北海道大学の滑り止めや併願はどこがいい?MARCH、関関同立や早慶が候補か?

公開日: : その他の話題

北海道大学の滑り止めや併願はどこがいい?MARCH、関関同立や早慶が候補か? – Retire in their 20s

北海道大学を受験する人たちにとって、滑り止めや併願の問題は非常に重要です。北海道大学を受けるにあたって、滑り止めや併願はどこがいいか?は事前にしっかりと考えていくべきでしょう。北海道大学しか受けない人はともかく、多くの受験生はそれ以外にも私立大学などをいくつか受けることになると思います。そういったときにはどういう大学が候補になるのか?おすすめなのか?滑り止めと併願それぞれにおいてきちんと考えておきましょう。北海道大学の場合、その周辺で受けるのか?東京なども選択肢に入るのか?という違いがあると思いますが、そこも含めたうえでどこがいいか?を考えていきたいと思います。

 

北海道大学の滑り止めの候補はどこがいい?

北海道大学の滑り止めはどこがいいか?そこについて考えていくときには、北海道大学の立ち位置を正確に把握する必要があります。旧帝大の1つであり、日本の大学の中では最高峰に位置すると言える面はあるものの、やはり東大や京大と比べるとやや難易度に差があります。そして、北海道大学の場合、私立大学と比較すると早慶よりも下に見られる場合があるのです。同格と見る人もいますが、下に見る人もいるので、そういう事実は理解しておきましょう。私立大学との難易度の比較は難しいですけど、少なくとも早慶は滑り止めにはならないでしょう。北海道大学に余裕に受かりそうな人であれば別ですが、一般的な北海道大学が第一志望の受験生であれば、早稲田大学や慶應義塾大学は厳しいと思われます。上智大学や東京理科大学に関しても滑り止めとしては微妙でしょう。確実に滑り止めになるか?と言われれば、厳しい人が多い可能性が高いです。

 

そうなると、やはり候補となるのはMARCHです。MARCHの場合、それぞれの大学ごとに偏差値に違いはありますが、特に難しいとされている明治大学、青山学院大学、立教大学であっても北海道大学の滑り止めにはなる可能性が高いでしょう。北海道大学が常時E判定やD判定みたいな人は微妙かもしれませんが、そうでないならばこのあたりは滑り止めになると言えるはずです。そして、中央大学や法政大学も十分に候補になると思います。また、学習院大学もおすすめです。関西の大学を受ける場合には、関関同立でも構わないでしょう。同志社大学、立命館大学、関西学院大学、関西大学あたりも検討するといいと思います。日東駒専や産近甲龍のレベルまで下げる必要はないと思いますし、そこまで受けないといけない人は、現実的に北海道大学の合格がかなり厳しいと言わざるを得ません。したがって、基本的にはMARCHや関関同立を滑り止めにできる、赤本を解いて合格最低点を越えられる状況を作っていく必要があるのです。北海道大学の滑り止めはどこがいいか?に関しては、こういう部分を候補にしていくといいです。

 

北海道大学の併願先としておすすめなのはどこ?

北海道大学の滑り止めに関して今まで話してきましたけど、併願も重要でしょう。むしろ併願の方が多く受ける可能性がありますから。併願は私立大学が中心になりますけど、北海道大学の場合には早慶を受ける人がまずいるはずです。難易度としては早慶の方が高いと言える可能性がありますから、併願としておすすめとは言いにくい面もあります。学部によっては北海道大学よりも早稲田大学、慶應義塾大学の方が難しいというのはあり得ると思いますし。特に法学部、経済学部(政治経済学部)あたりはかなりレベルが高いです。だから、基本的に北海道大学が第一志望なのであれば、早慶を受けるときには難易度的に下位学部がおすすめという言い方になるでしょう。そして、上智大学や東京理科大学であれば、北海道大学の併願としてちょうどいいくらいかもしれません。早慶に匹敵する偏差値がありながら、早慶よりはやや難易度が低い状況ですから。あとはMARCHや関関同立も併願になるかもしれないですけど、基本的には上位学部のみでしょう。河合塾の偏差値で62.5以上といったところは北海道大学の併願として考えてもいいかもしれません。明治大学、青山学院大学、立教大学、同志社大学であれば、こういった数字はそこそこ見ることができます。

 

北海道大学の併願としておすすめできる大学は、私立大学ではこのあたりまででしょう。国公立大学の中期や後期で別の大学を受験するという手もありますけど、そういった日程においても北海道大学を受験するという手もあります。したがって、国公立大学に関して、北海道大学をどこまで受験するか?という点も考えないといけませんが。これは前期の結果次第という面もあるため、現状では何とも言えないかもしれません。でも、私立大学に関しては多くが受験することになるはずですから、北海道大学の併願に関して私立大学はきちんと候補を考えていきましょう。滑り止めに関しても重要ですが、併願先もどこがいいか?は真剣に考えるべきでしょう。自分が実際にそこに入学する可能性があるわけですから。北海道大学の滑り止めと併願先の候補に関しては、すでに話した通りですけど、少しでも参考になればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

青山学院大学のオープンキャンパスに行く人が見ておくべきポイントは?【青山キャンパス編】

夏になるとオープンキャンパスに参加する人も多くいると思いますが、私の卒業した大学である青山学

記事を読む

東洋大学のキャンパスの雰囲気や学生の評判と就職実績、就職率について

東洋大学は近年人気をとても上げてきており、受験の難易度もとても高くなってきています。その東洋

記事を読む

成蹊大学の滑り止めはどこがいい?日東駒専や獨協?併願は成城や明治学院などでおすすめなのは?

成蹊大学を受験する受験生は成蹊大学以外ではどこを受けるか?を決めないといけないでしょう。成蹊大学

記事を読む

湘南学院高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

湘南学院高校は神奈川県横須賀市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は京浜急行の北久里浜駅で

記事を読む

no image

警察官の面接の評価基準や受かる人と落ちる人の特徴は?落ちる理由は曖昧なものかもしれない

警察官の面接に受かるにはどういったポイントが必要になるでしょうか?警察官というのは公務員の中でやや特

記事を読む

大妻女子と昭和女子のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

大妻女子大学と昭和女子大学はどっちが上でしょうか?偏差値やレベルを比較したときには、どういう

記事を読む

天理大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報について

全国で宗教系の母体を持った大学がありますが、その1つが天理大学です。天理大学は関西での知名度

記事を読む

駒沢女子大学の偏差値や難易度は?評判や倍率とボーダーラインなどについて

駒沢女子大学というのは女子大の中ではどれくらい知名度があるか?は分かりませんが、人気は高いと

記事を読む

慶應義塾大学の学部のランキングや序列は?偏差値やレベルや就職で順位づけしてみた

慶應義塾大学の文系の学部はいくつかあるわけですが、それらを偏差値や難易度でランキングをしたら

記事を読む

警察官を目指す予備校に通う時期はいつから?大学何年生から?

公務員は安定した職業として、多くの方に人気ですが、その中でも警察官を目指している方も多くいる

記事を読む

日本女子大学附属高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

日本女子大学附属高校は神奈川県川崎市多摩区にある女子校の私立高

神奈川県立松陽高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立松陽高校は神奈川県横浜市泉区にある男女共学の公立高校

岡山大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめは産近甲龍や日東駒専あたりか?

岡山大学を受験するにあたって、滑り止めや併願はどこがいいか?が

平塚学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

平塚学園高校は神奈川県平塚市にある男女共学の私立高校です。最寄

神奈川県立鶴嶺高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立鶴嶺高校は神奈川県茅ケ崎市にある男女共学の公立高校で

→もっと見る

PAGE TOP ↑