第二新卒の就活で

公開日: : 既卒者、第二新卒者の就職方法

第二新卒の就活で29ce9b9003054586a9d6629286845feb_s

第二新卒として就職活動をしている方もいるでしょう。そういった方の中には、あまりうまくいっていないという方もいるのではないでしょうか?第二新卒は、入社してから数年で辞めているため、新卒に近い部分もあれば、一応就業経験があるという方もいるでしょうから、中途採用に近い側面もあると思います。そんな彼らが就職をするためには、何が必要でしょうか?就職活動をしていてうまくいっている人、内定が出ている人は、こんなページは見ていないでしょう。つまり、今このページを見ているのは、就職活動が何らかの原因でうまくいっていないということだと思います。恐らくその理由の大半は面接じゃないでしょうか?書類選考は一応通るが、面接で毎回挫けそうだと、うまくいかないと感じている人が多いのではないでしょうか?1番の難関ですからね。

 

就職試験っていうのは、忍耐力を問うゲーム

面接はそれだけ難しいんですよ。ただ、面接をいかに突破するか?を考えないと、実際に第二新卒として内定をとるのは難しいです。面接は何の苦労もなくというか、順調に進んで内定までいってしまう人もいれば、何度も挑戦しているにもかかわらず全く内定がとれない。先に進めないという人も多くいます。この2パターンに分かれやすいです。後者の人間の方がどちらかというと多いです。実際、新卒の学生が就職活動がうまくいかずに悩む人が多いわけで、よくニュースになったりもするわけですが、面接って、正解は面接官が知っている。しかも、その正解は面接官によってその都度変わる可能性のあるものである。という2つの前提条件があります。その中で内定をとらないといけないので、ある意味運も必要ですよ。同じ回答をしたりしても、評価されるパターン、されないパターンがあるわけですから。だから、運要素も大きく、運が悪ければとことん落ち続けるというパターンを辿る人もいます。そういうパターンに陥ってしまった人が、自分がどこからも必要とされていないと感じて、自暴自棄になってしまったりするケースもあるのです。

 

ただ、内定をとっている人だって、50社くらい受けて、ようやく1社内定をとっている人とかもいるわけですよね。つまり、そういう人だって、49社からはあなたは必要ないって言われているわけです。50社受けて1社も内定とれない人と大して変わらないわけ。だから、就職活動っていうのは、多くの会社から必要なしと判断されて、それにいかに耐えて続けることが出来るか?忍耐力を問うゲームでもあるわけです。だから、諦めたら本当にそこで負けになるのかもしれない。さて、そういう運要素の大きな面接に少しでも受かる確率を上げるには、どうしたら良いのか?それは面接力を磨くのが1番良い。それで受かる保証はないが、受かる確率は少しは上がると思う。つまり、正解のない面接試験において、少しでも面接官が求める正解に近づくための訓練をした方が良いってことです。特に自分自身で面接が苦手だなと思っている人、上手く話せないと自覚のある人ほど、こういった訓練を受ければ伸びる余地が大きいわけですよね。つまり、上達する可能性が高い=内定が取れる確率が上がる可能性があるということです。じゃあ、どういったところで面接の訓練って受けられるの?という話です。

 

面接力を鍛えるためのサポートを受けて面接の通過率を上げる

面接っていうのは、自力でやっていてもなかなか上手くなるものじゃない。限界があるというのは、多くの方が気付いているのではないでしょうか?だからこそ、これっていうのは自力じゃなくて、専門家の力を借りた方が良いと思うのです。例えば、「第二新卒ナビ」は非常にオススメな会社です。ここは多くの第二新卒者、既卒者を対象に就職活動のサポートをしており、その一環として面接対策もしています。具体的には、模擬面接などを通して、ちゃんと面接自体を練習する場を設けて、それを専門家である第二新卒ナビのカウンセラーがチェックします、そして、直接指導を施していくのです。ここはこうした方が良いとか、ここは直したほうが良いとか、そういう具体的なアドバイスを聞いて、より面接力を高めていく。それが狙いです。多くの人は面接対策は独学でしょう?つまり、自分の普段の面接を見て、客観的に評価してくれる人がいないわけですよ。企業の面接官もあなたの面接を見て、良い、悪いの評価はするだろうが、その内容や具体的にどこが良かったか?悪かったか?の結果は教えてくれない。つまり、どこが良くて、どこを直すべきだったか?が永遠に分からないから、改善のしようがなく、そして、どこを引き続き同じように実践していけば良いのか?が分からない。そうなると、面接がこの時点で上手くない人は、改善のポイントが分からず、それ以上に面接力を上げようがない。そのままの実力で次の面接にも行かねばならず、永遠に同じような面接を繰り返し、同じように落ちていくという日々の繰り返しなのではないでしょうか?残念ながら、そういう側面もあると思います。

 

第二新卒ナビでは、専門家が直接あなたの面接をチェックして、直すべきポイントを指示してくれるために、客観的に評価してくれて、改善ポイントやそのままで良いところも分かりやすいので、より上達しやすい。面接力を上げやすいのです。どうしても面接対策は独学になりがちですが、独学でやるには限界があります。やはり専門家に直接見てもらって、家庭教師のように直接指導してもらうのが、上達の道としては最短ではないでしょうか?自分自身でもカウンセラーと一緒に面接を鍛える日々を過ごせば、あれだけやったのだから!と、本番でも自信を持って挑めると思います。また、第二新卒ナビでは、それ以外のサポートも充実していて、カウンセラーがあなたの希望の業界、働き方、キャリアプランなどの条件を聞いて、オススメの求人を紹介してくれたり、書類選考の前には、企業に出す書類をカウンセラーに見せると、それを添削してくれて、より通過率が上がる可能性もあります。そうやって、第二新卒としての就職活動で悩んでいる方がいれば、彼らhをトータルサポート、1から内定をとるまでとことんサポートしていきます。しかも、これらのサービスは基本的には全て無料です。お金をかけずに利用できますから、今第二新卒の就職活動がうまくいかずに悩んでいる方、面接がなかなか通らず、落ちてばっかりで悩んでいる方、本気で再就職をしたいという方には、是非オススメしたいと思うので、良かったら参考にしてみてください。

既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート

書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

既卒でこのままじゃヤバイ!と感じた人がやるべきことは?

就職するのが難しい時代になり、新卒の人でもなかなか就職できない。就職できてもそこでも働き方に

記事を読む

第二新卒の就職で成功する人の特徴とうまくいかない人が失敗しないためのおすすめサイトの紹介

第二新卒として就活をしている人の中でも成功する人と失敗する人がいます。その違いはどこにあるの

記事を読む

第二新卒の就活は厳しいか?不安な人が頼れる綱とは?

就職後、すぐに辞めたくなってしまう人が多いようですね。辞めたくなる気持ちは誰にでも生まれやす

記事を読む

第二新卒の就活でも職務経歴書の提出は必要?

第二新卒として就職活動をしている人たちも多いと思います。第二新卒といっても、いろいろな境遇の

記事を読む

no image

第二新卒の就職の難易度は?内定率や就職率を上げる求人の探し方は積極採用の企業を見つけること

就職活動は新卒や中途採用がメインみたいな感じになっていますけど、最近はその中間に位置する人の就活も積

記事を読む

【朗報】新卒者よりも既卒者の方が就職しやすい理由とは?

「既卒で就職活動をするのは不利!」と思われる方が非常に多いように思えます。ただ、本当にそうで

記事を読む

第二新卒で志望動機が思いつかない方のための書き方

第二新卒として就職活動をされている方も多くいる時代ですよね。第二新卒という言葉も以前よりも定

記事を読む

フリーターから就職する方法は?正社員に転職するには?

フリーターをやっている人もこのままフリーターで良いと満足している人も少ないと思います。いずれ

記事を読む

内定が出ない就活生、内定ないまま卒業の既卒者の逆転方法

大学在学中に就職活動をしていたが、どうやら内定をとれないまま卒業してしまいそうだ。また、すで

記事を読む

1人や孤独では失敗しやすい!既卒者が就職に成功する方法

既卒の人が就職するときに何が大変か?っていうと、頼れる人があまりいないということだと思います

記事を読む

東京大学と東工大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

東京大学と東京工業大学はどっちが上でしょうか?どちらも非常に有

JR東海の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

JR東海の就職の難易度について知っておきましょう。JR東海に就

九州大学と早慶のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

九州大学と早慶はどっちが上か?こういったところが気になっている

ヒルトングループの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ヒルトンホテルなどで有名な日本のヒルトングループに就職したいと

日本総合研究所の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

日本総合研究所の就職の難易度はどうなっているのか?日本総合研究

→もっと見る

PAGE TOP ↑