は主に和泉キャンパスと駿河台キャンパスがメインで、それぞれ東京都杉並区、東京都千代田区になります。どちらも割と都心に近い雰囲気です。それ以外の一部の学部は東京都中野区の中野キャンパスで学びますし、理系中心の神奈川県川崎市にある生田キャンパスもあります。学部ごとにそれぞれ異なった場所で学ぶ点は特徴です。一方の学習院大学は東京都豊島区の目白キャンパスで全学生が学びます。隣が池袋駅で、新宿駅にも近い場所にあるので、こちらも都心の雰囲気を感じやすい状況でしょう。キャンパスの立地条件としては、こういった違いがあります。ただ、明治大学の方がどうしても規模が大きく感じやすいです。学生数が多いので、特に和泉と駿河台においてはそのような雰囲気だと思います。逆に学習院大学は規模がやや小さく感じやすいです。どっちがいいか?は好みの問題になるので、一概には言えないでしょう。したがって、それぞれのキャンパスなどを観察したうえで、自分にとって望ましい方を選んでいくと良いと思います。

 

明治大学と学習院大学では就職に違いはある?

明治大学と学習院大学において、就職の違いがあるか?というと、世間一般では同じレベルとなっているので、基本的には人事の評価として大きな差は生まれないでしょう。GMARCHという扱いになるでしょうから、難易度がほぼ同じ状況においては、基本的には扱いに違いは生じないと言えます。しかし、厳密に言えば、明治大学の方が多少評価が上がる可能性はあります。微妙なところだとは思いますけど。大雑把に言えば評価は同じであるものの、場合によってはほんの少し明治大学の方が有利になるかもしれない面はあるということです。また、OBやOGの数は明治大学の方が多いので、そこも明治大学の方をおすすめする理由になる余地があります。一般的には明治大学と学習院大学も頭いいと言える大学ではあるものの、そういった点は覚えておきましょう。学歴的には評価はほぼ変わりませんが、少しでも有利になりたいならば明治大学の方がいいかもしれません。でも、就活は学歴よりも個人の資質の方が大分重要なので、学歴だけあっても内定が取れるとは限らない、結局は面接などでどう評価されるか?が大切という点は覚えておいてほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

東京大学と京都大学のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

東京大学と京都大学に関しては日本の大学の中でもトップ2の評価を受けている状況ではないでしょう

記事を読む

明治学院大学で入りやすい学部は法学部と社会学部?国際学部と心理学部は偏差値が高い!

  明治学院大学はミッション系の中堅大学と難関大学の間という位置づけになると

記事を読む

MARCHトップは立教大学?明治大学?1番はどっち?進学はどっちがいいのか?

MARCHのトップは明治大学か?立教大学か?というところはよく争われています。今から10年前

記事を読む

図書館の無料貸出しで出版業界の今後はオワコン化、衰退する?

出版不況とさえ言われているほど、出版業界はかなり厳しい立場に立たされています。レコード会社な

記事を読む

青山学院大学の評判や雰囲気は?人気が高く魅力的で憧れる人、行きたい人も多い!

青山学院大学に通ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか?そういう方はどんな雰囲気

記事を読む

no image

Fランの大学は就職率や内定率低い、ブラックしかないは嘘?メリットもある

Fランの大学は就職しづらいなんてことがよく言われていますが、それはどうでしょうかね?一概にそうとは言

記事を読む

武庫川女子大学の偏差値や難易度は?倍率や入りやすい学部とボーダーラインなどの情報

関西には有名な女子大というのがいくつかあるのですが、その中には武庫川女子大学があります。これ

記事を読む

横浜市立大学の滑り止めはどこがいい?日東駒専や成成明学獨國武あたり?併願のおすすめは? 

横浜市立大学を受験する人は滑り止めを受けるときにはどこを候補にしていけば良いのでしょうか?横

記事を読む

電車のクーラーが効きすぎ!寒い!逆に暖房が暑すぎ!いらない!という声もある

電車内にはいろいろな人が乗ってくるので、全員にとって快適な過ごし方はできないでしょう。特に夏

記事を読む

no image

金沢大学の偏差値や難易度、倍率とセンター試験の足きりのボーダーラインについて簡単に紹介

金沢大学というのは北陸地方にある国立大学であり、非常に難しい大学の1つです。この金沢大学は学部が3つ

記事を読む

東北大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや上智、理科大、早慶あたりか?

東北大学を受験する人にとって、どんなところを滑り止めや併願先に

大妻女子と清泉女子のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

大妻女子大学と清泉女子大学はどっちが上でしょうか?どちらも都内

クリナップの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

クリナップの就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したい

法政大学はちょうどいい高学歴で頭いいからモテる?男子のみならず、女子にも人気な大学

法政大学に入学すればモテるでしょうか?法政大学と言えば、MAR

駒場学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

駒場学園高校は東京都世田谷区にある男女共学の学校です。最寄り駅

→もっと見る

PAGE TOP ↑