印刷業界の就職の難易度や倍率は?激務な評判は?今後や将来性はどうか?

公開日: : 学生たちの就職活動

印刷業界の就職の難易度や倍率は?激務な評判は?今後や将来性はどうか?

印刷業界というのは就活生の中ではあまり話題になりませんけど、多くの就活生が毎年受けています。ただ、この業界は寡占状態となっており、一部の大企業とそれ以外といった構図になっているため、そういったところを理解して就活をしてほしいと思うのです。印刷業界の就職の難易度は必ずしも高いとは言えませんが、業界の特徴をまずは知っておくと良いでしょう。印刷業界の就職の難易度も重要ですけど、まずは働き方とか、業界の特徴が重要になります。印刷業界というのは激務なのか?ブラックなのか?というのは気になると思いますけど、印刷業界というのはどちらかというと、これから伸びる余地があまりない業界であって、従来の印刷そのものだけではなく、いろいろな手法に手を出していかないと生き残れない時代になっています。大企業はそういった部分において、ある程度成功している面はあるものの、中小企業は会社によりますからね?だから、印刷業界は将来性という点において考えておかないといけない面もあるのです。そういった印刷業界の評判についてはまずチェックしておきましょう。

 

印刷業界の将来性や勤務の仕方は激務なのか?

印刷業界ではすでに話したように、一部の企業が寡占状態にあり、特に大日本印刷と凸版印刷の2社は非常に大きな存在になっています。こういったところは従来の印刷業以外でも最新の事業を行っており、そこで将来性を確保している面もあるのですが、それ以外の中小企業では将来性という点ではどうなんでしょうね?という感じなのです。ここは印刷業界の評判として大きいです。大企業と中小企業の格差になります。ネットプリントが登場して以降、印刷業界というのはどうしても苦境に立たされてしまい、一部の大企業はそれなりに業績を伸ばしていけますが、一部の大企業以外のたくさんある中小企業は残りの市場を奪い合う中で、そのパイがどんどん縮小してきている状況にもあります。したがって、どうしても印刷業界というのは今後についてはどうしても厳しい状況になりがちということが言えます。業界自体が芳しくないと、印刷業界では激務の可能性が増してくるということになります。印刷業界の将来性についてはそういった目線で見ていかないといけないとも言えるのです。印刷業界では激務を強いられるのか?と言えば、大企業であっても、中小企業であっても忙しい部分はあると言えます。ここが印刷業界の評判では重要なところです。印刷業界の評判では、大企業でも忙しいが特に中小企業では、印刷業界は忙しい面が相当あります。中小企業は数少ないパイを奪い合っている状況なので、他の企業に負けてはいけないという思いが各社強くなりがちで、どうしても労働時間を伸ばして利益を挙げないといけないという事情が存在するのです。大企業は中小企業が参入しない領域でも戦っているから多少余裕があるものの、中小企業の印刷業界は全体的に激務です。ネットプリントの選択肢ができてからは、印刷業界は非常に窮地に立たされているということを話しましたが、要するにそういった中で仕事をとってこないといけないわけですから、条件は悪くなります。そして、仕事をとるために営業は日夜仕事をし続けるということになります。また、印刷会社に仕事を頼んでくるところが、そもそもブラック業界であることもあり、そのブラック業界からの仕事だと納期や金銭的な部分の条件もよくないですから、結局のところ、印刷業界は激務で給料が安いところが増えるという構造になっています。大企業は給料は良いみたいです。でも、仕事は忙しいみたいですが。

 

印刷業界の会社に仕事を頼むのがそもそもブラック企業で、ブラック企業はお金はあまり出したくないので、どうしても印刷業界の中小企業の給料は上がりづらいです。そのうえに結果的に納期が厳しくなる場合もあり、どうしても仕事が忙しい状態になるのです。印刷業界では激務な会社はたくさんあると思います。ネットプリンタの台頭によって、業界自体が衰退しつつあるというのが1つポイントになりますから、大日本印刷と凸版印刷などの大企業を除いては、残りの企業は将来性がどうなるか?は分からないのです。印刷業界は今後のことまで考えたうえで就職をしていった方が良いと思います。そして、印刷業界の就職の難易度に関してですが、就活生の人気が高いとは言えないです。したがって、一般的に言えば印刷業界の就職の倍率は高いところは少ないと思います。大日本印刷と凸版印刷などの大企業はそれなりの倍率であるケースもありますが、それ以外の中小企業では印刷業界の倍率が高いと感じるところは多くはないと思うのです。地味な業界というか、将来性を気にする就活生は避けるケースもありますから。印刷業界の就職の難易度は高いところは少なく、大日本印刷と凸版印刷などの大企業になるでしょう。だから、印刷業界で名が通っているところは今後もまだ安泰と言える余地はあると思いますがから、まだ印刷業界の中でも就職の倍率は高いです。でも、中小企業になると倍率は相対的に下がります。企業ごとに具体的な数字は違いますけど、印刷業界は他の業界よりは就職の難易度は低いと言える可能性がありますし、中でも中小企業は狙い目なのかもしれません。就活生にとって華やかな印象はあまりないでしょうし、いかに新たな事業を開拓して、将来性を生んでいくか?より多角経営ができるか?という点がこれからの焦点になるでしょう。印刷業界の就職の難易度は決して高いとは思いませんが、大企業はそれなりに難しい可能性がありますし、簡単に就職できるというわけではないので、そこは知っておいてほしいと思います。印刷業界の評判などもちゃんとチェックしたうえで応募してほしいと思います。

 

就活で内定を取るためにはナビサイトの選び方が重要!

就活をする際には多くの人がナビサイトに登録して、そこから就活をスタートさせていると思います。したがって、ナビサイトの存在は就活ではかなり大きいと言えるのです。ナビサイトは結構多くの数がある、メジャーではないものも中にはありますが、その中にはかなり優れた特徴を持っているところもあるので、知っておいてほしいと思います。例えば、「キミスカ」というサイトはその中でも特におすすめになります。このキミスカは聞いたことがない人も多いと思いますが、趣向がちょっと変わったナビサイトになります。何がどう変わっているのか?というと、スカウト型のナビサイトになります。スカウト型というのは、学生に企業がスカウトを送るというタイプのサイトで、学生が企業を自分自身で選ぶというタイプのサイトではないのです。キミスカに登録している学生の中で、キミスカを通じて採用活動をしている会社が検索をして、気になる学生がいた場合、その人にスカウトを送って自社を受けてもらうようにします。従来のナビサイトを使った就活の場合、学生が自分で企業を選んで応募するので、自分は企業に関心があるが、企業はあなたに関心を持つか?は分からないということになります。学生は選考の中でアピールして企業の自分に対する関心を引くわけですが、アピールをしても自分に関心を持ってもらえるか?どうかは分かりません。関心を持ってもらえなければ不採用になるということになりますが、就活生は自分が受けた企業の多くから不採用になるので、自分への関心を持ってもらうというのは難しいのです。

 

しかし、キミスカは自分へのスカウトが着たところから就活が始まりますから、スカウトが着た時点でその会社は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。じゃないと、スカウトを送ってこないのです。したがって、スカウトが着た会社を受ければ、関心を持ってくれているところを受けられることになるので、その時点でかなり有利な状況になっています。自分への関心が高い企業を受けられれば、関心が高い分、内定により近づいている状態と言えるのです。しかも、キミスカはスカウトが着た企業を受けることで、一次選考、二次選考をパスして受けることができる場合がありますから、そのときには内定にさらに近づいた状態で受けられるということになります。こういったメリットが大きいのです。キミスカは今まで使ってきたナビサイトがあっても、そこと併用ができます。今まで使ってきたナビサイトを使って自分で企業を検索してエントリーをしながら、キミスカに登録してスカウトを待ち、スカウトが着たときに対応をすれば良いのです。したがって、こういったタイプの違うナビサイトを組み合わせることで、リスクを分散させるということもできるので、キミスカはおすすめということが言えます。多くの就活生はこのキミスカを知らないでしょうし、他のライバルに差をつけるチャンスでもあります。スカウトは絶対に来るとは言えませんけど、プロフィールを充実させたりして確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

総合商社の仕事内容は忙しい、激務と評判だがやりがいは?英語ができないときつい?

就職活動において人気の業界というと、総合商社があります。企業の数はそんなに多くないのではない

記事を読む

内定式や入社前研修のお礼状、メールを出す意味が理解不能

内定式やその後に行われる研修や実習において、お礼っているんですか?立場上のことを弁えると、お

記事を読む

丸井グループの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ファッションビルのマルイなどを運営する丸井グループに就職したいと思っている人も多くいるでしょ

記事を読む

就活でTOEICは有利?関係ない?アピール次第で大きく変わる

就職活動において、資格取得を目指す人は多くいると思います。資格を多く取得して、アピールしたい

記事を読む

学歴フィルターの基準やボーダーで関関同立や産近甲龍の学生はひっかかる?

就職活動でたびたび出くわす学歴フィルターですが、この学歴フィルターは主に関東圏の大学に対して

記事を読む

no image

就活で何をすべきか?何をしたらいいか分からない場合、内定を取るためにおすすめのやり方

就活をしているときに一体どうすればいいか?分からないというときがあると思うのです。就職活動ってやり方

記事を読む

野村信託銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

野村信託銀行に就職したいと思っている人はまずは難易度を理解しておきましょう。野村信託銀行の就

記事を読む

沢井製薬の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

沢井製薬の就職の難易度はどうなっているのか?沢井製薬の就職における難易度を調べるときには、倍

記事を読む

CBCテレビの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

CBCテレビに就職をしたいと思っている人もいるでしょう。中部日本放送という名称でもありますけ

記事を読む

Fランク大学は就職できない?就職先が悲惨なのは結果論では?

Fランク大学の就職先が悲惨だということがネット上でも話題になっているが、それが全員というわけ

記事を読む

三井物産の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

三井物産の就職の難易度はどうなっているのか?かなり有名な企業だ

筑波大と九州大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

筑波大学と九州大学はどっちが上でしょうか?実際にこの2つで悩む

関西学院大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめは関関同立やMARCH、産近甲龍か?

関西学院大学を受験する人、第一志望であるという人は滑り止めや併

アルフレッサの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

アルフレッサに就職したい人はまず難易度を理解しておきましょう。

筑波大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや早慶、関関同立あたり?

筑波大学を受験する人はどういったところを滑り止めにするのか?そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑