第二新卒の就活でも職務経歴書の提出は必要?

公開日: : 最終更新日:2015/07/31 既卒者、第二新卒者の就職方法

第二新卒の就活でも職務経歴書の提出は必要?428781f4f4bd212233c681644a49c6a6_s

第二新卒として就職活動をしている人たちも多いと思います。第二新卒といっても、いろいろな境遇の人がいると思うのです。正社員として企業で働いているけど、転職をしたいという方もいれば、フリーターなどで就職したいと考えている人など、「第二新卒」という言葉の定義も曖昧ですし、25歳前後で、正社員暦がないといけないわけではないという声もあるので、本当に第二新卒に含まれる人は多く、そういった人たちが日々就職活動に励まれていると思います。ただ、第二新卒として就職活動をされる方は、基本的に職歴が乏しかったり、短かったりしますよね。年齢的に若いということは、そういう傾向になると思います。そうなると、転職をするときにはほぼ必要となる職務履歴書は必要なのか?という疑問を持つ人もいると思います。職務履歴書を送るべきなのか?そうじゃないか?どっちなのでしょうか?

 

第二新卒として、職務履歴書を作成するか?どうかの分かれ目

まず、応募する企業から職務履歴書の提示を求められた場合には、間違いなく送付すべきですが、そうじゃない場合、履歴書しか明記されていない場合には、履歴書だけで良いのか?となります。履歴書にも職歴を書く欄はありますね。だから、履歴書でも代用できるといえば、そうなのかもしれません。ただ、職務履歴書の方がより細かいことまで書けて、欄も大きくとれますし、より自分のこれまでの仕事のことを知ってもらうことができるのではないか?と思うのです。ただ、全員が全員職務履歴書を送付する必要があるとも思えないのです。職務履歴書というのは、これまでの職務を企業側にお知らせする意味もあれば、それをアピール材料に使うという意味もあると思います。

 

つまり、私はこういった仕事をこれまでしてきました!というお知らせと、だからこそこういうことができます!というアピールにもなると思うのです。問題は後半のアピールになるような仕事をしてきたか?どうかということです。通常の転職と比べて、第二新卒の場合は職務経験が乏しいと思います。それは仕事の期間や仕事の内容なども含めて。アルバイトにしろ、正社員にしろ、第二新卒の人は相対的に仕事に対する経験が乏しいと思うので、職務履歴書を書くほどの経験があるか?どうか、アピールできるほどの経験をしてきたか?どうか、というのが1つポイントになると思います。短い期間であっても、是非アピールしておきたい職務内容、応募する企業で生かせそうな職務経験がある場合には、履歴書とは別に職務履歴書を作成した方が良いかもしれません。そういったことがない場合には、あえて作らなくても良いかもしれませんね。

 

職務履歴書を要求されていないのに、送って大丈夫?

以上のように、職務履歴書を送ってアピールできるような職務経験をしてきたのであれば、送った方が良いかと思います。ただ、履歴書しか求められていないのに、職務履歴書を送って大丈夫なのか?余計なものを送ってしまってマイナス評価になるのではないか?という心配をしている人もいるかもしれません。それは企業に聞いてみないと何とも言えません。1番良いのは「職務履歴書は必要ですか?」と聞いてみるのが確実です。そのうえで送るか?送らないか?を考えてみるのも良いでしょう。ただ、通常は職務履歴書は、履歴書では分からない、イマイチ伝わらない職務内容や職務経験を詳しく伝えるためのものですから、それを送ったとしてマイナス評価するようなことはあまり考えづらいですけどね。職務履歴書というものは企業に配慮したものですからね。

 

職務履歴書を作成するのならば、専門家に見てもらった方が良い

第二新卒として就職活動をされている方はたくさんいると思いますけど、1人でやっている方がいれば、是非専門家の力を借りた方が良いかもしれません。例えば、「第二新卒ナビ」というサイトでは、第二新卒の求職者を徹底サポートしています。ここでは専門のキャリアコンサルタントが付きっ切りであなたをサポート!履歴書、職務履歴書の正しい書き方を指導してくれる他、希望条件にマッチする自分が知らないような企業を紹介してくれたり、面接の前には面接対策なども直接指導してくれて、不安なく企業の選考を受けていけると思います。また、この第二新卒ナビの特徴としては、キャリアコンサルタントが応募企業に推薦状なるものを送ってくれるところです。これは普段から企業と付き合いのあるキャリアコンサルタントが、求職者の長所や魅力など、書類からはなかなか伝わらないキャリアコンサルタントが独自に見出した点をまとめて企業の人事の送るものです。普段からパイプを築いているキャリアコンサルタントからのそういった推薦状があれば、採用可能性も上がりますよね!また、実際に採用が決まれば入社日の調整なども行ってくれます。そういったきめ細かいサポートを、最初から最後まで徹底して行ってくれますから、いつでも相談できて、信頼できる心強いパートナーがそばにいれば、不安も一掃して就職活動ができるのではないでしょうか?利用は無料です。

既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート
書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

既卒は採用しない嘘!有利な受け入れ企業を探せばなんとかなる!就職が不利や厳しいことはない!

大学を卒業してしまうと就職するのは困難というのが世間の常識です。確かにそういう常識は存在して

記事を読む

内定が出ない就活生、内定ないまま卒業の既卒者の逆転方法

大学在学中に就職活動をしていたが、どうやら内定をとれないまま卒業してしまいそうだ。また、すで

記事を読む

既卒でこのままじゃヤバイ!と感じた人がやるべきことは?

就職するのが難しい時代になり、新卒の人でもなかなか就職できない。就職できてもそこでも働き方に

記事を読む

就職失敗=人生終了?新卒じゃないと就職できないは嘘です

新卒の大学生は就職活動の戦場において、本当に生死をかけた戦いをしているに等しいです。それは春

記事を読む

新卒で就職できなかった、既卒になってしまった人も問題ない!

新たな4年生の就職活動が始まると同時に、すでに就職活動を終えて卒業を迎えた人もいるかと思いま

記事を読む

第二新卒の扱いは新卒と中途の両面を持った最高価値の存在

第二新卒というのは、言ってしまえば非常に中途半端な立場の人たちです。新卒の大学生と転職をする

記事を読む

第二新卒の就職で成功する人の特徴とうまくいかない人が失敗しないためのおすすめサイトの紹介

第二新卒として就活をしている人の中でも成功する人と失敗する人がいます。その違いはどこにあるの

記事を読む

ニートは正社員は無理?不可能?←嘘だと思う理由がある

既卒の人やニートの人は正社員になるのは無理だという定説がある。確かに空白期間が長かったりする

記事を読む

no image

第二新卒の就職の難易度は?内定率や就職率を上げる求人の探し方は積極採用の企業を見つけること

就職活動は新卒や中途採用がメインみたいな感じになっていますけど、最近はその中間に位置する人の就活も積

記事を読む

既卒で就職するため、面接が得意になる?オススメな就活サイト

既卒として就職活動をする場合には、どういう方法で行っていけば良いのでしょうか?すでに新卒の就

記事を読む

三井物産の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

三井物産の就職の難易度はどうなっているのか?かなり有名な企業だ

筑波大と九州大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

筑波大学と九州大学はどっちが上でしょうか?実際にこの2つで悩む

関西学院大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめは関関同立やMARCH、産近甲龍か?

関西学院大学を受験する人、第一志望であるという人は滑り止めや併

アルフレッサの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

アルフレッサに就職したい人はまず難易度を理解しておきましょう。

筑波大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや早慶、関関同立あたり?

筑波大学を受験する人はどういったところを滑り止めにするのか?そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑