社会人のスタート!入社式での髪色は?茶髪はダメ?

公開日: : 最終更新日:2016/01/17 学生たちの就職活動

社会人のスタート!入社式での髪色は?茶髪はダメ?7ee9e70bc3c6763eaef8a0ceff39f199_s

無事に就職活動を終えて、就職が決まれば、4月の上旬に入社式があると思います。入社式は会社の従業員として働く最初の日でもあり、ある種けじめの日にもなると思います。したがって、気を引き締めて出席してもらいたいところですけど、大学生から社会人に変貌する瞬間でもあるので、大学時代には普通だったことをそのまま社会人、会社人としても通して良いのか?悩むところでもありますよね。それは例えば、髪を染めても良いのか?ということです。大学生では、髪を染めるっていうのは日常茶飯事でやっている人も多いから、何とも思わなかった人が多いと思います。ただ、会社で働くとなると、会社の規則は当然厳しいし、一般的にいって、髪を染めて働いても良いのか?と悩む人もいると思います。ましてや入社式の場でいきなり染めたまま出席していって良いのか?元々、黒髪の人は何も問題ないでしょうけど、染めた髪の毛にこだわりを持っている人とか、長い間ずっと染めてきた人などは、いきなり黒にするのは抵抗がありそうですよね。さて、どうしたら良いのでしょうか?

 

一般の意見としては、髪を染めるのは問題外という認識?

実際問題として、入社式で髪の毛を染めても良いか?というのは企業側の認識の問題なので、一概私たちから判断はできないのです。ですから、一般常識からしか意見を言えません。例えば、「入社式で茶髪はNGですか?」という質問のYahoo知恵袋には以下のような回答があります。

 

>それ以前に、こういう質問を知恵袋でする時点で、社会人としてNGですけどね。身だしなみを整えるのはどうしてかわかりますか?企業が(世間が)身だしなみで人を評価するのはどうしてかわかりますか?

会社によってはルールがある会社もありますが、学生と違って『決められているから』身だしなみを整えるわけではありません。『身だしなみを整えた方が社会的に得だから』身だしなみを整えるんです。

身だしなみを整えると、社会では「ちゃんとした人」「信用できる人」と評価されます。社会で評価される方法は、見た目以外にも「本人の能力」ももちろんあります。ただ、本人の能力を上げるには、大変な努力と時間がかかります。それに対して、身だしなみを整えるのは、時間もお金もたいしてかかりません。つまり、『お得な』方法なんです。

『見た目じゃなくて中味を見てくれよ!』という人がいますが、こういう社会の仕組みすら理解していないだけでなく、臆面もなく社会の
仕組みを理解する能力すら無いことを、声高々に自分で言っているわけですから心底『バカ』だとおもいます。

何か言いたい放題言っているだけの書き込みですね。言っていることはそんなに間違っているとは思えないけど、「質問している時点でNG」というのはよく分からない。この人の言うように、身だしなみを整えることが得で、それを努力しようとしているから、質問をしているのに、それを否定したら、身だしなみなんか整えなくて良いということになるけど。あと、最後の「バカ」という件の文章を見ても、この人は最近の若い人に恨みでもあるのかな?凄い性格的難がありそうな人に思えてくる。

 

>普通に考えたら いいわけないです。普通に考えたらイメージもよくないです。 まぁあなたにとってはアルバイト感覚なんでしょうかね。まぁその会社を舐めてるから、そこまでやる気がないから不真面目な事ができるんでしょうかね。…まぁ別に馬鹿にしているわけではないですよ、その気持ちもなんとなくわかりますから。

また、説教厨かwwwと言いたくなるような書き込みですね。バカにしている文章ではないけど、嫌味が相当込められている感じは受け取れます。この書き込みをした人が何歳なのか?分からないけど、髪を染めたい人とそうじゃない人の価値観の温度差でしょうね。この人にとっては恐らく髪を染めることに対して、こだわりもなければ、必要性も感じていないという、ちょっと染髪に対して偏見を持っているタイプの人ではないか?と思います。だから、だから、「アルバイト感覚」とか、「やる気がない」とか、「不真面目」とか、平気で言えるんでしょう。別に髪を染めているからといって、そういう言葉が適切とは思わない。だいたい、この質問者の人は、髪を染めたまま出席するのがもしかしたら不適切かもしれないと思ったからこそ、こういう場で質問しているのだから、全然真面目だろうし、やる気もある証拠でしょう!企業にとって相応しい人間と自分のこさわりをどこでバランスをとるべきか?と考えているのだから。

 

髪を染めていても内定が出たなら、その髪色はOKというサイン

髪を染めることが大丈夫か?否か?を判断する1つの基準としては、就職活動中の髪の毛の色を参考にするという方法があります。就職活動中だって、社会人の前段階ですから、社会人同様の気遣いをしますよね。それは服装はスーツだし、言葉遣いにも気をつけるし、髪型や髪色もいつもとはちょっと変える人も多いです。したがって、就職活動中の格好や身だしなみというのは、入社式から実際に働くまでの社会人として相応しい格好と同一視できると思うのです。同じくYahoo知恵袋のベストアンサーに輝いた回答には以下のものがありました。

 

>普通は面接時と同じ格好が望ましいでしょう。まぁ、会社によっては髪の色に指定がありますから人事の方に聞くのもよいかと。

これはシンプルで1番角が立たない回答ですね。面接のときにしていた髪の色と同じというのが、確かに1番望ましいと思います。女性は就職活動をするときでも髪を染めている人はいますよね。薄い茶色などの色で説明会に出席したり、面接を受けたりという人もいます。男性はほぼ黒髪かと思いますけど、女性の場合はそういう色ならば染めるのはOKという、一応の社会的な許容があるので、面接のときにしていた髪色で内定が獲れたのであれば、その髪色でも企業はOKを出したに等しいです。そうなると、その髪色でも入社式に出ても構わないと思って良いでしょう。不安ならば、人事の方に聞くというのも確かに手だと思います。

 

【あわせて読みたい記事】

入社式の男と女の髪型でワックスやパーマはOK?アパレル業界はどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

インターンシップに受かるには?面接の志望動機の内容次第で受からないことも!受かりやすい書き方とは?

就職活動を始める前にインターシップに参加してそこで就業体験をするという人も多くいると思います

記事を読む

無い内定で焦りや不安を感じている就活生が巻き返す方法

就職活動が本格的に始まるのがだいた3月あたりでしょうか?その時期は、まだこれから良い会社に入

記事を読む

手書きの履歴書はなぜ?メリットは意味不明!めんどうくさい、意味ない作業は日本だけか?

就職活動をしていると履歴書やエントリーシートを書かないといけないことが多々あります。履歴書が

記事を読む

no image

内定辞退をして再受験、再応募は可能?もう一度受けることは不利になる可能性もある

内定辞退をしたが、その企業にもう1度応募したくなったというようなケースがありえるかもしれません。そう

記事を読む

就活の面接官の相性や好みは存在する?本音で興味ない反応をとることはあるのか?

就活では面接官の反応みたいなのが気になる人も多くいるのではないでしょうか?面接官がどういう反

記事を読む

新卒の就活生の企業選び、求人の探し方のポイント

新卒の大学生は、多くが就職活動に奔走していることと思います。さて、皆さんはどうやって就職活動

記事を読む

総合商社の仕事内容は忙しい、激務と評判だがやりがいは?英語ができないときつい?

就職活動において人気の業界というと、総合商社があります。企業の数はそんなに多くないのではない

記事を読む

no image

就活での滑り止めの探し方は?受けないで何社も受ける方が重要か?

就活をするときには滑り止めを受けるか?どうか迷う人もいるかもしれません。滑り止めを受けないというか、

記事を読む

面接官が無表情や無反応だったり、声が小さいせいで聞き取れないと本当に困る

就職活動をしているとき、公務員試験を受けているときの面接官はいろいろなタイプの人がいます。中

記事を読む

女子大と共学のメリット、デメリットの違いやモテるのはどっち?就職に不利なのは?合わない可能性もある

女子高生は大学進学を考えるときには、男子高校生とは違う部分で迷うかもしれません。というのも、

記事を読む

no image
印刷業界の就職の難易度や倍率は?激務な評判は?今後や将来性はどうか?

印刷業界というのは就活生の中ではあまり話題になりませんけど、多

佛教大学の難易度やレベルを産近甲龍と比較すると?イメージや雰囲気の特徴は?

京都にある佛教大学は関西の中では有名な私立大学であると思います

生命保険や損害保険の就職の難易度や倍率は?激務と評判なのは当然?

生命保険や損害保険の業界は大変な仕事をしているというイメージは

大阪産業大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

大阪にある大阪産業大学は関西では規模がそれなりに大きい私立大学

部活動はなんのために?だるい、めんどうくさいからサボると怒る奴いるし、あり方を考え直すべき

学校での部活動ってなんのためにあるんですかね?部活動のあり方を

→もっと見る

PAGE TOP ↑