就活の面接官の相性や好みは存在する?本音で興味ない反応をとることはあるのか?

公開日: : 学生たちの就職活動

就活の面接官の相性や好みは存在する?本音で興味ない反応をとることはあるのか?

就活では面接官の反応みたいなのが気になる人も多くいるのではないでしょうか?面接官がどういう反応をしてくるか?で合否が分かってしまうみたいなことがあるのか?どうかは分かりませんけど、そういった部分が気になっている人はいると思うのです。実際、就活の面接官で興味ないような感じで話を聞いているとか、自分とは相性がよくないのではないか?みたいに思えてくる人もいると思います。新卒の面接官はそういう好みみたいなもので、興味を感じる人と興味をそれほど持てない人がいるのではないか?という疑念を感じている人もいるかもしれませんが、実際そういうのはあると思います。就活の面接官の本音は決して読めないが、先入観での好みは間違いなくあるでしょう。面接官も人間なので。しかし、就活の面接官の好みはどういったところで決まるのでしょうか?そこも気になるかもしれません。就活の面接官の本音としての好みがどこで決まるか?というのは、面接をやる前の時点なのではないか?と思います。なぜならば、その時点で学生のことがある程度わかっていると思われるからです。そこで一種の本音が生まれます。就活の面接官との相性が決まる理由は、面接を受ける時点でエントリーシートや履歴書をすでに見て、その人のことをある程度知っているからとも言えると思います。

 

エントリーシートや履歴書を見て興味が生まれたり、興味が減退したりする

面接を受ける段階で、すでに受験者のデータがあるはずで、それは履歴書やエントリーシートといった場合が多いです。したがって、そういったものを面接官が見て、興味が沸いてくる場合とそうじゃない場合に分かれてしまうことがあると思うのです。つまり、そういったものを見て、この人は期待できるんじゃないか?とか、この人はあまり期待が持てないかもしれないといった、先入観が本音として面接官にも生まれている可能性があるのです。そうなると、その先入観を持ったまま面接をしますから、反応がよくないとか、興味ないような感じが出てしまう場合があります。新卒の面接官も好みがあるのは致し方ないですが、受けている側からするとそういうのは出さないでほしいみたいなのはあるでしょう。ただ、仮に就活の面接官と相性がよくないのでないか?興味ないのではないか?という感じが見て取れたとしても、それで落ちるとは限りません。受かることもあるのです。それは面接官のそういった反応が常態化している場合です。通常、面接を受けるときには個人面接の場合には自分のケースしか見れません。他人の面接は見られないので、他人が受けているときに面接官がどういう反応をしているのか?分からないわけですが、自分のときと同じような反応を他人のときにもやっていれば、それは就活の面接官の興味ないような感じが、普通だということになりますから、自分が落ちる理由にはならないということなのです。つまり、その面接官は表情や態度には出ない人なんだということになります。だから、反応が悪いような感じがあったとしても、あまり気にしない方が良いと思います。面接官には好みがあるとは思いますが、それは表情とか、態度から察することができない場合もあるということなのです。

 

でも、エントリーシートや履歴書を見ている段階で、やはり面接官の本音として期待できる人とそうじゃない人に分かれているというのはあると思います。その時点で面接官から興味ないと思われることに関してはありえます。それはしょうがない問題で、人によって本能的に判断してしまう部分があると思うので、相性がいい面接官もいれば、そうじゃない面接官もいるということで、そこは諦めないといけない部分かもしれないです。全員に自分という人間に興味を抱かせるというのは非常に難しいです。したがって、運が悪かったときにはほとんど興味を持ってもらえない人もいるということで、ある程度妥協しないといけない面はあると思います。だから、新卒の面接官で好みに当てはまっていないと思われるようなときには、本当にそうだとしたら運が悪かったんだと思って諦めるか、そもそも自分にだけそういう態度なのか?分からないと考えるか?のどちらかになります。どちらもポジティブな考えになると思いますから、次にひきづらないようにしてほしいと思います。就活の面接官が興味ないような感じに見ても、それは恐らく他の就活生もたくさん面接を受けていれば、この就活の面接官は自分と相性が悪いのか?あまり反応してくれないなーと、少なからず感じているはずです。したがって、あまり気にしないで次の面接に挑みましょう。ただ、事前に先入観で興味ないとしても、話を聞いているうちに興味を持つ可能性もあるので、面接を受けている途中にそういったことを感じても完全に諦める必要はありません。そういう面接官もいるということに関しては諦めないといけないこともありますが、だとしても受けている最中には100%の力でとりあえず頑張りましょう。話し方や話す内容から印象が変わる可能性がありますから。履歴書やエントリーシートの文字だけでは伝わらない部分で評価されて、興味が沸いてくるということもあり得ると思うのです。就活の面接官の本音は結局は就活生からは分かりませんが、好みのようなものは間違いなく存在しています。それはしょうがないので、そういう事実は受け入れたうえで、面接を受けながら、就活の面接官の本音の部分をできるだけ良い印象に変えられるように、受けている最中に頑張りましょうということは覚えておいてほしいと思います。

 

就活で内定をとっていくために必要なナビサイトの選び方

就職活動をしていくときには恐らくどこかのナビサイトに登録をして、そこから就活をしていくことになると思うのですが、そういったナビサイトの選び方1つで内定を取れるか?どうかが決まりますから知っておいてほしいと思います。就活生のほとんどの人は恐らく無意識のうちに、みんなが使っている有名なナビサイトを選んで、そこに登録して利用をしているのだと思いますが、実はそのやり方はちょっとしたリスクがあります。それは有名なサイトだからこそ、就活生のほとんどがそのサイトに登録し、そこから企業にエントリーをしているということになります。つまり、そのナビサイトに求人が載っている企業に対しては、かなり大量に存在する利用者である就活生から、大量のエントリーが届くことになるのです。利用者が大量にいるからこそ、エントリーの数も殺到することになります。したがって、そういったナビサイトを使うということは、やっぱり定番化していて、他の就活生がみんな使っているからこその安心感はあるものの、エントリーがそれぞれの会社ごとに大量にきやすくなるので、倍率が上がりやすくなり、内定を取りづらくなる側面もあります。したがって、そういったナビサイトを使いつつも、リスク分散のために別のナビサイトも使っていくと良いと思います。そういったときにおすすめなのは「ニクリーチ」になります。このニクリーチというサイトは、ちょっと変わっていて、企業が学生を検索して、目当ての人に対してスカウトを送るというタイプになっています。従来は学生が企業を検索してエントリーをしますが、ここでは企業が学生を検索してスカウトを送るというところに特徴があるのです。このスカウト型のサイトではある大きなメリットがあります。それは内定の望みが高い企業に絞って受けられるからです。どうしてそんなことが言えるのか?というと、従来は学生が興味がある企業に対してエントリーをしていき、選考を通じて自分に対して興味を持ってもらうということを目指すわけです。その結果、興味を持ってもらえなければ落ちるということになります。ただ、このニクリーチの場合には、企業がスカウトを送ってくるという形なので、仮にスカウトがきたならば、その時点でその企業はあなたに興味を持っているということになるわけです。

 

ニクリーチでは最初にあらかじめプロフィールを充実させておいて、それを見た企業からスカウトが届くわけですが、当然ながら興味のある学生のみにスカウトを送ることになるので、そのスカウトがきた企業を受ければ、その企業は最初からあなたに関心を示していることになるわけですから、相対的に内定を貰える確率がより高いということが言えるのではないでしょうか?そういった状況で就活をしていくことができるという点が特徴的なのです。スカウト型のナビサイトならではのメリットになります。実際、このサイトはそこまで知名度はないと思います。就活生の多くが恐らく使っている、登録しているサイトと比べると知名度があまりないので、利用者数も少ないので、先ほど言ったように倍率がめちゃくちゃ上がりやすいデメリットはないのです。その点だけでもかなりメリットがあるということになります。ニクリーチは登録して、スカウトがきてその会社を受けてみたいと思ったら、スカウトを承諾することになりますが、スカウトを承諾したら、後日その会社の社員の人と食事などを通じて一緒に話をする機会を設けてもらえるようです。そして、その場でお互いに聞きたいことを質問したりすることができます。就活生はその会社のことについて気になることを質問する時間が十分与えられるわけですし、さらにアピールをすることもできるかもしれません。そうやって貴重な時間を利用して、その会社に対する理解を深めてから受けられるので、内定を取ってから後悔する可能性はかなり低くなるということが言えます。こういった時間を利用して企業研究もできますから、やはりメリットは大きいのです。その後、話をいろいろと聞いてみて納得できれば選考を実際に受けていくということになると思います。就活生にとってはかなりメリットがあるナビサイトと言えると思いますし、内定を取りやすいと言える側面もあるので、スカウトが絶対にくるとは言えませんが、やることは無料の会員登録をしてプロフィールを充実させて、あとはスカウトを待つだけなので、スカウトがくるまでは特にやることもありません。つまり、今使っている別のナビサイトがあれば、それはそのまま使いながら併用もできると思います。そのために、チャンスが膨らむと言えますから、就活で本気で内定を取りたいと思っている人はおすすめです。無料の会員登録をすると、新卒の就活生ならば誰でも利用できるので、良かったら参考にしてみてください。

これまで考えてもみなかった企業や業界からスカウトが届き、話を聞けば視界が大きく広がる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

面接官が無表情や無反応だったり、声が小さいせいで聞き取れないと本当に困る

就職活動をしているとき、公務員試験を受けているときの面接官はいろいろなタイプの人がいます。中

記事を読む

エントリーシートと履歴書で内容がかぶる、重複するのは問題ない

就職活動で存在する履歴書とエントリーシートの違いって何でしょうか?多くの学生は1つの企業から

記事を読む

女子大と共学のメリット、デメリットの違いやモテるのはどっち?就職に不利なのは?合わない可能性もある

女子高生は大学進学を考えるときには、男子高校生とは違う部分で迷うかもしれません。というのも、

記事を読む

内定辞退で後輩への迷惑等の脅し、脅迫なんて気にする必要ない

内定辞退をすると、企業もそうだが、大学や後輩などにも迷惑がかかると言われることもあります。そ

記事を読む

エントリーシートが通らない、落ちる就活生の特徴

就職活動をやっていて、エントリーシートなどの書類選考が通らないという人もいますよね。こうした

記事を読む

就活でSNSは人事に見られる?活用やチェックされる?鍵よりも有効な対策がある?

就活ではいろいろな部分で学生を観察しているとされています。そうやって多方面から人事は学生をチ

記事を読む

コンビニ業界の就職の難易度や倍率は?離職率と激務という評判はある?

小売業界というのは、全体的にブラックな業界であるという指摘を受けることが多いですけど、コンビ

記事を読む

no image

就活で内定がもらえない人、うまくいかない人の特徴、受かる気がしない人が採用されるには?おすすめの方法を紹介!

就活をしているけどうまくいかない人もいるでしょう。内定を取るというのは非常に大変なことで、誰もがうま

記事を読む

no image

就活での滑り止めの探し方は?受けないで何社も受ける方が重要か?

就活をするときには滑り止めを受けるか?どうか迷う人もいるかもしれません。滑り止めを受けないというか、

記事を読む

就活でエントリーシートが通らない、落ちる人が見直すべき点

驟雨職活動ではいろいろな場面で要求されるエントリーシートです。これが一次選考になるケースも割

記事を読む

no image
印刷業界の就職の難易度や倍率は?激務な評判は?今後や将来性はどうか?

印刷業界というのは就活生の中ではあまり話題になりませんけど、多

佛教大学の難易度やレベルを産近甲龍と比較すると?イメージや雰囲気の特徴は?

京都にある佛教大学は関西の中では有名な私立大学であると思います

生命保険や損害保険の就職の難易度や倍率は?激務と評判なのは当然?

生命保険や損害保険の業界は大変な仕事をしているというイメージは

大阪産業大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

大阪にある大阪産業大学は関西では規模がそれなりに大きい私立大学

部活動はなんのために?だるい、めんどうくさいからサボると怒る奴いるし、あり方を考え直すべき

学校での部活動ってなんのためにあるんですかね?部活動のあり方を

→もっと見る

PAGE TOP ↑