就活でTOEICは有利?関係ない?アピール次第で大きく変わる

公開日: : 最終更新日:2015/05/19 学生たちの就職活動

就活でTOEICは有利?関係ない?アピール次第で大きく変わる82a6be83240da56226a8994d5efb7c0f_s

就職活動において、資格取得を目指す人は多くいると思います。資格を多く取得して、アピールしたいとか、資格以外に特別にアピールできる材料がないから、資格でアピールをするとか、そういう考えの人もいるかもしれないです。そういう資格がどこまで本当にアピール材料になるのか?は分かりません。というか、就職活動においては、多くの資格はとってもあまり効果はないかもしれないのです。その資格取得の話を自己PRとか、学生時代に頑張ったことで話す場合には、その話の内容によっては面接官へのアピールになることもあるかもしれませんが、基本的にそういう特別なアピールでもしない限りは、ただ履歴書に書いただけでは、ほとんどアピールにならないと思うのです。特に多くの就活生が目指すのがTOEICではないでしょうか?確かに英語ができる学生を欲しがっている企業は多いと思いますし、英語ができることは有利になる可能性はあります。ただ、問題はそのアピールの仕方です。

 

TOEICの高いスコアを持っているだけでは、大したアピールにはならない

確かに、TOEICで例えば800とかの高いスコアを持っていたら、見かけ上はおお!となるでしょう。人事も唸ってくれるかもしれない。唸ってくれるかもしれないが、=採りたい学生か?という問題とは別である可能性があります。TOEICのスコアが高いことに越したことはないですし、低いよりは高い方が良いですよ。それは企業にとっても同じだと思います。ただ、そのスコアをただ履歴書に書いてあるだけであれば、多分600の人と同じような扱いになってしまうと思います。最初見たときのインパクトは800と600じゃ違いますが、じゃあ具体手kに意誰を次の選考に進ませようか?となったときに、800の人が600の人よりも優遇されるか?というと、あまりされないのでは?と思います。それはインパクトはもうその時点では消えているし、TOEICのスコアは参考材料に過ぎず、選考を通るか?どうかという基準は別にあって、そちらが優先されているからです。面接にしろ、書類選考にしろ、特別アピールをしなければ、資格取得のことはほとんど人事の頭には入ってきません。書類選考であれば、資格欄に書いてあるのが目に入るくらいで、面接に関しても事前に見たエントリーシートや履歴書の資格欄に目がいって、TOEIC800とってるんだー!へー!くらいに思って終わりでしょう。

 

高いTOEICのスコアで有利になるには!?

それは具体的にTOEICのスコアについてこちらからアピールをしないといけません。ただ、エントリーシートや履歴書の資格欄に書いただけでは、あまり意味がないのです。積極的にTOEIC800とった自分は凄いんですよ!?と、面接官に訴えていかないといけません。それが先ほど言った自己PRや学生時代頑張ったことで話すという手段になります。そこで大切なのは、動機、成長、結果、生かし方です。この4つを盛り込むと、面接官もTOEICで高いスコアをとったという事実に興味を持ち、共感してくれると思うのです。動機とは何か?これは何故TOEICの勉強をしようと思ったか?です。例えば、仕事でもそれ以外でも良いと思います。海外旅行に行きたいからとか、外国人のお客さんや社員と一緒に楽しくコミュニケーションをとって、会話をしたいからとか、そういう動機です。そして、成長というのは、勉強を始める前の自分の英語力と勉強をして何度か受けて最終的にとった1番良いスコアです。これは結果ともかぶりますね。要は一定期間を通じて、あなたがどのくらい成長したか?を面接官に教えてあげるのです。TOEICのスコアは数字ですから、客観的に成長度合いが分かるのです。

 

そして、最後に大切なのが生かし方ですね。あなたが受ける会社の仕事の中で、そのTOEICで高いスコアをとったという事実、経験をどうやって(どういう場面で)生かしますか?ということです。それはTOEICで身に付けた高い英語力そのものでも良いですし、当初低かったスコアが高くまで上げられたという努力の証や経験でも構わないと思います。そういったものを生かせる場面というのを探してみましょう。そこが1番大切な部分かもしれないですね。TOEICの資格取得を始めた動機、経緯から丁寧に説明することで、あなたという人柄、人間性、考え方なども同時に伝わりやすくなります。ただ、当初500だったスコアが勉強を頑張った結果、800になりました!という事実のみを伝えるのではなくて、そもそもTOEICの勉強を始めたのは何故か?将来はどうしたいのか?そのTOEICを通じて得た力、経験といったものをどう生かしていくつもりか?といったことも混ぜると、あなたという人間の理解ができ、面接官がより共感しやすくなるのです。共感しやすくなると、当然多少なりとも有利に面接や書類選考が進んでいくのではないでしょうか?

 

就職活動でより確実に内定をとっていくためには?

そして、内定をより近づけるために1つアドバイスをしておきたいのは、どういう就職ナビサイトを使うか?ということです。皆さんも恐らくどこかに登録をして就職活動をしてますよね。ただ、どのサイトを使うか?によって、内定を獲る確率というのがかなり変わってくる可能性があります。それは就職活動のためのナビサイトはいくつかあると思うのですが、皆さんが使っているのは、他の就活生が使っているようなサイトではないですか?というか、他の人が使っているから、じゃあ自分も!と使っている人が多いのかな?と思います。そういうサイトは、恐らく知名度もかなりあって、利用者もかなり多くて、定番になっているサイトですよね。そういうサイトにまずは登録して、そこからエントリーをして、説明会の予約や面接を受けるという流れになると思うのですが、それはあるリスクを孕んでいます。それは何か?というと、非常に単純な話なのですが、そういう有名で、誰もが利用しているナビサイトというのは、ほとんどの就活生が利用しているわけじゃないですか?つまり、利用者がかなり膨大になっているのです。利用者が膨大になると、そのサイトを使っている人が、そのサイトに求人を出している企業へのエントリーもまた膨大になりやすいですよね。つまり、エントリーがたくさん集まれば、集まるほど、倍率が跳ね上がりやすいのです。

 

倍率が跳ね上がると、当然内定を獲れる確率も下がってしまうじゃないですか?だから、他の人と一緒のサイト、みんながみんな使っているサイトを使うことは、一種の安心感はあるものの、それによって、自分たちの首を絞めていることにもなりかねないということです。オークションサイトだって、ある商品に集まる人が増えれば増えるほど、入札をする人が増えるわけですから、落札のための金額は上がっていきやすく、金額が上がれば上がるほど、自分が落札できる確率は低くなるわけですよ。それと同じ原理です。1つのものに多くの人が競合すると、1人あたりのリスクが高まるってことです。だから、そういう有名な、みんなが使っているサイトも使って良いです。ただ、リスクを分散させるために、別のサイトも使っていった方が良いということです。穴場的名サイトで是非多くの人に知っておいてほしいのが「いい就職.com」です。ここは名前を初めて聞いたという人もいるかもしれませんが、だからこそオススメできるのです。知名度がそこまで高くないし、多くの就活生は知らないから、利用しているはずが無いのです。ここは多くのナビサイト同様に企業へのエントリーや独自の説明会、セミナーへの応募などができますから、今使っているナビサイト同様に重宝すると思いますよ。こういった事実を知っていると、他の就活生二差をつけることができるでしょうし、あなた自身が内定へと近づける、内定を獲る確率を少しでも上げることにつながるのではないでしょうか?

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

就活は平均で相当お金がかかるが、お金がかかりすぎの現状を変えるには?

就職活動が始まるとともに、多くの学生はいろいろな企業に行って会社説明会や選考を受けることにな

記事を読む

就活でノンゼミバイサーや友達がいない、友達が0は不利?内定とれない原因になる?

就職活動においては1つある要素が重要になってくることがあります。それがノンゼミとか、ノンバイ

記事を読む

総合商社の仕事内容は忙しい、激務と評判だがやりがいは?英語ができないときつい?

就職活動において人気の業界というと、総合商社があります。企業の数はそんなに多くないのではない

記事を読む

合同説明会は予約必要?してない人も参加可能で無断欠席もあり

毎年12月くらいからかな?合同説明会が始まると思います。こういった合同説明会はだいたい予約制

記事を読む

神奈川、玉川、東京経済、文教、武蔵野大学は学歴フィルターは関係ある?影響する?

就活をするときには学歴フィルターというものが1つ重要になってきますが、学歴フィルターのボーダ

記事を読む

内定承諾書の提出前、提出後ともに内定辞退は可能です

内定を複数手に入れて浮かれている人もいると思います。内定が貰えないよりはもらえたほうが良いで

記事を読む

グループディスカッションで協調性がない、空気読めない人はイライラさせ、うざいやつと思われて落ちる

就職活動の場で割と行われているのがグループディスカッションですが、これは集団の中の協調性や課

記事を読む

内容も意味も薄い就活の会社説明会は動画配信で良いだろ

就職活動で行われる会社説明会ってありますけど、これって必要ですか?私はあまり意味を感じたこと

記事を読む

就職しやすい、受かりやすい、内定が取りやすい業界や企業の特徴とは?

就職活動において、内定をとりやすい業界っていうのもあると思いますよ。長く就職活動を続けている

記事を読む

エントリーシートの大学で学んだこと、学んだ内容、勉強内容など大学で頑張ったことの書き方のポイント

就活をするときにはエントリーシートを書かないといけませんけど、そのときの項目と言うのはいろい

記事を読む

桐蔭横浜大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインと入試科目の情報

桐蔭横浜大学は神奈川県横浜市にキャンパスがあるスポーツ系で割と

中央学院大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

中央学院大学という大学が千葉県にありますが、こちらは偏差値はそ

恵泉女学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や入試科目とボーダーラインの情報

恵泉女学園大学は東京都多摩市にキャンパスがある女子大になります

相模女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは何割か?

神奈川県の相模原市にある相模女子大学は知名度はそこまでないかも

百貨店への就職の難易度や倍率は?評判は激務で将来性はマズイのか?

百貨店への就職を考えている人もいると思いますけど、百貨店への就

→もっと見る

PAGE TOP ↑