オワコンのテレビ局への就職は勝ち組?難易度や倍率と釣り合わない?

公開日: : 最終更新日:2016/05/24 学生たちの就職活動

オワコンのテレビ局への就職は勝ち組?難易度や倍率と釣り合わない?0c97c3ebd4a03d707c4559fa55c3f856_s

テレビ局などのマスコミ業界は非常に難易度が高いです。マスコミ業界って、業界全体は何かオワコンみたいな感じで言われていますし、マスコミ業界全体が叩かれたりすることもあります。私自身、マスコミ業界を大学生時代に目指していたこともあるが、今では正直マスコミに対していいイメージはない。芸能人のスキャンダルやあら捜しをしている出版社や新聞社などを見ると、嫌悪感の方が大きい。しかし、就活生にとっては、憧れの業界の1つがマスコミなんでしょう。私も当時はちょっと憧れていましたからね。特にテレビ局に就職できたら、相当勝ち組だという印象はあります。印象があるだけで実際どうなのか?働いている彼らは勝ち組だと感じているのか?はわからないが、世間の風潮からしたらそんな感じですね。テレビ局といっても、別にアナウンサーだけではないし、新卒の大学生がテレビ局に就職するときには、いろいろな職種が考えられます。どういう採用をされるにしろ、マスコミの中でもテレビ局への就職は難易度が非常に高く、競争率も半端なく高いということは知っておくと良いでしょう。

 

テレビ業界への就職は本当に勝ち組なのか?

テレビ業界、テレビ局への就職が勝ち組とされている理由は、その華やかさと社会的なステータスの高さではないでしょうか?一般人の多くあテレビ局では働いたことがないので、イメージでそういう感覚になっている方も非常に多いはずです。確かにフジテレビとか見ていると、アナウンサーは言わずもがなかもしれないが、ADとかやっている人たちも凄い楽しそうだったりする。しかし、それはフジテレビの雰囲気がそういう印象を作っているということもあり、どのテレビ局でもそういう印象になるわけではない。民法のキー局はそうかもしれないが、地方局とかになると、全然雰囲気は違うと思いますから。私の中学時代の同級生が某キー局でアナウンサーやっているんだけど、確かに見た目は凄い華やかだが、アナウンサーって聞いただけでゾッとしてしまいます。あんな日常的に生活リズムが狂う仕事もないですし、私にこなせる自信は全く無い。さらにはテレビに映ってもはや芸能人と同じ扱いだし、いろいろな批評に晒されたりするわけだから、本当にそういう状況に耐えられる自信もまた無いのです。アナウンサーは特別ですけど、ADとかそれ以外の職種の人もそれなりには大変な生活を送っているでしょう。テレビ局での仕事内容は、誰が働いても激務でしょう。そこは理解しておくべきですね。

 

実際、テレビ局への就職はキー局、地方局を問わず非常に難易度が高いし、倍率も高いから内定を貰うことが相当難しいはず。だから、内定者は自慢げに語るケースも多いのだが、『キー局内定者の「オレたち、すごくね?」にホリエモン「勝ち組でもなんでもない」』の記事では、そういう人たちをホリエモンが一蹴しているのです。

水島氏は複数の内定者をソースとして、マスコミ就活戦線の「勝ち組」とされる彼らが述べたとされる、自慢げな発言をまとめている。

「オレたちって、すごくね?」
「だってさ、各局の応募者2万人のうちから選ばれた20人なんだぜ」
「どうしてこの飲み会に週刊誌が来ないのかな~、だってオレたち、これから日本の報道の中心を担うメンバーなんだぜ」水島氏によると、キー局社員の生涯年収は5~6億円、通常の大卒正社員の倍で、30代半ばで1500万円を超えることもある。一方で、テレビ局を支える制作会社の社員の年収はその4分の1にすぎない。

そんな「ピラミッド構造」に支えられるとも知らず、キー局社員は「勝ち組意識」が強いため、ホームレスや母子家庭などの社会的弱者の痛みも分からず、報道の「上から目線」につながっているとする。

キー局に入っただけで「傲慢」「不遜」になる人間がいることに、水島氏は不満のようだ。

「オマエらは別にすごくはない。単に運が良かっただけだ。自慢しているんじゃないよ。バカモノ!」「そんなことで舞い上がっている程度の人間には、その先はない」と荒々しい言葉で批判している。

(中略)

ホリエモンこと堀江貴文さんも「まあ記事書いてる人もテレビ局幻想に浸ってる時点で終わってる。そんなの勝ち組の時代でもなんでもないのにね笑」とツイッターに投稿している。

 

キー局の社員は、こういった感じで給料は本当に高いですし、職業自体が多くの憧れであり、目指している人が多い中で内定を貰った人ったいは客観的に見たら凄い。運がね。この記事の筆者も書いているが、就職活動全般に言えることだが、内定を貰えるか?否か?は所詮は運の良し悪しの部分が大きいと思う。運が全てとは言わないが、ある程度努力をしたら、それ以上は結局は企業との、人事とのフィーリングで決まりやすい。その証拠に、内定者自身が、そもそも何をどうしたら内定を出せるのか?の確実な答えや必勝法を持っていないだろうし、結果内定をもらえた後も、何が良くて、何が功を奏して内定を貰えたのか?絶対にわからない筈だ。推測しかできない。つまり、就職活動における実力(偏差値)のようなものは存在しない。だから、模試などはない。どの企業においても通用するような客観的な指標となる実力が存在しないから、後は自分が内定をとるために必要だと思うことをそれぞれが考え、情報を集め、正しいと思うものを実践するしかない。その結果、評価してくれる企業がいくつかあれば良いな。という状態であり、彼らはその評価してくれた企業がたまたまキー局のテレビ局だったとなるのでしょうか。だから、キー局だけに限らず、どの業界においても、どの企業においても結果的に内定をとれたから良かったものの、内定をとれる必勝法や内定のとりやすさを表す客観的な指標(偏差値のようなもの)がなければ、あとは運次第で決まるということになってしまうです。

 

実際、テレビ局の仕事は非常に大変で、忙しい日常

仕事が忙しいのはどの業界でも一緒だから、特筆すべきことにも思えないが、テレビ局へ就職すると、その仕事内容の大変さに付き合っていかないといけない。テレビ局の仕事内容はADとか、大道具とか、美術、照明、カメラなど、いろいろな職種があるが、テレビ番組にかかわる仕事である以上、結局、彼らもアナウンサーや出演者同様に不規則な生活を強いられるでしょう。この不規則な生活スタイルはテレビ局などに特有の仕事の大変さ、忙しい状況と言えると思います。実際、テレビ局での仕事は激務でかなり忙しいと思いますよ。大変なのは知っているかもしれませんが、働いてみてその過酷さがより身に染みるケースもありそうです。その代わりテレビ局のスタッフは高給だし、多くの人から憧れられるし、社会的ステータスもあるし、何よりも楽しそうですね。だから、そういう意味では、テレビ局の仕事はきついでしょうけど、勝ち組と言えないことはない。テレビ局にかかわらず、仕事はどこもきついということを踏まえると、それ以外の要素で旨味があるテレビ局への就職は勝ち組とも思えなくはない。後はそれ以外の周りの人間がどう評価するか?という問題もあるが。しかし、テレビ業界全体がキー局といえども、衰退気味にあるのは事実であり、オワコンとも言われている昨今では、テレビ局に入社しても、就職しても将来性があるのか?自分の仕事はずっとあるのか?という問題も考えないといけないかもしれません。テレビ局への就職は非常に難易度が高いですし、競争率も高いが、それを勝ち抜いていった先に待っているのは、そんなに良い未来なのか?というのは、正直分かりませんね。先ほど内定者が言っていたように、テレビ局の就職は倍率が異常に高い!その中で就職するのは運が相当良いかもしれないが、その難易度がとても高い就職先がオワコンと言われていたら?実は勝ち組でもないような気もしてきますね。倍率100倍のFランク大学(受験生はみんなそれなりの高偏差値)に受かったら、それが凄いのか?みたいな話になってくるわけですよね。倍率100倍を勝ち抜いたのは凄いかもしれないが、受かった先がFランク大学となると、それは勝ち組なの?と思えてくると思います。テレビ業界の未来を考えると、そこへの就職は本当に勝ち組なのか?も怪しいのかもしれません。

 

スカウトを獲得して内定確率を上げるためのナビサイトの紹介

就職活動をするときに使うナビサイトはどういったところを使っているでしょうか?ナビサイト1つで就活の運命も変わるので、そこは知っておいてほしいと思います。今回紹介したいナビサイトが1つあって、それが「キミスカ」になります。ここは普段、多くの就活生が使っているサイトとはちょっとコンセプトが違います。このキミスカはスカウト中心のサイトで、企業が学生側にスカウトを送っていく形になります。多くの就活のナビサイトは学生の方が企業を検索して、気になったところにエントリーして受けていく流れになりますが、キミスカは完全に逆です。企業側が興味を持った学生に対してアプローチをするので、その点に関して違いがあるのです。従来のやり方では学生が興味を持った企業を受けますから、企業がその学生を欲しいと思うか?は分かりません。だから、欲しいと思われない企業ばかり受けていると、内定は一向に貰えないということです。一方、キミスカは欲しいと思った学生に声をかけていくので、企業がその時点でもう学生に相当興味を持っています。つまり、キミスカでスカウトを待って、実際にスカウトがくれば、その企業というのは自分にとって内定の可能性が明らかに他より高い企業ということが言えるでしょう。そういったメリットもあるわけです。実際、キミスカでくるスカウトの中には一次選考、二次選考などをパスして受けられるものもあるそうですから。また、どういう企業からスカウトがくるか?というのは分かりません。だから、自分では考えていなかった企業や業界からスカウトがくることもあり、それによって実は予想外の企業や業界が自分の適性を見出してくれていると見ることもでき、それによってそういう企業や業界も受けていければ、就活における視野が広がる効果もあります。そういったメリットがあるのがキミスカになりますが、ここは登録さえしてしまえば後はスカウトを待つだけで良いので、今まで使ってきたナビサイトをそのまま使いながら新たに併用する形で利用できるので便利です。スカウトを待って、スカウトが着たときだけ反応すれば良いのですから。実際にスカウトがくれば、それは内定の確率が他よりも高い企業からのアプローチと見ることもできて、新たな可能性の発掘や出会いを創造するチャンスでもあるでしょう。無料で利用できますから、様々な魅力が詰まったキミスカは良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

【あわせて読みたい記事】

マスコミ業界、広告代理店の就職の志望動機や自己PRの考え方、書き方の例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

就活で単位が少ない、ギリギリは関係する?両立できないと影響はある?

就活をしているときには学業生活との両立の問題があります。就活をしながら大学の単位をとっていか

記事を読む

就活の面接官の相性や好みは存在する?本音で興味ない反応をとることはあるのか?

就活では面接官の反応みたいなのが気になる人も多くいるのではないでしょうか?面接官がどういう反

記事を読む

集団討論で受からない原因は?受かる人と落ちる人を分ける評価基準

就職活動で、得意な人と苦手な人がきっぱり分かれやすいのが集団討論、つまりグループディスカッシ

記事を読む

就活でOB訪問しないと不利になる?意味はあるのか?

就職活動を進めていくと、いずれOB、OG訪問をする時期がやってくると思います。OB、OG訪問

記事を読む

就活は平均で相当お金がかかるが、お金がかかりすぎの現状を変えるには?

就職活動が始まるとともに、多くの学生はいろいろな企業に行って会社説明会や選考を受けることにな

記事を読む

就活の志望動機や自己PRの書き出しは結論から?差別化やインパクトは不要?

就活や公務員試験における志望動機や自己PRの書き方とはどういったものになるでしょうか?志望動

記事を読む

オワハラは当たり前?起きた原因は?対処法は嘘をついて入社すると言っておけばおk

就職活動をしていて、内定が近くなると面接官から言われることがあります。それは「今受けている他

記事を読む

留年したら内定取り消し?入社を先延ばし、待ってくれる場合もある

公務員試験を受けて、無事に内定を貰ったが、どうやら卒業できそうにないという場合もあるのではな

記事を読む

就活で成績が良い、悪いは関係ないが取得単位が少ない言い訳は考えておこう

就職活動で成績がどれだけ関係あるでしょうか?成績が悪いとそれだけ就職活動では不利なのでしょう

記事を読む

就活で男女の前髪は長い、短いはNG!中途半端の方が良い

就職活動をしていて、いろいろと自分の身だしなみにも気を使いますよね。就職活動では、人事に自分

記事を読む

東京外国語大学の偏差値や難易度と倍率は?センターの足きりのボーダーラインはどうなっている?

東京外国語大学は都内の国立大学で、知名度はそこまでないかもしれ

日本史の出題傾向はどこからどこまで?よく出る時代は?どの時代から勉強すると良い?

大学受験で日本史を選ぶ人はどこからやって、どこまでやれば良いの

成城大学の看板学部は?偏差値で学部ごとの順位や序列を比較するとどうなる?

成城大学というのは東京都にある私立大学で偏差値もそれなりに高い

no image
東京外国語大学のキャンパスの雰囲気や立地条件と評判、口コミや就職支援、就職実績など

東京外国語大学は東京都内にキャンパスがある数少ない国立大学です

日本大学商学部の偏差値や倍率は高い?評判やボーダーラインはどうなっているのか?

日本大学商学部に入りたい受験生も多くいるかもしれませんが、日本

→もっと見る

PAGE TOP ↑