就活での滑り止めの探し方は?受けないで何社も受ける方が重要か?

公開日: : 学生たちの就職活動

就活での滑り止めの探し方は?受けないで何社も受ける方が重要か?就活をするときには滑り止めを受けるか?どうか迷う人もいるかもしれません。滑り止めを受けないというか、そもそも滑り止めという概念が就活の場合にはないという人もいるのではないか?と思います。就活では滑り止めの探し方の前にいろいろと考えないといけないことがあるのです。就活で滑り止めを受けないという人に関してもそこは知っておいてほしいと思います。というのも、就活において確実に受かるみたいな会社ってなかなかないと思います。受験みたいに倍率とかが分からないじゃないですか?偏差値のような指標もないですし。つまり、会社ごとの難易度が分からないんですよ。受験は有名大学ほど受かりづらく、無名大学ほど受かりやすいというのがありますが、就活はそういうわけではないのです。有名企業と無名企業を比べて、どっちが受かりやすいか?というと、イメージだと無名企業かもしれませんが、倍率が公表されないだけに、難易度においては無名企業の方が難しい場合があります。というのも、採用人数が全然違うのです。有名企業は100人以上とかもありますが、無名企業になると、1人や2人ということもザラにあります。だから、受ける人が少なくてもものすごい高い倍率になることがあるのです。そして、その倍率は正確な数字はなかなかわからないことも多いです。特に無名企業の場合にはそういうデータはなかなか出回らないので、難易度が予想しづらいのです。

 

就活における滑り止めを受ける必要性

就活においては滑り止めを受けるとしても、探し方というか、どこが滑り止めになるのか?という判断は難しいです。最初から就活の滑り止めは受けないという人は良いのですが、そもそも滑り止めとしてちゃんと機能するか?という問題があります。就活における実力(受験で言う偏差値)がそもそも測れないのです。強いて言うならば、コミュ力です。面接などを突破する力が強い人は倍率が低いところを何社も受ければ、事実上の滑り止めになることはあります。しかし、コミュ力がない人、自信がない人は倍率が低いところでも普通に落ちる可能性があるので、滑り止めとして何社も受けても全部落ちることが普通にあるのです。だから、そもそも就活の滑り止めが滑り止めになるか?どうかの判断を自分でしないといけません。コミュ力が低い人、自信がない人にとって、ほぼ確実に受かる企業はないです。結果的に内定をいくつもとるような人、コミュ力に相当優れている人、自信がある人にとっては、倍率が低いところを受ければ滑り止めになることはあると思います。だから、就活では確実に受かる企業というのはなかなかないですし、倍率が分からない、企業ごとの難易度が正確に分からないというので、就活は滑り止めを受けないのでも良いと思うのです。重要なのはいろいろな企業を受けることだと思います。リスクを分散することが重要で、滑り止めになるか?どうかよりも多様な選択肢を持った方が良いです。中小企業に落ちまくる人が大企業に受かるというケースがちょいちょい起きるのが就活で、相性が重要なのです。受験では学力という確固たる指標がありますが、就活では言ってしまえばフィーリングであり、相性が良ければ倍率が高くても受かってしまうことがあります。もちろん、コミュ力も必要なんですけど。

 

就活においては滑り止めは受けないという感覚で良いと思います。何社も受けて、その中でタイプの違う企業をたくさん受けることが結構重要です。同じ業界とか、同じ企業規模などしか受けていないと、そことの相性が悪いと内定が取れないということがあるので、業界とかは絞った方が良いと言われていますが、内定を取りたいならば、業界もいろいろなところを受けた方が確率は上がる気がします。だから、就活では滑り止めの探し方などはほぼないです。受かりやすい企業はどこか?というのが分からないわけですから。倍率が分からない以上は、零細企業でも募集人数が極端に少なくても倍率が高い場合もあるので。受験みたいに志願者速報もないですから。自分が受ける企業に何人応募したのか?何人受けるのか?なんていうのが分からないのです。就活では滑り止めは何社も受けるということやタイプの違う企業を受けることで対応した方が良いと思います。滑り止めを考えるということは、内定を取れる確率を上げたいということだと思うんですけど、それを達成するには就活では滑り止めではなくて何社も受けるとか、タイプの違う企業を受けるということで対応するのが良いと思います。だから、現実的に滑り止めがあればいいのですが、よほどコミュ力に優れている人以外はそういうものはなかなかないと思いますし、そもそも倍率が分からないので、どこが滑り止めになるのか?探し方も分からないということです。就活では滑り止めは受けないで良いと思います。別の観点から内定を取れる確率を上げていきましょう。就活では滑り止めを受けないというか、そもそも滑り止めを考えていない人も多くいると思いますから。

 

就活で内定を取る確率を上げるにはナビサイトの選び方が重要!

内定の確率を上げるには就活で滑り止めのことを考えるよりも、実はナビサイトの選び方が重要なのです。就活をする際にはインターネットから行うので、基本的に多くの人はナビサイトを使うことになるでしょう。就活生が使っているナビサイトというのは、そんなに多くないと思います。特定の有名なところにほとんどの就活生が集中してしまい、そこを無意識に使っている人が多いはずです。そこは有名でみんな知っているから。知名度も高いので安心感もあるのでしょう。そういうみんなが使っているところと同じという安心感はあるものの、そういう有名なナビサイトを使うこと自体に実はリスクがあるのです。それは就活生がみんな同じようなナビサイトを使ってしまうと、そのサイトに求人がある会社にみんなエントリーするわけじゃないですか?ってことは、同じナビサイトから大量の就活生がエントリーすることになり、それは求人が出ている会社の数はかなり多くなるものの、1人あたりのエントリー数というのは膨大なため、どうしてもエントリーする先はかぶりやすくなります。1人あたり何十社とかエントリーするので、自分がエントリーした企業に他の就活生がエントリーしているというケースが多くあるのです。さらにそのナビサイトを利用している就活生の数が多ければ多いほど、そのかぶりは多くなるのです。結果として、自分がエントリーした会社にエントリーしている他の就活生の数も膨大になり、倍率が上がって、内定が取りづらくなるということが起きます。つまり、有名なナビサイトはデメリットがあるということなのです。そこは知っておかないといけません。そうなると、知名度が低いナビサイトは就活生の利用者が少ない分、自分がそのサイトからエントリーした会社に他の就活生も大量にエントリーするということが起きづらいため、内定が取りやすいと言える面もあります。したがって、知名度が低いかもしれないが、利用者が多くないナビサイトも一緒に使ってリスクを分散するということを考えていきましょう。例えば、「キミスカ」というサイトはおすすめです。聞いたことがないという人も多いと思いますけど、非常にメリットが大きいナビサイトになります。

 

このキミスカというナビサイトは学生がエントリーをするのではなく、会社側が学生にスカウトを送るというところが特徴的なのですが、ここが実は就活生のメリットに関係しています。そもそも知名度が高くなく、利用者が多くないので自分が受ける企業に他の就活生も多く受けるということが起きづらいため、倍率が上がりづらいというメリットがありますけど、それとは別に会社の方からスカウトを送ってくるという点が大きなメリットをもたらすのです。通常は学生が検索して出てきた中から興味のある会社にエントリーして受けますが、会社の方はあなたに興味を持っているとは限りません。多くの就活生が自分が受けた会社の多くから不採用となるので、結果的に自分に興味を持ってもらえなかった可能性が高いです。それがどうして起きるのか?と言えば、自分に興味を持つか?どうか分からない企業を受けているからで、従来のやり方では事前に自分に興味を持つか?どうかを見極めることはできません。でも、キミスカのようなサイトならば、スカウトが着たところを受けることになるので、スカウトが着たということは少なからず自分に興味を持っていることが確定しています。だから、その会社を受けると自分に関心がある状態で受けられるので、少しばかり優位な状況になっています。他のライバルに比べても有利なのは大きいです。実際、このキミスカはスカウトが着た企業を受けると、一次選考や二次選考がパスした状態で受験ができることもあるので、それはかなりのメリットです。このキミスカはすでに使っているナビサイトと併用ができます。スカウトが来るまではすることはなくて、スカウトが着たら対応すれば良いので、今まで使ってきたナビサイトを使いながら使用ができるので、タイプが違うサイトを組み合わせることでリスクを分散できるというのは大きいと思います。多くの就活生はこのサイトを知りませんから、自分が優位な状況で就活ができていることも知らないことになり、周りの就活生に差をつけることもしやすいと思うので、絶対にスカウトが来るとは言えませんが、プロフィールを充実させるなどして確率は高めることができます。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

就活の面接で親の職業、家族構成の質問の意図と答え方はどうする?

就職活動の面接で、何でこんな質問をするの?みたいな、納得できないような質問をするケースもある

記事を読む

オワハラは当たり前?起きた原因は?対処法は嘘をついて入社すると言っておけばおk

就職活動をしていて、内定が近くなると面接官から言われることがあります。それは「今受けている他

記事を読む

集団討論で受からない原因は?受かる人と落ちる人を分ける評価基準

就職活動で、得意な人と苦手な人がきっぱり分かれやすいのが集団討論、つまりグループディスカッシ

記事を読む

2017年卒の就職活動はいつから?リクナビはいつ登録する?

2017年の就職活動は一体、いつから始めたら良いのか?気になるかもしれません。今、大学3年生

記事を読む

就活でエントリーシートが通らない、落ちる人が見直すべき点

驟雨職活動ではいろいろな場面で要求されるエントリーシートです。これが一次選考になるケースも割

記事を読む

内定を手にして暇なとき、入社までにやっておきたいことは?

就職活動で内定を手にして、入社まで特にすることがないと思っている方も多いのではないでしょうか

記事を読む

公務員と民間の就活の両立は可能?迷う人は併願、掛け持ちするリスクはあるのか?

民間企業を受ける人はいろいろな企業を受けて、リスクを分散するということもあると思うのですが、

記事を読む

手書きの履歴書はなぜ?メリットは意味不明!めんどうくさい、意味ない作業は日本だけか?

就職活動をしていると履歴書やエントリーシートを書かないといけないことが多々あります。履歴書が

記事を読む

就活の面接官の相性や好みは存在する?本音で興味ない反応をとることはあるのか?

就活では面接官の反応みたいなのが気になる人も多くいるのではないでしょうか?面接官がどういう反

記事を読む

社会人のスタート!入社式での髪色は?茶髪はダメ?

無事に就職活動を終えて、就職が決まれば、4月の上旬に入社式があると思います。入社式は会社の従

記事を読む

中村学園大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインと入試科目、配点について

中村学園大学は九州地方の名門女子大です。中村学園大学は全国的に

no image
不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります

平成国際大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは高いのか?

平成国際大学というのはどちらかというと、スポーツで有名な大学と

ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

ブライダル業界に就職したいと思っている方も多くいると思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑