男性の育児休暇がとれない現状で、イクメン奨励は違和感

公開日: : その他の話題

男性の育児休暇がとれない現状で、イクメン奨励は違和感1ac87c96eb6f2427ebea86b7eecf5e81_s

数年前くらいだろうか?日本でも「イクメン」ブームが起こり、育児に積極的に参加する男性が増えたということが世間でも伝えられており、それはどちらかというと、世の中の反応としては賞賛の方が多かったと思います。イクメンブーム、つまり、夫が育児に参加することは良いものとして捉えられている風潮もあると思いますけど、私は若干の違和感を感じているのです。育児に参加する余裕のある人はそれで良いと思うんだけど、1番怖いのはイクメンブームに火がついて、その中の多くの男性が育児に参加する。すると、間違いなく起こるのは、「男性も育児に参加するのは当たり前」という風潮です。その風潮は、仕事で忙しい男性にも当然飛び火するでしょうから、世の中の男性の多くはイクメンブームに巻き込まれて、仕事で疲弊しながら、育児にも追われることになり、一種の過剰労働を強いられる可能性もあります。そして、それは仕事にも影響し、本来なら回避できていた過労死などが起きる可能性もあります。

 

妻が家事、育児、夫が働くというのが社会や企業の要請

共働きの家はしょうがいないから、夫婦で分担するしかないのだけど、夫が働き、妻が家で家事をしているパターンでは、夫に育児までやらせるのはちょっと酷じゃないか?と思います。今は育児だけではないですね。最近は家事の分担を要求する妻もいるようですけど、それはちょっと酷くないか?と思います。フリーランスとかで、家にいる時間も多く、仕事に費やす時間も少ないような特殊なパターンは別かもしれなけど、通常のサラリーマンの場合、朝から夜まで外で働いてくるわけですよね。そして、家に疲れきって、さらに育児や家事をするわけですか。休みの日とかなら、なんとか・・・。という感じかもしれないけど、これはきついと思いますよ。別に奥さんがやっている家事が楽とは言うつもりはないです。家事だって大変でしょう。でも、育児をやる余裕があるのは奥さんの方じゃないか?と思うんですけどね。

 

家事と仕事を比べると、1番の大きな違いはプレッシャーだと思います。家事はクビがないし、一定の水準をキープしていればそれで基本的には問題ない。求められる水準がそんなに高くないだろうし。仕事は最悪クビがあるし、どんどん利益を生み出すように圧力をかけられる。それらを全うできないと、最悪リストラになってしまい、家族を路頭に迷わすという最高次元のプレッシャーがある。会社人の場合は肉体的な消耗と同じくらい精神的な消耗も非常に大きいです。そうなると、家事のプレッシャーは仕事比べても相対的に少ないと思う。また、家にいる時間も長いのだから、当然育児をしやすい環境にある。専業主婦とサラリーマンという風に分業制を敷いている家庭の場合、やはりメインは奥さんが育児を全うして、旦那さんは自身の余裕のあるときだけ参加するような感じで私は問題ないと思う。少なくとも、イクメンという言葉やイクメンを礼賛するような風潮は必要ないと思う。

 

イクメンを男性に強いるためには、会社から解放されないと

育児休暇を女性同様にとれるような状況が起きれば話は別だと思います。育児休暇をとっている男性の割合はご存知ですか?確か1~2%だったと思います。世の中の大半の男性は会社が育児に参加してほしくないと思っている。そして、社員の方もそれは当然感じ取っている。だから、申請もしづらい。それは会社の人間に「男性は会社で働くことを全うし、育児は女性に任せておくべき」という考えがあるのでしょう。私はその考えが正しいとは思わないです。ただ、現実的に会社によってそういう考えが多くの男性に強いられてしまっている現状では、女性が育児を担当し、男性が会社で精一杯働くという分業をとらざるを得ない状況が生じているのです。つまり、イクメンを推進していくためには男性が会社からある程度解放されないといけない。それがなされないまま育児までも男性に強いるというのもは、男性の過剰労働だと思うし、冒頭でも示したように過労死まではいかなくても、体調を崩しやすくなり、ひいては会社を休みがちになり、クビになり、家族が困るという悪循環すら生む可能性があるのです。

 

そういった意味では、実際に男性に積極的な育児参加を求めるのであれば、今当たり前になっている会社に実を捧げて働く現状を変えないといけないでしょう。それには先ほど言ったように、育児休暇の取得率を上げる。そのための施策を会社に義務付けたり、促すというやり方をしないといけません。男性の育児休暇取得率に比べて、女性の場合は70~80%以上あります。会社が、社会全体が、育児は女性がやるべきものだと認識があるからこそ、このような高い水準を維持できているというのがあると思うのです。ということは、どういうことか?この会社側の意識や社会全体の意識、「育児は女性がやるべき」という意識をまず変えない限りは、男性が育児休暇を取得するのは困難です。そして、育児休暇取得率も上がらないでしょう。だからこそ、イクメンを促進していくには育児休暇取得率を向上させて、会社から離れて育児にある程度専念できる環境を作ってあげないといけない。それができないうちから、男性にも積極的に育児参加を求めるのは、それは男性に非常に酷だろうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

女子大の就職率は高い?女子大は就職に不利ではない!強い、有利な理由とは?

女子大ってどういうイメージでしょうか?共学の大学に通う学生がとても多いので、そちらが普通みた

記事を読む

no image

奨学金を返せない、返済がきつい、厳しいは甘え?返済できない理由は簡単

奨学金を返せないという相談が多い。奨学金を返せないと甘えという声もあるが、甘えか?どうかは人それぞれ

記事を読む

上智大学と同志社大学はどっちがいい?どっちが上?就職や知名度や人気において関東と関西で全然違う?

関西では抜群の知名度と偏差値を誇る同志社大学は関東で言うと上智大学と比較されることがあります

記事を読む

成城大学の英語、国語、選択科目の過去問や入試の傾向と対策は?

成城大学の入試対策を行ううえでは、やはり過去問の研究というのは、必要です。そのうえで英語、国

記事を読む

東京大学の推薦入試の条件、基準が一般入試よりも難しい!

今朝の朝日新聞の一面に載っていたのだが、東京大学で推薦入試を始めるらしい。推薦で入学できるの

記事を読む

no image

大学をサボるのは普通?言い訳を考えたり罪悪感を覚える必要はない

大学をサボると罪悪感が生まれるという人もいるかもしれません。私も大学の授業をサボったことは何度かあり

記事を読む

肩身が狭い?世間体が悪い?生涯未婚、独身の生き方が勝ち組の時代へ

生涯独身を貫くと決めている方もすでに多いようで、これは生涯未婚率という形でも現れています。生

記事を読む

2科目受験や1科目受験のメリット、デメリットは?3科目よりも難易度や倍率が上がり難しい!

大学入試では2科目入試や1科目入試というのがたまにあります。中堅大学以下のレベルの大学だと割

記事を読む

お歳暮には何を贈るべき?何が嬉しい?←牛肉はハズレがない

毎年12月になるとお歳暮を贈る家庭が多いのではないでしょうか?お歳暮は12月中に贈るため、何

記事を読む

神奈川大学の給費生のレベル、難易度は高い!偏差値の割に倍率は低い

神奈川大学では、ちょっと変わった入試を実施してます。それが給費生という試験で、これは一般入試

記事を読む

ウエルシア薬局の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ウエルシア薬局に就職したい人はその難易度が重要と言えます。ウエ

松井証券の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

松井証券に就職したいと思っているならば、まずはその難易度につい

長野銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はあるのか?

長野銀行への就職をしたいと思っている人は長野銀行の就職の難易度

ちふれホールディングスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ちふれの化粧品を使っている人は世の中に多くいますし、非常に有名

明星食品の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

明星食品の就職の難易度はどうなっているのか?明星食品に就職した

→もっと見る

PAGE TOP ↑