麻布大学附属高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

麻布大学附属高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

麻布大学附属高校は神奈川県相模原市中央区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR横浜線の矢部駅で、徒歩4分となっています。したがって、割とアクセスはしやすい状況にあると言えるのです。まずは麻布大学附属高校の偏差値を調べていきましょう。難易度を把握するにあたっては、やはり偏差値の情報が必要となります。でも、麻布大学附属高校のレベルに関して調べるときには、倍率についても調べておかないといけません。そういった部分も含めて、麻布大学附属高校の難易度として評価していくべきです。あとは進学実績なども知っておいてほしいと思うので、麻布大学附属高校の評判をチェックしていくこともしておきましょう。

 

麻布大学附属高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

麻布大学附属高校の偏差値はどうなっているのか?偏差値としては、普通科S特進コースが63、特進コースが57、進学コースが52となっています。したがって、コースによってはそれなりに偏差値が高いです。つまり、難易度も相当高いと評価できるわけです。コースごとに偏差値が結構違う点は大きな特徴になります。こういった数字は麻布大学附属高校の難易度にかかわってくるので、しっかりと覚えておきましょう。でも、麻布大学附属高校の偏差値だけでは足りないので、学校のレベルを調べるときには倍率の情報も必要と言えます。そういった部分も含めて、麻布大学附属高校のレベルを判断してほしいです。でも、まずはコースごとの偏差値を頭に入れておいてほしいと思います。

 

では、倍率について見ていきたいと思います。麻布大学附属高校の一般入試の倍率に関しては、1倍台前半となっており、数字としては高くはありません。1.0倍に近い数字でもありますから、倍率を見る限りでは、麻布大学附属高校の難易度は高そうには見えないでしょう。でも、倍率は変動がある可能性もあるので、麻布大学附属高校のレベルを把握する際にはそこは考慮しておいてほしいです。でも、実際は麻布大学附属高校の倍率はそこまで大きく変わることはないと思いますけど。ただ、倍率はそんなに高くなくても、麻布大学附属高校の偏差値はコースによってはかなり高い状況ですから、難しい場合も普通にあると言えます。だから、麻布大学附属高校の倍率については、そういう部分を理解しておきましょう。そして、進学実績についても調べておく必要があると言えます。こういったところは麻布大学附属高校の評判にかかわってきますから。卒業後の進路が気になる人は多いと思われるので、事前にチェックをしておいてほしいと思います。

 

麻布大学附属高校の進学実績はどうなっている?

麻布大学附属高校の進学実績を見ていきましょう。進学実績としては、ボリューム層は日東駒専のレベルになりそうです。かなり多くの合格者がいます。ただ、GMARCHもそれなりに多いので、麻布大学附属高校では難易度の高い大学にも合格者は結構います。早慶上理になると、人数はちょっと減ってしまいますが、それでも一定数の合格者が確認できるので、やはり麻布大学附属高校は偏差値が高い学校であることを実感できるでしょう。こういった進学実績は指定校推薦が含まれている可能性があります。麻布大学への内部進学はそこまで多くないものの、一定数はいます。でも、他大学を受験する人たちの方がかなり多くなっていますが。そして、国公立大学に関しては、そんなに多くはないですけど、合格者は存在している状況と言えます。進学実績を見ると、麻布大学附属高校ではそれなりにレベルの高い大学にも多くが受かっている状況と言えるでしょう。もちろんそういった大学に合格するにはかなり勉強しないといけない場合もありますけど。卒業後の進路については多くが気になっているはずですし、麻布大学附属高校の評判としても重要なので、確実にチェックしておいてほしいです。

 

麻布大学附属高校の評判はどんな感じか?

麻布大学附属高校の評判をチェックしていきますけど、在校生や卒業生の口コミを見ていけば、ある程度の状況は判断できると思われます。まず校則についてですけど、普通程度という声もあれば、ちょっと厳しいという声もあります。麻布大学附属高校の校則が厳しいと指摘する人に関しては、特に服装検査が多いと言っているのです。いじめについてはほとんど見かけないとされているので、いじめはほぼないのではないか?と思われます。進学実績に関しては、難関大学への進学が多くなってきており、そういった部分に言及する口コミも見られます。以前はサッカー部が強いというイメージが大きかったみたいですけど、今では進学校のような部分もイメージとして存在しているようで、そういった面は麻布大学附属高校の評判として覚えておくといいでしょう。あとは施設に関して評価する口コミが見られます。トイレが綺麗、図書館は本の数が非常に多い、食堂はかなり美味しいという声がありますから、そういった部分も理解したうえで、実際の学校生活を想像しながら受験をしていくといいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

経済学部は何するところか?何を学ぶ、何を勉強する?向いている人はどんな人?

大学の経済学部って何を勉強するのでしょうか?経済学部で学ぶ内容はなんとなくは分かるのではない

記事を読む

no image

Fランの大学は就職率や内定率低い、ブラックしかないは嘘?メリットもある

Fランの大学は就職しづらいなんてことがよく言われていますが、それはどうでしょうかね?一概にそうとは言

記事を読む

神田キャンパスにグローバル・コミュニケーション学部!専修大学の評判や人気、魅力が上昇!

専修大学は創立140周年に向けて新学部を設置することがどうやら決定しているようです。まだ少し

記事を読む

大学入学共通テストの会場の決め方は?どうやって決まる?いつ分かるのか?

大学入学共通テストは特定の会場で受験することになります。どこで受けるのか?については、大学で

記事を読む

筑波大と横浜国大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

筑波大学と横浜国立大学はどっちが上か?偏差値やレベルを比較した場合、どのような違いがあるのか

記事を読む

恋愛が面倒、恋人いらない若者の割合が4割は当然の理由がある

現代は昔と価値観がかなり変わっている感があります。恋人をいらないと感じている若者が増えている

記事を読む

獨協大学の学部ごとの合格最低点、センター利用のボーダーは何割?

獨協大学の入試を受けるという方、受けたという方はそのボーダーラインが気になるのではないでしょ

記事を読む

ベーシックインカムと社会主義や共産主義の違いは?生活保護や最低賃金は廃止?

ベーシックインカムというのは、国民全員に毎月定額のお金を支給するという部分に関しては知ってい

記事を読む

山手学院高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

山手学院高校は神奈川県横浜市栄区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR京浜東北線、根岸

記事を読む

桐蔭横浜大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインと入試科目の情報

桐蔭横浜大学は神奈川県横浜市にキャンパスがあるスポーツ系で割と有名な大学です。スポーツ関連の

記事を読む

神奈川県立金沢総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金沢総合高校は神奈川県横浜市金沢区にある男女共学の公

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り

藤沢翔陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

藤沢翔陵高校は神奈川県藤沢市にある男子校の私立高校です。最寄り

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑