青山学院女子短期大学から青学への編入の難易度や倍率は?簡単な方法もある?就職への影響は?

公開日: : その他の話題

青山学院女子短期大学から青学への編入の難易度や倍率は?簡単な方法もある?就職への影響は?933538808e079e9cc908ad32e3d40320_s

青山学院女子短期大学は短大の中では特に難しい大学の1つになりますが、この短大に在籍している人の中には青山学院大学に編入をしたいと思っている人が結構いるみたいです。それは在学中にそう思っている人もいますし、入学前にそう思っている人もいるのです。青山学院女子短期大学から青山学院大学への編入の難易度はどれくらいなのか?というのは気になるところかもしれません。青山学院女子短期大学から青山学院大学への編入学は一般編入と推薦編入という2つの方法があると思います。どちらを使うか?にもよりますが、青山学院女子短期大学からの編入は狭き門でしょう。それは過去の結果を見ても明らかだと思います。青山学院女子短期大学から青山学院大学への編入学の難易度について簡単に紹介をしていきますけど、まず募集人数が少ないです。青山学院大学への編入は多くの学部学科でも実施されているみたいうですが、一般編入学についてはどこも若干名ということで、青山学院女子短期大学からの編入は、一般編入に関しては募集人数がかなり少ないのです。その時点で、青山学院女子短期大学から青学への編入の難易度は高いです。

 

青山学院女子短期大学から青山学院大学への編入の難易度を詳しく解説

青山学院女子短期大学から青学への編入学に関しては、かなり難しいと思います。なぜならば、青山学院大学への編入を目指す学生は他の大学にもいるからです。青短のみならず、他の四年制大学や他の短期大学の学生が編入学を目指しているので、ライバルは青山学院女子短期大学の内部だけじゃないのです。特に一般編入試験の場合にはそうでしょう。推薦編入試験を利用する場合には、青山学院女子短期大学の学生は多少有利と言える余地はあるかもしれませんが、一般編入試験では他の大学の学生とも戦わないといけないと思います。推薦編入というのは指定校推薦みたいなもので、青山学院女子短期大学の中で内部選考を行って、推薦を得られた人は青山学院大学への編入ができるという形になり、ライバルは青山学院女子短期大学の中だけということになると思います。指定校推薦みたいな感じで、青学への編入学の枠が全国の四年制大学、短期大学にあるんじゃないですか?そして、一般編入は大学の一般入試と同様に大学が課す筆記試験など(面接を課したり、大学での成績が見られる場合もある)に合格すれば、青学への編入ができるという形になるのです。どちらかを利用していくということになりますが、どちらも難しいと思います。

 

推薦編入の場合にはライバルの数は少ないですが、青短の中で良い成績を収めないといけないため、ハードルが高いです。一般編入の方は単純にライバルが多いので、やはり難しいでしょう。やはり青山学院女子短期大学から青山学院大学への編入は、特に一般編入試験の方は募集人数が少ないので、過去の試験結果を見ると、合格者が1つの学部学科で1名とか、多くて2名くらいです。0人というときもありますから。だから、少なくとも一般編入試験の方はかなり難易度が高いです。青山学院女子短期大学から青学への一般編入の倍率は低いと2倍とかで、高いと10倍くらいです。そして、合格者0人というケースもあります。学部学科によって違うので、どこを受けるか?でも難易度は変わります。青山学院女子短期大学から青山学院大学への編入ではこの倍率がどうか?という点も非常に大きいと言えるでしょう。そして、推薦編入の方は枠がどうなっているか?という点から話したいと思います。青山学院大学への推薦編入の青山学院女子短期大学の枠の数は、青学の学部学科にもよりますが、少ないと1、多いと10となっています。2017年度のケースで言えば、全学部学科で合計44の推薦枠が青山学院女子短期大学にはあります。他の四年制大学、短期大学にもいくつかの青学への推薦枠があると思います。

 

そして、問題は推薦編入試験における倍率になりますけど、青山学院女子短期大学から青山学院大学への推薦編入の倍率は意外と低いと言えるかもしれません。一般編入の倍率は志願者と推薦者との比になりますが、推薦者0人というケースもありますが、それを除くと2倍前後ですね。したがって、一般編入と推薦編入を比べると、後者の方が難易度は低いと言えるのではないでしょうか?青山学院女子短期大学から青学への編入学の倍率を見ると、そういう感じに見えます。とはいっても、推薦編入の場合でも出願資格のようなものがあるので、それを確認しておかないといけません。それを満たしていないと、そもそもスタートラインに立てませんから。したがって、そこも考慮しておかないといけないのです。青山学院女子短期大学から青学への編入学は簡単ではないですが、外部の大学や短大から編入を狙うよりは少し難易度は下がる可能性があると思うので、青短にいる人はチャンスは大きいと言えるのかもしれません。

 

青山学院女子短期大学から青山学院大学への編入で就職への影響は?

特に気になるのはここでしょうか?仮に編入が成功した場合に就職への影響はあるのでしょうか?大学で編入をすると就職に影響があるのか?というと、あるとは思います。履歴書に青山学院女子短期大学と青山学院大学の両方を書くことになると思うので、それを見れば編入をした事実はわかります。ただ、大学の編入が就職に影響するといっても、些細な影響だと思うのです。例えば、面接でどうして編入をしたのですか?と質問をされるくらいだと思うのです。編入をした事実によって就職が不利になるとか、そういったことは考えづらいです。だから、大学の編入をして就職が不利になるとか、そういう不安を感じる必要はないと思います。青山学院女子短期大学から青山学院大学に編入した場合には、ちゃんと青山学院大学の学歴として扱ってくれるのではないか?と思うので、青山学院女子短期大学から青学への編入によよって就職が有利になると言える可能性もあると思います。短大から四年制大学に編入したこともありますけど、やはりMARCHクラスの青学に編入したことで、学歴が上になりますから。これは他の編入のケースでも同じだと思います。青山学院女子短期大学から青学への編入は簡単ではないですが、できないことではないので、どうしても青山学院大学に編入学をしたいという人はぜひ頑張ってほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

ひたすら貯金をして、早期リタイアを目指すブームの到来

「早期リタイア」って聞いたことありますか?これは何か?っていうと、60歳とか、65歳までの定

記事を読む

ベーシックインカムで働かなくなる?労働意欲や働かない人の問題は起きないと思う

ベーシックインカムが導入されると、人々が働かなくなるという言説があります。ベーシックインカム

記事を読む

恋愛が面倒、恋人いらない若者の割合が4割は当然の理由がある

現代は昔と価値観がかなり変わっている感があります。恋人をいらないと感じている若者が増えている

記事を読む

no image

首都大学東京は名前が変?名称変更、名前が変わる可能性も!東京都立大学に戻るのか?

首都大学東京というのは今から10数年くらい前に東京都立大学という大学名から変更になった結果生

記事を読む

大阪府立大学の偏差値やセンターの足きりのボーダーライン、倍率は?入試日程が特殊なのが特徴的

大阪府立大学というのは、関西ではかなり有名な大学の1つでしょう。ここに受かるのは非常に難しい

記事を読む

青山学院大学の併願や滑り止めでおすすめなのはどこがいい?日東駒専や成城、明治学院はありか?

青山学院大学を目指している受験生は多くいると思いますが、青学の滑り止めはどこがいいのでしょう

記事を読む

大学の卒業論文やレポートのコピペは何がいけないのか?

大学生は卒論に追われている時期かもしれない。卒業論文というと、大学生によるコピペ問題が毎年の

記事を読む

首都大学東京の雰囲気や評判はどんな感じ?就職率は割と高い

東京都の八王子市にある国公立大学で首都大学東京があります。前身の東京都立大学と比べると、キャ

記事を読む

サラリーマンは地方移住、田舎暮らしに失敗するリスクが大きい

リタイア生活を考えているときに、地方に移住する人が結構いますよね。有名なのはブロガーのイケダ

記事を読む

指定校推薦の面接での服装は制服?私服?スーツ?時期や日程はいつか?

指定校推薦では校内選考を突破して、いよいよ大学独自の選考に進むとなると、指定校推薦の面接の時

記事を読む

武庫川女子大学と産近甲龍はレベルはどっちが上?就職はどっちがいい?

関西では有名な女子大として武庫川女子大学があります。女子大とし

日本大学文理学部の偏差値や倍率は?評判は高い?ボーダーラインはどうなっている?

日本大学の中でも特に学科が多くて、難易度がそれぞれで全然違うと

日本大学と近畿大学の文系と理系のレベルはどっちが上?就職はどっちがいいのか?

日本大学と近畿大学はどちらも中堅大学のレベルで、比較的近い存在

日本史のセンターから日東駒専までのレベルや難易度は?教科書だけで対策はOK?

日本史を選んでいる人はセンター試験を受ける人も多いと思いますけ

神奈川、玉川、東京経済、文教、武蔵野大学は学歴フィルターは関係ある?影響する?

就活をするときには学歴フィルターというものが1つ重要になってき

→もっと見る

PAGE TOP ↑