学歴フィルターの仕組みは?ボーダーは日東駒専や大東亜帝国あたり?どこからが影響する?

公開日: : 最終更新日:2019/01/11 その他の話題, 学生たちの就職活動

学歴フィルターの仕組みは?ボーダーは日東駒専や大東亜帝国あたり?どこからが影響する?

就活で重要な学歴フィルターというのは多くの学生が知っているでしょう。学歴フィルターで気になるのはやはりどこからがボーダーになるのか?ということだと思います。学歴フィルターの基準というのは難しいですけど、私立大学が主な対象となっているようで、ボーダーラインってどこまでなの?ということはいろいろな意見があります。よく言われているのは、日東駒専です。日東駒専あたりが学歴フィルターの基準ということが言われているので、それは1つの意見として信憑性があると思います。これは確実な情報ではありませんが、該当する企業は結構ありそうな気がします。日東駒専は中堅大学だと思いますけど、その上から難関大学と言われるMARCHになるため、このあたりがボーダーラインだとしたら、非常にしっくりくるのではないか?と思うのです。したがって、学歴フィルターの基準はどこからなのか?というときには日東駒専という説がありますが、私はある程度信頼性があるかな?という気がしています。学歴フィルターは日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学あたりがボーダーラインということは、そこを境界線にして、学歴フィルターが関係する、しないが決まるということなのです。MARCHになると基本的にほぼ大丈夫だと思うのですが、日東駒専になるとボーダーラインという感じなのでしょう。

 

学歴フィルターの仕組みがそもそも企業によって違う可能性

学歴フィルターの仕組みというのはそもそも理解しているでしょうか?学歴フィルターがどういった仕組みになっているのか?というのは、多くの就活生は知らない可能性があります。というのも、学歴フィルターの仕組みは一様ではないからです。全ての企業が同じような仕組みをとっているとは限りません。したがって、学歴フィルターに関してはまずはどういった仕組みがあるのか?を知る必要があります。多くの就活生が想像している学歴フィルターというのは、一定のライン以下の大学生はそもそも会社説明会に参加できない、満席の状態になっている。といったものでしょう。それが有名な学歴フィルターの姿かもしれません。そういった学歴フィルターの仕組みもあると思いますが、そういったときにはボーダーラインの基準がどこからか?というのが重要になります。一定のライン以下の大学は会社説明会に参加できないのですから。その最低ラインはどこからか?というのは気になるということなのですが、学歴フィルターの仕組みはそういったものだけではありません。別のケースを挙げると、全ての大学生に会社説明会に参加できる可能性はあるが、その可能性の大小が違うというケースがあります。それはどういったケースか?というと、大学のランク別に上から会社説明会の知らせをメールで送り、大学のランクが下がるごとにお知らせがくるタイミングが遅くなるというものです。

 

これは100人募集の会社説明会のお知らせをまずAランクの大学生に送り、50人が参加することになり、次はBランクの大学生に送り、30人が参加することなり、といった具合にどんどん枠が狭まっていくというものです。Cランクの大学生にお知らせが届いたときにはすでに枠は20人になっており、気付くのが遅いと、すでに満席になっている!みたいな状況があるので、このケースではCランク以下の学生にとっては開いたら満席じゃん!ってことで通常の学歴フィルターと錯覚しがちですが、そうではないケースもあるということなのです。つまり、状況によってはCランク、Dランク、Eランクなどの大学生にも会社説明会に参加するチャンスはありますけど、より上位の大学生が多く参加してしまうと、そのチャンスがどんどん狭まっていくというもので、これは割とありがちな学歴フィルターの仕組みになります。この場合には学歴フィルターのボーダーラインとかは関係ないです。参加ができる、できないのボーダーラインはより上位の大学生の参加率に左右されるので、その都度変わるということになります。こういった学歴フィルターのケースでは日東駒専の学生でも参加できたり、できなかったりということが起きますし、日東駒専の学生が全員参加できるという可能性もあります。学歴フィルターの基準が変わるという変則的なタイプと言えるので知っておきましょう。このケースでは日東駒専どころか、大東亜帝国の学生も学歴フィルターの影響を受けない可能性もあるということになります。学歴フィルターの基準では日東駒専がよく言われていますが、大東亜帝国という可能性もなくはないです。結局企業によりけりなのです。基準があらかじめ定まっているタイプの学歴フィルターの場合に大東亜帝国がボーダーラインにくることもあります。場合によっては早慶上智とかになることもありますが。

 

大東亜帝国の学生は学歴フィルターに関係しない場合もある

一般的に言えば、学歴フィルターでは大東亜帝国はボーダーラインの下と捉えられることが多いです。学歴フィルターの基準はどこからか?というときには日東駒専が中心になることが多いと思うので。それかMARCHでしょうか。でも、企業によってどこがボーダーラインになるか?は違っていて、大手企業ほどボーダーラインの基準は高めになっているのかな?という気がします。応募が多いので、捌かないといけない学生が多いという意味では、学歴フィルターのボーダーラインは高く設定しないといけないと思います。逆に応募者を絞りたいときに、そこまでたくさん絞らなくても良いならば、ボーダーラインを低く設定しても良いので、多くの学生が会社説明会に参加できます。大東亜帝国の学生でも学歴フィルターは問題ないとなるのです。だから、場合によっては大東亜帝国の学生は学歴フィルターの影響を受けない場合もあれば、それこそMARCHの学生でも影響を受けることもあるので、企業によって変化するということも知っておかないといけないと思います。一般的には学歴フィルターでは大東亜帝国の学生はボーダーラインを超えていないことが多いのではないか?と思いますけど、場合によっては問題ないということです。日東駒専の学生は学歴フィルターのボーダーラインは超えている方が多いかな?という気はしますが、受ける企業次第です。学歴フィルターの基準はどこからか?というのは企業によって違うということは覚えておきましょう。ただ、そもそもこういったことを実施している企業は少数派ということも知っておかないといけません。

 

学歴フィルターを実施する企業の方がかなり少ないはず

そもそもの話として学歴フィルターというのは応募者がある程度多い企業において行われるものなので、応募者がそこまでではない企業では行われないこともよくあると思います。それに応募者を絞るときにも学歴フィルターではなくて、別の方法を使うこともありますから、全体から見れば学歴フィルターを実施している企業の割合は低いと思います。だから、大企業やそれに近いレベルの企業を多く受けるケースはともかく、そうじゃないケースでは学歴フィルターに関係する確率は低いと思います。だから、実際にはあまり気にすべき問題とは言えない可能性はあります。ただ、学歴フィルターはないけど、なんやかんやで大学名を気にして選ぶということはありえます。自社にOB、OGが多くいる大学の学生の方が採用するときに安心感があるので、どうしてもOB、OGが多い大学、有名大学を採用する企業は多くあります。だから、そういう大学は有利なわけです。そういう意味では、大学のランクは同じでも、規模が違うと就活では有利、不利が生まれる可能性はあるということです。日東駒専では日本大学と駒澤大学では結構学生の数は違います。また、大東亜帝国では東海大学や帝京大学と亜細亜大学というのは大学の規模が違いますから、学生の数も違っているのです。だから、そういったところも気にしないといけないかもしれないので、就活と学歴や大学名の問題は学歴フィルター以外の方が意外と重要かもしれません。

 

就活で内定を取るためにおすすめのナビサイト!

就活をする際に使うナビサイトというのは実にたくさんの種類があって、その中の一部を使うわけですけど、たいていの就活生は有名なところ、知名度が高いところのみを使っているのではないでしょうか?しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で企業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、企業側がキミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。通常は多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが着たということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けることで内定が少しでも取りやすい企業を受けることができます。

 

こういったところはキミスカならではの非常に大きなメリットということになります。こういった特徴があるからこそ、利用価値が高いと言えるわけです。また、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがあり、このときには非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づくことができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

松蔭大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

神奈川県にある松陰大学というのは知名度はそこまでないかもしれませんが、神奈川県にある私立大学

記事を読む

駒澤大学の滑り止めはどこがいいか?大東亜帝国が有力?併願のおすすめ候補は?

駒澤大学は日東駒専の中の大学の1つとして有名です。特に箱根駅伝で有名になることも多く、スポー

記事を読む

面接官の態度で合否は決まる?笑顔、エレベーターの見送り、やる気ないは不採用のサイン?

就活や公務員試験の面接において、面接官の態度で合否が分かれることはあるのでしょうか?そういう

記事を読む

大企業はうらやましい?激務で入りたくない人も!メリットがデメリットになる理由

大企業に入りたいという人がいる一方で、大企業には入りたくないと思っている人もいます。大企業で

記事を読む

就活でエントリーシートが通らない、落ちる人が見直すべき点

驟雨職活動ではいろいろな場面で要求されるエントリーシートです。これが一次選考になるケースも割

記事を読む

東洋大学経営学部の偏差値や難易度は?評判は高いが就職実績や就職状況の特徴は?

東洋大学は総合大学として、非常に多くの学部を擁していますが、その中には経営学部もあります。経

記事を読む

入会費、年会費、送料が激安の食材宅配業者はパルシステム

注文した商品を家に届けてくれて、スーパー等に買出しに行く手間がかからず、何かと便利なのが食材

記事を読む

工学院大学の偏差値は?難易度が高い建築学部と受かりやすい情報学部

工学院大学というのは、理系専門の大学としては偏差値の中堅くらいになると思います。理系の大学な

記事を読む

実践女子大学の学生の評判や口コミは?メリットや魅力は立地条件?就職実績や就職率は?

実践女子大学は女子大の中では知名度も高いですし、人気もある大学だと思います。その理由の1つは

記事を読む

no image

東京外国語大学のキャンパスの雰囲気や立地条件と評判、口コミや就職支援、就職実績など

東京外国語大学は東京都内にキャンパスがある数少ない国立大学です。東京には国立大学が多くあるイ

記事を読む

法政大と國學院大はどっちがレベルが上?イメージや雰囲気の違いと就職の有利、不利は?

法政大学と國學院大學で悩む人はあまり多くないかもしれないですけ

NTTコミュニケーションズの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

NTTミュニケーションズの就職の難易度に関して把握しておきまし

昭和女子大学のレベルは日東駒専や津田塾と比較でどっちが上?頭いい?就職や知名度、ブランド力の実態

女子大の中で知名度がどこまであるか?分からないですが、意外とレ

丸大食品の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

食品業界は就活生に人気です。安定して業界が保てるので、将来のこ

すかいらーくグループの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ファミリーレストランは日ごろから多くの人たちが利用しているので

→もっと見る

PAGE TOP ↑