明治大学農学部の偏差値や倍率と評判は?合格最低点とボーダーラインは高いのか?

公開日: : 最終更新日:2018/01/04 その他の話題

明治大学農学部の偏差値や倍率と評判は?合格最低点とボーダーラインは高いのか?

明治大学は私立大学の中でも理系が充実している方で、理系の学部が3つあります。その中の1つには農学部があって、明治大学農学部は偏差値も高いですし、理系の中でも難易度は高いのです。そして、評判が良いというのも特徴だと思います。明治大学農学部は理系なんですけど、意外と有名人も何人かいて、知っている人も多いのではないでしょうか?そんな明治大学農学部は偏差値はどれくらいなのか?というと、60前後くらいになっています。学科ごとに微妙に偏差値は違いますが、食料環境政策学科が特に偏差値は低いです。ただ、そんなには大きな違いはありません。個別日程、全学部日程ともに食料環境政策学科が特に入りやすいと言えるのではないか?と思います。明治大学農学部に入りたい人はどの学科を選ぶか?ということも重要なので、難易度などを見ながら考えていくと良いかもしれません。明治大学農学部は農学科、農芸化学学科、生命科学科、食料環境政策学科がありますから、自分に合うのはどこなのか?を考えていきましょう。明治大学農学部のそれぞれの学科の評判についても調べていくと良いと思います。大学のホームページなどを見て、それぞれの学科の違いも認識しておくと良いと思います。

 

明治大学農学部の難易度はどれくらいか?

明治大学農学部の偏差値はこういった感じで、60前後なので、明治大学の文系学部とほとんど変わりません。私立大学は文系学部の方が理系学部の方が高いのが通常なのですが、明治大学農学部の場合には文系学部とほぼ同じくらいの偏差値なので、普通に難しいということになります。他の理系学部と比べても偏差値が高いのが農学部なので、理系の受験生においては明治大学農学部に入りたい人はそういった難易度の高さについて知っておいた方が良いということなのです。評判も高いですし、それで倍率も上がりやすくなるので、ライバルも強いですから、そこは覚えておきましょう。明治大学農学部の難易度を客観的に理解するためには、センター利用入試のボーダーラインについて調べてみると良いと思います。明治大学農学部のセンター利用のボーダーラインは何割か?というと、85%弱くらいになっています。これも学科によって微妙に違います。やはりボーダーラインが低いのは食料環境政策学科です。とはいっても、他の学科との差はわずかです。1~2%くらいの差なので、ほとんど同じくらいの難易度だと思って良いと思います。明治大学農学部のセンター利用のボーダーラインは思ったほど高くないと言えると思うのですが、明治大学農学部のレベルはそれでも高いので油断はできません。センター利用入試のボーダーラインについては、年度ごとに変動する可能性があります。どうしてもその年の倍率によっても左右されるので、人気になるとボーダーラインは上がりますよ。ただ、明治大学農学部のセンター利用のボーダーラインが何割か?というのは受ける人は知っておきましょう。あとは明治大学農学部の倍率はどうなっているのでしょうか?これも学科によって違いがあるので詳しく見ておきましょう。

 

2017年度の全学部日程の倍率は6~8倍ですね。学科ごとに少し違いがありますが、比較的高い倍率になっています。そして、個別日程の倍率は4~5倍くらいでしょうか?全学部日程よりは少し低いです。それでも標準的な倍率なので、決して低くはないです。全学部日程は明治大学農学部は偏差値が高いですし、やはり狙い目は個別日程の方になるのではないでしょうか?明治大学農学部に入りたい人は過去の倍率をチェックしておくと良いと思いますけど、倍率は年後ごとに変わる可能性があります。センター利用入試のボーダーラインよりもさらに変化する割合が大きいと思うので、過去の倍率をチェックしても、その通りに今年もいくとは限りません。ただ、ある程度の傾向はあるのではないか?と思いますから、明治大学農学部の倍率はチェックしておいてほしいです。特に全学部日程と個別日程ごと、あとは学科ごとにも倍率は違いますから、細かく見ておいてほしいと思います。明治大学農学部の倍率を見てから自分が受ける学科を選ぶという手もあるかもしれませんが、過去の倍率は本当に当てにならない場合もありますからね。去年の倍率と比べて今年は一気に上がったなみたいなこともあるので、参考程度に見ておいてほしいと思います。明治大学農学部の偏差値は高いですし、倍率もある程度あるので、やはりレベルが高いということは覚えておいてほしいと思います。

 

明治大学農学部の合格最低点はどうか?

明治大学農学部の合格最低点はどうなっているのか?というと、これも学科によって違います。まず全学部日程から話していくと、食料環境政策学科以外は220~230点前後となっています。しかし、食料環境政策学科は210~220点くらいですね。合格最低点においても明治大学農学部の食料環境政策学科はやや難易度が落ちるということになります。これは2017年度の入試結果なので、合格最低点の傾向は変わる可能性がありますが、一応知っておいてほしいと思います。しかし、明治大学農学部の合格最低点のうち、個別日程に関しては学科ごとの差はあまりないですね。200~210点の間となっており、ほぼ学科ごとの差はないです。全学部日程と個別日程では問題のレベルが違います。あとは受験者のレベルも違います。全学部日程の方が受験者のレベルが高いことが多いので、一般的には合格最低点は高くなります。そういった部分も含めて、全学部日程の方が受かるのは難しいのです。明治大学農学部の偏差値はかなり高いので、その時点でも難しいですけど、合格最低点を見るとよりその難易度の高さが分かるかと思います。特に全学部日程は難しいので、基本的には個別日程で対策をしていくことが賢明だと思うのです。全学部日程はもっとレベルの高い大学を第1志望にしている受験生が主に受けると思いますから、ここを第1志望にしている人は個別日程を中心に対策をしていきましょう。センター利用入試についても基本的には早慶などを第1志望にしている人が受けるケースが多いので、かなり難しいです。センター利用入試のボーダーラインが何割か?についてすでに話していますから、センター試験が得意で、そのボーダーラインに届きそうな人は受けても良いと思うのですが、基本的には個別日程での合格を狙った方が良いと思います。

 

明治大学農学部は理系では評判の良い学部になると思いますけど、キャンパスが生田キャンパスになります。文系は都心に近い和泉と駿河台で、総合数理学部などは中野キャンパスで、こちらも都心に近いです。しかし、農学部は生田キャンパスで神奈川県川崎市になります。都心からは言うほど離れているわけではありません。川崎市は東京に近いので、割とすぐに都内へはアクセスできます。しかし、生田キャンパスで4年間を過ごすことになりますから、生田キャンパスの立地条件などについては詳しく調べておきましょう。キャンパスの評判というのも重要ですから。明治大学農学部に受かりたい人は評判においても広くチェックしておきましょう。キャンパスだけではまくて、学部の授業面などにおける学生の口コミなどを見れば、学部の評判が大分分かってくると思いますから。明治大学農学部の評判は学生の口コミを見ると、同じ農学部でも学科ごとに単位をとる難易度が結構違うみたいです。簡単だと学生が口コミで豪語している学科もあります。農学科や食料環境政策学科はそういう声が多いですが、厳しいという声があるのは農芸化学科です。学生の口コミなので、どこまで参考になるかは?分かりませんが。あと、食料環境政策学科は文系の要素もあって、経済学を使う授業もあるみたいです。農学科が1番広い範囲を扱っているようなので、いろいろなことを学びたいならば農学科が良いのかもしれませんが、それ以外の3つの学科はそれぞれ学ぶ子領域がかなり違いますから、同じ農学部でも全然違う学問として認識しておくと良いかもしれないです。明治大学農学部の評判は自分でも調べておきましょう。学生の口コミでも良いですし、ホームページなどを見ればそれぞれの学科の特色などが分かりますから。

 

【あわせて読みたい記事】

明治大学はモテる?受験者数も増えて人気や魅力が多く、憧れる人も多いのが特徴

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

京都橘大学の偏差値や倍率は?ボーダーラインや入りやすい学部は存在するのか?

京都橘大学は関西では有名な私立大学で、中堅大学という扱いになるとは思いますけど、それなりの規

記事を読む

駒澤大学の評判や口コミの紹介と大学の雰囲気や就職率、就職状況について

駒澤大学は東急田園都市線の駒澤大学駅などから通うことになると思います。このあたりは渋谷にも近

記事を読む

チャッカブーツはいつから、何月から使える?夏や冬などいつまででも何月まででもOK?

チャッカブーツは男女問わず着用している人が多いブーツになると思いますが、こういった品はいつか

記事を読む

MARCHで入りやすいのは偏差値的に法政大学のあの学部!

MARCHという大学群がありますが、その中で1番入りやすいとされているのは法政大学です。この

記事を読む

大学と専門学校の違いは?学費が安いのは?どっちが楽しい?選び方はどうする?

大学と専門学校はどっちがいいのでしょうか?大学と専門学校は違う場所という認識はあると思います

記事を読む

模試の復習は意味ない?しないでもOK?効果的なやり方や方法は?時間はかかるが

大学受験のために模試を受けている人も多くいますよね。模試を受けたらどうしていますか?復習して

記事を読む

AO入試の倍率は合格率は?面接の難易度の高さが難しさの象徴

AO入試ってありますけど、結構受けている方も多いようですね。特に芸能人が大学に入学する際には

記事を読む

高千穂大学の評判とキャンパスの雰囲気は素晴らしい!就職率や就職状況も結構良い

高千穂大学という大学をご存知でしょうか?一時期、この高千穂大学の宣伝を頻繁に見ていた人もいる

記事を読む

東京理科大学と早慶と上智ではどっちが上?難易度、レベル、知名度や就職においての比較

東京理科大学と比較されることが多いのが早慶上智でしょうかね?MARCHは文系も理系も東京理科

記事を読む

同志社大学文化情報学部は偏差値や難易度で入りやすい学部?倍率や合格最低点、センター利用のボーダーを知っておこう

同志社大学に特徴的な学部と言えば、文化情報学部になるのではないでしょうか?他の大学になかなか

記事を読む

中村学園大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインと入試科目、配点について

中村学園大学は九州地方の名門女子大です。中村学園大学は全国的に

no image
不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります

平成国際大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは高いのか?

平成国際大学というのはどちらかというと、スポーツで有名な大学と

ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

ブライダル業界に就職したいと思っている方も多くいると思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑