神奈川県立元石川高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

神奈川県立元石川高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

神奈川県立元石川高校は神奈川県横浜市青葉区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は東急田園都市線のたまプラーザ駅で、徒歩20分となっています。でも、そこからバスを利用することもできます。それ以外では東急田園都市線、横浜市営地下鉄ブルーラインのあざみ野駅、小田急小田原線の新百合ヶ丘駅からもバスが利用可能です。まずは神奈川県立元石川高校の偏差値が気になるでしょう。したがって、そういった部分から難易度を調べていくといいです。でも、神奈川県立元石川高校のレベルをチェックするときには偏差値だけではなく、さらに倍率についても知っておく必要があります。そして、神奈川県立元石川高校の評判をチェックする意味でも、進学実績を調べておくといいのではないか?と思います。

 

神奈川県立元石川高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

神奈川県立元石川高校の偏差値について見ていきますが、偏差値としては56程度となっています。こういった数字を見ると、神奈川県立小石川高校の難易度はそこそこ高いと評価できると思うのです。この偏差値であれば、簡単に合格できるとは言い難いです。それなりに対策を行っていく必要があります。まずは神奈川県立元石川高校の偏差値を頭に入れておきましょう。でも、正確に学校のレベルを把握するには、偏差値だけの情報では足りません。神奈川県立元石川高校の難易度においては、倍率の情報も必要になってきます。そういった部分も含めて、判断をしていく必要があるのです。いろいろな情報を調べてから、神奈川県立元石川高校のレベルを理解するといいと思います。

 

では、倍率について見ていきましょう。神奈川県立元石川高校の倍率に関しては、1.3倍前後となっています。でも、高い年は1.5倍前後あるので、倍率はそこそこ高いという見方もできるでしょう。倍率としてはこういう数字ですけど、やはり偏差値とともにチェックしておく必要があります。神奈川県立元石川高校の難易度を理解するにあたっては、やはり倍率も重要になるのです。変動はありますけど、だいたいこういう傾向になっていると思うので、難易度に関する情報として頭に入れておくといいです。学校のレベルを理解するときに役立ちますから。そして、神奈川県立元石川高校の進学実績もチェックしておきましょう。学校の評判に関する部分になりますし、多くが気になる箇所になるはずなので、こういう部分は受験をする前に詳しく知っておいた方がいいと思うのです。

 

神奈川県立元石川高校の進学実績はどうなっている?

神奈川県立元石川高校の進学実績をチェックしていきたいと思います。進学実績を見ると、ボリューム層となっているのは日東駒専です。毎年100人以上が受かっている印象です。ただ、個別の大学名で言えば、神奈川大学や東海大学の合格者数が非常に多いです。あとはGMARCHのレベルで言えば、30~50人くらいが受かっており、神奈川県立元石川高校では、そういうレベルの高い大学の進学実績もちゃんと見られます。早慶上理の難易度になると、5~10人くらいになることが多いようですが、それなりの有名大学に受かっている例がかなりあるので、ここは神奈川県立元石川高校の評判として評価できるはずです。実際、偏差値がそこそこ高い高校なので、そういう部分も反映しているでしょう。この進学実績については指定校推薦も含まれている可能性がありますが。国公立大学に関しては、例年あまり人数は多くないです。数人程度という状況に見えます。卒業後の進路に関する情報なので、ここはかなり気になると思いますから、神奈川県立元石川高校の進学実績はきちんと理解しておいてほしいと思います。

 

神奈川県立元石川高校の評判はどんな感じか?

神奈川県立元石川高校の評判を見ていきましょう。在校生や卒業生などの口コミを見ることで、ある程度の状況は見えてくるのではないか?と思うのです。校則に関しては、かなり緩いと言われています。特に女子生徒に関しては、メイクやネイルはOKで、スカートを短くしている子もそれなりにいるとされているのです。男子生徒はそこまでじゃないかもしれませんが、女子生徒にとっては、神奈川県立元石川高校の校則は非常に緩いと感じられるのでしょう。厳しいという雰囲気は特に内容です。いじめに関してはほとんど見聞きしないようです。だから、日常的にいじめが起きる可能性はかなり低いでしょう。進学実績では、やはり日東駒専への進学が多いという口コミが見つかります。でも、学校内では指定校推薦を使って、進学する人が割といるとされています。それなりの難易度の大学の指定校推薦も存在しているのではないか?と思われます。神奈川県立元石川高校のレベルはそれなりに高いので、有名大学に受かっている例も結構あります。それ以外では帰宅部の人がそれなりに多いみたいですが、アルバイトをしている人も多いと言われています。こういう神奈川県立元石川高校の評判を理解したうえで、どういう学生生活が待っているのか?を想像して、受験をしていくといいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

叡明高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

叡明高校は埼玉県越谷市にある男女共学の私立高校です。最寄駅はJR武蔵野線の越谷レイクタウン駅

記事を読む

お茶の水女子大学の滑り止めはどこがいい?MARCHや津田塾か?併願のおすすめは?

お茶の水女子大学は難関国立大学として有名ですけど、そのお茶の水女子大学を受ける場合の滑り止め

記事を読む

浪人生は予備校に行くべきか?行かないと、宅浪は失敗の原因になる?

大学受験が思うような結果にならなかった場合には、浪人をするか?進学をするか?考えないといけま

記事を読む

近畿大学文芸学部の偏差値や難易度は?倍率や合格最低点は?評判で授業やゼミのことについて

近畿大学は全体的にレベルが上がってきており、非常に難しい大学の1つになりつつあると思います。

記事を読む

東京大学、早稲田、慶應などの高学歴の女性は結婚できない、不利になる原因になる?

女子学生も多く大学に進学するようになり、女子で高学歴の人も増えてきました。しかし、そういった

記事を読む

大学受験の赤本はいつ発売?いつ出る?どこで買う?売り切れ、売ってない場合はどうする?

大学受験の赤本というのは、いつ出るのでしょうか?発売したらすぐに買いたいと思っている方もいる

記事を読む

年金が破綻する時期はいつ?将来どころか既に破綻している

年金制度は崩壊するのか?するとしたらいつ崩壊するのか?ということは以前から言われています。年

記事を読む

神奈川県立相模原弥栄高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立相模原弥栄高校は神奈川県相模原市中央区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR

記事を読む

二松学舎大学附属高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

二松学舎大学附属高校は東京都千代田区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は東京メトロ半蔵門

記事を読む

no image

大学の学位記や卒業証書は同じ?卒業アルバムを買わない?撮りたくない人は多い?

大学の卒業証書というのは結構思い出深いです。私は数年前に大学を卒業しましたが、そのときに学位記と呼ば

記事を読む

千葉県立柏の葉高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立柏の葉高校は千葉県柏市にある男女共学の公立高校です。最

栗田工業の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

栗田工業の就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいと

東亞合成の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

東亞合成の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

日比谷総合設備の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

日比谷総合設備の就職の難易度はどれくらいでしょうか?実際にここ

島精機製作所の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

島精機製作所の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就

→もっと見る

PAGE TOP ↑