入社直前や入社式の前でも内定辞退は法的にOK

公開日: : 学生たちの就職活動

入社直前や入社式の前でも内定辞退は法的にOKbc4d2b2f9b77ad467a6a74e9798cdcd8_s

季節はどんどん冬から春に向けていく中で、内定を手にする就活生も増えていくと思います。しかし、せっかく手にした内定を手放す選択をする人もいます。それは個人の自由なのですが、時期が時期だとさすがにマズいんじゃ?と思う人もいるかもしれません。確かに一般的には内定式くらいまでには内定辞退を済ませておくべきとか、それ以降は内定辞退をするべきではないという声もあるようです。でも、内定式(10月以降)よりも後に採用が決まる会社だってあるわけですし、それは会社の都合じゃないですか?内定が採用スケジュールや採用のための選考の日程というものは、基本的に企業が全て決めてそれに学生は従うのみですよね。内定が出るまでは会社の指示したとおりに、都合意合わせて動くしかありませんでした。それは学生の方が立場が弱いので、それに従うほかないからです。

 

内定を出した以降は学生側の方が企業より強い

しかし、内定が出て以降は、完全に学生の方に主導権があります。学生は手に入れた内定をどうするか?そのまま入社するのか?辞退するのか?の選択権を有しています。内定を出した以降は完全に立場が入れ替わり、企業が採用者を決定すると同様に、学生が得た内定をどうするか?の選択の自由を有しています。そして、もっと言うと内定辞退をする場合には、その時期は基本的に問われません。法律的にいうと、入社する前の2週間前であれば、内定辞退が可能なのです。入社式を超えたりすると、それは問題なんですが、3月中であれば、だいたいは法的にもアウトになることはないと思います。実際に入社する前の結構ギリギリまで法律はOKということです。その企業がいくら内定を早く出していたとしてもです。中には4月くらいにもう内定を出す企業ってあるじゃないですか?ただ、その一方では3月くらいになって内定を出す企業もあります。

 

遅くなってからの内定辞退が起きる原因は企業自身にある

4月に内定を手にした学生はその時点で就職活動を終了することも多いですけど、まだ止めずにその後も続けることはあります。1年間を通して、内定を出すタイミングというのは企業ごとに違うということですね。ただ、じゃああまりにも早く内定を出す企業があるのはどうしてか?というと、早めに優秀な学生を確保しておきたいからです。早くから内定を出しておけば、自分のとこに入社してくれる可能性も高まりますから。だから、早めに出しておく。それが大きいと思うのですが、仮にそれを理由にして、3月頃になって内定辞退をすることを咎められるのならば、それはおかしいことだと思う。こんな早い時期に内定を出さないといけない必然性はない。それは完全なる企業の都合でこの時期に出しているという話です。じゃあ、学生の都合で3月に内定辞退をすることになってもしょうがない。一緒じゃないですか?

 

大学入試みたいにある時期にほぼ全ての大学が入試の日程を合わせるということが就活では行われていないため、こういった事態が起きてしまうのです。常識的にいえば、内定が出てからそんな期間を長くあけて内定辞退をすることは非難の対象になるのだろうけど、ある意味そういう事態を招いているのは企業側の都合じゃないですか?慣習で、ある時期に選考や内定を出すタイミングを集中させれば良い。そうすれば、4月に内定が出て、でもまだ受けたい企業がたくさん残っていて、就職活動を続けて、さらに受けたい企業から内定をもらえて、4月に内定を手にした企業を辞退するなんてことはなくなりますよ。例えば、4月前後に内定を出すという慣習を作れば、4月に内定を手にすれば、複数内定を手にした学生もすぐにどこに入社するか?決められますよね。それはどうしてか?というと、それ以降は選考をやっている企業はほぼないということですから、4月以降、あまりに遅くなってから加えて内定を手にするケースはまずありえず、この4月以降、大分遅くなってから内定辞退をする誘因がほぼ消滅するからです。にもかかわらず、一部の企業が優秀な学生を囲い込むために早めに内定を出す。そして、内定を出した学生を他所に渡さないように内定式を実施して、入社の意思を固めさせるという荒業に出るというのが、一部の企業のやり方として定着しており、それによって、現実的に3月とかの遅い時期にも内定を手にする可能性がある程度存在しているから、一定の確率で、そういう遅い時期になってからの内定辞退が起きてしまうのです。

 

学生の内定辞退を非難する企業はブラック企業で良いと思う

お分かりいただけるように、どこから非難されるべき遅い内定辞退なのか?は分からないものの、内定式以降とか、年明け以降とか、入社式ギリギリとか、そういった時期の内定辞退が起きてしまう原因は就職活動のそれぞれの企業の採用スケジュールの違いによるところが大きいです。こういった時期の内定辞退を避けたいのであれば、全ての企業が足並みを揃えるしかないです。それをしないのならば、自由な就職活動を妨げるような、内定辞退に関する非難をすべきではないと思います。少なくとも法的には問題ないし、学生の都合を考えても、少しでも多くの企業を見て就職する企業を探す。それは昨今のブラック企業の存在を考えると、一生を左右する就職を真剣に少しでも長く、チャンスがある限り続けるのは当たり前の話であって、それを自社の都合から非難するのであれば、そういった企業がまさに自分でブラック企業です。と言ってしまっているもののような気がします。現行の就職活動のシステムが続く限り、学生は企業の言葉や常識なんてものは気にせずに、自分が納得いくまで就職活動をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

就活でSNSは人事に見られる?活用やチェックされる?鍵よりも有効な対策がある?

就活ではいろいろな部分で学生を観察しているとされています。そうやって多方面から人事は学生をチ

記事を読む

津田塾、日本女子、東京女子大学は就活の学歴フィルターの影響を受ける?

就活をするときには学歴フィルターという存在が気になる人もいると思いますけど、学歴フィルターと

記事を読む

音楽業界、レコード会社の就職の難易度や倍率は?激務の評判はある?今後や将来性は?

音楽業界といえば、レコード会社を代表するような非常に華やかなイメージのある業界だと思います。

記事を読む

銀行やメガバンクの面接、エントリーシートでの志望動機、自己PRの考え方の例

銀行やメガバンクを受ける新卒で未経験の大学生は面接での志望動機が必要になると思います。面接だ

記事を読む

グループワークはどこを見ている?受かる人や落ちる人の特徴は?うまくいかないときのコツは?

就活ではグループワークという選考が最近増えてきています。グループワークとは何か?というと、グ

記事を読む

食品業界、食品会社の面接などの志望動機の考え方は自己PRや付加価値との関連

食品会社、食品業界への就職を考えている人にとっては、食品業界でどういう志望動機を作っていくべ

記事を読む

カルビーの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

お菓子などのメーカーとしての印象が強いと思われるカルビーは非常に大きな会社なので、就職の難易

記事を読む

嘘つき大会の面接で嘘や誇張はばれる?←バレても問題ない

就職活動の面接で嘘をつくのはよくある常套手段ですよね。嘘をつかないと、不安という方もいるので

記事を読む

SPIはなんのために?やる意味は?やる意味と何がわかるのか?は違う

就活では第一段階などで実施されるのがSPIになります。これはメジャーな選考手法となっており、

記事を読む

アステラス製薬の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

製薬会社としては有名なアステラス製薬に就職したい人は大勢いるでしょう。社名を知っている人は多

記事を読む

西武鉄道の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

西武鉄道というと、複数の路線があり、都心の駅も多く通っています

豊田通商の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はあるのか?

豊田通商はトヨタグループの会社になりますが、トヨタグループとい

桜美林大学と大東亜帝国のレベルはどっちが上?イメージや雰囲気の違いと就職の比較について

桜美林大学のレベルというのはどれくらいなのか?というのは気にな

三井住友銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

メガバンクへの人気というのは就活生の中では常にあるわけで、三井

パナソニックの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

パナソニックと言えば、言わずと知れた大手企業になりますけど、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑