面接は暗記しないと無理?暗記できない、覚えられない人は覚える方法やコツはある?

公開日: : 最終更新日:2018/05/22 学生たちの就職活動

面接は暗記しないと無理?暗記できない、覚えられない人は覚える方法やコツはある?78669a0155200f502e593d4750c85e05_s

就職活動とか、公務員試験の面接において暗記をするのはどうなんでしょうね?事前に予想できる質問もあれば、そうじゃない質問もあると思いますけど、暗記すること自体は悪いとは思いません。ただ、暗記しようとしてもどうぜ完璧には暗記できないんですよ。そこまで完璧に暗記できたとしても、緊張の中で面接を受けるので、どうしても暗記したとおりにスラスラ出てこないことが多々あります。暗記を全くしないのは、それこそ頭が真っ白になって、一言も出てこない可能性があるので危険性がありますけど、暗記をすること自体は全然構わないと思います。聞かれることが当然に予想できてしまう質問があるはずですから、就活などの面接で暗記してしまうことは問題ないです。むしろ、こういった面接で暗記できない方が問題かもしれません。面接では暗記してはダメという人もいるかもしれませんが、暗記がダメなんてことはないと思います。ちゃんと合理性があると思いますから。むしろ、暗記ができないと面接で困ることがあるかもしれないくらいなので。

 

面接で暗記をしていないといけない理由

これは簡単な理由で、詰まっても良い質問と詰まっては困る質問があります。志望動機、自己PR、学生時代に頑張ったこと、長所と短所、入やしたらやってみたいことなどは定番中の定番です。こういった面接の質問を覚えられないとなると、その場でいきなり何を言うか?思い出して答えないといけません。面接で暗記ができないというのは、そういった事態を生むことになるわけですが、それは困るわけです。なぜか?というと、こういった質問はしどろもどろになってしまうと、面接官の不信感を生むかもしれないからです。だから、就活などの面接では覚えておくことをはっきりさせて、それを暗記していった方が良いと思います。志望動機を聞いて、えーと・・・うーんと・・・とか、やていると、この人は本当にうちに入りたいの?と面接官が思う可能性があります。そう思われたら、かなり不利です。したがって、面接で覚えられないようだと、そういった定番の質問に答えるときにもどうしてもしどろもどろになってしまいがちなのです。難しい質問とかはともかく、こういった定番の質問はある程度キリッと答えた方が印象が良いと思うんですよね。一語一句完璧に暗記するとかではなくても良いので、95%くらいの感じで覚えておくと良いと思います。

 

面接では暗記しないといけないというか、結果しおろもどろになってはいけない質問というのがあるので、それに的確に迅速に答えるには面接の前に暗記しないときついと思うので。暗記をしないで、緊張した場でいきなりスラスラ出てくるような人がいれば別ですけど、なかなか厳しいと思いますし、リスクが高いと思うのです。あだから、暗記というのは安全策になるわけですよ。先ほども言いましたが、一語一句完璧に覚える必要はありませんが、志望動機とか、自己PRとかのあらかじめ考えた文章をほぼ全てスラスラ出てくるようには暗記しておいた方が良いです。暗記したものと全く同じ文章を喋らないといけないわけではないので、完璧に覚えなくても良いですけど、完璧に近いくらいの感じで暗記をしてくのが良いと思います。面接では暗記してはいけないとか、面接では暗記はダメと思いこんでしまうと、それが不利に働くかもしれませんから。したがって、面接においては暗記できないという人は時間をかけてでも良いので、主要な質問、よく聞かれる質問については覚えていくようにすると良いと思います。面接では覚えておくことが最低限はあると思いますから、それは絶対に事前に暗記しておきましょう。暗記をするコツのようなものもあるので、それを実践していくと覚えやすいかもしれません。

 

面接の前に暗記をするためのコツや方法は?

面接の前に暗記をしないといけないということを述べましたが、面接の前に覚えておくことに関しては、定番の質問と思えるものは暗記をして~臨んだ方が良いです。そして、面接の前に暗記できないという人もいると思うのですが、そういった人たちに関しては、面接で暗記をする方法としてはこれは1文ずつ区切って覚えていくと良いと思います。私も実践してみた方法になりますが、何事でも暗記をするときには、全部を一挙に覚えようとしても厳しいです。文章になっているものを覚えていくことになると思いますけど、面接での暗記方法としては句読点によって区切られている文章を、ちょうど良い区切りにおいて分けて覚えていくというのが良いと思います。1番良いのは句点かな?句点ごとに分けて面接で話すことを暗記するのがコツだと思います。例えば、志望動機に関してそんなに長い文章を考えている人はいないでしょ。せいぜい句点3つとか4つくらいになるくらいの文章じゃないですか?そうであれば、3つか4つに分割して、そrぞれごとに少しずつ覚えていく。最初は1つ目の句点までを覚えて、それができたら次は2つ目の句点までとか、そういった感じで面接の文章の覚えるコツを実践していくと良いと思います。句点が厳しい人は読点ごとでも良いかもしれませんが。とにかく少しずつ区切って面接の文章で覚えるコツというのがありますから、それをやっていくと良いと思います。区切り方はそれぞれで良いと思いますから、とにかく1度に一気に覚えようとするのではなく、少しずつ可能な量を積み重ねていく感じです。

 

こういった面接での暗記方法は何度も何度もやるのがコツです。私は暗記が得意でしたが、覚えるためには結構時間かかりますから。でも、時間をかければある程度は暗記できると思います。完璧まではいかなくても、完璧に近いくらいを目指せれば理想だと思います。面接で聞かれるかもしれない全ての質問を覚えることとして認識する必要はありません。あくまでも定番と思えるいくつかの質問のみで良いので。特に志望動機と自己PRは本当に鉄板です。聞かれたスラスラ出てくるくらいなるように面接の前に暗記のコツを実践して覚えていけると良いと思います。面接では覚えられないという人はたくさいると思います。暗記が苦手という人もいるでしょうから。暗記をしないでも、言いたいことがスラスラ出てくるようならば結果的に問題ありません。しかし、そうならない人もいるので、そうなれば安全策として暗記してしまうというのが1つの方法になります。面接では暗記しないといけないということではないものの、結果的にスラスラ回答が出てくるように努める方法として暗記をするというものがあるので、面接で覚える方法を考えていくと良いと思います。面接の前に有効な暗記方法は他にもあるかもしれないので、自分にとってやりやすいもので構いません。私が紹介した面接での暗記のコツは一例なので、他にやりやすいものがあればそれでも良いでしょう。面接のために覚えるコツを自分なりに実践して、本番までに頭の中にある程度入れて、できるだけスラスラ出てくるようにしたいですね。緊張の中で話すので、結局は暗記をしてもスラスラ出てこないことも考えられます。しかし、暗記をしてダメだったら楢葉諦めがつくが、そういった努力をしないで、本番で詰まってしまって評価が下がるかもしれないのは後悔する可能性もありますから、努力自体はしていってほしいですし、暗記を多少でもすれば、詰まる具合も少しでもマシになる可能性がありますから。

 

内定が取りやすいナビサイトを使うことが就活では重要!

就活をするときに使用するナビサイトというのは、それぞれ結構違う特徴を持っているところもあり、中には就活生にとって非常に有利とも言えるようなサイトもあるのです。それが「キミスカ」というナビサイトで、これは就活生が企業を検索して気になったところにエントリーしていくという従来のタイプとは違っているところに特徴があるのです。キミスカでは登録している学生を企業が検索して、気になった学生に対してスカウトを送るという流れになっています。つまり、従来のナビサイトと比べると真逆の流れと言えますが、それが実は大きなメリットを就活生にもたらしているので知っておきましょう。従来のナビサイトは学生が気になった企業を受けるため、企業が学生を気に入るか?分からないまま受けることになります。しかし、内定を取るには企業が学生を気に入ることが必要で、起業が自分を気に入るか?どうかが分からないまま受けると、自分を気に入る企業に出会うことは難しいとなります。実際、多くの就活生は自分が受けた企業のほとんどから最終的に不採用となるので、自分のことを気に入るか?分からないようなやり方で就活をすると、自分のことを気に入る企業に出会える確率は低いということなのです。しかし、キミスカは企業がスカウトを送ってきたところがスタートになります。ということは、スカウトが着た企業を受ければ、それは自分に少なからず興味を持っている企業を受けることと同義なのです。したがって、自分に興味を持っていることがある程度確定しているので、キミスカを利用してスカウトが着たところを受験すれば、内定が取れる可能性がより高い企業を受けられるということになります。また、キミスカでは一次選考や二次選考をパスして臨めるケースもあり、そういったときにはより一層内定に近づくことができると言えます。そして、このキミスカは今まで使ってきた従来のナビサイトと併用もできます。キミスカはスカウトがくるまで特にすることなく、スカウトが着たときだけ対応すればいいのですから、それまでは今まで通りのナビサイトで自分で企業を検索してエントリーしていくというやり方ができます。そこもメリットと言えると思います。多くの就活生はキミスカのようなナビサイトの存在は知らないと思うので、他の就活生が従来通りのやり方で就活をしているときに、自分が優位に立てるとしたらそれは大きいと言えます。周囲のライバルに差をつけたい人、本気で内定が欲しい人にとってはかなりおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

no image

夏の暑い就活で上着、ネクタイは必要?着ないと不利になるか?

夏の就職活動ではスーツの上着やネクタイはしていった方が良いのでしょうか?5月あたりになると、気温も上

記事を読む

履歴書の手書きは時代遅れの悪習で無意味?書き損じの無駄を強要するおかしさ

日本の新卒の就活では履歴書は手書きが一般的です。履歴書を手書きで書くとなると、手間がかかって

記事を読む

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります。この2つは関西では超有名だと

記事を読む

女子大の就職率は高い?女子大は就職に不利ではない!強い、有利な理由とは?

女子大ってどういうイメージでしょうか?共学の大学に通う学生がとても多いので、そちらが普通みた

記事を読む

就活や転職の志望動機でお金のため、お金が欲しいからがNGは解せない

就職活動や転職活動、またはアルバイトの面接などで志望動機を聞かれたときに、人事の人にとって望

記事を読む

カルビーの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

お菓子などのメーカーとしての印象が強いと思われるカルビーは非常に大きな会社なので、就職の難易

記事を読む

就活で採用される気がしない、内定をとれる人、採用される人になるには?秘訣やコツは?

就職活動は内定をとれる人とそうじゃない人にどうしても分かれてしまいます。1人で複数個の内定を

記事を読む

就活や公務員で他社の選考状況の答え方は?受けてないや御社だけ、落ちたはNG?

就活の面接などでは他社の選考状況を聞かれることが多々ありそうですけど、こういった場ではどうい

記事を読む

入社直前や入社式の前でも内定辞退は法的にOK

季節はどんどん冬から春に向けていく中で、内定を手にする就活生も増えていくと思います。しかし、

記事を読む

就活で留年は影響ない?関係ない?不安でも聞かれない体験談を紹介

就活においては自分が抱えているいろいろな問題を気にしてしまうことがよくあると思います。例えば

記事を読む

西武鉄道の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

西武鉄道というと、複数の路線があり、都心の駅も多く通っています

豊田通商の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はあるのか?

豊田通商はトヨタグループの会社になりますが、トヨタグループとい

桜美林大学と大東亜帝国のレベルはどっちが上?イメージや雰囲気の違いと就職の比較について

桜美林大学のレベルというのはどれくらいなのか?というのは気にな

三井住友銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

メガバンクへの人気というのは就活生の中では常にあるわけで、三井

パナソニックの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

パナソニックと言えば、言わずと知れた大手企業になりますけど、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑