神奈川県立鶴見高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

神奈川県立鶴見高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

神奈川県立鶴見高校は神奈川県横浜市鶴見区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR京浜東北線、東海道線、南武線の川崎駅で、そこからバスを使って通学します。それ以外でもJR京浜東北線、鶴見線の鶴見駅、東海道新幹線、JR横浜線、横浜市営地下鉄ブルーラインの新横浜駅などからもバスが使えます。基本的にはバスを使用して通学する学校という言い方ができるでしょう。神奈川県立鶴見高校の偏差値に関して、まずは知っておく必要があります。学校のレベルを調べていくことになりますけど、神奈川県立鶴見高校の難易度においては、やはり偏差値が重要なのです。しかし、他にも倍率なども知っておく必要があるでしょう。そういった点も含めて、神奈川県立鶴見高校のレベルを評価すべきです。さらには学校の評判に関しても調べておいた方がいいです。神奈川県立鶴見高校の進学実績などはかなり重要な部分になりますから。

 

神奈川県立鶴見高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

神奈川県立鶴見高校の偏差値をチェックしていきたいと思います。偏差値としては、57という数字になっています。したがって、それなりに難易度は高いです。この偏差値であれば、簡単に受かるという状況ではないので、神奈川県立鶴見高校のレベルはそれなりに高いと評価できるでしょう。すごい難しいわけではないものの、それなりに対策を練らないと合格できない高校と言えると思います。でも、偏差値だけでは情報としては足りません。倍率などについてもちゃんと調べておく必要があります。そういう部分も含めて、神奈川県立鶴見高校の難易度を理解してほしいです。学校のレベルはトータルで評価をしていかないといけないと言えます。

 

では、倍率について見ていきますが、神奈川県立鶴見高校の倍率は1倍台前半となっています。1.3倍前後であることが多いです。高い年でも1.5倍くらいなので、そこまで高い倍率というわけではありません。でも、公立高校としては標準的な数字だと思いますから、きちんと勉強をしていく必要があります。神奈川県立鶴見高校の偏差値もチェックしたうえで、こういった倍率を含めて、学校のレベルを評価してほしいと思います。神奈川県立鶴見高校の倍率は変動する可能性があるものの、そこまで大きくは変わらないと思います。だから、こういう数字を覚えておきましょう。神奈川県立鶴見高校の難易度に関係する箇所になりますから。また、神奈川県立鶴見高校の進学実績も調べておくといいです。学校の評判に関する部分として、重要な情報になります。

 

神奈川県立鶴見高校の進学実績はどうなっている?

神奈川県立鶴見高校の進学実績を見ていきたいと思います。進学実績をチェックすると、いろいろな大学名がある状況ですが、ボリューム層としては日東駒専になりそうです。50~100人程度は毎年合格している雰囲気です。でも、GMARCHもそれなりに多くて、30~50人くらいは受かっているように見えます。こういったレベルの高い大学にも合格者がそれなりにいるわけです。神奈川県立鶴見高校の難易度の高さを実感する部分でしょう。でも、早慶上理科については合格者はあまり多くないようです。こういった進学実績は指定校推薦も含まれている可能性があります。また、国公立大学については、5~10人程度とそこまで多くはありませんが、合格者自体はいるので、ここは評価できると思います。それなりに偏差値の高い高校なので、進学実績はそれなりに優れています。神奈川県立鶴見高校の評判と言える面になるので、頭に入れておくといいでしょう。

 

神奈川県立鶴見高校の評判はどんな感じか?

神奈川県立鶴見高校の評判について見ていきましょう。在校生や卒業生などの口コミをチェックすることで、ある程度の状況は見えてくるのではないか?と思います。まず校則についてですけど、かなり緩いと言われています。髪色、ピアス、ネイル、アクセサリー、スカートの丈などに関して自由となっており、神奈川県立鶴見高校の校則が厳しいということはまずないと言えます。かなり緩い面が確認できるのです。いじめに関してはほとんど見聞きしないようです。実際にいじめを見たことがあるという生徒はほとんどいません。進学実績に関しては、指定校推薦が豊富という口コミが見られます。したがって、指定校推薦を利用して進学をする人たちも多くいるのかもしれないです。神奈川県立鶴見高校のレベルを踏まえると、それなりに難易度の高い大学の指定校推薦の枠があるかもしれません。あとは図書室に関して評判がいいです。漫画などが置いてあるようで、広いスペースであり、多くの生徒らが利用している状況があるみたいです。こういう神奈川県立鶴見高校の評判を理解して、実際に受験をしていくといいでしょう。自分が実際に入学したときの状況をできるだけイメージしておくといいのではないか?と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

明治大学の併願や滑り止はどこがいい?成城、明治学院はきつい?日東駒専まで下げるべきか?

今や私立大学の中では1番人気が上昇してきているのが明治大学になるかもしれません。この明治大学

記事を読む

日本女子大学附属高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

日本女子大学附属高校は神奈川県川崎市多摩区にある女子校の私立高校です。最寄り駅は小田急小田原

記事を読む

春日部共栄高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

春日部共栄高校は埼玉県春日部市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は東武鉄道野田線の豊春駅

記事を読む

指定校推薦はずるい、恥ずかしいと馬鹿にされる?廃止やなくすべきという声は無意味か?

指定校推薦は何かと非難される機会が多いです。ずるいとか、恥ずかしいなどの声はよく見られます。

記事を読む

一橋大学はモテるのか?高学歴で頭いいけどモテないが実態?単なる結果論という可能性も

一橋大学の学生はモテるのか?ネット上で調べると、モテないという声がちらほら見られる状況です。

記事を読む

実践女子大学と大東亜帝国、日東駒専はレベルはどっちが上か?就職はどっちがいい?

実践女子大学というのは女子大の中だとそれなりにメジャーな方で学部も多くありますし、レベルは中

記事を読む

東洋大学経済学部の偏差値や倍率は?学生の評判や入試科目の特徴について

東洋大学の経済学部を進学先として考えているという方は、まずは東洋大学のレベルを知らないといけ

記事を読む

立教大学の入試難易度は高い!受かりやすい学部とは?

大学受験ではマーチと呼ばれる大学群があります。準難関大学ということで、早慶上智の次に位置する

記事を読む

慶應義塾大学の滑り止めは併願先はどこがいい?おすすめはGMARCHや成成明学か?

慶應義塾大学を受験する人たちは、滑り止めや併願をどうするか?について考えないといけません。慶

記事を読む

500円玉貯金のやり方や入れ物は?貯めたお金は何に使う?使い道のおすすめは?

500円玉貯金というのがありますが、やり方は簡単ですね。財布の中に500円玉があれば、それを

記事を読む

神奈川県立金沢総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金沢総合高校は神奈川県横浜市金沢区にある男女共学の公

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り

藤沢翔陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

藤沢翔陵高校は神奈川県藤沢市にある男子校の私立高校です。最寄り

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑