私立大学の職員は受からない?国立大学は面接の倍率が低く受かりやすい

私立大学の職員は受からない?国立大学は面接の倍率が低く受かりやすい820aca4b246628093a7f9726112713ee_s

大学職員というのは、新卒の大学生の人気の就職先となっています。それはどうしても仕事が楽というイメージがあるのでしょうか?実際に働いている人の意見などを聞くと、楽だと実感しているみたいですが、どこの大学で働くか?にもよる気がします。そして、大学職員は、無茶苦茶人気の職業なので、基本的には受かりづらいです。公務員人気もありますが、地方公務員の試験の方がまだ受かりやすい気がします。大学職員はやはりそんなに多くは募集されないでしょうから、よほど大きな大学、人気の大学以外は、募集人数も少ないです。そして、そういう大きな大学は一部なので、そこにもある程度の人数は応募にくるでしょう。そうなると、私立大学の職員は現実的には結構厳しいということになります。そこで国立大学の職員というのが浮かんでくるわけです。国立大学の職員というのは、私立大学の職員とは採用のされ方が違います。国立大学の職員は、公務員に似た採用試験が行われ、合格者が決まります。でも、国立大学職員というのは公務員ではないのです。

 

国立大学職員の方が受かるための努力をしやすい

国立大学の職員というのは、筆記試験がまずあります。私立大学でもあるんでしょうけど、国立大学の方が難しいです。私立大学の筆記試験は、大学にもよると思いますが、そこまで大掛かりなものは少ないと思うのです。受けてみないと分からない部分もありますけどね。国立大学の職員の筆記試験っていうのはどういうものが出るのか?というと、説明は難しいのですが、要するに公務員試験の市役所の採用試験とかで出る問題とほぼ同じのが出ます。公務員試験の筆記試験に類するものが出るので、当然勉強時間にも大量の時間を割かないといけないのです。私立大学職員の筆記試験にどれくらいの時間がかかるか?は分かりませんが、少なくとも国立大学の職員の筆記試験の勉強は相当かかりますよ。国立大学の職員を受ける人っていうのは、そもそも公務員になろうとしている人が多く、いろいろな自治体などを受けるために勉強しているついでに併願できるから受けておこうと考えている方も多いのです。

 

だから、民間企業を受ける人が併願するケースはあまりありません。民間企業を受ける人は、SPIとかの勉強しかたいていしていないので、そういった勉強ではとても太刀打ちできません。公務員試験の勉強が必要になるので、国立大学職員は、公務員試験を受ける予定の人が受ける試験になります。ただ、民間企業の人でももちろん受けて構いません。別途、勉強をする必要がありますけどね。国立大学職員の採用にあたっては、まずはその負担の重い筆記試験の勉強をしないといけないので、それによって一次試験で大幅に絞られますから、運ゲーの面接に進むときにライバルがかなり減っている状態になります。面接の倍率だけを考えれば、私立大学は相当高いと思いますけど。国立大学はそこまでじゃない場合もあります。低くはないですけどね。その代わり一次試験の倍率も高いので、ここを受からないといけません。でも、面接よりは筆記試験の方が努力でなんとかなるので、そういう意味ではまだやる気が出そうですね。運ゲーの面接とか、私は全くやる気出ないのです。

 

倍率が低い、受かりやすい私立大学とは?

国立大学は筆記試験がきついので、その分面接の倍率が下がり、勉強が得意な人は受かりやすい要素があるということをすでに話しました。ただ、私立大学の中にももしかしたら倍率が低く受かりやすいところがあるかもしれません。ここで言う倍率というのは、トータルの倍率です。それは地方の大学ですかね?それか名前が売れていない大学とかでしょうか。そういったところは相対的に仕事がきつい傾向にある気がします。それは大学自体の経営が、有名大学と比べて芳しくない場合が多いからです。有名大学は放っておいても受験生が受けにきますし、受かった場合に進学してくれる可能性も高くなりますから、学費や受験料が多く入ってきやすいですが、反対に無名大学はそもそも受験生を集める段階からやらないといけないですから、そのために奔走しないといけない職員がまずいるので、彼らの仕事量が増えます。そして、その結果、受験生が増えたとしても、そんなに一気には増えないでしょうから、受験料もそこまで集まらない。そして、無名大学は、複数受かったときに選ばれづらいので、学費も集まりづらいと。言ってしまえば、有名大学に比べて経営が上手くいっていない可能性が高い。その分、大学職員は楽みたいに言われるけど、経営を行き詰らせないためにやらなければいけない仕事が多く、経営の問題で職員もそこまで増やせない。今いる職員で多くの仕事をやってもらうしかない。そういった傾向にあるかもしれないのです。つまり、仕事がきついということです。

 

そういう現状を就活生が認識していれば、受けに来る人も少ないかもしれません。また、どうしてもネームバリューがあるような、都心にあるような大学を受けたい人が多いと思うので、そこも人気にならない要素になるでしょうか。全てがそういうわけではありませんけどね。無名大学は相対的に募集人数も少ないですから、受けに来る人が少ないと言っても、倍率は極端に下がるわけじゃないでしょうから。ただ、倍率の低い大学を選ぶときの1つの目安にはなるかもしれません。つまり、ネームバリューがない、地方にあって、かつ募集人数がそこそこ多いところを探せば、そこは受かりやすい、倍率が低くなる可能性があるということです。私立大学は非常に数が多く、名前も聞いたことがないような大学がたくさんあります。だから、候補はたくさんあるので、受ける大学を決める際にとにかくいろいろな大学の情報を見て、受験先を決めれば、本当に受かる確率の高い大学が見つかるかもしれません。世の中に存在する大学を全て情報を探すつもりでやっていきましょう。そして、どこでも良いから受かりたいのであれば、本当に今住んでいる地域から離れて、地方の大学の職員になるという覚悟も必要かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

内定承諾書の提出前、提出後ともに内定辞退は可能です

内定を複数手に入れて浮かれている人もいると思います。内定が貰えないよりはもらえたほうが良いで

記事を読む

都庁の論文の配点や足きりは?対策や勉強法と過去のテーマはどうなっている?

東京都庁の公務員試験は一次試験を突破するのが意外と大変だったりします。都庁の一次試験は教養試

記事を読む

女子大の就職率は高い?女子大は就職に不利ではない!強い、有利な理由とは?

女子大ってどういうイメージでしょうか?共学の大学に通う学生がとても多いので、そちらが普通みた

記事を読む

公務員の面接では容姿や見た目は関係する?コネ採用はある?コネなしは不利なのか?

公務員試験の面接では何を見るのか?どこを見ているのか?というのは気になりますが、意外と容姿を

記事を読む

内定が出ない就活生、内定ないまま卒業の既卒者の逆転方法

大学在学中に就職活動をしていたが、どうやら内定をとれないまま卒業してしまいそうだ。また、すで

記事を読む

内定辞退を電話でするのは緊張して怖い!怒られるのが嫌なら手紙で郵送しよう

内定辞退をするときにはいろいろな方法が考えられますけど、1番メジャーなのは電話ですかね?電話

記事を読む

公務員と民間の就活の両立は可能?迷う人は併願、掛け持ちするリスクはあるのか?

民間企業を受ける人はいろいろな企業を受けて、リスクを分散するということもあると思うのですが、

記事を読む

手書きの履歴書はなぜ?メリットは意味不明!めんどうくさい、意味ない作業は日本だけか?

就職活動をしていると履歴書やエントリーシートを書かないといけないことが多々あります。履歴書が

記事を読む

面接官の態度で合否は決まる?笑顔、エレベーターの見送り、やる気ないは不採用のサイン?

就活や公務員試験の面接において、面接官の態度で合否が分かれることはあるのでしょうか?そういう

記事を読む

グループディスカッションで協調性がない、空気読めない人はイライラさせ、うざいやつと思われて落ちる

就職活動の場で割と行われているのがグループディスカッションですが、これは集団の中の協調性や課

記事を読む

中村学園大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインと入試科目、配点について

中村学園大学は九州地方の名門女子大です。中村学園大学は全国的に

no image
不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります

平成国際大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは高いのか?

平成国際大学というのはどちらかというと、スポーツで有名な大学と

ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

ブライダル業界に就職したいと思っている方も多くいると思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑