就活でSNSは人事に見られる?活用やチェックされる?鍵よりも有効な対策がある?

公開日: : 学生たちの就職活動

就活でSNSは人事に見られる?活用やチェックされる?鍵よりも有効な対策がある?cc57022d26ec39c5369168a31a8152a3_s

就活ではいろいろな部分で学生を観察しているとされています。そうやって多方面から人事は学生をチェックしているのです。例えば、就活においてはSNSをチェックしている人事が多くいるのです。SNSをやっている人は多くいると思いますけど、それが就職活動においては合否の鍵を握ることがあります。就活においてはSNSが人事によってチェックされているということを聞いたことがある人は多いと思うんですけど、そのための対策をしている人も多くいるかもしれません。対策といってもなかなか難しいかもしれませんけど、人事は学生のSNSをチェックしているというのは覚えておいてください。問題は就活では人事はSNSを見ているということを踏まえてどうしていくか?ということになります。就活ではSNSは見られるということを前提にしないといけませんが、そのときにとれる行動は主に2つです。見られたらマズイ内容を消す、または載せないようにしていくといったことが1つです。これは鍵をかけて見れないようにするというのも含みます。そして、もう1つは見られることを前提にして、あえて見せていくというものです。これはただ見せるだけではなくて、自分のSNSをおおっぴらにして、むしろ人事の評価ポイントを上げるということもできる可能性があります。

 

就活において人事はなぜSNSをチェックするのか?

就活ではそもそもどうして人事はSNSを見るのでしょうか?その理由は、推測はされています。1番有力なのは面接とかでは演技をしている学生が多いはずなので、素の状態を見られないというのがあって、その中でなんとか素の状態を見るための圧迫面接などをしているわけですが、その一環として学生のSNSを見るという手段を使うようになったのです。面接などをしているときには自分の悪いところを出さないようにしようという心構えがあるので、素の状態はなかなか出ません。普段の性格がどうであれ、演技をしてくる学生が多いと思うのです。しかし、SNSをチャックするとさすがに就活中のような演技をする人はいないだろうということで、素の状態が、普段の性格が出ているだろうと予想がつくので、人事はそういったものを見るようにしているのでしょう。そこで就活では人事はSNSを活用しているのではないか?と思いますね。そういったことを知らないでFacebookやTwitterなどでいつも通りに発信をしていると、人事から見た場合の望ましくない姿が観察されて、それが評価ポイントに加わるということです。就活生の知らないところで自分の人事による評価が決まってしまっているということになります。

 

ただ、こういった情報は完全に浸透してしまっているので、人事としてもあまり使える作戦ではないと思います。就活ではSNSのチェックを活用して評価に加えるということはすでに得策ではないかもしれません。最初は学生が知らない間に行われていたから良いものの、そういったことをやっているという情報が出回ってしまうと、圧迫面接と同じで対応されてしまうわけです。結果、就活ではSNSの鍵をかけたりして対処したり、本名を載せるのをやめたりするケースが増えているのかもしれません。元から就活でSNSを見られることを問題ないと思っている人、そういう投稿しかしてない人はそのままかもしれませんけどね。また、先ほど言ったように、就活では人事にSNSを見られることを見越して対策をとっている人がいて、それによって意図的に人事の評価を上げようとする人がいるかもしれません。そういう逆手に取った行動をとる頭の良い学生もいると思うんですよ。それはどういうことか?というと、人事がSNSをチェックして評価に組み込んでいるならば、人事にとって評価につながるような投稿をあえてしておくと、自分が有利になれるかもしれないということなのです。

 

SNSを捏造する学生がいるかもしれない

これは真実を載せるとは限りません。事実を捏造して、あえて人事が評価対象にしそうな投稿をバンバンしていって、それを人事がチェックしたら唸って評価が上がるかもしれないということになります。そういった学生がいるんじゃないですか?それが評価につながっているか?どうかは分かりません。あくまでもヤバイ感じのする学生を落とすためにやっている可能性があるので、そうであればヤバイ投稿をしている学生以外は評価は一緒かもしれませんから。だから、そうやって自分のSNSを捏造するかして、評価を上げようとしてもあまり意味はない可能性もありますけど、意味がある可能性もあるので、そこは知っておくと良いのではないでしょうか?実際、就活でSNSに鍵をかけて見られないようにしていると、人事からすれば不審に思う可能性もあるので、中を見られなくてもヤバイことでも書いているのか?と思われる可能性もあります。名前などを特定されない状態で鍵がかけられるならば良い気もしますが、名前が分かったうえで鍵をかけているのが分かると、それは見られてはマズイことが書いてあるのか?と、中を見られなくても結局評価が下がる可能性もあります。

 

そうなると、1番良いのはSNSを本名でやらないこと、特定されないことになるかもしれません。SNSをやらない学生や本名ではやっていない学生はザラにいるので、人事から特定されない、見つけられないようにしておけばそんなに問題は起きないと思うのです。就活では人事にSNSを見られることを予期しているのであれば、何らかの対策は必要になりますけど、有効な対策というのは見られても大丈夫なような投稿に限定しておくとか、それか効果があるか?はわからないものの、人事にとって望ましいような、評価が上がるかもしれない投稿を意図的にやっておくか、になるのではないでしょうか?就活でSNSを活用する例は多くあると思うので、それに備えておく必要はありますけど、どういう対応をするか?で合否が分かれる可能性があります。就活ではSNSをどのように活用するか?は分かりませんが、人事に見られているということは確実なので、その意識だけは持っておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

SPIができない、落ちまくる人はSPIがない会社、やらなくていい会社を探そう

就職活動で受けている人も多いSPIですけど、これはなかなか難しいですし、あまりSPIができな

記事を読む

アサヒビールの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ビール会社に関して、日本では大手の会社がいくつかありますけど、その中でもとくに有名なのがアサ

記事を読む

オリエンタルランドの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

オリエンタルランドと言えば、一般的に社名はあまり浸透していないというか、知らない人も結構いる

記事を読む

NTT西日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTT西日本グループに就職するにはかなり高い難易度を突破していかないといけないと思います。N

記事を読む

JR東日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

JR東日本の就職の難易度はどれくらいでしょうか?JRグループの中でも特に人気の企業だとは思い

記事を読む

イトーキの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

文具やインテリア、事務機器などのメーカーであるイトーキに就職したいと思っている人も多くいると

記事を読む

横浜銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

横浜銀行の就職の難易度はどうなっているのか?銀行はいつの時代も人気の業界なので、横浜銀行に就

記事を読む

就活や公務員で他社の選考状況の答え方は?受けてないや御社だけ、落ちたはNG?

就活の面接などでは他社の選考状況を聞かれることが多々ありそうですけど、こういった場ではどうい

記事を読む

総合商社の仕事内容は忙しい、激務と評判だがやりがいは?英語ができないときつい?

就職活動において人気の業界というと、総合商社があります。企業の数はそんなに多くないのではない

記事を読む

アステラス製薬の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

製薬会社としては有名なアステラス製薬に就職したい人は大勢いるでしょう。社名を知っている人は多

記事を読む

甲南大学文学部の偏差値や倍率と評判は高い?ボーダーラインや入試科目や配点の情報は?

甲南大学の文系学部の中で特に難易度を把握しづらいのが文学部にな

no image
義務教育は洗脳であり、意味ない!いらない!必要のないもの!社会が変わるには学校が消えるしかない

個人的に思っているのは「学校は糞」だということです。義務教育なるものは

no image
日本銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本銀行に就職したい人もいると思います。日本銀行は日本で最も安

no image
大学の学位記や卒業証書は同じ?卒業アルバムを買わない?撮りたくない人は多い?

大学の卒業証書というのは結構思い出深いです。私は数年前に大学を卒業しま

ブルボンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

お菓子などのメーカーとして有名なブルボンは非常に大きな会社なの

→もっと見る

PAGE TOP ↑