成蹊大学の看板学部は法学部?経済学部?学部の序列や順位のランキングは?

公開日: : 最終更新日:2017/12/08 その他の話題

成蹊大学の看板学部は法学部?経済学部?学部の序列や順位のランキングは?f2c453aaefb6c1fc546173f7a8827d1b_s

成蹊大学の看板学部はどこなんでしょうか?そもそも成蹊大学は4つしか学部がありません。しかも、文系学部は3つです。したがって、看板学部を決めるほどの規模がそもそも存在していないかもしれませんが、こういったところが気になる人もいるのではないでしょうか?だいたい看板学部の話が出るのは私立大学の中でも、早慶上智とMARCHくらいまでのケースが多いです。それ以外で出るとしたら、かなりはっきりとしているケースです。明らかに名門と言える学部が存在していたり、明らかに偏差値が高い学部が存在しているような場合には、そこが看板学部になることもありますけど、成蹊大学ではそういった学部がないのです。國學院大學文学部くらいになると話は別ですけど、成蹊大学の文学部、法学部、経済学部は揃って偏差値が同じくらいで、難易度も変わりませんから。成蹊大学での看板学部はどこになるのか?というのは、大変主観的なものになると思いますが、考えていきましょう。

 

成蹊大学の看板学部はどこになるのか?

成蹊大学では文学部、法学部、経済学部が文系学部として存在してます。偏差値は毎年少しずつ変わりますけど、概ねどの学部も50代後半という感じだと思います。明らかな差というのはないのではないか?と思うのです。成蹊大学というと、有名人が結構いるんですけど、私の印象だと法学部に固まっている気がするのです。特に政治学科です。成蹊大学出身の有名人は法学部政治学科が多い印象なのです。安倍首相とかもそうですね。調べてみれば、他にもたくさん出てきますが。だからといって法学部が看板学部になるわけではありませんが、成蹊大学と言えば法学部という印象は、私の中にありました。どの学部がどれだけすごいか?などの部分の差がそんなにないと思われますが、人によっては経済学部を成蹊大学の看板学部だと考えている人もいるようです。それは成蹊大学経済学部というのは就職において特に強い力を発揮するとされているからみたいです。そういったところは実態としてどうなのか?は分かりませんが、1つの根拠にはなるかもしれません。成蹊大学経済学部と聞いても個人的にはあまりピンとこない部分もありますけど、偏差値を調べてみると、文学部や法学部と比べてじゃ感高いようなケースもあります。したがって、微々たる差かもしれないですけど、経済学部の地位は多少高いと言えるのかもしれません。

 

しかし、一般的に言えば成蹊大学の看板学部がどこか?ということについて、明確な回答を持っている人ほとんどいないでしょう。成蹊大学の学生や卒業生などでもそういった考えをめぐらせることがほぼないと思います。したがって、成蹊大学の看板学部はどこなのか?について議論する機会がそもそもほとんどないので、いざそれを決めようと思ってもそれぞれ基準が違ったりして意見も異なるということになると思います。成蹊大学の看板学部は文学部とする人はあまりいないんじゃないか?と思いますが、経済学部と考える人が多いのかな?経済学部が偏差値や就職の面でやや優位に立っているならば、成蹊大学の看板学部は経済学部で良いのかもしれないですね。あとは学部ごとの序列です。文系は3つしか学部がないので、成蹊大学の学部の順位を決める意味というのがどこまであるか?は分かりませんけど、独断と偏見で決めないと思います。決めるといってもほとんど答えは出ていますけどね。

 

成蹊大学の学部の序列やランキングはどうなっているのか?

成蹊大学の学部の序列はランキングを決められるほどの差ではないのですが、偏差値で言えば若干経済学部が高いのかな?という気がします。私が受験生の頃は法学部の方が上だった気もしますが、今は変わったということでしょうか?経済学部と法学部がきて、次に文学部かな?という気がしますが、文学部も学科によっては偏差値が高いケースもあるので、一概に文学部が法学部や経済学部よりも偏差値が低いというわけではないですが、文学部全体としては微々たる差かもしれないですけど、若干偏差値が下がるのかな?という気がしています。ただ、そんなに細かくみなければほとんど差はないと言えるほどですからね。成蹊大学の学部の順位は経済学部>法学部>文学部かな?という気がしています。理工学部は含めていませんが、そもそも成蹊大学には理系の学部が存在していることを知らないという人もいるかもしれません。成蹊大学では理工学部があって、文系と同じ武蔵野キャンパスで学んでいます。理系の学部も吉祥寺の都心近くに通えるため、そこはメリットがあると言えるでしょう。

 

成蹊大学の学部のランキングを考えているときにふと思ったのは、成蹊大学というのは新しい学部作らないのかな?ということです。伝統的な文系、理系の学部が4つあるのみで、これも結構昔にできたものだと思いますから、新設学部はずっとないですよね。有名大学は現代風の学部を作っており、そういった学部が軒並み人気だったりします。時代のニーズを捉えて学生を集めるために大学が躍起になっている面もあるのですが、そういった気配が見られない大学もあります。有名大学だと中央大学とかでしょうか?成蹊大学もその1つかな?そういった大学は経営方針とかの問題もあると思うのですが、今後もそういう姿勢を貫いていくのか?は気になるところです。学部を増やして大型化していく大学も多い中、少人数教育などを魅力にしているところもあるので、新設学部を作らない大学がダメなわけではないです。武蔵大学とかは少人数教育に重点を置いており、ゼミが有名ですから。そういった路線で魅力を創出している大学もあるので、成蹊大学もそういった感じで運営していくつもりなのかもしれません。成蹊大学の学部の順位などは序列をつけられるほどの学部の数がないですし、偏差値の差もほとんどないと思うので、結構主観的なものになっていますが、個人的にはこういう感じかな?と思います。成蹊大学に入りたい人はどの学部を受けるか?で多少難易度は変わりますけど、同じくらいの力が必要になるので、特にこれといって入りやすい学部とかはないかもしれません。どこも同じくらいに難しいと言えると思います。

 

【あわせて読みたい記事】

成成明学獨國武の就職の評判は?学歴フィルターで成蹊、成城、明治学院は影響ある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

明治学院大学の合格最低点、倍率、センター利用のボーダーは何割?

  明治学院大学は学部が6つほどあって、文系のみになりますが、毎年多くの受験

記事を読む

学習院女子大学のキャンパスの雰囲気や評判、口コミと就職支援や就職実績

学習院女子大学は女子大の中では特に人気で、評判も高い大学と言えますが、その学生生活の面に関し

記事を読む

コンビニのおでんは衛生管理が不足?衛生面の安全性は?危険や汚いは本当か?

コンビニのおでんというのは好んで買っている人も多いのかもしれません。私はコンビニのおでんは買

記事を読む

和洋女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

和洋女子大学に入りたいと思っている人や受験する可能性があるという人はいると思いますが、和洋女

記事を読む

同志社大学法学部の偏差値は60前後?難易度は倍率で見ると低い!評判は高い

同志社大学法学部は、関西地方では非常に有名で名門とも言えると思います。京都大学法学部や大阪大

記事を読む

東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の受験科目や偏差値、倍率の予想

東洋大学の文学部には非常に多種多様な学科が用意されていました。そして、2017年度からはこの

記事を読む

no image

指定校推薦の枠はどれくらい?減る、増える理由は?なくなる理由は相当なことがあったとき?

指定校推薦というのは、それぞれの高校によって大学学部ごとの枠が決まっています。そして、その枠は毎年変

記事を読む

新社会人、新入社員で一人暮らしの引越し時期はいつが良い?

新入社員として4月から働き始める人も多いと思います。そんな方は一人暮らしを考えている人もいる

記事を読む

京都府立大学の偏差値や倍率は?センターの足きりのボーダーや配点比率について

京都府立大学は京都では非常に知名度が高い公立大学で、多くの受験生がここを目指しています。京都

記事を読む

都内、神奈川、埼玉、千葉等在住の方にオススメな食材宅配サービス

食材宅配サービスを利用してみたい!とお考えの主婦の方、一人暮らしの方などいると思います。食材

記事を読む

日本通運の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

日本通運は日本の物流業界の中でも特に大きな会社で、こういった会

パイオニアの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

パイオニアと言えは、電気や電子機器、通信機器などのメーカーにな

東急リバブルの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

東急リバブルに就職したいと考えている人は数多くいると思います。

日立製作所の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

日立製作所に就職したい人は多くいるでしょう。日立製作所の就職の

ゆうちょ銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ゆうちょ銀行に就職したい人は数多くいるでしょう。安定していると

→もっと見る

PAGE TOP ↑