一般選抜は何校受けるべき?受かる確率や受け方は?メリットや難易度のポイント

公開日: : その他の話題

一般選抜は何校受けるべき?受かる確率や受け方は?メリットや難易度のポイント – Retire in their 20s

大学受験においては、私立大学の受験生は一般選抜がメインとなるでしょう。それ以外にも共通テスト利用なども受験できますが、やはり一般選抜の方が募集人数も多いですし、難易度も下がりやすいので、受かりやすいと言えます。一般選抜は受かる確率が高いのです。一般選抜は以前は一般入試、一般受験などと言われていましたが、現在ではこの名称になっているようです。一般選抜は大きく分けて全学部日程と個別日程があります。全学部日程を一般選抜に含めないという考え方もあるでしょう。あくまでも個別日程のみであるというケースもあります。ここは難しいところです。ただ、個別日程もさらにA日程やB日程などに分かれることになり、それぞれの大学ごとにA日程やB日程の内容は異なる状況があるのです。この一般選抜のメリットは受かりやすいことです。募集人数が多いので、共通テスト利用や全学部日程と比べると、一般選抜は受かりやすいでしょう。あとは一般選抜は何校受けるのがいいのか?なども気になると思います。一般選抜の難易度は相対的に低く、受かる確率は高いものの、何校受けるべきなのか?は多くが知りたい部分でしょう。

 

一般選抜の難易度は相対的に低い点がメリット

一般選抜は難易度に関しては相対的に低いです。例えば、共通テスト利用と比べると受かりやすいですし、全学部日程と比較しても受かる確率は高いはずです。そういうメリットは実際にあります。一般選抜の難易度というか、厳密に言えば個別日程の難易度は相対的に低い状況です。一般選抜は個別日程がメインとなりますが、この個別日程は募集人数が多く、第一志望として受けに来る受験生が多いです。共通テスト利用や全学部日程は滑り止めとして受けに来る人も多いものの、個別日程はそうではないので、個別日程は受かりやすいです。そして、一般選抜の場合に箱の個別日程がメインであり、募集人数の多くを占めているので、一般選抜と言えば個別日程を指す部分も大きく、一般選抜は受かる確率が割と高いと言えるでしょう。一般選抜の難易度はそういう特徴があり、受かる確率も期待しやすいので、一般選抜のメリットはこういったところにあるわけですが、基本的に私立大学の受験生で一般選抜を受けない人はまずいないでしょう。共通テスト利用や全学部日程を受けない人はいるかもしれませんが、一般選抜に関して、特に個別日程を受けない人はほぼいないと思われるのです。共通テスト利用や全学部日程で第一志望を受けて、合格した場合には申し込んでおいた個別日程をすべて受けないという手もありますけど、最初から受ける気がない人はかなり少ないと思われます。

 

一般選抜に関しては私立大学を受ける人たちが最も重視すべき部分ですが、ここで第一志望や志望順位が高い大学を受けるケースが多いです。やはり一般選抜は受かる確率が高い入試方式になるので、そこは一般選抜の受け方におけるポイントになります。したがって、一般選抜の受け方に関しては志望順位が高いところから選んでいくといいです。そして、一般選抜で第一志望を含めて、進学したいと思えるところをだいたい埋めたら、そこに収まらなかったところを共通テストや全学部日程で受けるといいです。収まらなかったところとは、例えば滑り止めの大学です。こういった大学は一般選抜の個別日程で受けるのではなく、別の機会で確保しておきましょう。一般選抜の受け方においてはここは重要と言えます。個別日程はあくまでも行きたいところを受けるべきです。一般選抜の受け方において、滑り止めを入れるのはあまり望ましくありません。一般選抜で受けられる数は現実的には上限が存在します。一般選抜で何校受けるか?に関しては、全学部日程を含めても最大で10くらいという人が多いと思います。だから、滑り止めを全学部日程に入れるのはいいですけど、個別日程に入れてしまうと、それだけ枠が埋まってしまうので、行きたい大学学部をすべて受けられない可能性があります。個別日程は一般選抜では最も受かりやすい受験方式なので、ここで自分が行きたい大学学部を受けるべきなのです。一般選抜は受かりやすいですし、特に個別日程は受かる確率が高いので、ここに希望の大学学部をできるだけ入れておきましょう。一般選抜の受け方に関しては、そういう考え方が重要です。

 

一般選抜は何校受けたらいいのか?

大学受験において、一般選抜は何校受けるべきなのか?ここは多くが気になるところでしょう。一般選抜はメリットが大きい入試方式になりますから、みんなここに意識を向けます。だからこそ、一般選抜の受け方に関しては非常に重要です。すでに話したように、全学部日程を含めても10校(全学部日程として受ける試験の回数は1回分なので、全学部日程はどれだけ出願しても1校としてカウント)程度が上限になるんじゃないか?と思いますけど、個別日程だけで言えば10弱くらいでしょうか?一般選抜は受かる確率が比較的高いので、特に個別日程は多く受ける人たちは普通にいます。でも、少ない人は1校や2校だけというケースもあります。一般的にはかなり少ない数ですけど、一般選抜は何校受けるか?において、その人なりの戦略がある場合、きちんとした考えがある場合にはいいのではないか?と思います。ちなみに私は7校受けました。うち1校は全学部日程で、個別日程が6校です。割と平均に近い数字じゃないか?と思います。一般選抜は何校受けるべきか?に関しては、スケジュールなども重要です。スケジュール的に無理のない範囲で受けるならば、多くても問題ないでしょう。少ない場合には全落ちの危険があるので、あまりおすすめできませんけど、戦略によってはありです。一般選抜のメリットを理解したうえで、何校受けるか?を考えていくといいと思いますが、個々人で考慮すべき事情などもありますから、そこは大切にしてほしいです。

 

一般選抜は受かりやすい面はありますけど、だからといって絶対に1個は受かるという保証はありません。一般選抜はメリットは大きいものの、受かる保証がない点は考慮しないといけないでしょう。個別日程の難易度は相対的に下がりますが、全落ちという人もいます。滑り止めがすでに受かっていればいいですが、そうじゃない人にとっては、リスクが高いです。だから、できることならば多めに受けておいた方がいいですけど、スケジュール的に無理のない範囲でという部分は意識しておかないといけません。一般選抜は受かる確率が高いものの、受け方に無理があると、結果的に受かる確率が下がる可能性もあるのです。だから、連続で受ける日数などを考慮しながら、大学受験の日程を考えていきましょう。一般選抜は難易度としては受かりやすいですけど、多くても10くらいにとどめておくのがいいと思うので、一般選抜は何校受けるといいのか?に関しては、そういった部分を頭に入れておきましょう。基本的には個別日程が中心になります。一般選抜は何校受けるといいか?では、全学部日程を受けるにしろ、個別日程の数が重要になるので、そこに関して入念に考える必要があります。一般選抜は受かりやすい面があるとはいっても、自分の志望大学に受かるのは大変です。それに何日も連続で受けるとなると、体力的に厳しい場合もあるので、そういったところは理解したうえで、一般選抜の受け方を考えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

国民年金を未納、払わない人が増加中=年金不信という世論

20歳を越えると、必ず入らないといけないとされている国民年金ですが、これは仮に払わないとでい

記事を読む

関関同立の中で難易度や偏差値で1番受かりやすい大学、学部はどこか?

関西では非常に有名な私立大学群が関関同立です。この関関同立は倍率もそれなりにあって、関西の受

記事を読む

千葉大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや上智大、理科大あたりか?

千葉大学を受験することを考えている人は滑り止めや併願先をどうするか?に関しても検討する必要が

記事を読む

京都橘大学のキャンパスの立地条件や雰囲気と評判や口コミは?就職支援や就職実績はどうなっている?

京都橘大学はキャンパスへのアクセスがいろいろな方法によって可能で、それに関してまず知っておい

記事を読む

神奈川県立横浜清陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立横浜清陵高校は神奈川県横浜市南区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は京急本線の

記事を読む

no image

甲南と京都産業はどっちが上か?頭いい?法学部、経済学部、経営学部でレベルの比較は?イメージや雰囲気と就職の違いなど

関西では産近甲龍という有名私大のグループがありますけど、最近は近畿大学が抜けてきているという話も聞き

記事を読む

お歳暮には何を贈るべき?何が嬉しい?←牛肉はハズレがない

毎年12月になるとお歳暮を贈る家庭が多いのではないでしょうか?お歳暮は12月中に贈るため、何

記事を読む

文教大学と大東亜帝国、日東駒専のレベルはどっちが上?頭いい?の比較やイメージ、雰囲気の違いについて

文教大学というと、世間一般的にはあまり知名度は高くないと思います。知らない人は結構いるんじゃ

記事を読む

経済学部はつぶしがきくがつまらない?役に立たない?チャラい人が多いは本当?

経済学部というのは文系の学部でありながら、数学を使うなど非常に厄介な面もあります。実際、私は

記事を読む

福岡大学の評判やキャンパスの雰囲気は?就職率や就職先の企業から就職状況をチェック!

福岡大学は全国的な知名度はそこまで高くないかもしれません。九州の福岡県にある私立大学になりま

記事を読む

常総学院高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

常総学院高校は茨城県土浦市にある男女共学の私立高校です。最寄り

千葉県立検見川高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立検見川高校は千葉県千葉市にある男女共学の公立高校です。

帝京大学高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

帝京大学高校は東京都八王子市にある男女共学の私立高校です。最寄

横浜市立大学は高学歴でモテる?医学部の存在で頭いいイメージ、横浜に立地している点でオシャレな印象を抱きやすい?

横浜市立大学は神奈川県内にある公立大学であり、偏差値はそれなり

埼玉県立所沢北高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

埼玉県立所沢北高校は埼玉県所沢市にある男女共学の公立高校です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑