大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

公開日: : 最終更新日:2018/07/10 学生たちの就職活動

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります。この2つは関西では超有名だと思いますが、関東だとどうなんでしょうね?知らない人も多くいるかもしれません。知名度はともかく、偏差値で言えば十分高いです。そして、会社で人事をやっているレベルの人であれば、間違いなく知っているでしょう。人事ならば関東の人間だってだいたいの正確な偏差値は知っているでしょう。したがって、大阪府立大学と大阪市立大学というのは、就活をする際には会社からはちゃんと評価をしてもらえるはずです。でも、1つ気になるのは学歴フィルターの存在ではないでしょうか?学歴フィルターは就活をする人にとってかなり気になる存在だと思うのです。私立大学の場合には学歴フィルターというのはだいたい想像がつくというか、ある程度基準が決まっているという面はありますけど、国公立大学はちょっと難しいですよね。旧帝大はまず大丈夫だろうというイメージはあると思いますけど、大阪府立大学や大阪市立大学は何とも微妙と感じている人もいるのではないでしょうか?

 

大阪市立大学と大阪府立大学は学歴フィルターが関係するのか?

一般的に言われていることとしてはMARCHや関関同立のランクの大学は学歴フィルターの影響を受ける機会は少ないとされています。日東駒専や産近甲龍になると、影響があるかもしれないが、ないことも多々あるというくらいだと思うのです。さて、大阪府立大学と大阪市立大学はどのランクに当たるのか?というと、MARCHや関関同立と同等以上の評価はあると思います。具体的にこのくらいというのは言い難いですが、同志社大学くらいは少なくともあるのではないですか?大阪府立大学は理系の学生も多く、文系が中心の大学と比較しづらいですが、両方とも同志社大学と同等以上の評価は人事もするんじゃないですかね?関西では同志社大学と同等以上の評価となれば、学歴フィルターの影響はほぼないでしょうね。京都大学、大阪大学、神戸大学辺りと比べると、ちょっと見劣りするかもしれませんけど、同志社大学は関西では名門の大学ですから、そことほぼ同じならば、就活では大学名の時点で切られることはまずないと言えると思います。では、問題は関東です。関東で就活をするという人もいると思いますが、関東での評価は関西と同じなのでしょうか?

 

関東と関西で大学の偏差値が変わるわけではないので、ランクはほぼ同じはずです。イメージが違うというのはあるかもしれませんけど、イメージじゃなくて大学のランクの方が重要なので、基本的には関東でもMARCHと同等以上の評価はされると思います。しかし、関西と1つ大きな違いがあって、それが関東はMARCHの上にもランクの高い私立大学があるということです。関西は同志社の上はありません。それより上は国立大学とかになってしまいます。しかし、関東は早稲田、慶應、上智、理系だと東京理科などがあって、この4つの大学と比べて大阪府立大学や大阪市立大学が上と思われているか?というと、ちょっと厳しいかもしれないです。上智や理科大はともかくとしても、早稲田と慶應よりはほぼ間違いなく下に見られていると思います。下に見られたとしても、関東ではMARCH以上であれば、学歴フィルターの影響は少ないとされているので、大阪府立大学や大阪市立大学も学歴フィルターの影響はまずないと思います。まずないとは思いますが、一部の大企業の場合には影響があることが考えられます。そこが関東での就活の特徴的な部分なのです。

 

関東ではMARCH以上の学生が学歴フィルターの影響を受けることがあり得る

関東では私立大学のランクがより細分化されているため、学歴フィルターも細分化されることがあります。関東ではMARCH以上ならば概ね大丈夫ですが、一部の大企業は早慶上智以上とかで会社説明会の枠を区切っていることがたまにあります。関西ではあまりないかと思いますが、関東ではMARCHでもダメということがたまにあるのです。仮にそういう企業を受けるときには、大阪府立や大阪市立は厳しいのではないか?と思うのです。だから、関西ではほぼ大丈夫だと思いますが、関東でも大阪府立大学や大阪市立大学の学生は学歴フィルターの影響はほぼ受けないと思いますが、全く受けないとは言えないのです。そこは知っておくと良いと思います。あと、学歴フィルターには関係ありませんが、関西の大学生が関東の企業を受けるときには、その理由を面接で聞かれる可能性があります。関西の学生が関東の企業を受けるというのは、そこまで珍しいことではないのですが、何で地元を受けないのか?という質問が飛んでくる可能性があります。たくさん受ければ、そのうちの一定割合から聞かれる可能性があるので知っておきましょう。大阪府立大学や大阪市立大学の学生で会っても、そういった質問をされる可能性はあります。別に完済の学生が関東の企業を受けたら不利になるとかではないものの、そういった質問に上手く答えられないと、評価が下がる可能性があります。だから、地元の企業ではなく、関東の企業を受けに来た理由をちゃんと考えておくと良いと思います。

 

大阪府立大学や大阪市立大学の学生は学歴フィルターの存在がかなり気になっているケースもあると思いますけど、基本的には心配はいりません。世の中のほとんどの企業は大阪府立大学や大阪市立大学をはじくことはないと思うのです。だから、大企業しか受けないとか、そういった学生じゃない限りは、学歴フィルターの影響を一切受けないということもありえると思います。大企業しか受けないとしても、大企業の中でも学歴フィルターを使っているのは一部ですし、仮に使っている企業に当たっても、大阪府立大学や大阪市立大学をはじく可能性は低いと思います。大阪府立大学や大阪市立大学の学生が学歴フィルターの影響を受ける可能性は5%未満じゃないでしょうか?基本的には心配ないと思います。でも、関東と関西では大阪府立大学や大阪市立大学の扱いが少し変わる可能性があるので、そこも知っておくと良いと言えるでしょう。大阪府立大学や大阪市立大学の学生は世間全体で言えば、かなりランクは上な方なので、そんなに悩むことじゃないと思いますよ。大阪府立大学や大阪市立大学は世間的には十分に評価されている大学なので、就活でも自信を持って頑張りましょう。

 

内定を取るにはナビサイト選びが特に重要!

就活をするときにはナビサイトという存在が重要で、これを使っている人が多くいると思いますが、ナビサイトは有名なところ以外でも実はかなりおすすめな有益なサイトがありますから知っておいてほしいです。例えば、「キミスカ」というナビサイトは特におすすめで、ここは従来のナビサイトとはタイプが違っているのです。通常であれば、学生が検索した中で気に入った企業にエントリーするという流れになります。しかし、このキミスカは企業が学生にスカウトを送る流れになっています。登録してある学生を検索して、気に入った学生、自社に欲しいと思った学生がいた場合にスカウトを送り、そこから学生に専攻を受けてもらうという流れになるのですが、こういった一風変わったナビサイトの特徴にはある大きなメリットがあります。それは自分に対して関心をすでに持っている企業を受けられるということです。通常のナビサイトを使った場合には、自分が関心を持っている企業を受けるので、その企業が自分に関心を持つか?は分かりません。専攻を通じて必死にアピールをしていくことになりますけど、それでも多くの就活生は自分が受けた企業の多くで不採用になるので、通常のやり方をすると、結果的に内定がもらえる確率が低かった企業をたくさん受けてしまっていたということになるのです。しかし、キミスカは企業側が学生にスカウトを送ってくるところが特徴的で、スカウトを受け取ってそこからスタートになるという意味では、スカウトが着た企業を受ければ、自分に対して関心をすでに持っている企業を受けられるということになります。自分に対して一定程度の関心を持っていることが確定している企業を受けられるということはかなり大きなメリットになります。多少なりとも有利な状況となっているので、内定を取れる確率が少しでも高くなっているのです。スカウトを送るということは少なからず興味を持っている人材であるはずなので、スカウトが着た企業を受けることで内定を取りやすい状況に持っていける可能性があります。また、スカウトが着た企業を受けると一次選考や二次選考がパスできる場合もあるんどえ、そういったときには相当有利なのです。キミスカはすでに使っているナビサイトがあれば、そこと併用ができます。タイプが違うナビサイトを併用することでリスクを分散できますし、多くの就活生が知らないサイトになりますから、ライバルに差をつけることもできます。スカウトは必ず来るとは言えませんが、プロフィールを充実させるなどすると確率が上がります。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

面接は暗記しないと無理?暗記できない、覚えられない人は覚える方法やコツはある?

就職活動とか、公務員試験の面接において暗記をするのはどうなんでしょうね?事前に予想できる質問

記事を読む

エントリーシートが通らない、落ちる就活生の特徴

就職活動をやっていて、エントリーシートなどの書類選考が通らないという人もいますよね。こうした

記事を読む

2017年卒の就職活動はいつから?リクナビはいつ登録する?

2017年の就職活動は一体、いつから始めたら良いのか?気になるかもしれません。今、大学3年生

記事を読む

no image

就活で何をすべきか?何をしたらいいか分からない場合、内定を取るためにおすすめのやり方

就活をしているときに一体どうすればいいか?分からないというときがあると思うのです。就職活動ってやり方

記事を読む

オワコンのテレビ局への就職は勝ち組?難易度や倍率と釣り合わない?

テレビ局などのマスコミ業界は非常に難易度が高いです。マスコミ業界って、業界全体は何かオワコン

記事を読む

就活でOB訪問しないと不利になる?意味はあるのか?

就職活動を進めていくと、いずれOB、OG訪問をする時期がやってくると思います。OB、OG訪問

記事を読む

面接に行きたくない人もぶっちではなく、欠席の連絡はすべき

就職活動において、様々な辛い経験をすると思うのですが、そのときには面接などに行きたくないとい

記事を読む

内定者研修は服装は私服?スーツ?当日は何する?という内容で決めよう

内定者研修というのが、入社前にいろいろな企業で行われると思うのですが、この場合、服装はどうし

記事を読む

女子大の就職率は高い?女子大は就職に不利ではない!強い、有利な理由とは?

女子大ってどういうイメージでしょうか?共学の大学に通う学生がとても多いので、そちらが普通みた

記事を読む

鉄道会社の就職の難易度や倍率と仕事の激務の度合いの評判など

鉄道会社への就職を考えている人は魅力を感じる部分があると思うのです。鉄道業界は基本的には公務

記事を読む

no image
印刷業界の就職の難易度や倍率は?激務な評判は?今後や将来性はどうか?

印刷業界というのは就活生の中ではあまり話題になりませんけど、多

佛教大学の難易度やレベルを産近甲龍と比較すると?イメージや雰囲気の特徴は?

京都にある佛教大学は関西の中では有名な私立大学であると思います

生命保険や損害保険の就職の難易度や倍率は?激務と評判なのは当然?

生命保険や損害保険の業界は大変な仕事をしているというイメージは

大阪産業大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

大阪にある大阪産業大学は関西では規模がそれなりに大きい私立大学

部活動はなんのために?だるい、めんどうくさいからサボると怒る奴いるし、あり方を考え直すべき

学校での部活動ってなんのためにあるんですかね?部活動のあり方を

→もっと見る

PAGE TOP ↑