指定校推薦の面接で黙る、沈黙はマズイ?回答に詰まる状況はプラスの側面がある!

公開日: : その他の話題

指定校推薦の面接で黙る、沈黙はマズイ?回答に詰まる状況はプラスの側面がある! – Retire in their 20s

指定校推薦の面接において、うまくいかない瞬間も当然あると思います。しかし、指定校推薦の面接ではうまくいかない前提でいた方がいいです。面接というのがそもそも難しいもので、得意な人はなかなかいません。その状況であれば、基本的には何かしらの失敗をするのが当然とも言えるわけです。完璧な面接になることはまずないので、そこは理解しておきましょう。高校生が受ける面接ですから、少なからず不満が残る面はあると言えます。特に指定校推薦の面接では沈黙とか、そういう状況になる可能性があります。黙るような状況、詰まるような光景は普通にありえるはずです。そういった状況を想定しながら、そうなったときでも焦らない気持ちが必要と言えるのです。

 

指定校推薦の面接では沈黙の状態はよくある

指定校推薦の面接では沈黙と言えるような光景はよく見られます。全員がそうなるとは言えませんけど、指定校推薦の面接では黙る状況、しばらく何も言えない状況は実際によくあるのです。それは答えづらい質問やちょっと考えないと回答できない質問があったときです。指定校推薦の面接では黙ることはよくないと思っている人も多いかもしれませんが、そうではありません。即座に回答できれば、それはそれでいいかもしれませんけど、黙るということはそれだけ回答をじっくりと考えているということです。つまり、真剣に面接に臨んでいる姿勢が見られるので、面接官の評価が下がることはないでしょう。それに面接では事前に予想できない質問が来ることもあります。そういったときにはむしろ黙る方が自然です。指定校推薦の面接では詰まる状況があったとしても、それが回答を考えている状況であれば、何も問題はありません。指定校推薦の面接でしばらく沈黙が続いても、それ自体をマイナス視しないようにしましょう。指定校推薦の面接で詰まることを恐れてしまうと、早く回答しないといけない!と思い、適当な回答になってしまう可能性もありますから。

 

だから、指定校推薦の面接では詰まることを恐れない気持ちが重要です。また、実際に指定校推薦の面接で詰まったとしてもそれに動揺してはいけません。動揺すると、それが焦りにつながり、早く回答しないといけない!という気持ちになりがちですから。指定校推薦の面接では沈黙は普通にありえることです。他の受験生たちも黙るシーンはあるでしょうから、それ自体は特別な光景とは思わない方がいいと思います。指定校推薦の面接は事前に予測できる質問以外も恐らく飛んでくるでしょう。したがって、考えないと答えられない質問はあると思うのです。そのときにはむしろ積極的に沈黙をするといいです。そして、しっかりと考えて、納得できる回答をするといいと思います。指定校推薦の面接で詰まったとしても、それは肯定的な評価ができます。すでに話したように、指定校推薦の面接で黙るというのは、真剣に回答を考えている風にも見えるので、詰まる状況は問題ありません。指定校推薦の面接では詰まる状況が実際にあり得ると思いますけど、そういうスタンスでいるといいと思うのです。

 

指定校推薦の面接は基本的に落ちることはない

指定校推薦の面接ではいろいろな心配をする人が多いでしょう。すでに挙げたような、指定校推薦の面接で黙るとか、沈黙するなどの状況は特にそうだと思います。詰まる状況をよくないと捉えて、指定校推薦の面接で詰まったらどうしよう?と考えて不安になる、また実際に詰まった状況があったときには、それが原因で心配になるというケースがあると思われます。ただ、指定校推薦の面接は基本的には落ちません。受からせるための面接であり、まず落ちないと言えるでしょう。だから、何かしらの失敗をしたとしても落ちることはまずないです。落ちることがあるとしたら、よほどの問題行動をとるくらいでしょうけど、それは意図してやらないと起きないはずです。自分なりに真面目に面接に臨んでいれば、そういう状況にはならないでしょう。面接は何らかの失敗はつきものです。面接が得意な人はなかなかいませんから、面接を終えたときに不満に思う部分は少なからずあるでしょう。そして、指定校推薦の面接で沈黙するとか、詰まるなどの状況はよくある不満です。面接を受けた人が抱える不満としてはありがちなので、そんな些細なミスで不合格になることはまずありません。受からせるための面接である指定校推薦ならばなおさらです。

 

面接はどうしても完璧にはいかないものと思っておくといいでしょう。指定校推薦の面接で黙るような状況があったとしても、気にする理由はありません。落ちる理由になりませんから。だから、あらかじめ指定校推薦の面接では詰まるような状況がありえると想定しておいて、実際に詰まった状況があったら、やっぱり詰まったかくらいに思っておきましょう。指定校推薦の面接で詰まったと感じる受験生はあなた以外にも大量にいるでしょう。それに指定校推薦の面接で黙る状況は真剣に考えている姿勢にも見えるわけですから、そこは自分でも肯定してあげることが必要です。自分なりにきちんと考えて回答を出そうとした結果が沈黙なのだから、指定校推薦の面接での沈黙は悪くないと自分に言い聞かせてほしいです。面接は非常に難しいもので、いろいろな不安が浮かぶ可能性が高いですが、考え方次第で気分は楽になると思われます。だから、そういった部分を頭に入れたうえで臨んでほしいですし、実際に面接を終えた後もそういった考え方をしていくといいと思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

津田塾大学は共学の私大ではどのレベル?MARCH?成成明学?日東駒専?

津田塾大学のレベルって言うのは客観的にどれくらいなのでしょうか?津田塾大学は女子大なので、女

記事を読む

成人式の服装は?コートは必要?いらない?二次会や同窓会は私服?スーツ?

成人式のときの服装は基本的には男性がスーツ、女性は振袖が多いですが、これはルールで決まってい

記事を読む

日本女子大学の偏差値や倍率は?入りやすい学部とボーダーラインなどの情報

日本女子大学は関東の女子大ではかなり有名でしょう。私立大学の中でも全国的に見たら偏差値は高い

記事を読む

京都府立大学の偏差値や倍率は?センターの足きりのボーダーや配点比率について

京都府立大学は京都では非常に知名度が高い公立大学で、多くの受験生がここを目指しています。京都

記事を読む

恋愛が面倒、恋人いらない若者の割合が4割は当然の理由がある

現代は昔と価値観がかなり変わっている感があります。恋人をいらないと感じている若者が増えている

記事を読む

駒澤大学の評判や口コミの紹介と大学の雰囲気や就職率、就職状況について

駒澤大学は東急田園都市線の駒澤大学駅などから通うことになると思います。このあたりは渋谷にも近

記事を読む

南山大と中京大のレベルはどっちが上?頭いい?文学部、法学部、経済学部などで比較!イメージや雰囲気の違いは?

東海地方の有名私立大学に南山大学と中京大学があります。この2つは一般的に言えば、ランクが異な

記事を読む

no image

広島大学の立地条件や雰囲気と学生の評判や口コミ、就職実績や就職状況のデータはどうなっている?

広島大学のキャンパスというのは非常に広大な面積を誇っている気がします。かなり広いのです。広島大学は国

記事を読む

津田塾大学の偏差値や難易度は高いが倍率や受験科目は?ボーダーや合格最低点は?

津田塾大学は私立大学の女子大では1番の偏差値を誇っています。偏差値で言うならば60前後になる

記事を読む

貯蓄ゼロの割合が3割から一気に5割に!?貯蓄なしで老後は?結婚できない人が増加?

単身者における貯蓄ゼロという世帯が一気に増えているというニュースがあったのですが、衝撃的でし

記事を読む

常総学院高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

常総学院高校は茨城県土浦市にある男女共学の私立高校です。最寄り

千葉県立検見川高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立検見川高校は千葉県千葉市にある男女共学の公立高校です。

帝京大学高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

帝京大学高校は東京都八王子市にある男女共学の私立高校です。最寄

横浜市立大学は高学歴でモテる?医学部の存在で頭いいイメージ、横浜に立地している点でオシャレな印象を抱きやすい?

横浜市立大学は神奈川県内にある公立大学であり、偏差値はそれなり

埼玉県立所沢北高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

埼玉県立所沢北高校は埼玉県所沢市にある男女共学の公立高校です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑