鶴見大学附属高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

鶴見大学附属高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

鶴見大学附属高校は神奈川県横浜市鶴見区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は京浜急行の花月総持寺駅で、徒歩10分となっています。それ以外ではJR京浜東北線、鶴見線の鶴見駅から徒歩15分です。また、JR横浜線、東急東横線の菊名駅、東急東横線の綱島駅からバスを利用して通うことも可能です。だから、いろいろな選択肢が存在している点は知っておく必要があります。まずは鶴見大学附属高校の偏差値に関して理解する必要があるでしょう。こういった部分は特に重要な点になります。鶴見大学附属高校の難易度をチェックするにあたっては、偏差値は欠かせない情報なのです。でも、学校のレベルを把握するにあたっては、鶴見大学附属高校の倍率も重要になります。偏差値とは別の情報も知っておかないといけないのです。鶴見大学附属高校のレベルはトータルで判断する必要があると言えます。また、学校の評判も重要になりますから、鶴見大学附属高校の進学実績なども調べておいた方がいいです。

 

鶴見大学附属高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

鶴見大学附属高校の偏差値について調べていきます。偏差値に関しては、普通科特進コースが58、総合進学コースが53となっています。だから、偏差値はそこそこ高いと言えるでしょう。コースによっては、鶴見大学附属高校の難易度は割と高いです。でも、コースごとに難易度が違うという点は知っておかないといけません。鶴見大学附属高校の偏差値はまず重要な部分になりますが、これだけで学校のレベルは判断できません。鶴見大学附属高校のレベルを正確に見るためには、倍率についても調べていく必要があると言えます。いろいろな情報をもとにして、鶴見大学附属高校の難易度を評価していってほしいと思うのです。

 

では、倍率について見ていきたいと思います。鶴見大学附属高校の一般入試の倍率に関しては、1倍台前半となっています。鶴見大学附属高校の難易度として、まずここは覚えておいてほしいです。1.5倍前後という言い方ができるかもしれませんが、年度ごとに差が結構あります。高い年は2倍を超える場合もありますし、低い年は1.0倍に近い倍率もあるのです。あとはコースごとに鶴見大学附属高校の倍率が若干違う状況もあるでしょう。鶴見大学附属高校の偏差値をチェックしたうえで、こういった倍率を把握する必要もありますけど、それなりに変動があるため、そこは理解しておかないといけません。鶴見大学附属高校のレベルにかかわる部分になりますから、ちゃんと調べておきましょう。あとは進学実績なども知っておいた方がいいです。鶴見大学附属高校の評判として評価できる箇所になると言えますし。

 

鶴見大学附属高校の進学実績はどうなっている?

鶴見大学附属高校の進学実績をチェックしていきたいと思います。進学実績については、鶴見大学への内部進学はそんなに多くありません。他大学を受験する層が多くなっています。ボリューム層は日東駒専のレベルになる可能性があります。GMARCHについても結構多くの人数が受かっている状況です。でも、早慶上理になると、合格者の数は例年そんなに多くありません。でも、鶴見大学附属高校から難易度の高い他大学に受かっている状況はあるわけです。国公立大学については、そこまで多いわけではありませんけど、合格者は確認できます。過去には東京外国語大学、東京学芸大学、横浜国立大学などに受かっている例が存在しています。国公立大学に関しても、鶴見大学附属高校では偏差値の高いところに合格例があるわけです。こういった鶴見大学附属高校の進学実績は事前にきちんと確認をしておいてほしいです。学校の評判としても重要なので、卒業後の進路は気になると人が多いはずですから、細かくチェックしておきましょう。

 

鶴見大学附属高校の評判はどんな感じか?

鶴見大学附属高校の評判を見ていきたいと思いますが、在校生や卒業生の口コミをチェックしていくことで、ある程度の状況は判断できるのではないか?と思います。まずは校則についてチェックしていきましょう。鶴見大学附属高校の校則に関しては、そんなに厳しい雰囲気はないです。普通くらいと感じている人が多いんじゃないか?と思われます。いじめに関してはほぼ見られないようです。だから、いじめを日常的に目撃する可能性はかなり低いでしょう。鶴見大学附属高校の進学実績においては、他大学を受験する人たちが結構多くいて、先生やチューターの人たちがかなり協力的であると評価されています。だから、受験勉強をしっかりと頑張りたい人にとっては魅力的な環境であると言えるでしょう。あとは校舎や設備などが綺麗と言われていて、そういう口コミも実際に見られるので、過ごしやすい毎日を送ることができる環境になっているのだと思われます。鶴見大学附属高校の評判は事前にしっかりと把握しておきましょう。自分なりにどういう学校生活になりそうか?を想像したうえで、受験をしていくといいのではないか?と思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

横浜国立大学の都市科学部が新設!受験科目や偏差値、難易度は?学ぶ内容は?どんな勉強をする?

横浜国立大学は学部自体は少ないのですが、毎年多くの受験生が受験している難関国立大学です。その

記事を読む

チャッカブーツはいつから、何月から使える?夏や冬などいつまででも何月まででもOK?

チャッカブーツは男女問わず着用している人が多いブーツになると思いますが、こういった品はいつか

記事を読む

本庄第一高校の偏差値や倍率はどれくらいか?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

本庄第一高校は埼玉県本庄市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR高崎線の本庄駅で、そこ

記事を読む

嘉悦大学の偏差値や難易度は?AO入試の倍率と内容、センター利用のボーダーや得点率について

嘉悦大学って名前は聞いたことある人も多いと思うんですけど、どういう印象ですかね?嘉悦大学はレ

記事を読む

慶應義塾大学の学部のランキングや序列は?偏差値やレベルや就職で順位づけしてみた

慶應義塾大学の文系の学部はいくつかあるわけですが、それらを偏差値や難易度でランキングをしたら

記事を読む

和洋女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

和洋女子大学に入りたいと思っている人や受験する可能性があるという人はいると思いますが、和洋女

記事を読む

埼玉県立所沢北高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

埼玉県立所沢北高校は埼玉県所沢市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は西武新宿線の新所沢駅

記事を読む

河合塾の模試の難易度は難しい?信憑性や信頼度は?判定は厳しい?

大学受験の模試を受けている人も多くいると思いますが、中でも有名なのは河合塾になるでしょうか。

記事を読む

神奈川県立相模原弥栄高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立相模原弥栄高校は神奈川県相模原市中央区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR

記事を読む

愛知大学法学部の偏差値や難易度は?倍率や合格最低点、ボーダーラインの情報をまとめてみた

愛知県の中堅大学の中にある愛知大学という大学があります。私立大学になりますけど、愛知県のあた

記事を読む

千葉県立柏高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立柏高校は千葉県柏市にある男女共学の公立高校です。最寄り

秀明八千代高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

秀明八千代高校は千葉県八千代市にある男女共学の私立高校です。最

都立戸山高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立戸山高校は東京都新宿区にある男女共学の公立高校です。最寄り

神奈川県立川崎北高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川崎北高校は神奈川県川崎市宮前区にある男女共学の公立

獨協埼玉高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

獨協埼玉高校は埼玉県越谷市にある男女共学の私立高校です。最寄り

→もっと見る

PAGE TOP ↑