自動車メーカーの就職の難易度や倍率は?激務で忙しい評判や将来性はある?

公開日: : 学生たちの就職活動

自動車メーカーの就職の難易度や倍率は?激務で忙しい評判や将来性はある?

自動車業界への就職を考えている人もいるのではないでしょうか?自動車業界というのは、大手企業も多くありますし、日本の産業を代表する会社が多いので、憧れみたいな面も強いかもしれません。自動車メーカーへの就職に関しては一般的に言えば難易度は高いです。基本的に大きな会社しかないので、どの企業を選んでも自動車業界の就職の難易度は相当高いはずです。自動車業界への就職の難易度は高いというのは多くが想像できるかもしれませんが、自動車業界への評判はどうなのでしょうか?自動車業界への就職の難易度という部分でも気になると思いますけど、実際に働き始めた後のことも気になりますよね。文系と理系では違うと思いますが、自動車業界への就職は激務なのか?忙しい面が大きいのか?といったことは知っておきましょう。あとは自動車業界の今後というのも重要です。自動車メーカーの将来性はどうなのか?についても同時に知っておいてほしいと思います。

 

自動車業界の評判としてはどうなのか?将来性は?

自動車業界というのはこれまで日本の産業を支えてきた大きな柱であったと思います。その地位は現在までもあまり揺らいでいる印象はありません。ただ、自動車業界の今後というのは正直言って分からない部分もあるのです。というのも、自動車業界の将来性に危ういと思える面があるからです。自動車業界が今後衰退するか?どうかは分からないが、自動車の人気というか、需要は間違いなく下がってきています。日本国内においては自動車が売れなくなってきているのです。これは日本国内で特に顕著というのもあるが、将来的には全世界的にそうなる気がします。日本においては自動車がステータスとしての機能を持たなくなってきていることや若者の収入低下、都市部の交通の発達などにより、車の需要がかなり低下しています。そういった理由により、以前よりも車が売れなくなってきているのです。特に所得の低下は大きく、この傾向は全世界的に進むはずなので、元々が効果である車は全世界的に売れづらくなると予測されます。だから、海外の市場でも売れづらくなれば、自動車業界はその製品自体を根本から転換させないときつい可能性があるのです。自動運転が実現しても同様でしょう。日本国内の会社は大手ばかりなので、倒産は考えづらいが、リストラは十分あり得る時代になっています。東芝とか、パナソニックなどの大手がヤバくなる時代なので、自動車業界への大手も将来性は分からないです。それが自動車業界への就職の際の評判の1つになります。今後どうなるのか?というのは知っておいてほしいと思います。

 

そして、自動車業界への就職の評判としては激務なのか?という点が挙げられますが、自動車業界では職種が多くあって、それぞれで結構違いがあるため、一概には何とも言えませんが、営業職は基本的に激務だと思っておきましょう。営業職はどの業界も平均して忙しいです。だから、営業職として就職する以上、自動車業界でも激務に感じる可能性はあります。ただ、会社によっては激務ならないように、労働時間をできるだけ抑えることができるように工夫しているところもあるのです。例えば、夜は何時以降働いてはいけないとか、そういった感じで長時間労働にならないように工夫している優良企業というのもありますから、そういった会社の場合には営業職であっても激務に感じづらい、激務にならないということも言えます。これは事務職、技術職なども同様です。自動車業界の場合には大手が多いので、比較的そういう工夫をしているところが多いのではないか?と思うのです。だから、そういう労働時間の制限のような措置があるところは、自動車メーカーの中でも忙しいレベルがそこまでじゃないという言い方もできると思います。つまり、重要なのは各会社の労働時間や残業を減らすための措置の内容であり、自動車業界の全体として分析してもあまり意味がないということになります。つまり、就職したい会社が決まっているならば、その会社の評判を調べて、労働時間の平均やどういう働き方を強いられているのか?という口コミの部分を調べてみると良いと思うのです。

 

自動車業界への就職の難易度は高いのか?

自動車業界への就職の評判などについて書いてきましたが、自動車業界でも忙しいときはあるでしょう。その度合いは会社によって違うとは思いますけど。会社ごとに働き方は異なりますけど、自動車メーカーに就職すると激務なときはあると思っておいた方が良いと思います。自動車業界への就職の難易度に関してですが、全体的な傾向で言えば、かなり難しいと思います。日本における自動車業界というのは誰もが名前を知っている会社が多く、それ以外というのがなかなか思いつかない人もいると思います。したがって、そういう大手企業に就職する人が多いと思いますが、自動車業界は基本的には大手企業が多いというのは知っておきましょう。これはメーカーに限定しますが、自動車メーカーの中小企業になると社名を聞いたことがないところが多い人もいると思いますし、全体の半分くらいは大手企業になるんじゃないか?と思います。だから、全体的に自動車業界への就職は難易度が高いです。倍率について会社ごとに違いますけど、大手の会社だと相当程度でしょうね。採用人数が多ければ意外と倍率はそこまで高くならない場合もありますけど。でも、基本的には難しいということになりますから、他の大手企業同様の就職の倍率になる可能性は高いです。中小企業になると話は別ですが。自動車業界は就活生に人気なので、自動車業界への就職の倍率は全体的には高いと思います。ただ、会社ごとに違いますから、会社ごとの倍率が調べられれば、そういったデータをチェックして受けていくと良いと思います。会社の採用試験の倍率は公開している会社としていない会社があるので、調べられないところもあると思いますけど。

 

就活をするにあたって内定を取るために必要なのはナビサイトの選び方

ナビサイトを就活においては多くの就活生が使っているでしょう。しかし、多くの就活生は知名度が高いところを優先して登録している人が多く、一部のメジャーなナビサイトのみに注意が向いており、それ以外のところに関心を持っていない、注目していない人が多いと思うのです。しかし、そういったマイナーなナビサイトの中にもおすすめのサイトはあって、大きなメリットも存在すると言えると思いますから、就活生は知っておいてほしいです。例えば、「キミスカ」というサイトは特におすすめで、ここはちょっと変わっている部分があります。キミスカというナビサイトはスカウト型のサイトで、多くの人は自分で企業を選んで自分でエントリーするというやり方が定着していると思いますけど、キミスカはここで採用活動をしている企業が、キミスカに登録している学生を検索して、プロフィールを見て自社に必要な人材だと思った人間に対してスカウトを送っていきます。スカウトを受け取った学生はその企業を受けることで、就活をしていくことになるのですが、このキミスカのようなタイプのナビサイトにはメリットが2つあります。1つ目はスカウトが着た企業を受けると、一次選考や二次選考がパスして受けられる場合があるということです。これは内定に近づいた状況で選考に臨めるのでかなり大きいと言えます。もう1つは企業側が自分に対してすでに関心を持ってくれている、その状態で受けることができるということです。

 

通常はそういったことは起きません。学生が自分で企業を選んで気に入ったところを受けるので、企業も自分を気に入るか?どうかは分からないのです。選考の中でアピールをしていき、そうやって自分に興味を持ってもらうという流れが一般的ですが、なかなか自分に対して興味を持ってもらうようにするというのは難しいのです。だからこそ、多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用になってしまうのです。でも、キミスカでは自分に対して多少なりとも関心があることが確定した企業を受けることができます。スカウトを送ってくるということはそういうことなのです。興味がなければスカウトは送りませんから。だから、自分に対してすでに少しは興味を持っている企業を受けられるとしたら、少しでも内定に近づいている企業を受けられることになり、それは大きなメリットになります。キミスカはすでに使っている別のナビサイトと併用もできます。一緒に使えるのです。そして、タイプが違うナビサイトを組み合わせられるので、そこはリスク分散にもなります。スカウトは絶対に来るとは言えませんが、プロフィールページを充実させたりして、スカウトが来る確率を高めることはできますから、そういったことをしていくと良いでしょう。無料の会員登録で利用ができますから、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

no image

不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません。不動産業界は大手から中小まで

記事を読む

内定式や入社前研修のお礼状、メールを出す意味が理解不能

内定式やその後に行われる研修や実習において、お礼っているんですか?立場上のことを弁えると、お

記事を読む

社会人のスタート!入社式での髪色は?茶髪はダメ?

無事に就職活動を終えて、就職が決まれば、4月の上旬に入社式があると思います。入社式は会社の従

記事を読む

SPIで落とされる人の割合や通過率は?性格検査や診断は運ゲーか?

就職活動で確実にSPIなどの筆記試験を受けていくと思うのですが、こういった筆記試験を受けてい

記事を読む

SPIやWEBテスト等、就活の筆記が通らない、落ちる原因

SPIやWEBテストなど、就職活動では様々な筆記試験が課されると思いますが、そういった筆記試

記事を読む

三谷商事の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務と評判はある?

三谷商事に就職したいと考えている人もいるでしょう。三谷商事の就職の難易度はどれくらいか?とい

記事を読む

エントリーシートや履歴書で修正液使うと落とす企業は避けるべき

就職活動等で履歴書やエントリーシートを書くケースも多いと思いますが、その際にどうしても間違え

記事を読む

ドン・キホーテの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

ドン・キホーテに就職したい人はまず難易度を知っておきましょう。ドン・キホーテに就職するにはど

記事を読む

no image

印刷業界の就職の難易度や倍率は?激務な評判は?今後や将来性はどうか?

印刷業界というのは就活生の中ではあまり話題になりませんけど、多くの就活生が毎年受けています。

記事を読む

パナソニックの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

パナソニックと言えば、言わずと知れた大手企業になりますけど、パナソニックの製品が家にあるとい

記事を読む

ヤマダ電機の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ヤマダ電機の就職の難易度はどうなっているのか?知りたい人も多く

オリックス銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

オリックス銀行に就職したいという人はその難易度に関して知ってお

東洋大と専修大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

東洋大学と専修大学は同じ日東駒専というランクに位置していますが

関西大学の滑り止めや併願はどこがいい?産近甲龍や摂神追桃あたりがおすすめ?

関西では関関同立が私立大学としては有名ですけど、その中で関西大

武蔵大学の滑り止めや併願はどこがいい?神玉東文武や大東亜帝国がおすすめか?

武蔵大学に関しては、私大難化以降に偏差値を上げ、全体的にMAR

→もっと見る

PAGE TOP ↑