公募推薦は併願できる?いくつ受けられる?何校まで可能?滑り止めとして使える?

公開日: : その他の話題

公募推薦は併願できる?いくつ受けられる?何校まで可能?滑り止めとして使える? – Retire in their 20s

公募推薦というのはいくつも受けられるのか?何個も出すことができるのか?というと、これは微妙なところです。併願が不可能なわけではありません。指定校推薦の場合には、基本的に併願はできませんが、公募推薦は併願できる余地があります。だから、何校でも受けられるという言い方ができると思えるでしょう。ただ、完全に自由に併願できるわけではないのです。また、併願できるケースでは何校まで受けられるのか?という点も気になるでしょう。公募推薦の仕組みとして、一応併願はできるけれども、実際に併願を何個もするのは難しい状況があります。いくつも自由に受けられるとは言えないので、その実態について知っておきましょう。公募推薦というのは、ちょっとややこしい面があるのです。

 

公募推薦において併願可能な大学は併願ができる

公募推薦というのは、基本的には併願できないケースが多いです。しかし、一部の大学では併願を認めており、併願可能な大学同士であれば、併願をしても構わないという前提になっています。ただ、数はそんなに多くないので、いくつも併願するとかは厳しいでしょう。自分が行きたいと思える大学のいくつが併願可能となっているか?という問題もありますし。したがって、現実的には公募推薦の併願で何校受けられるか?と言えば、少数になってしまうと思うのです。また、学校によっては1人の生徒が受けられる公募推薦の数を制限しているケースがあるみたいです。この場合、例えば5個受けたいとしても、2つまでとか、そういう制限を食らってしまい、自分が望んでいるところを全部受けることはできないという状況になります。公募推薦は理論上は併願は何個でもできると言えるものの、こういった理由により、現実的には一定数になってしまうのでしょう。

 

ただ、学校側がどのように対応するか?はケースバイケースなので、こういう制限を課さないところもあるでしょう。でも、推薦入試は学校の推薦がいるわけですから、学校の考え方というのが大きくかかわってくることがあります。そうなると、公募推薦はやはり何個も好きに受ける、いくつも乱れ打ちするというのは困難になりやすいのです。何校も受けられるのは、どうしても一般入試が中心です。公募推薦で何個も併願したいと考えている人もいると思いますけど、こういう現実は頭に入れておきましょう。でも、公募推薦が併願できるというのは、一般入試も受けられるという意味になります。公募推薦と一般入試の併願はかなり珍しいですが、そういう人も中にはいます。一般入試は何個までという制限はもちろんないので、好きなだけ受験できます。そうなると、公募推薦だけだと併願を何校もするのは現実的ではありませんが、公募推薦と一般入試の併願ならば、いくつでも受けられる可能性があるということです。そうなると、公募推薦を滑り止めにするという手段も生まれることになります。

 

公募推薦と一般入試の併願でおすすめの戦略

公募推薦は併願できるところであれば、一般入試と一緒に受けることができます。そして、この場合には一般入試で第一志望を受けながら、公募推薦で滑り止めを受けるという方法がとれるのです。通常、滑り止めは一般入試として受ける人が多いですが、公募推薦で滑り止めを受けて、ちゃんと合格できれば、一般入試はより高いレベルの大学を多く受けやすいので、より満足度の高い大学に進学できる可能性が高まります。一般入試は何個までという制限がないので、いくつも受験できます。だから、公募推薦と一般入試の併願は割と満足のいく受験ができる可能性が高いでしょう。第一志望の大学を公募推薦で受けるのもありですけど、そういった受験の仕方ができない場合もあるでしょう。そういうときには一般入試で第一志望を受けることになりますが、滑り止めとして公募推薦を受験する方法は覚えておくといいです。こういう手段を使う受験生は現実ではほとんどいないので、かなり穴場と言えるような戦略になってくると思います。

 

公募推薦は併願できない、専願のみであるという認識の人が多いかもしれません。しかし、実際はそんなことはなく、併願できる大学もいくつかあります。でも、何校でも受けられるわけではなく、実際はいくつかに絞らないといけないでしょう。一般入試と併願する場合を除いては、公募推薦の併願は何個まで受けられるか?と言えば、現実的には数個ということになりそうです。何校でも受けられた方が便利という部分はあるものの、それは一般入試じゃないと厳しいのでしょう。公募推薦の場合には、そういう部分があるので、そこを理解したうえで受けるか?どうかを考えてほしいです。でも、公募推薦は滑り止めとしての利用ができる点は大きいでしょう。一般入試を上手く活用することで、公募推薦で滑り止めを確保できる可能性があるので、そういう視点も持っておきながら、実際に受験を検討するといいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

首都大学東京の滑り止めで私立はどこがいい?併願は国立やMARCHや上智か?

この出題額東京の滑り止めの大学といえば、どこが最適でしょうか?いろいろな候補があると思います

記事を読む

学習院大学の偏差値で入りやすい学部は文学部!倍率や合格最低点、ボーダーが低い日東駒専レベルの学科がある!

学習院大学と言えば、学部が少なくて少数精鋭の学生が学んでいるという印象ではありますけど、学習

記事を読む

南山大学国際教養学部の偏差値や難易度、倍率の予想と評判はどうなるか?

南山大学は元々外国語学部が有名ですが、そういった国際的な雰囲気の大学に2017年の4月~新し

記事を読む

神戸大学の滑り止めはどこがいい?同志社など関関同立?併願は早慶が多い?

神戸大学を受験する人は、どういった大学をその他に受けていくのでしょうか?もちろん私立大学も受

記事を読む

医学部の面接で自己PRや長所と短所でアピールをするための考え方の例とは?

医学部の面接では多くのことを聞かれると思いますが、そんな中でも特に医学部の面接で聞かれやすい

記事を読む

日本大学豊山高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

日本大学豊山高校は東京都文京区にある男子校の私立高校です。最寄り駅は東京メトロ有楽町線の護国

記事を読む

東京理科大学と早慶と上智ではどっちが上?難易度、レベル、知名度や就職においての比較

東京理科大学と比較されることが多いのが早慶上智でしょうかね?MARCHは文系も理系も東京理科

記事を読む

正則高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

正則高校は東京都港区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は東京メトロ日比谷線の神谷町駅、都

記事を読む

西南学院大学の偏差値や倍率と入りやすい学部は?ボーダーラインや合格最低点の情報

西南学院大学というのは九州にある私立大学で、割と全国的にも名前が知られていると思います。西南

記事を読む

東京農業大学第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

東京農業大学第一高校は東京都世田谷区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は小田急小田原線の

記事を読む

神奈川県立金沢総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金沢総合高校は神奈川県横浜市金沢区にある男女共学の公

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り

藤沢翔陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

藤沢翔陵高校は神奈川県藤沢市にある男子校の私立高校です。最寄り

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑