生命保険や損害保険の就職の難易度や倍率は?激務と評判なのは当然?

公開日: : 学生たちの就職活動

生命保険や損害保険の就職の難易度や倍率は?激務と評判なのは当然?

生命保険や損害保険の業界は大変な仕事をしているというイメージは多くの人にあるかもしれません。こういった業界は需要自体は常に存在し、業界自体が衰退するということはちょっと考えづらいです。生命保険や損害保険の保険業界の評判というのはあまり良いものは聞きませんが、業界自体が安定しているのは魅力でしょう。保険業界はとにかく忙しいイメージがあるかもしれませんが、それは事実です。どの会社もかなり忙しいと言えます。保険業界は激務なイメージそのままの業界です。基本的に生命保険や損害保険の会社で働く人は営業がほとんどなので、激務は当然ということかもしれません。営業職はどの業界も激務なので、そこへの理解がまず必要になります。そして、保険業界ではノルマがあります。たいていどの会社でもあると思うのですが、このノルマが保険業界で働く人にとって激務とは別の部分で大変に感じるのです。ノルマがあるっていうのはプレッシャーを常に感じながら仕事をしないといけないということを意味します。そのため、保険業界は離職率が高いとされているのです。

 

保険業界で働く人の評判はどうなっているのか?

保険業界が非常に大変に感じてブラック業界と思うかもしれませんけど、少なからずこういったところはどの業界にもあると思います。真っ白な業界なんてほぼないと思った方が良いと思います。どの業界もグレーで、その濃さが異なるという違いがある程度なのです。生命保険や損害保険の評判としてはノルマがあって、それがきついということを話しましたけど、ノルマがあると精神的にきついのです。激務とか、そういったことよりもこちらの方がきつい場合もあると思います。精神的に辛くなるので、離職率が高いというのが保険業界の特徴になっています。そして、離職率が高いってことは、担当者がころころ変わってしまい、顧客としてはそこに不満が溜まるようで、残った社員がそのクレームなどを受けないといけないという悪循環になるということなのです。会社ごとに激務の程度や離職率は違いますけど、こういった事情ば保険業界では全体的な共通点になります。保険業界の評判としてはノルマがきつい、顧客のために仕事が長引いて、終電くらいまで帰れないといった部分がだいたい共通だと思いますし、なんとなくそういったところは想像できる人が多いんじゃないかな?と思います。営業職は保険業界だけじゃないですが、ノルマがあって忙しいですし、精神的にも肉体的にも辛いのです。保険業界は安定性が高いので、辞めなければなんとかなるという思惑はある分だけマシだとは思います。他の業界は業界自体も衰退するかもしれないのに、営業職は激務で大変ですから。生命保険や損害保険の会社は激務なのはある程度ありますが、それは営業職の宿命です。どの業界に入っても営業職は忙しいと思うので、保険業界だけの話ではないので、そこは知っておいてほしいと思います。

 

では、保険業界の就職の難易度はどうなのでしょうか?保険業界は大手の会社は名が売れているところは多くありますし、倍率も高くて難しいです。保険業界は金融と併せて就活生の中ではある程度人気だと思います。仕事がきついとしても、保険業界に就職したい人は多くいるので、難しいと思います。生命保険や損害保険の就職の難易度は高いですが、具体的な倍率はそれぞれの会社で違っていますから、大手企業と創じゃない企業で違いますが、保険業界は全体的に就活生の人気が高いので、倍率は高くなりがちです。業界全体である程度人気なので、大手じゃないところでも倍率は結構高いと思います。具体的な数字は言いづらいですが、大手になれば100倍近くはあっても不思議じゃないでしょう。日本生命、第一生命、オリックス生命、明治安田生命、東京海上日動などの多くが知っているところは相当な倍率だと思います。保険業界に限らず、大手企業はどこも難しいので、保険業界の就職の倍率は全体的に高く、難易度が高い業界というのは知っておいてほしいです。保険業界の評判はあまりよくないとは言えても、人気なんですよ。安定性もありますし、そこは保険業界の特権ですから。保険業界の就職の難易度は高いので、どの企業も難しいと思いますが、営業職をやる可能性が高いという意味では、忍耐力や体力をアピールすれば、適性があると思ってもらえる可能性はあります。間違いなくそういったものが必要なんです。離職率が高い業界なので、忍耐力や体力がないと辞めてしまいますから。でも、そういう意味で言えば離職率が高い分、採用数が多い可能性もあるので、そこも保険業界の倍率に影響するでしょう。だから、採用数が多いところでは生命保険や損害保険の就職の倍率はそこまで上がらない可能性もあり、そこは就活生に有利に働くかもしれませんが、それでも難しいというのは覚悟しておいた方が良いです。

 

就活で内定を取るためにはナビサイトの選び方がとても重要

就活生は日ごろからナビサイトを使用して、就活をしていると思います。しかし、そういったナビサイトというのはどうやて選んでいるのでしょうか?無意識のうちに有名なところに登録しておけば問題ないという判断をしているのではないか?と思います。多くの就活生がナビサイトは誰もが知っている、知名度が高いところを選んでしまっているのですが、それが恐らく正解だと思っているでしょう。有名どころを使っておけば問題ないという判断を多くがしていると思います。しかし、そういう判断は必ずしも正しいとは言えないと思うのです。なぜならば、知名度が高いナビサイトはある欠点を持っているからです。それは利用者が多すぎるということです。知名度が高いので、当然有名になっていますから、利用者は相当多くいます。でも、利用者が多いとどうしてそれが欠点になるのでしょうか?利用している就活生が多いということは、彼らが行うエントリーの数が膨大になりやすいということを意味しています。就活生1人につき何十社もエントリーを出すことが珍しくありませんけど、そういった大量のエントリーを1人1人がする中で、ナビサイトの利用者が大量にいるということは、そのナビサイトからなされるエントリーの総数は膨大になるということです。そうなると、そのナビサイト上で求人を出している会社に対して、その膨大なエントリーが向かうことになり、1社ずつのエントリー数も多くなりやすいということなのです。エントリーする人の数が多ければ、それだけ競争率が上がるので、倍率が高くなり、内定が取りづらい状況になると言えます。だから、有名なナビサイトはみんなが使っているという意味では安心感はありますけど、みんなが同じところを使っているがゆえに発生する問題もあるので、そこは知っておきましょう。そうなると、意外と知名度が低いナビサイトの中にもおすすめのところがあるということになります。そういったところは競争率が低いので、倍率が高くなりませんから。

 

例えば、「キミスカ」に関しては多くの就活生におすすめです。知名度が高くはないので知らない人も多いですし、その結果利用者が多くなりづらく、競争率も倍率も高くはなりません。しかし、このキミスカはちょっと変わったナビサイトで、普通は学生が数多くある企業の中から検索して気に入ったところにエントリーするというのが始まりです。しかし、キミスカでは登録している学生の中で良い人がいないか?を企業が検索します。そして、気に入った人がいればその人にスカウトを送るという流れになるのです。これによってある大きなメリットが発生します。それは自分に関心を持っていることが確定した企業を受けられるということです。通常は自分が関心を持った企業を受けるので、企業が自分に関心を持ってくれるか?は分かりません。選考の中で必死にアピールをしていきますけど、多くの就活生は自分が受けたほとんどの企業から不採用になるため、なかなか自分に関心を持たせるのは難しいのです。しかし、キミスカはスカウトが着た時点で自分に関心を持っていることが確定しますから、そこを受ければ少しでも内定の確率が高い企業を受けられて、チャンスなのです。また、キミスカでスカウトが着た企業を受ければ、一次選考や二次選考をパスできる場合もあるので、そのケースではかなり内定に近づくことができます。スカウトは絶対に来るとは言えませんけど、プロフィールを充実させるなどして、企業にとって魅力的な人材をアピールして、確率を高めることはできます。このキミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用ができますから、タイプが違うナビサイトを組み合わせることでリスクを分散させることもできます。こういった多くの就活生が知らないナビサイトを使って優位な状況を作ることができれば、他のライバルに差をつけることができますし、内定を取れる確率も上がると思います。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

会場で受けるSPIなど就活の筆記試験の服装は私服?スーツ?

就職活動を始めると、いろいろと分からない部分も増えてくると思いますが、例えば筆記試験の服装っ

記事を読む

やりがいより労働条件が大切な就活生が不採用なのは当然

以前、『「仕事内容」より「労働条件」ばかりを聞く学生はいらない』などのニュース記事で、給料の

記事を読む

エントリーシートと履歴書で内容がかぶる、重複するのは問題ない

就職活動で存在する履歴書とエントリーシートの違いって何でしょうか?多くの学生は1つの企業から

記事を読む

就活でエントリーシートが通らない、落ちる人が見直すべき点

驟雨職活動ではいろいろな場面で要求されるエントリーシートです。これが一次選考になるケースも割

記事を読む

オワコンのテレビ局への就職は勝ち組?難易度や倍率と釣り合わない?

テレビ局などのマスコミ業界は非常に難易度が高いです。マスコミ業界って、業界全体は何かオワコン

記事を読む

就活でたくさん受ける意味って?エントリーを大量にすることの問題点

就職活動において、エントリーはどれくらいするでしょうか?リクナビやマイナビを使えば、気軽にエ

記事を読む

no image

就活で内定がもらえない人、うまくいかない人の特徴、受かる気がしない人が採用されるには?おすすめの方法を紹介!

就活をしているけどうまくいかない人もいるでしょう。内定を取るというのは非常に大変なことで、誰もがうま

記事を読む

就活の自己PRで向上心、前向きさアピールは非常に効果的!

新卒の大学生の就職活動の自己PRのネタで悩んでいる人も多いかもしれません。自己PRはいろいろ

記事を読む

就活で入社後にやってみたい仕事、実現したいことの答え方

就職活動をしていて、企業からの面接でいろいろな質問を受けることがあると思いますが、答えるのに

記事を読む

新入社員の幕開け!入社式の内容は?何をやるの?

4月1日からは多くの方が新入社員として働き始める初日になると思います。そんな入社式は気持ちを

記事を読む

熊本学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインについて

九州の熊本県の私立大学としては熊本学園大学が有名です。熊本学園

音楽業界、レコード会社の就職の難易度や倍率は?激務の評判はある?今後や将来性は?

音楽業界といえば、レコード会社を代表するような非常に華やかなイ

神奈川大学の国際日本学部と国際経営学部の偏差値や難易度、評判の予想について

神奈川大学ではみなとみらいキャンパスの設置に向けて、新学部の設

ドラッグストアの就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判はあるのか?

ドラッグストアへの就職を考えている人もいるのではないでしょうか

東北学院大学と日東駒専、大東亜帝国はどっちが上?頭いいレベル?イメージや雰囲気の違いを比較してみた

東北地方にある私立大学の中でとくに有名なのは東北学院大学です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑