特別区の面接は女性が有利で落ちない?失敗で即不合格?加点なしを回避するには?

公開日: : 公務員という働き方

特別区の面接は女性が有利で落ちない?失敗で即不合格?加点なしを回避するには?

特別区の面接試験は以前からいろいろな噂があります。その1つが女は有利なのではないか?ということです。特別区だけの問題なのか?というと、必ずしもそうではないのですが、特別区でも言われているみたいです。そうなると、特別区の面接は男というだけで不合格フラグなのか?ということを想像するかもしれませんが、特別区の面接での不合格フラグは性別だけで決まるわけではなく、不利になるかもしれない程度だと思います。実際に特別区の面接試験では性別によって受かりやすさが違うということが言われていたのです。特別区の面接で女性が受かりやすいということは実際のデータ上はどうなっているのか?というと、特別区のホームページでは男女別の合格者数は載っていないので、何とも言えません。したがって、明確な根拠があるわけではないみたいなのですが、そういう噂があるということはどこかでそれを感じている人がいるということなのでしょう。特別区の面接は女性は落ちないわけではないものの、男性よりも受かりやすいということが言われています。それ実際データでそうなっているのか?は分からないですけど、そう言える根拠があるのか?どうかについて考えていきたいと思います。特別区の面接をこれから受ける人は必見かもしれないので、参考になればと思います。

 

特別区の面接で女性が受かりやすいのは本当なのか?

特別区の面接を受ける場合、男女で結果に差が出る可能性は十分あります。特別区の面接の不合格フラグの1つがここになるわけです。なぜならば、面接官が男だからで、男と女で印象が違うと思うんですよね。それがそのまま女性に甘くなる理由になるとは言えないが、面接官が男性に偏っていると、結果も偏りやすくなるという可能性はあります。また、公務員は男女を数をできるだけ近い状況にしたいと思っているのではないか?と思うのです。それは社会からの要請という部分もやや含みますが、公務員のほとんどが男性だったとしたら、それはあまりよくないんじゃ?みたいなところはありますよね。それが特に表れているのは個人的には警察官採用だと思います。警察官採用って、身長制限があるんですけど、男女で違うわけです。男性が160cm以上、女性が155cm以上とかになっていると思うんだけど、何で身長制限が男女で違うの???というのが非常に謎なんですよ。159cmの男性はダメなのに155cmの女性は良いってどういうこと?どこに合理性があるの?と思うのです。何でこういうことになっているのか?というと、理由を推測すると、女性の方が平均身長が低いから、身長制限を男性と同じ値にすると、女性の応募者数がかなり少なくなります。それを防ぐために、女性にもたくさん警察官になってもらうためにこういうことをしているのではないかな?と私は推測したわけです。実際はどうかは分かりません。もっと合理的な理由があるのかもしれないです。ただ、仮に私の推測が本当ならば、公務員は女性を意図的に多くしようとしているということが言えるわけです。それが特別区もそうなんじゃないの?ということになります。

 

特別区でも受験者の割合は男性の方が高いので、普通に一次試験をやったら、二次試験に残る女性の割合は低いので、男女同数の合格者数にするには女性を多く合格させるしかありません。そう考えると、特別区の面接で女性が有利というのは頷けるわけです。でも、これは特別区だけじゃないく、公務員全般がそうという感じです。公務員試験の面接は女性が有利となっている可能性はあります。インターネットで検索をすれば事例は結構見つかります。特別区の面接では落ちる人は男性の方が多いということなのでしょう。女性は落ちないわけではないが、落ちる可能性は低いと思われます。男性でも落ちる人は落ちますし、特別区の面接は女性が落ちないわけではなく、割合的に落ちる確率が低いということ言い方になると思います。特別区の面接落ちる人は男性が相対的に多いのかもしれないが、女性も落ちる場合には落ちますから。だから、特別区の面接で不合格になる可能性は全員が持っているということは理解しておかないといけないのです。特別区の面接で女性が有利だとしても、今更どうしようもないですから、男性は自分が受かるように対策を頑張るしかないと思います。特別区の面接においては不合格になる理由が性別だけで決まるわけではないはずなので、結局は面接対策にどれだけ効果的な時間を使えたか?という部分になると思います。

 

特別区の面接では加点なしで落ちる?

特別区の面接で落ちる人は加点なしのパターンだというのは言われています。特別区の面接は倍率がそんなに高くないので、落ちる人の方が少ないのです。したがって、少しでも加点されれば受かるのではないか?という予想なのか?真実に近いのか?は分かりませんけど、そういったことが言われています。特別区の面接では加点なしだと落ちるということで、そこを気にする受験生も多いのですが、特別区の面接で不合格になる理由というのはいろいろありますけど、それらを集約すると加点なしというパターンになるのでしょう。特別区の面接において加点なしが落ちる人の特徴みたいになっていますが、特別区の面接で不合格にならないためには加点をしてもらうしかないということになりますけど、その基準などは分からないので、結局ここは気にしてもしょうがないとなるのです。特別区の面接の不合格になりたくない人は加点してもらうしかないとしても、そのために何をすれば良いのか?分かりませんから。だから、精神論になってしまいますけど、とにかく特別区の面接対策を頑張ってもらうしかないのです。あと、特別区の面接は失敗が許されないものだと思った方が良いです。それは面接が1回しかないということです。以前は2回あったんですよ。それが数年前に1回になったので、要は一発勝負ということです。公務員試験の面接では1回で全てが決まるというのは、そんなに珍しいことではないのですが、2回以上やって合否を出すというケースもあります。

 

特別区の面接では1度きりで失敗はできない?

特別区の面接が2回あったときには1回目のときは面接官が2人で、2回目は3人になるということで、2回目の方が大切みたいな雰囲気はありました。そして、1回目で失敗をしても2回目で挽回すればなんとかなるみたいな状況でもあったのです。ただ、今は1回しかないので、その1回で全てが決まるということになりますから、余計にプレッシャーがかかります。でも、それは全員が同じ条件なので、その中で頑張らないといけないと思います。特別区の面接では失敗をしても、その程度によっては問題ない可能性もありますけど、特別区の面接で落ちる人は失敗をいくつも重ねる可能性がありますから、特別区の面接で落ちないために、不合格にならないためには失敗をするなとは言いませんが、致命的なミスをしないようにあらかじめ面接の心得を頭の中に入れて、練習をしておいた方が良いと思います。特別区の面接に不合格にならないようにとにかく面接対策をしっかりと練って、シミュレーションをして、練習をしておくということを忘れないでほしいです。特別区の面接では失敗はしょうがないとは思うのですが、失敗が少ない人の方が受かりやすいということは言える気がします。あと、本人が失敗じゃないと思っていることが面接官にとっては問題と思われている可能性もあるので、模擬面接などを受けておくと良いと思います。そこも覚えておいてほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

配点の高い公務員試験の集団討論は皆が失敗する!対策やコツは?

就職活動、または公務員試験の採用試験では最近はグループディスカッションという、討論形式の試験

記事を読む

学校事務の面接対策の質問内容で志望動機、自己PRと服装、髪型や髪色の考え方は?

学校事務を受ける人は面接対策をしないといけませんが、二次試験の対策ではやはり志望動機の考え方

記事を読む

no image

警察官の面接の評価基準や受かる人と落ちる人の特徴は?落ちる理由は曖昧なものかもしれない

警察官の面接に受かるにはどういったポイントが必要になるでしょうか?警察官というのは公務員の中でやや特

記事を読む

公務員試験の併願のパターンの例は?どこを受ける?どこでもいい場合には?

公務員試験を受けるときには併願先を考えないといけません。どこでもいいという人もいるのかもしれ

記事を読む

特別区の論文のウェイトや配点は高い?足きりで採点されないリスクを理解しておこう

特別区の一次試験は、教養試験と専門試験と論文試験になりますが、この中で1番鍵を握るのが論文試

記事を読む

労働基準監督官の面接で志望動機や自己PRの例や聞かれることや倍率はどうなっている?

労働基準監督官の面接対策はどうやって行うべきでしょうか?労働基準監督官の面接に関してはやはり

記事を読む

公務員の給料は高すぎる?なぜボーナスが出る?理由は?

公務員の給料は高すぎる!という批判を受けることがあります。確かに公務員の給料は、民間企業の平

記事を読む

公務員と民間の就活の両立は可能?迷う人は併願、掛け持ちするリスクはあるのか?

民間企業を受ける人はいろいろな企業を受けて、リスクを分散するということもあると思うのですが、

記事を読む

公務員の面接で志望動機や自己PRの話を盛る、捏造する、嘘をつくのは仕方ない

公務員試験の面接は配点が高いケースが多く、最終合格により直結する試験になります。したがって、

記事を読む

国家一般職と地方上級の違いは?難易度や倍率でどっちが簡単?併願をおすすめするが・・・

国家一般職は国家公務員の採用試験の中では特に人気で、多くが受ける試験種です。そして、同じく地

記事を読む

甲南大学文学部の偏差値や倍率と評判は高い?ボーダーラインや入試科目や配点の情報は?

甲南大学の文系学部の中で特に難易度を把握しづらいのが文学部にな

no image
義務教育は洗脳であり、意味ない!いらない!必要のないもの!社会が変わるには学校が消えるしかない

個人的に思っているのは「学校は糞」だということです。義務教育なるものは

no image
日本銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本銀行に就職したい人もいると思います。日本銀行は日本で最も安

no image
大学の学位記や卒業証書は同じ?卒業アルバムを買わない?撮りたくない人は多い?

大学の卒業証書というのは結構思い出深いです。私は数年前に大学を卒業しま

ブルボンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

お菓子などのメーカーとして有名なブルボンは非常に大きな会社なの

→もっと見る

PAGE TOP ↑