ホテル業界の就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判と平均年収や離職率はどうなっている?

公開日: : 学生たちの就職活動

ホテル業界の就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判と平均年収や離職率はどうなっている?

ホテル業界というのはどういうイメージでしょうか?ホテル業界と言えば、サービス業というイメージがとても強いかもしれません。サービス業と言えばホテル業界を思い浮かべる人も多いと思いますから。ホテル業界の評判はどうなのか?というのは就職を目指している人は気になるでしょう。そして、ホテル業界の就職の難易度についても知っておきたいところです。ホテル業界は一般的な社員とは違った生活リズムになりがちなところやお客さんに直接接する機会が多いということなどで、非常に激務なイメージもあるかもしれません。ホテル業界の就職したい人、考えている人はそういった点についても知っておきましょう。ホテル業界というのは、就活生にとっては知らない部分も多くあると思いますから、ホテル業界への就職の難易度も重要ですが、忙しいところや仕事内容の特徴などについてもあらかじめ知ってほしいと思います。サービス業は仕事内容がきついイメージもありますが、実際はどうなっているのか?についても知っておきましょう。

 

ホテル業界の評判は?激務な面は当たり前なのか?

ホテル業界の就職に関しては、実際の職種によって仕事内容は異なるものの、職種にかかわらず共通する部分も多いので、その点に関して話していきます。ホテル業界に共通する面として大きいのは働く時間や休日が不規則ということです。年間を通して労働時間や休日というのがよく変動するのです。詳しくは労働法の話になりますが、変動労働時間制というものがあり、これによって忙しいときには法定労働時間を超えて働かせても良い(その代わり、忙しくない時期に労働時間をセーブする)ということになっていますから、忙しいときには無茶苦茶忙しい状況になるわけです。ホテル業界は行楽シーズンなどが賑わうわけですけど、そのときには労働時間が長くなると同時に、休みがほとんどとれないということもあります。だから、ホテル業界は激務の面は間違いなくあります。ただ、それは時期によるということなのです。忙しい時期はかなり忙しいのがホテル業界の特徴となっており、激務に感じることは普通にあるでしょう。そして、非常に重要な面があって、休日日数というのが気になると思うのですが、これはホテルによってかなり違います。休みがとれないイメージがあるかもしれませんけど、ホテル業界はそれぞれによって休日日数が結構違うのです。だから、ナビサイトなどのそれぞれの企業ページで調べておいてほしいですけど、120以上というケースもあれば、110日くらいしかないケースもあります。平均はどれくらいなのか?ということになりますけど、125日くらいあれば十分じゃないか?と思います。だから、110日くらいのところは少ないです。年間で2週間くらいは変わる平均よりも少ないわけですから。ホテル業界の激務ぶりは休日日数をチェックするとより分かりやすいと言えます。ただ、変動労働制というのはどの企業にもあるので、ホテル業界に就職すると忙しい面は大いにあると言えるのです。

 

ホテル業界に就職すると激務な面があるということが分かってもらえたかもしれませんが、ホテル業界は離職率が高い業界です。暇な時期は良いのですが、忙しい時期は1か月間ほとんど働きっぱなしみたいな状況も考えられるので、そういったことを経験すると、辞めたくなる人は多く出るのでしょう。特に有名なホテルとかになると、利用客はどの時期も多くなることが予想され、暇な時間は多くないかもしれません。激務ぶりの違いというのは、ホテルの規模にもよる可能性があります。離職率が高いというのはホテル業界の評判として重要ですが、それは仕事がきついという理由だけではないのです。ホテル業界は忙しい部分によって離職率が高くなっているとも言えますが、他にも大きな要素があって、それが人間関係の問題点です。一般的な会社と比べて普段付き合う人間の範囲があまりにも狭いので、合わない人と一緒に仕事をするとなると、その苦痛の度合いが大きくなりやすいのです。だから、場合によっては辞める人が増えるということになります。労働時間が不規則かつ長くなりやすく、体力的にきつい+人間関係の問題があれば、離職率にも影響します。あと平均年収に関しては評判はあまりよくなく、300~400万円くらいと言われています。これも規模によるので、具体的な会社ごとに変わりますが、全体としては平均年収は高くないです。ホテル業界の平均年収を見て、仕事内容がきつい、人間関係が厳しいとなれば、魅力はなかなか感じづらいかもしれません。でも、やりがいはあると思います。直接お客さんにサービスをすることで、直に感謝されたり、お客さんの喜んでいる姿を見られる数少ない業界です。大変なこともありますが、やりがいと感じられる面に関しては、大きいものもあるので楽しく感じられる人もいると思います。そして、問題はホテル業界の就職の難易度です。倍率はどうなのか?などが気になると思うのですが、どうなっているのでしょうか?

 

ホテル業界の就職の難易度はどうなのか?というと、ホテル業界は離職率が高いので、採用数がそれなりに多い可能性が高いです。だから、倍率は上がりづらいと思われます。一般的に言えばそうなのですが、ホテル業界の就職の倍率は必ずしも低いとは限りません。ホテル業界は平均年収が低いということを挙げましたけど、そういったところから見えるのは人件費をかけづらいという点が言えるので、採用数がそこまで多くなるか?どうかはちょっと微妙なのです。また、ホテル業界は全般的に激務で給料も安いというイメージは結構いろいろな人が持っているので、穴場的な印象を持っている人も結構いる可能性があります。そうなると、穴場だと思ってとにかく内定が欲しいと考えた人がこぞって受けに来る可能性もあり、ホテル業界の就職の倍率は高くなる可能性があります。企業ごとに倍率は結構違うのであれですけど、ホテル業界の就職倍率が低いとは限らないですし、難易度も意外と高い可能性も考えられます。有名なところとそうじゃないところでまた違うとは思いますけどね。ホテル業界の就職の難易度は高いとは思いませんが、低いとも言い難いと思うのです。少ない労働者でいかに回すか?を考えているところが多い可能性もあり、採用数が伸びなければ、倍率も低くなりません。人件費にお金をあまりかけられていないという現状を見ると、そういう事情があるのではないか?と思うのです。

 

ナビサイトの選び方によって内定を取れる確率が変わる!

就活をするときにはナビサイトを使用して、そこから会社を検索してエントリーするという流れが一般的です。したがって、就活をする際にはナビサイトを使って、インターネットから行うというのが普通となっているので、ナビサイトは就活では欠かせない存在になっています。ただ、ナビサイトというのは皆さんが想像している以上に数が多くあります。多くの就活生は知名度が高い、有名なところに登録して利用していると思いますけど、他にもナビサイトというのはたくさんあるのです。そして、そういった中にも穴場というか、非常におすすめなサイトがあるので知っておいてほしいと思います。通常のナビサイトにはない特徴を持っているところと言えば、「キミスカ」があります。ここは知名度は高くはないかもしれませんが、ちょっと変わった趣向のナビサイトと言えます。ここは学生が会社を検索して、その中で興味があるところにエントリーするという、一般的な使い方ではありません。キミスカは登録している学生を、会社の側が検索して興味を持った人間にスカウトを送るという流れが特徴的と言えます。スカウトを会社の方が学生に送るというのは、他のナビサイトにはほとんどありませんから、キミスカはかなり特徴的と言えます。しかも、このスカウトを送るというキミスカの流れというのは、就活生にとって大きなメリットを与えているのです。それはスカウトが着たということは、その会社が自分を選んでくれたので、少なからず興味を持ってくれているということが確定します。向こうが興味を持ってくれているということは、その会社を受ければ、すでに自分への興味がある時点で、他の就活生よりも優位な状況になっているのです。

 

通常は自分が会社を検索して、興味を持ったところを受けるので、会社の方が自分に興味を持つか?は分かりませんし、選考の中でアピールをして、関心を惹かないといけませんが、結果的に自分が受けた会社の多くから不採用を受けることになるので、自分に関心を持ってもらうのは難しいのです。でも、キミスカはスカウトが着た会社を受ければ、確実に自分への関心が少なからずあるので、これは大きなメリットになるのです。関心を持ってくれている会社を受ければ、少しでも内定を取れる確率が上がるので、こういったナビサイトはおすすめです。また、キミスカはスカウトが着た会社を受けることで、一次選考や二次選考をパスして受けることもできる場合があるので、こういったケースでは選考を省略して臨めるので相当なメリットをもたらすのです。今まで使ってきたナビサイトがあれば、そこと一緒に使うことができるので、併用もできますし、タイプが異なるナビサイトを組み合わせてリスクを分散させるということも重要ですし、そういった面でもおすすめとなります。キミスカは多くの就活生は知らないので、そういったライバルに差をつけるチャンスでもあります。絶対にスカウトが来るとは言えませんが、プロフィールを充実させたりして、会社にアピールをすることで確率を上げるということができます。無料の会員登録をすれば利用できるので、本気で就活において内定を取りたい人は、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

就活や公務員で他社の選考状況の答え方は?受けてないや御社だけ、落ちたはNG?

就活の面接などでは他社の選考状況を聞かれることが多々ありそうですけど、こういった場ではどうい

記事を読む

集団討論で受からない原因は?受かる人と落ちる人を分ける評価基準

就職活動で、得意な人と苦手な人がきっぱり分かれやすいのが集団討論、つまりグループディスカッシ

記事を読む

合同説明会は予約必要?してない人も参加可能で無断欠席もあり

毎年12月くらいからかな?合同説明会が始まると思います。こういった合同説明会はだいたい予約制

記事を読む

総合商社の仕事内容は忙しい、激務と評判だがやりがいは?英語ができないときつい?

就職活動において人気の業界というと、総合商社があります。企業の数はそんなに多くないのではない

記事を読む

ネスレ日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ネスレ日本は海外に海外に本社がある食品メーカーとして、日本でも馴染みが深いという人が多いでし

記事を読む

コンビニ業界の就職の難易度や倍率は?離職率と激務という評判はある?

小売業界というのは、全体的にブラックな業界であるという指摘を受けることが多いですけど、コンビ

記事を読む

エントリーシートや履歴書でゼミやサークルに入ってない、辞めた人は空欄が良いのか?

就活でエントリーシートを書くときにゼミの欄というのがあるかもしれません。どの会社のエントリー

記事を読む

パナソニックの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

パナソニックと言えば、言わずと知れた大手企業になりますけど、パナソニックの製品が家にあるとい

記事を読む

no image

内定辞退をして再受験、再応募は可能?もう一度受けることは不利になる可能性もある

内定辞退をしたが、その企業にもう1度応募したくなったというようなケースがありえるかもしれません。そう

記事を読む

就活でリクルートスーツはなぜ必要?実は必要な理由はない?

就職活動では当たり前のリクルートスーツという謎のものがあるが、これはどうして必要なのでしょう

記事を読む

no image
エーザイの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

エーザイに就職したいと思っている人はその難易度を把握しておきましょう。

協和発酵バイオの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

協和発酵バイオに就職したいという人もいるはず。そういったときに

三陽商会の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

三陽商会に就職したいと思っている人もいるのではないでしょうか?三陽商会

マニュライフ生命の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

マニュライフ生命保険の就職の難易度はどれくらいか?というのは気

ビズリーチの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ビズリーチに関して、就職の難易度というものを知っておいてほしい

→もっと見る

PAGE TOP ↑