獨協大学は知名度は少し薄いが都心に近くて評判や雰囲気は良い感じ!

公開日: : 最終更新日:2017/04/19 その他の話題

獨協大学は知名度は少し薄いが都心に近くて評判や雰囲気は良い感じ!埼玉県にある獨協大学にはどういうイメージをお持ちでしょうか?大学受験を経験した人以外は、そもそも大学名を知らないという方もいるかもしれません。大学のランクで言えば、真ん中よりは上なのですが、どうも知名度があまりないのが残念なんですよね。埼玉県にキャンパスにがあるせいか、どうしても田舎みたいなイメージがあるかもしれません。埼玉県の草加市にあるため、都会という感じではないかもしれません。キャンパス自体は、割と綺麗で、結構緑色の部分が多いという印象です。どことなく青山学院大学の相模原キャンパスに似ている部分もあるような気がします。オープンキャンパスに行った方であれば、獨協大学のキャンパスの雰囲気も分かるのではないか?と思います。ここではキャンパスの情報や獨協大学の授業などについて、評判の面について紹介していきます。東京の大学ではないので、イマイチピンとこない方もいるかと思いますが、非常に良い大学のように感じますね。

 

キャンパスまでのアクセスはどうなっている?

キャンパスは草加キャンパスになります。埼玉県内にありますが、最寄り駅は東京メトロ日比谷線か、半蔵門線直通東武スカイツリーラインの松原団地駅になります。駅から徒歩5分で着くので、結構通いやすい位置にあると言えるでしょう。そして、埼玉県内にあるのですが、東京メトロ日比谷線などが使えるので、東京都内へのアクセスもしやすいと言えるでしょう。日比谷線が使えれば恵比寿、半蔵門線が使えれば渋谷など、結構都会にも出やすいです。埼玉県からなので、結構時間はかかると思いますけどね。そういう意味では、東京都に在住の方でも十分通えますし、首都圏に住んでいる人が幅広く通っている大学になるのではないでしょうか?埼玉県内にあるので、どうしても多少は都心へのアクセスは不便に感じる部分もあるかと思いますが、それはある程度我慢している方も多いでしょうし、そこまで不都合が大きいわけではないと思います。

 

獨協大学は勉強したい学生には過ごしやすい大学?

獨協大学はすでに説明したように、学部は4つしかありません。今後も増える見込みはほとんどないでしょう。そして、キャンパスは1つですが、学生の人数はそこそこですから、窮屈さなどは感じづらいと思います。獨協大学の周辺の雰囲気としては閑静な住宅街のような場所になるのではないか?と思います。都会のど真ん中のキャンパスとは違うので、周りにこれといった遊ぶ場所は少ないかもしれませんが、それだけ勉強をするには適した環境と言えるのではないでしょうか?電車で都会に出ることもできますけどね。そして、学部を超えて授業もとれるみたいで、外国語学部と国際教養学部は若干被るところもあるかもしれませんが、経済や法といったところとは結構世界が違いますからね。どの学部がどの学部の授業をとれるのか?調べないといけませんが、普段学んでいることとはあまり関係なさそうな分野の授業もとれるので、いろいろな学び方ができるということです。後は図書館やパソコンルームの設備も良いようなので、そういった場所は結構重宝するのではないでしょうか?

 

獨協大学の学生の就職活動はどういった感じ?

就職活動において、獨協大学がどういう扱いを受けるか?については、何とも言えない部分も多いですね。獨協大学は、やはり知名度が劣りますから。ただ、企業で人事をやっている人間が知らないということはないでしょう。でも、これといってイメージが浮かばないかもしれないのです。偏差値でいうと、日東駒専よりは上なので、学歴フィルターはあまり関係かないかな?とは思います。学歴では有利になることもなければ、不利になることもないといった感じだと思います。外国語学部は多少評判が上がると思うので、ちょっと違った見方をされる可能性もあるかもしれません。ただ、全体としては、普通というか、特に問題なく就職活動は行えると思います。どういう企業に勤めたいと考えているか?は分かりませんけど、大企業へ入るチャンスもあるのではないでしょうか?就職活動は、学歴よりも大事なものがありますからね。

 

獨協大学の在学生の評判はどうなっているのか?

獨協大学は小規模な大学ながら評判がよく、特に外国語を学ぶ環境としてはかなり優れた大学として評価されていると思います。どの学部にも共通していると思われるのは、オールインキャンパスとして、全学部が1つのキャンパスにいるのを評価している人もいます。また、いろいろな授業がとれますから、幅広い授業を受けられること、そして他学部の授業もとれたりするので、普段は学ばない範囲のことを勉強できたりと楽しい勉強の仕方もできます。しかし、授業やゼミに関してはそれぞれで全然違いますから、どれをとっても同じということにはならないので注意が必要です。それは授業やゼミの内容もそうですけど、授業やゼミによってやる気とか、あとは面白さなども結構違いますからね。獨協大学の評判としては、在学生はキャンパスに自然が多くて気持ち良い、過ごしやすいと言っている人もそこそこいるので、立地はそこまでよくないかもしれませんが、キャンパスの中は割と良い印象を持っている人が多いようですね。獨協大学は外国語学部、国際教養学部、法学部、経済学部がありますけど、どの学生も評判としては結構良いものを持っているのではないでしょうか?獨協大学のキャンパスの雰囲気が良いというのは、立地を気にしていた受験生や高校生にとっては良い材料になるかもしれません。

 

【あわせて読みたい記事】

獨協大学の滑り止めや併願はどこがいい?外国語、国際教養、法、経済学部でおすすめなのは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

津田塾大学の偏差値や難易度は高いが倍率や受験科目は?ボーダーや合格最低点は?

津田塾大学は私立大学の女子大では1番の偏差値を誇っています。偏差値で言うならば60前後になる

記事を読む

進研模試の信用度や信頼度はあてにならない?判定の信憑性は厳しい?

模試はいろいろな予備校が実施しているものを受けるという人も多いのではないか?と思いますけど、

記事を読む

no image

同志社と明治のレベルはどっちが上?文学部、法学部、経済学部の比較とイメージや雰囲気の違いは?

関東と関西でスクールカラーが同じで、立ち位置的にも近いのは同志社大学と明治大学になるでしょう

記事を読む

大正大学と大東亜帝国のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

大正大学というと、知名度はそこまで高くはないかもしれませんが、偏差値やレベルがかなり低いわけ

記事を読む

大学受験の予備校はどこがいい?選び方の基準やヒント

大学受験を控えている受験生など、高校2年生以下の人たちもそうですけど、予備校に通いたいと考え

記事を読む

東洋大学経営学部の偏差値や難易度は?評判は高いが就職実績や就職状況の特徴は?

東洋大学は総合大学として、非常に多くの学部を擁していますが、その中には経営学部もあります。経

記事を読む

成城大学に行きたい!人が受かるには?勉強のポイントを解説

成城大学に憧れているという人もいるかもしれません。成城大学は偏差値でいうと、54~56くらい

記事を読む

産業能率大学と大東亜帝国のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

産業能率大学は世の中の知名度はあまり高くはありませんが、そこそこの難易度があります。自由が丘

記事を読む

日本大学文理学部の偏差値や倍率は?評判は高い?ボーダーラインはどうなっている?

日本大学の中でも特に学科が多くて、難易度がそれぞれで全然違うと言えるのが文理学部になります。

記事を読む

一橋大学の難易度とセンターの足きりぼボーダーは何割?受かりやすい学部はある?

東京の国立大学というと東京大学、東京工業大学、そして一橋大学の3つがあります。一橋大学は、東

記事を読む

上智大と立教大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

上智大学と立教大学はどっちが上か?偏差値やレベルの差はどれほど

丸紅の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

丸紅の就職の難易度はどうなっているのか?ここに関して知りたいと

HOYAの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

HOYAに就職したいと考えている人はその難易度について調べてい

慶應大と上智大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

慶應義塾大学と上智大学は一般的にはややレベルの差があると見なさ

電気通信大学とMARCHのレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違いは?

電気通信大学とMARCHはどっちが上でしょうか?どちらかと言え

→もっと見る

PAGE TOP ↑