明治大学政治経済学部の偏差値や倍率は?評判やボーダーラインと合格最低点などの情報について

公開日: : 最終更新日:2018/01/04 その他の話題

明治大学政治経済学部の偏差値や倍率は?評判やボーダーラインと合格最低点などの情報について

明治大学政治経済学部は明治大学の中でも人気となっている学部の1つですが、政治学科、経済学科、地域行政学科に分かれています。どの学科を選択するか?で難易度も変わるわけですが、明治大学政治経済学部の偏差値はどれくらいなのでしょうか?学科ごとに偏差値は違いますけど、個別日程の方は60.0~62.5で、全学部日程は65.0となっています。これは河合塾の偏差値を参考にしましたが、非常に難易度が高いということが分かると思います。明治大学政治経済学部の偏差値はこれだけ高いわけですが、学内でも評判はいい学部ですからね。明治大学政治経済学部の評判については、後で詳しく書いておきますが、これだけ偏差値が高いという部分を見ると、明治大学政治経済学部は難しいということがよく分かってもらえるのではないか?と思います。明治大学の看板学部ではないものの、政治経済学部はかなり有名な学部だと思うのです。政治と経済の融合をコンセプトにした部分もあると思うので、MARCHの中には経済学部や法学部の政治学科などはありますけど、政治経済学部はあまりありませんから。したがって、そういったところも明治大学政治経済学部の魅力やメリットになりそうです。1つの学部内で政治と経済における勉強ができる可能性があるわけですから。

 

明治大学政治経済学部に受かるのは本当に難しい

明治大学政治経済学部の偏差値は個別日程でも60は最低あるので普通に難しいですけど、全学部日程になると65.0ですか。早慶上智レベルですね。実際、全学部日程はここが第1志望ではない人が、抑えのために受けに来るケースもあるので、この偏差値の高さが示している通り、早慶上智を受ける受験生が受験しているのではないか?と思われます。そうなると、全学部日程は早慶レベルの戦いになるので、そこまでの学力がない人は現実的に個別日程を狙った方が良いです。個別日程は政治学科が62.5と高いですが、経済学科と地域行政学科は60.0なので、難易度が大分下がります。明治大学政治経済学部に入りたい人は学科ごとのレベルの差についても知っておいてほしいです。明治大学政治経済学部は魅力やメリットが大きいと思うので、こういった人気になっていると言えると思うのですが、偏差値は高いものの、センター利用入試の得点率についても高いです。ボーダーラインを調べてみると、88~89%となっています。これは3科目ですが、7科目が他にあって、こちらは80%くらいになっていますけど、私立文系の人はまず受けられません。したがって、現実的には3科目の方を受けるしかないのですが、明治大学政治経済学部のセンター利用のボーダーラインはとんでもない数字になっているので、難易度が高いことが分かります。ちなみに3科目は地域行政学科にはないので、そこも注意です。明治大学政治経済学部に入りたいならばセンター利用入試という方法もありますが、現実的には相当厳しい数字です。センター試験で9割近くとれれば、一般入試では早慶を狙えるでしょうし、やはり早慶の受験生向けの入試形態と言えるかもしれません。

 

明治大学政治経済学部のセンター利用のボーダーラインはかなり高いので、偏差値が高いという点にも納得してもらえると思うのですが、全学部もセンター利用も早慶上智レベルの受験生が合格を多くとると思うので、やはり明治大学政治経済学部が第1志望という人や第1志望ではないが、早慶上智に受かるのはかなり厳しいと感じる人は個別日程がおすすめなのです。センター利用のボーダーラインを見ていけると思った人は受験しても良いと思います。たまにセンター試験がめちゃくちゃ得意で、一般入試の方はそうでもないという人がいます。一般的にはセンター利用入試よりも個別日程の方が受かりやすいと言えますが、自分はセンター試験の方が絶対に得意と言える人は、明治大学政治経済学部のボーダーラインが高いとしても受ける価値はあると思います。そこは稀な存在かもしれませんが、臨機応変に対応していきましょう。MARCHレベルに受かる人でも、センター試験は文系3科目で75%前後って人が多くて、結果的に一般入試でMARCHレベルに受かる人でも、日東駒専はセンター利用で受かるが、センター利用でMARCHに受かる人は少ないのです。明治大学政治経済学部に入りたい人はそういった部分も考えながらも、基本的には募集人数も特に多く、偏差値もそこまで高くはない個別日程が1番おすすめというのは知っておいてほしいと思います。明治大学政治経済学部の人気はいろいろな評判によるものも大きいと思いますが、大学自体の人気が高まっているという要因もあるでしょう。昔と違って完全にイメージが変わりましたから。実際、明治大学政治経済学部の卒業生にも華やかな感じの人が何人かいて活躍されているので、そういった部分でもイメージによる人気は大きいのかもしれません。実際、それが倍率にも表れていると思います。明治大学政治経済学部の倍率は高いですから。明治大学政治経済学部の偏差値だけでは分からない部分の難易度をこういった部分からチェックしていくと良いと思うのです。

 

明治大学政治経済学部はどうなっている?

明治大学政治経済学部の倍率は個別日程に関しては、4~5倍というのが過去の傾向です。学科によって倍率は変わりますけど、大きくは変わらないので、基本的にはそれくらいの倍率と思っておけば良いでしょう。全学部日程の明治大学政治経済学部の倍率はちょっと特殊というか、異常な数字になっていて、2017年度の倍率になりますけど、政治学科が9.6倍、経済学科が8.7倍、地域行政学科が16.0倍となっています。この年はこういった非常に高い倍率で、特に地域行政学科に関しては異次元の倍率になっています。ただ、個別日程と比べて全学部日程は募集人数が少ないので、受験者数によっては倍率が変動しやすいと言えるため、こういった倍率になることもあります。だから、明治大学政治経済学部に受かりたいならば個別日程の方が倍率から判断しても、受かりやすいと言えます。全学部日程のこの倍率は極端な例だとしても、毎年どれくらいの倍率になるか?読みづらいですし、基本的には個別日程よりも高い倍率になりやすいので、明治大学政治経済学部の偏差値などを見ても同様ですけど、個別日程を受けた方が良いと思うのです。あとは合格最低点がどうなっているか?ですね。明治大学政治経済学部の合格最低点は政治学科が239、経済学科が235、地域行政学科が229となっています。これは2017年度の個別日程です。同年の全学部日程はどうか?というと、政治学科が277、経済学科が269、地域行政学科が267となっているのです。個別日程も全学部日程も350点満点ということを考えると、明治大学政治経済学部の合格最低点は全学部日程の方が高いです。問題のレベルが番う可能性があるので一概には言えないかもしれませんが、全学部日程の方が受験者レベルは間違いなく高いと思うので、こういった部分を見ても、全学部日程の方が難しいと言えると思います。明治大学政治経済学部の合格最低点に関しても、変動は考えられるので、その年の問題のレベルとか、倍率といったものに左右される可能性は考慮しておかないといけません。

 

最後に明治大学政治経済学部の評判について書いていきます。学生がどういった感想を持っているのか?その口コミを調べておくと良いと思いますが、ここでも一部紹介します。明治大学政治経済学部の評判としては、政治経済学部の全体の口コミとしては楽な授業も多いということと留学において優遇されているという点です。これは他の学部と比べるのは難しいとは思いますけど、政治経済学部は難しい授業もあるけど、楽に単位がとれる授業もあるという声があります。また、留学に関しては他の学部よりも優遇されている、システムが優れているという声があるので、留学を考えている人にとっては向いている学部と言える可能性があります。そして、明治大学政治経済学部の評判のうち、学科別に見ていくと、政治学科については政治学科とは言うが、いろいろな学ぶ領域があるようです。社会学、経済学、数学、メディア関係などの選択肢があるみたいです。そして、経済学科はやはり特有の問題かもしれませんが、数学ができないときついという口コミがあります。数学ができない人は経済学部とかでは厳しいという声もありますけど、明治大学政治経済学部経済学科でも同様の声があるので知っておきましょう。ただ、そのレベルで厳しいのか?にもよりますけどね。数学が全くできなくても卒業できる経済学部の大学は普通にあります。明治大学政治経済学部の口コミで言われている部分に関しては、本人によるということも言えるので、参考程度に知っておくと良いと思います。そして、地域行政学科の口コミに関しては学生数が少ないのか?そこまで見つからないのですが、政治学科と経済学科の両面を合わせたような感じで、この2つに関してバランスよく履修できるという声がありますが、1,2年生は必修の授業が多く、自由度が少ないという口コミもあります。こういったところが明治大学政治経済学部の学生の口コミです。一部しか紹介していないので、理解するまではいかないかもしれませんけど、明治大学政治経済学部の評判については自分でも詳しく調べておいてほしいと思います。

 

【あわせて読みたい記事】

明治大学はモテる?受験者数も増えて人気や魅力が多く、憧れる人も多いのが特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

婚約指輪をいらない、必要ないとする割合が増加中!本音は?後悔する?

若者の価値観や消費観は昔と比べて変わってきているということが言われますが、それを本当に実感す

記事を読む

上智大学と同志社大学はどっちがいい?どっちが上?就職や知名度や人気において関東と関西で全然違う?

関西では抜群の知名度と偏差値を誇る同志社大学は関東で言うと上智大学と比較されることがあります

記事を読む

嘘つき大会の面接で嘘や誇張はばれる?←バレても問題ない

就職活動の面接で嘘をつくのはよくある常套手段ですよね。嘘をつかないと、不安という方もいるので

記事を読む

大阪経済大学の偏差値や倍率は高い?合格最低点やボーダーラインと入りやすい学部について

大阪経済大学は関西地方にある私立大学で、関東では知らない人も多くいそうですけど、関西では知ら

記事を読む

入らなくてもいい大学は多い?ゼミに入るべき?入らないと就活への影響や不利はある?

大学にはいるとゼミをどうするのか?というのは1つの問題というか、ポイントになると思います。ゼ

記事を読む

筑波大学の偏差値やセンター試験のボーダー、足きりは何割?入りやすい学部や額群は?

国立大学の中でも非常に知名度が高くて、難関大学とされている筑波大学は簡単に入れる大学ではあり

記事を読む

おせち料理、年越しそば食べる割合は?食べない人が増加中

今の若い人たちを中心にして、年越しそばやおせち料理を食べないという人が増えているそうです。そ

記事を読む

東京大学の推薦入試の条件、基準が一般入試よりも難しい!

今朝の朝日新聞の一面に載っていたのだが、東京大学で推薦入試を始めるらしい。推薦で入学できるの

記事を読む

京都橘大学の偏差値や倍率は?ボーダーラインや入りやすい学部は存在するのか?

京都橘大学は関西では有名な私立大学で、中堅大学という扱いになるとは思いますけど、それなりの規

記事を読む

指定校推薦で落ちる理由や確率は?面接や小論文で失敗すると不合格の可能性はある?

指定校推薦は99.9%落ちないとされている試験ですが、絶対に落ちないわけではありません。そし

記事を読む

和光大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や入試科目とボーダーラインの情報

和光大学というのは一般的にはあまり知名度は高くはないと思います

ホテル業界の就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判と平均年収や離職率はどうなっている?

ホテル業界というのはどういうイメージでしょうか?ホテル業界と言

鉄道会社の就職の難易度や倍率と仕事の激務の度合いの評判など

鉄道会社への就職を考えている人は魅力を感じる部分があると思うの

桐蔭横浜大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインと入試科目の情報

桐蔭横浜大学は神奈川県横浜市にキャンパスがあるスポーツ系で割と

中央学院大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

中央学院大学という大学が千葉県にありますが、こちらは偏差値はそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑