若者が選挙に行かない理由は政治に無関心、興味がないは嘘?

公開日: : その他の話題

若者が選挙に行かない理由は政治に無関心、興味がないは嘘? – Retire in their 20s9bb49f2c539e066bd411c5bdce2a9756_s

先日、ニコニコ動画内でユーザーに対して行われていたアンケートの結果「ニコニコアンケート基礎調査」が発表されていました。いろいろな項目があって、全部で49万人が参加したみたいです。私も投票して見ました。基本的には政治的な項目が多く、今度の衆議院選挙についてのものなんでしょうけど、個人的に特に興味深いと思ったのは「あなたが普段支持している政党はどこか?」というものです。予想通り、自民党が1番多い。3割強の人が自民党を支持しており、他の政党は全て1桁割合で横一線という感じではないでしょうか?何だ、やっぱりみんな自民党か。と思ったのも束の間、5割を集めた超人気政党があった!それは「支持政党なし」という項目です。無党派層が半分もいるんだな!と驚きました。かくいう私も支持政党なしに入れました。

 

支持政党なし=政治に関心がないわけではない

ある程度の割合はいるだろうなと思いましたけど、まさか半分もいるとは思いませんでした。せいぜい3割くらいだろうと思っていたので。何か若者を中心に政治に関心を失っているというのが分からないでもないですね。ただ、支持政党がないからといって政治に興味がないわけではないと思います。私はまずまずある方だと思う。こうしてブログでも政治に関するトピックを綴っているのだから、それなりに政治について知識も多少はあるし、興味も少しはある。そういう人が多いんじゃないのでしょうかね?若者の選挙での投票率が低いのは興味がないのが大きな理由ともされていますけど、興味はあるけど、投票に値する候補者や政党がない。または投票したいと思える候補者や政党が現れるまで投票するつもりはない。という態度をとっている人が実は多いのではないか?と思いますけどね。私なんかそのタイプですね。私も一応20代ですけど、今のところ投票するつもりはないです。

 

多くの人は関心がないから、興味がないからとして選挙に行かないのではなく、投票する意味を感じられない、投票するに値しない政党、候補者しかない、だから現在の政治への抵抗の意を込めて選挙に行かない人も多いのではないか?と思います。興味、関心を持てないからこそ選挙に行かないのであれば、まだ改善の余地はあるかもしれませんけど、鼻っから行かないことを決めており、その原因改善が容易いものではない場合には、投票率を上げるのは難しいでしょうね。支持政党がないというのは、単に興味、関心がないからなのか?それとも、自分の理想とする政治や政策を行っている政党がないからこそなのか?私は後者の方が割合としては多いのではないか?と思うのです。以前と比べても大学進学率は上がり、政治に関する勉強をする機会も増え、景気の低迷により、安定志向から公務員試験を受験する人も増えて、そのために政治の勉強をしないといけない機会も増えたために、政治に対する知識を持つ若者は昔と比べたら増えたのではないか?と思います。そうなると、単純に政治に興味、関心がない人の割合はそう多くはないと思うのです。

 

所得の分配が公平じゃないのに、何故自民党を多くが支持する?

私は今支持政党に1番近いのは日本維新の会(維新の党)かな?と思いますけど、ベーシックインカムまたは給付つき税額控除などの政策を打ち出す政党があれば、そこを支持するつもりですし、そうなれば多分投票に行くでしょう。今回のアンケートでは「日本経済の成果は、国民に平等に分配されていると思うか?」という質問もあり、8割以上の人が「思わない」と回答していました。要は多くの国民は所得の再分配に納得していないということです。格差は是正されないと。にもかかわらず、何で自民党が1番多いのかな?というのは私としては腑に落ちません。他の政党はもっとダメってことなのかな?それなら支持政党なしに入れればよかったのに。と思いますけど。自民党に政権を任せていても、永遠に国の富が公平に分配される世の中はきませんよ。

 

私自身も公平に分配されているとは到底思えないし、だからこそ国民により分配に公平性が担保できる給付付税額控除やベーシックインカムを打ち出す政党を願っています。政治家の中には、そういう政策を考案している人は一部いるみたいですけどね。田中康夫氏なんかは代表的でしょうか?その数が少ないから、あまり表立って言われないんでしょう。日本維新の会を私が1番支持政党に近いとした理由も、それが1番期待できそうなのがここだからです。でも、ベーシックインカムとかの政策の実現を願う国民はそう多くないんですよね。多分賛成の割合は4割くらいじゃないか?と思います。国民の多くは所得再分配をもっと推し進めてほしいと思ってはいるが、ベーシックインカムではダメだと。そういう人は、やはり「働かざる者食うべからず」という価値観が大きいのでしょうかね。政治家も国民もこんな感じでは、所得再分配の是正は一向に見られないと思いますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

帰国子女は大学受験に有利、入りやすいからせこい?ずるい?羨ましい?

大学受験の王道は一般入試とされているが、それ以外でも多様な入試によって大学入学をして来る人も

記事を読む

品川翔英高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

品川翔英高校は東京都品川区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR横須賀線、湘南新宿ライ

記事を読む

大東文化大学第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

大東文化大学第一高校は東京都板橋区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は都営三田線の西台駅

記事を読む

嘘つき大会の面接で嘘や誇張はばれる?←バレても問題ない

就職活動の面接で嘘をつくのはよくある常套手段ですよね。嘘をつかないと、不安という方もいるので

記事を読む

バイト辞めたいが人手不足で辞められない、言えない場合どうする?

バイトを辞めたいが、辞められないという人たちが非常に多いようです。どうしてか?っていうと、い

記事を読む

上智大学と同志社大学はどっちがいい?どっちが上?就職や知名度や人気において関東と関西で全然違う?

関西では抜群の知名度と偏差値を誇る同志社大学は関東で言うと上智大学と比較されることがあります

記事を読む

東洋大学ライフデザイン学部の偏差値や難易度は普通だが幅広く学べる評判が特徴か?

東洋大学のライフデザイン学部は、割と最近にできた新設学部で、今の時代を反映したトレンドのある

記事を読む

福岡大学のレベルは?日東駒専や産近甲龍とどっちが上?学部構成は日本大学と似ているが

九州の有名な私立大学である福岡大学は福岡県に住んでいる人は九州に住んでいる人はよく事情を知っ

記事を読む

京都橘大学のキャンパスの立地条件や雰囲気と評判や口コミは?就職支援や就職実績はどうなっている?

京都橘大学はキャンパスへのアクセスがいろいろな方法によって可能で、それに関してまず知っておい

記事を読む

同志社大学グローバルコミュニケーション学部の偏差値や難易度、評判は高いが、就職実績などは未知か?

関西にある私立大学の中で特に名門とされているのが同志社大学です。関西の私立大学ではナンバーワ

記事を読む

神奈川県立金沢総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金沢総合高校は神奈川県横浜市金沢区にある男女共学の公

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り

藤沢翔陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

藤沢翔陵高校は神奈川県藤沢市にある男子校の私立高校です。最寄り

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑