就活は顔で決まる?顔で選ぶ?重要ではあるがイケメンや可愛い人は有利かというと・・・

公開日: : 最終更新日:2018/05/07 学生たちの就職活動

就活は顔で決まる?顔で選ぶ?重要ではあるがイケメンや可愛い人は有利かというと・・・f6a4d933c5817801e1153409cef17a40_s

就活においては顔採用というものがあるのではないか?と言われています。顔採用というのは顔を基準に、ルックスを基準に合否を決めるというか、合否に大きな影響を与えるというものになります。顔採用は否定意見もあるかもしれませんが、結局何頭を基準にして合否を決めないといけないので、その基準の1つになってしまっている場合もあるという話だと思います。コミュニケーション能力がよく使われているのかもしれませんが、コミュニケーション能力がよくて、顔がダメな理由を説明するのも難しいでしょうから。顔採用は特定の業界というよりは全部の業界で可能性があります。というのも、無意識のうちに顔採用はやっている可能性があるからです。顔採用はどれだけの企業がやっているか?は分かりませんが、意識的じゃない場合もあります。採用している側も人間なので、いろいろな部分を見て「この人良いな」と思うわけです。それがルックスである場合もあるということです。

 

就活で顔で決まることは案外よくある

すでに書いたように顔採用というのは意識して企業が行っているケースもあるかもしれませんが、無意識のうちにやっているケースがあります。顔というのはその人を判断するときの基準として勝手に機能してしまうのです。男女問わず、目の前に現れた異性がかっこういい、可愛いとしたらそれだけで、好印象を抱いてしまうことがあると思います。それは就活の面接やエントリーシートでも同様なのです。顔を見て印象が無意識のうちに決まってしまうというのは本能であり、人間であれば全員に共通しています。したがって、顔採用をするまでもなく、就活で顔で決めるというか、顔がキーになっているケースは多々あるはずです。ただ、それは顔採用だけじゃないです。顔だけじゃなくて、面接をしていればいろいろな要素に人の印象は変わるものですよ。話が上手いとか、そういった人に対しては顔が良い人と同じような印象を浮かべますからね。面接はその人の総合評価になるので、顔がその中の1つの要素になっても不思議ではないのです。就活は顔で決まるというのはある意味正解だけど、顔だけで決まるわけではないので、顔は言うほど重要ではないです。顔がよければ有利にはなるが、それは顔だけじゃないのですから。他にも重要なことは多くあります。

 

面接はいろいろな点で決まりますから。エントリーシートとかだと情報が少ないので、顔が占める割合は高いかもしれないです。でも、面接は全体の1~2割くらいじゃないですか?顔採用を意図的にやろうとしている企業はともかく、無意識のうちに顔の良い人を選んでしまっているようなケースの場合には顔が占める割合はそんなに高くないと思います。就活は顔で選ぶわけではないですけど、顔が重要ということは言えると思います。でも、顔以外にも重要なことがあるのだから、そんなに気にすることではないありません。別の要素だと学歴が重要と言われることもありますよね。顔がよくても、学歴によっては学歴フィルターで受けたくても受けられないみたいなことがありますし、学歴がよくても面接で全然喋れないで落ちるみたいなこともありますし、結局就職活動というのは、トータルの評価なので、1つ魅力があるだけでは足りないのです。いろいろなものを兼ね備えていないといけないとなります。就活は顔で選ぶということは少ないですけど、結果的に顔が良い方が良いというのは言えるとは思います。でも、顔が良いだけだと受からないのではないでしょうか?就活はイケメンや可愛い人が受かりやすいとは言いますが、結果的にそういう人が受かっているからといって、落ちている人にも注目しないといけません。受かっている人だけ見るのではなく、落ちている人も見ると、その中にも可愛い人やイケメンは恐らくいるはずです。つまり、イケメンや可愛い人でも落ちる人はいるのだから、就活では顔がイケメンや可愛い人は有利とは言えるが、その人は可愛いから、イケメンだから受かったのではなく、顔を含めてトータルで良かったから受かったと言えるのではないでしょうか?

 

顔でも決まるのが就活であって、顔以外でも決まるのが就活

就活においてイケメンや美人が有利になるかもしれないというのはあるが、トータルで面接官や人事にアピールをしていかないといけないのが就活です。顔や学歴はちょっと変えられないので、別の部分で魅力と思える部分を作っていくと良いです。就活は顔で選ぶのか?などを気にしてもしょうがないですから。顔採用の業界はあらゆる部分にまで広がっている可能性があるので、顔が関係ない業界はないと思った方が良いでしょう。それは学歴が関係ないという業界もないということです。学歴不問と言ってはいるが、中卒を受け付けていない企業が大半でしょうから、これもどこまで本当か?は怪しいです。就活においても顔で選ぶことはないと言っているか?どうかは分かりませんが、そう言っていたとしても顔で決まる可能性は否定できません。本音と建前を使い分けるのが社会人なので、言っていることがどこまで信用できるのか?は分からないのです。就活は顔で決まることはあるといっても顔のみで決まっているとは思いません。考慮している要素の1つでしかないと思います。したがって、就活では顔は重要とは言えるかもしれないけど、他にも重要なものはいくつもあるので、そこが総合的に見られているということでしょう。

 

就活では顔で決まるというのは実際にありますけど、その意味をどう解釈するか?が重要になります。顔で決まるというのは顔のみで決まるわけでもないですし、顔がかなり合否決定の理由になるわけでもないです。いくつもの重要な要素の中の1つになるということであって、顔が人事から良ければそれがプラスになっていくことは十分ありえるのです。ただ、顔が良いというのも主観なので難しいところです。顔の評価をどこまで合否に影響するか?も企業によって違いはあるでしょうし。顔で決まるというのは、学歴フィルターみたいに学歴で決まるよりは絶対に影響度合いとしては小さいと思います。学歴フィルターは学歴のみ100%で決まりますが、就活における顔で決まるというのは全体に一部でしかないと思います。したがって、学歴フィルターもどうしようもない問題なので、就活は顔が重要としても気にしてもしょうがないと思います。就活は顔が良ければ有利になることはあっても、イケメンや美人だから受かるというわけではないです。逆に就活はイケメンや可愛い人は有利と思って、油断していると他の要素によって落ちることもあるので、就活で顔が有利となる人も落ちる可能性はあるわけですから。就活ではイケメンや可愛い人は有利と思って油断して、それが落ちる原因になるかもしれないことを踏まえると、彼らがどこまで有利か?も分からないですけどね。

 

就職活動で内定を取る確率を上げるための秘策

就活をするときに必要になるナビサイトは実は選び方がとても重要と言えます。ナビサイトの中には従来のサイトとはちょっと変わった趣向のところもあり、そういうサイトには大きなメリットが隠されていることがあるので、そこは知っておきましょう。例えば、「キミスカ」というナビサイトは有名ですけど、ここは学生が会社を選んでエントリーするのではなく、登録している学生を会社が検索して、気に入った学生がいればスカウトを送るというタイプになっています。ここに大きなメリットが生まれるのですが、従来は学生が自分で会社を検索して、気に入ったところにエントリーをして選考を受けるので、会社側が自分を気に入るか?どうかは分かりません。専攻を受けている過程でアピールが上手くいけば気に入ってもらえますが、うまくいかないケースも多いです。現実的にほとんどの学生は自分が受けた企業から不採用を受けるわけですから。それは自分に興味を持つか?どうかが事前に分からない状態で、企業を選んで選考を受けているからなのです。しかし、キミスカは会社からのスカウトが届いてからがスタートなので、その部分を解決してくれます。というのも、スカウトが着た時点でスカウトを送った企業はその学生に少なからず興味を持っていることが確定するからです。したがって、スカウトが着た企業を受ければ、その時点で自分に関心を持っている企業が分かり、そこを確実に受けることができるので、内定を取れる確率はより高い状態の企業を受けることができると言えます。ここは就活生にとっては相当大きなメリットになります。また、キミスカはスカウトが着た企業を受ければ、一次選考や二次選考をパスして臨めるケースもあり、圧倒的に有利なのです。キミスカは多くの就活生は知らないと思うので、ここに登録して利用する学生は多くないでしょう。したがって、自分がキミスカを通じて受ける企業を、他の学生も多くが受けているという状況は想像しづらいです。そして、キミスカは今まで使ってきた従来のナビサイトと併用ができます。キミスカはスカウトが来るまではすることはなく、スカウトが着たときに対応すれば良いので、それまでは従来のナビサイトからエントリーをするというやり方をしていけます。そうやってタイプが違うナビサイトを組み合わせることで、リスクを分散できるのでおすすめと言えます。多くの学生はキミスカを知らないので、ここを利用することで周りのライバルに差をつけることも可能だと思います。無料の会員登録をすると利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

就職したくない、就職しない人はむしろ勝ち組な理由

  就職したくないという気持ちを持っている人はたくさんいると思います。私もず

記事を読む

無い内定で焦りや不安を感じている就活生が巻き返す方法

就職活動が本格的に始まるのがだいた3月あたりでしょうか?その時期は、まだこれから良い会社に入

記事を読む

就活は平均で相当お金がかかるが、お金がかかりすぎの現状を変えるには?

就職活動が始まるとともに、多くの学生はいろいろな企業に行って会社説明会や選考を受けることにな

記事を読む

大手病は何が問題?何が悪いのか?克服する必要はなく基準がどこからか?などの問題の方が重要

就職活動では文系や理系別に就職した企業の人気ランキングのようなものがよく発表されます。そこに並ぶ

記事を読む

コンビニ業界の就職の難易度や倍率は?離職率と激務という評判はある?

小売業界というのは、全体的にブラックな業界であるという指摘を受けることが多いですけど、コンビ

記事を読む

就活の自己PRで向上心、前向きさアピールは非常に効果的!

新卒の大学生の就職活動の自己PRのネタで悩んでいる人も多いかもしれません。自己PRはいろいろ

記事を読む

社会人のスタート!入社式での髪色は?茶髪はダメ?

無事に就職活動を終えて、就職が決まれば、4月の上旬に入社式があると思います。入社式は会社の従

記事を読む

就活でTOEICは有利?関係ない?アピール次第で大きく変わる

就職活動において、資格取得を目指す人は多くいると思います。資格を多く取得して、アピールしたい

記事を読む

2017卒の合同説明会の時期はいつから?何月頃から始まる?

就職活動のスタートは、合同説明会から始まることも多いです。合同説明会は別に出る必要ないという

記事を読む

グループディスカッションで協調性がない、空気読めない人はイライラさせ、うざいやつと思われて落ちる

就職活動の場で割と行われているのがグループディスカッションですが、これは集団の中の協調性や課

記事を読む

no image
印刷業界の就職の難易度や倍率は?激務な評判は?今後や将来性はどうか?

印刷業界というのは就活生の中ではあまり話題になりませんけど、多

佛教大学の難易度やレベルを産近甲龍と比較すると?イメージや雰囲気の特徴は?

京都にある佛教大学は関西の中では有名な私立大学であると思います

生命保険や損害保険の就職の難易度や倍率は?激務と評判なのは当然?

生命保険や損害保険の業界は大変な仕事をしているというイメージは

大阪産業大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

大阪にある大阪産業大学は関西では規模がそれなりに大きい私立大学

部活動はなんのために?だるい、めんどうくさいからサボると怒る奴いるし、あり方を考え直すべき

学校での部活動ってなんのためにあるんですかね?部活動のあり方を

→もっと見る

PAGE TOP ↑