駒沢女子大学の偏差値や難易度は?評判や倍率とボーダーラインなどについて

公開日: : 最終更新日:2018/06/13 その他の話題

駒沢女子大学の偏差値や難易度は?評判や倍率とボーダーラインなどについて

駒沢女子大学というのは女子大の中ではどれくらい知名度があるか?は分かりませんが、人気は高いと思います。駒沢女子大学は偏差値はそこまで高くはないですが、文系と理系の学部がある女子大となっています。駒沢女子大学に入りたいと思っている人は大学の難易度に関して知っておいてほしいと思います。駒沢女子大学の偏差値は学部ごとに違っており、人文学部と人間健康学部があります。人文学部の偏差値は35.0~52.5くらいです。人間健康学部は47.5となっています。これは河合塾の偏差値になりますが、駒沢女子大学に入りたい人は学部ごとの難易度をまずは理解しておいてほしいと思うのです。基本的には文系の人文学部の方が偏差値は低いです。駒沢女子大学は女子大としての評判は割と良いと思うのですが、そこまで難易度が高いわけではないので、人気の女子大だとしても、難しいとまでは言えないかもしれません。人間健康学部は偏差値が一定なのですが、人文学部は学科によってかなり幅があるので、そういった点は細かく見ておきましょう。

 

駒沢女子大学の人文学部の偏差値について

駒沢女子大学の偏差値に関して、人間健康学部はすでに話したように偏差値は一定です。学科が1つしかないので。しかし、人文学部には学科が多くあって、それぞれで偏差値が違っているので、そこをまずは認識しておきましょう。人文学部の偏差値で高いのは住空間デザイン学科で、このBC日程が42.5です。A日程に関しても40.0となっています。それ以外で言うと、心理学科のA日程が40.0です。しかし、BC日程は35.0となっています。そして、それ以外の全ての学科、入試日程は35.0となっているので、駒沢女子大学の偏差値に関しては住空間デザイン学科と心理学科がやや難易度が高いということになるのです。駒沢女子大学の人文学部は日本文化、国際文化、人間関係、心理、住空間デザイン、メディア表現といった学科がありますが、ほとんどが35.0と思って良いと思います。住空間デザインと心理はちょっと難しいけど、他の学科はそこまでじゃないということなのです。駒沢女子大学の人文学部の偏差値はまず認識しておきましょう。駒沢女子大学は人間健康学部の偏差値の方が高いですけど、人文学部も多くの受験生が受けるので、難易度は知っておいてほしいです。

 

そして、センター利用入試のボーダーラインについても頭に入れておいてほしいです。駒沢女子大学のセンター利用のボーダーラインの数字としてはそんなに高くはないですが、これも学部学科によって違います。人間健康学部は70%強くらいとなっています。一方、人文学部のボーダーラインは住空間デザインが60%、心理と人間関係が50%、日本文化とメディア表現が50%弱、国際文化が40%強となっています。したがって、駒沢女子大学のセンター利用のボーダーラインは結構違いがあるということです。駒沢女子大学のセンター利用ではボーダーラインが重要なのですが、この数字は毎年同じというわけではありません。そこも頭に入れておいてほしいと思います。駒沢女子大学の入試科目なども重要です。一般入試、センター利用入試ごとの駒沢女子大学の入試科目や配点も調べておくと良いと思います。駒沢女子大学の入試科目や配点は一般入試、センター利用入試で異なっている可能性がありますから。駒沢女子大学の対策をするときにはそういった情報も必要ですし、センター利用入試の場合はセンター試験の過去問、一般入試の場合には駒沢女子大学の過去問を使って対策をすることになります。

 

駒沢女子大学の倍率はどうなっている?

駒沢女子大学の一般入試の倍率はどうなっているか?というと、簡単に説明すると人文学部は住空間デザイン学科だけがちょっと高いですが、それ以外は全ての学科、入試日程で1倍台です。1.5倍未満の非常に低い倍率となっています。住空間デザイン学科は3~4倍くらいです。日程によってちょっと違いますけど、過去の倍率はそのくらいになっています。一方、人間健康学部の倍率はA日程が2~3倍、B日程がちょっと高くて7倍くらいを記録した年もあります。ただ、B日程は年によって変動が大きいので、ちょっと今後の倍率の予想は難しいです。3倍くらいだった年もありますから。駒沢女子大学の一般入試の倍率については人間健康学部の方は特に変動が大きいと思うので、毎年かなり変わる可能性があることを知っておきましょう。あとは駒沢女子大学の合格最低点なども調べておけたらいいですね。合格最低点に関しては情報として公開していない大学もあるので、駒沢女子大学の合格最低点は調べても出てくるか?は分かりませんが。駒沢女子大学の評判といった部分が分かるのが倍率になると思います。駒沢女子大学の倍率が高いところは評判がいい学部になると思うので、人間健康学部や人文学部の住空間デザイン学科は受験生からも人気が高いのでしょう。それだけ駒沢女子大学の難易度も高いということが言えますが。駒沢女子大学の評判は実際どうなのか?という点について、駒沢女子大学の学生がどんな口コミを持っているのか?という部分から確認をしておきましょう。駒沢女子大学の学生の評価を知っておいてほしいと思います。

 

駒沢女子大学のキャンパスの立地についての評判は?

駒沢女子大学のキャンパスはバスを使って行くことになるようですが、新百合ヶ丘駅、稲城駅、稲城長沼駅からバスが出ており、それを使う学生が多いようです。歩いていけないこともないですけど、山の上にキャンパスがあるので、徒歩で行くのは大変みたいです。そこが駒沢女子大学の学生の口コミからすると不満に感じる部分みたいです。アクセスがあまりよくないという評価になると思います。あとはキャンパスの周りにお店があまりないみたいで、そこもちょっと気になります。スーパーやコンビニがないので、買い物にちょっと困るということも言えます。食事に関しては大学の食堂かコンビニを利用するしかないようです。でも、コンビニがキャンパスの中にあるのは評価が高いと思います。また、駒沢女子大学には喫茶店もあるようですから、女子大っぽい雰囲気もあるということなのです。全体的には駒沢女子大学のキャンパスの評価はそこまで高いわけではないようです。アクセスがよくないというのと周辺環境として何もないという口コミもありますから、駒沢女子大学の学生の評判としては、そういった感じになります。文章で見るだけでは分かりづらいので、キャンパスに行ってみると良いと思いますけどね。駒沢女子大学のキャンパスの雰囲気や立地条件、周辺環境について詳しく自分でも確認すると、より理解がしやすいと言えますから。駒沢女子大学のキャンパスの評判という部分で、学生の口コミを見ながら、自分でもどのように感じるのか?についてもチェックしておくと良いと思います。

 

駒沢女子大学の大学案内が無料で請求できる!

駒沢女子大学に入りたい人、興味を持っているという人はスタディサプリから資料請求ができることを知っておきましょう。ここで請求できるのは駒沢女子大学の大学案内で、入試情報や学生生活の情報について特に詳しく載っています。入試情報については、駒沢女子大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などを分かりやすく細かくまとめてくれていますし、過去の入試結果から駒沢女子大学の倍率や合格最低点などが載っている可能性もあり、とても貴重な資料と言えます。学生生活の情報については、駒沢女子大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルの雰囲気はどんな感じなのか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?と言った情報を詳しく載せており、自分が駒沢女子大学に入学したらどんな四年間を歩むのか?想像しやすい内容となっています。これを読むと、今まで知らなかった駒沢女子大学の魅力に気付くということもできるのではないでしょうか?スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「駒沢女子大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所を入力して送信すると、自宅に届くということになります。無料で請求できますから、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

関西学院大学と立命館大学のレベルはどっちが上?どっちがいい?就職やキャンパスの違いを比較してみました

関西の私立大学と言えば、やはり関関同立は大きな存在と言えますが、この関関同立の中ではトップが

記事を読む

筑波大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや早慶、関関同立あたり?

筑波大学を受験する人はどういったところを滑り止めにするのか?そこは重要です。筑波大学を受験す

記事を読む

学習院大学の偏差値で入りやすい学部は文学部!倍率や合格最低点、ボーダーが低い日東駒専レベルの学科がある!

学習院大学と言えば、学部が少なくて少数精鋭の学生が学んでいるという印象ではありますけど、学習

記事を読む

立教大学の英語の傾向は短い時間で語数多い英文の処理が必要

立教大学に受かりたい人多いと思います。立教大学は日本のミッション系の大学の中でも非常に有名大

記事を読む

鎌倉女子大学の偏差値や倍率は?評判は高い?ボーダーラインの得点率や入りやすい学部について

鎌倉女子大学は神奈川県にある女子大としてそれなりに評判がいいと言える面もあります。鎌倉女子大

記事を読む

国民年金を未納、払わない人が増加中=年金不信という世論

20歳を越えると、必ず入らないといけないとされている国民年金ですが、これは仮に払わないとでい

記事を読む

no image

Fランの大学は就職率や内定率低い、ブラックしかないは嘘?メリットもある

Fランの大学は就職しづらいなんてことがよく言われていますが、それはどうでしょうかね?一概にそうとは言

記事を読む

学習院大学のキャンパスの雰囲気や授業、就職の評判は?

東京都の目白にある学習院大学は、非常に洗練された雰囲気の中で学んでいる感じがします。学習院大

記事を読む

日本大学法学部の偏差値や倍率と評判、合格最低点やボーダーラインはどうか?

日本大学の文系学部の中では特に偏差値が高いのが法学部と言われています。日本大学の場合には理系

記事を読む

進研模試の信用度や信頼度はあてにならない?判定の信憑性は厳しい?

模試はいろいろな予備校が実施しているものを受けるという人も多いのではないか?と思いますけど、

記事を読む

三井物産の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

三井物産の就職の難易度はどうなっているのか?かなり有名な企業だ

筑波大と九州大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

筑波大学と九州大学はどっちが上でしょうか?実際にこの2つで悩む

関西学院大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめは関関同立やMARCH、産近甲龍か?

関西学院大学を受験する人、第一志望であるという人は滑り止めや併

アルフレッサの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

アルフレッサに就職したい人はまず難易度を理解しておきましょう。

筑波大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや早慶、関関同立あたり?

筑波大学を受験する人はどういったところを滑り止めにするのか?そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑