神奈川県立元石川高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

神奈川県立元石川高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

神奈川県立元石川高校は神奈川県横浜市青葉区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は東急田園都市線のたまプラーザ駅で、徒歩20分となっています。でも、そこからバスを利用することもできます。それ以外では東急田園都市線、横浜市営地下鉄ブルーラインのあざみ野駅、小田急小田原線の新百合ヶ丘駅からもバスが利用可能です。まずは神奈川県立元石川高校の偏差値が気になるでしょう。したがって、そういった部分から難易度を調べていくといいです。でも、神奈川県立元石川高校のレベルをチェックするときには偏差値だけではなく、さらに倍率についても知っておく必要があります。そして、神奈川県立元石川高校の評判をチェックする意味でも、進学実績を調べておくといいのではないか?と思います。

 

神奈川県立元石川高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

神奈川県立元石川高校の偏差値について見ていきますが、偏差値としては56程度となっています。こういった数字を見ると、神奈川県立小石川高校の難易度はそこそこ高いと評価できると思うのです。この偏差値であれば、簡単に合格できるとは言い難いです。それなりに対策を行っていく必要があります。まずは神奈川県立元石川高校の偏差値を頭に入れておきましょう。でも、正確に学校のレベルを把握するには、偏差値だけの情報では足りません。神奈川県立元石川高校の難易度においては、倍率の情報も必要になってきます。そういった部分も含めて、判断をしていく必要があるのです。いろいろな情報を調べてから、神奈川県立元石川高校のレベルを理解するといいと思います。

 

では、倍率について見ていきましょう。神奈川県立元石川高校の倍率に関しては、1.3倍前後となっています。でも、高い年は1.5倍前後あるので、倍率はそこそこ高いという見方もできるでしょう。倍率としてはこういう数字ですけど、やはり偏差値とともにチェックしておく必要があります。神奈川県立元石川高校の難易度を理解するにあたっては、やはり倍率も重要になるのです。変動はありますけど、だいたいこういう傾向になっていると思うので、難易度に関する情報として頭に入れておくといいです。学校のレベルを理解するときに役立ちますから。そして、神奈川県立元石川高校の進学実績もチェックしておきましょう。学校の評判に関する部分になりますし、多くが気になる箇所になるはずなので、こういう部分は受験をする前に詳しく知っておいた方がいいと思うのです。

 

神奈川県立元石川高校の進学実績はどうなっている?

神奈川県立元石川高校の進学実績をチェックしていきたいと思います。進学実績を見ると、ボリューム層となっているのは日東駒専です。毎年100人以上が受かっている印象です。ただ、個別の大学名で言えば、神奈川大学や東海大学の合格者数が非常に多いです。あとはGMARCHのレベルで言えば、30~50人くらいが受かっており、神奈川県立元石川高校では、そういうレベルの高い大学の進学実績もちゃんと見られます。早慶上理の難易度になると、5~10人くらいになることが多いようですが、それなりの有名大学に受かっている例がかなりあるので、ここは神奈川県立元石川高校の評判として評価できるはずです。実際、偏差値がそこそこ高い高校なので、そういう部分も反映しているでしょう。この進学実績については指定校推薦も含まれている可能性がありますが。国公立大学に関しては、例年あまり人数は多くないです。数人程度という状況に見えます。卒業後の進路に関する情報なので、ここはかなり気になると思いますから、神奈川県立元石川高校の進学実績はきちんと理解しておいてほしいと思います。

 

神奈川県立元石川高校の評判はどんな感じか?

神奈川県立元石川高校の評判を見ていきましょう。在校生や卒業生などの口コミを見ることで、ある程度の状況は見えてくるのではないか?と思うのです。校則に関しては、かなり緩いと言われています。特に女子生徒に関しては、メイクやネイルはOKで、スカートを短くしている子もそれなりにいるとされているのです。男子生徒はそこまでじゃないかもしれませんが、女子生徒にとっては、神奈川県立元石川高校の校則は非常に緩いと感じられるのでしょう。厳しいという雰囲気は特に内容です。いじめに関してはほとんど見聞きしないようです。だから、日常的にいじめが起きる可能性はかなり低いでしょう。進学実績では、やはり日東駒専への進学が多いという口コミが見つかります。でも、学校内では指定校推薦を使って、進学する人が割といるとされています。それなりの難易度の大学の指定校推薦も存在しているのではないか?と思われます。神奈川県立元石川高校のレベルはそれなりに高いので、有名大学に受かっている例も結構あります。それ以外では帰宅部の人がそれなりに多いみたいですが、アルバイトをしている人も多いと言われています。こういう神奈川県立元石川高校の評判を理解したうえで、どういう学生生活が待っているのか?を想像して、受験をしていくといいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

公募推薦は欠席日数や遅刻は関係する?部活やってない、帰宅部は不利?受からない?

推薦入試というのは一般入試と同様に幅広く行われている入試形態になります。高校受験や大学受験で

記事を読む

日本女子大学附属高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

日本女子大学附属高校は神奈川県川崎市多摩区にある女子校の私立高校です。最寄り駅は小田急小田原

記事を読む

経済学部は何するところか?何を学ぶ、何を勉強する?向いている人はどんな人?

大学の経済学部って何を勉強するのでしょうか?経済学部で学ぶ内容はなんとなくは分かるのではない

記事を読む

大阪府立大学の偏差値やセンターの足きりのボーダーライン、倍率は?入試日程が特殊なのが特徴的

大阪府立大学というのは、関西ではかなり有名な大学の1つでしょう。ここに受かるのは非常に難しい

記事を読む

独裁はなぜ悪いとされるのか?メリットもデメリットもあり、恐怖政治や危険ばかりではない

独裁という言葉はあまり良いイメージを人々にもたらしません。それは民主政治とは対極に位置するものだから

記事を読む

武蔵野大学は知名度は薄いが、偏差値や難易度はそこそこ高い

東京都の武蔵野大学って武蔵大学とちょっと似ていて紛らわしい大学かもしれません。ただ、吉祥寺と

記事を読む

大阪商業大学の偏差値や倍率は?評判は高い?ボーダーラインや合格最低点の情報について

関西には多くの私立大学がありますが、やはり有名なのは関関同立や産近甲龍です。しかし、そういっ

記事を読む

福岡大学の評判やキャンパスの雰囲気は?就職率や就職先の企業から就職状況をチェック!

福岡大学は全国的な知名度はそこまで高くないかもしれません。九州の福岡県にある私立大学になりま

記事を読む

なんのために大学に行く?勉強のためなら大学に行く意味や理由、必要性はない

大学はなんのために行くのでしょうか?勉強をするため?そう思いこんでいる人がいますね。しかし、

記事を読む

全学部日程の仕組みは?難易度は高くて受かりにくい?メリットは確かに大きいけど

大学受験では全学部日程という入試方式が有名であり、こういったものを利用することもできます。全

記事を読む

神奈川県立金沢総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金沢総合高校は神奈川県横浜市金沢区にある男女共学の公

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り

藤沢翔陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

藤沢翔陵高校は神奈川県藤沢市にある男子校の私立高校です。最寄り

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑