獨協大学の学部ごとの合格最低点、センター利用のボーダーは何割?

公開日: : その他の話題

獨協大学の学部ごとの合格最低点、センター利用のボーダーは何割?b4531233b250804f287b9a062c243f73_s

獨協大学の入試を受けるという方、受けたという方はそのボーダーラインが気になるのではないでしょうか?最低合格点を知っておくと、便利だと思うので、その情報を是非知っておいてほしいと思います。獨協大学は学部は少ないものの、入試方式が非常に多様化しているため、その中でどれで受けるか?によって結構ボーダーも変わってきます。ボーダーはそんなに高くありませんが、難しい学部、学科もあるので、その中でいかにその最低合格点を越えられるか?頑張って勉強していってください。獨協大学の場合にはすでに説明したとおり、受験方式によってかなり細分化されており、それぞれでボーダーラインを紹介するのが限界があるので、細かく知りたい方は「獨協大学-私立大学合格最低点|大学受験パスナビ:旺文社」を参考にしてみてください。こちらには学部学科、入試方式ごとの最新のボーダーが載っているので。倍率に関しても結構差がある場合もありますから、今後どの学部、学科を受けるか?決めるときには参考にしてください。

 

外国語学部のボーダーと倍率は?

外国語学部の場合には、やはり人気学部なので、難しい試験ではありますが、ボーダーも倍率もそんなに高くないという現状です。外国語学部は、学科が多いですし、それぞれにおいて科目数も変わったりするので、説明が難しいです。強いて言うならばドイツ語学科とフランス語学科は、1科目と2科目で受けられる入試方式があって、やっぱり得意科目で受けられるため、ボーダーは高くなりがちです。それぞれ1科目入試は8割、2科目入試は7割5分くらい必要となっています。注目の英語学科については、B方式のみ7割強くらいで合格ですが、それ以外の方式は8割以上か8割弱くらい必要です。英語学科はだいたい8割前後くらい必要だということです。英語に秀でた人たちが受けにくるのでしょうから。その他の学科、その他の方式は概ね7割から8割くらい必要です。外国語学部は非常にボーダーが高いのです。倍率はだいあい2~4倍くらいです。人気のない学科、方式を選べばより受かりやすいと言えます。英語学科は3~4倍くらいなので、そんなに高くはありません。倍率が低いのはドイツ語学科でしょうか?だいたいどの方式も2倍台です。センター利用のボーダーはドイツ語学科は3科目も2科目も78%前後、英語学科は3科目は80%、2科目は85%前後、フランス語学科は2科目も3科目も85%程度、交流文化学科は3科目が80%程度、2科目が83%程度と非常に高いです。

 

国際教養学部のボーダーと倍率は?

国際教養学部も偏差値はそれなりに高いですが、ここは言語文化学科のみなので、非常に分かりやすいです。A,B,C方式がそれぞれありますが、ボーダーはどれも7~7割5分くらいです。それぞれの方式で科目数や配点が違うものの、ボーダーはだいたい同じという感じです。ここも結構とらないといけない点数は高いので、しっかりと勉強しないといけません。どの方式で受験をするか?というのも非常に大切なので、しっかりと考えておきましょう。倍率に関してもほぼ差がなく、3~4倍の間となっています。センター利用は2科目、3科目いずれも8割弱が必要です。78%くらいは取れるようにしないと厳しいでしょう。

 

法学部のボーダーと倍率は?

法学部は法律学科、国際関係法学科、総合政策学科があります。そして、それぞれA,B,C方式があるため、こちらもややややこしいです。しかし、どの学科、方式を選んでもそこまで差はありません。偏差値もそこまで変わらないと思いますから。方式によって科目数や配点が違うものの、どれを受けても概ね5~6割です。300満点の方式は6割程度が最低合格点となっており、200点満点の方も6割くらいがそのラインになっていますが、中には5割程度が最低点になっているところもあります。法律学科のC方式とかは5割強くらいで合格できるということです。外国語学部と国際教養学部と比べたら、大分ボーダーが落ちますね。倍率に関して同様で、学科、受験方式にかかわらず、どこも1.5~2.5倍くらいと低いです。法律学科は2科目、3科目いずれも70%前後、国際関係法学科は2科目、3科目いずれも75%程度で、総合政策学科は2科目、3科目ともに7割弱、60%台の後半から70%が目安となっています。

 

経済学部のボーダーと倍率は?

経済学部は経済学科、経営学科、国際環境経済学科に分かれていますが、ここは結構ややこしくて、A方式、B方式、C方式、さらにはC方式センター併用型というのがあります。この中で特筆すべきなのはB方式です。B方式は200点満点ですが、その学科もなんとボーダーは9割です。異常に高いですね。それ以外のA方式とC方式はどの学科も6割程度がボーダーになっていますが、C方式センター併用型は6割5分くらいとちょっと高いです。B方式を受験する方はちょっとこの合格最低点の高さは知っておいた方が良いです。倍率はどの学科、方式も概ね2~3倍くらいですから、高くはありません。経済学部はどの学科に関しても、2科目、3科目を問わずほぼ70%前後です。68%から72,3%くらいを目指すとだいたい受かるのではないでしょうか?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

パルシステムは食費や費用が安い!安全性も高い!メリット大きい!

食材宅配サービスを利用して、毎日非常に助かっているという夫婦は多いみたいですね。メリットがか

記事を読む

社会主義や共産主義のデメリット、問題点は?うまくいかない理由は簡単

社会主義の国が今でも残っていますよね。知っているのはキューバとか、ベトナムはもう違うのかな?

記事を読む

嘘つき大会の面接で嘘や誇張はばれる?←バレても問題ない

就職活動の面接で嘘をつくのはよくある常套手段ですよね。嘘をつかないと、不安という方もいるので

記事を読む

恋愛が面倒、恋人いらない若者の割合が4割は当然の理由がある

現代は昔と価値観がかなり変わっている感があります。恋人をいらないと感じている若者が増えている

記事を読む

立教大学の入試難易度は高い!受かりやすい学部とは?

大学受験ではマーチと呼ばれる大学群があります。準難関大学ということで、早慶上智の次に位置する

記事を読む

青山学院大学のオープンキャンパスに行くなら見るべき場所やポイント【相模原キャンパス編】

青山学院大学は東京都の渋谷にある青山キャンパスだけではなく、神奈川県の相模原キャンパスもあり

記事を読む

MARCHトップは立教大学?明治大学?1番はどっち?進学はどっちがいいのか?

MARCHのトップは明治大学か?立教大学か?というところはよく争われています。今から10年前

記事を読む

東洋大学国際地域学部の偏差値と難易度は上昇気味?倍率と評判も高く人気になりつつある

東洋大学の中でも比較的最近になってできた学部として、国際地域学部があります。「国際」が付く学

記事を読む

神戸大学の滑り止めはどこがいい?同志社など関関同立?併願は早慶が多い?

神戸大学を受験する人は、どういった大学をその他に受けていくのでしょうか?もちろん私立大学も受

記事を読む

天理大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報について

全国で宗教系の母体を持った大学がありますが、その1つが天理大学です。天理大学は関西での知名度

記事を読む

筑波大と九州大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

筑波大学と九州大学はどっちが上でしょうか?実際にこの2つで悩む

関西学院大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめは関関同立やMARCH、産近甲龍か?

関西学院大学を受験する人、第一志望であるという人は滑り止めや併

アルフレッサの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

アルフレッサに就職したい人はまず難易度を理解しておきましょう。

筑波大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや早慶、関関同立あたり?

筑波大学を受験する人はどういったところを滑り止めにするのか?そ

博報堂の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

博報堂に就職したいと考えている人はその難易度を理解しておく必要

→もっと見る

PAGE TOP ↑