中央大学附属高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

中央大学附属高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

中央大学附属高校は東京都小金井市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR中央線の武蔵小金井駅で、そこからバスを使って通学します。それ以外では西武新宿線の小平駅からバスを使って通うことも可能となっています。だから、基本的には通学ではバスを必要とする状況と評価できるでしょう。まずは中央大学附属高校の偏差値について知っておく必要があります。そういった部分を通じて、中央大学附属高校のレベルを把握する必要があるのです。でも、中央大学附属高校の難易度を知るためには、偏差値だけでは不十分です。それ以外にも中央大学附属高校の倍率を調べておく必要があります。あとは学校の評判なども知っておく必要がありますから、中央大学附属高校の進学実績などをチェックしておくといいです。

 

中央大学附属高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

中央大学附属高校の偏差値はどうなっているのか?偏差値としては、68程度となっています。したがって、中央大学附属高校の難易度はかなり高いです。中央大学の附属校だけに難易度は当然に高いと言えますし、合格するのはとても難しいと言えるような状況でしょう。こういったレベルの数字はなかなかないので、偏差値は相当高いと言えるはずです。でも、中央大学附属高校の偏差値だけでは、正確な難易度を把握することは厳しいです。倍率のデータも見ていく必要があります。そういったところも含めて、中央大学附属高校のレベルを評価していくといいと思います。いろいろな角度から、難易度について理解しておく必要があるわけです。

 

では、倍率について見ていきたいと思います。中央大学附属高校の一般入試の倍率に関しては、3~4倍程度後となっています。したがって、倍率としてはかなり高い状況が確認できます。ちなみに中央大学附属高校の倍率は男女で異なっています。どちらかと言えば、女子の方が倍率は高いです。年度によっては4倍以上というケースもありますが、2倍台というケースもあり、その年によって中央大学附属高校の難易度は大きく変わります。こういった高い倍率を見ると、かなり難しい学校であると認識できるでしょう。中央大学附属高校の偏差値も高いですから、そのような部分と併せて評価すると、やはり中央大学附属高校はレベルが高い高校という言い方になります。中央大学附属高校の倍率はしっかりと覚えておいてほしいです。そして、進学実勢に関してもチェックしておく必要があります。卒業後の進路にかかわる部分ですし、中央大学附属高校の評判として見ておいてほしいです。

 

中央大学附属高校の進学実績はどうなっている?

中央大学附属高校の進学実績をチェックしていきましょう。基本的には中央大学に内部進学をする生徒が圧倒的多数であり、他大学を受験する生徒の数はそんなに多くありません。でも、中央大学以外のGMARCHや早慶上理のレベルの大学に受かっている生徒もそこそこいます。したがって、他大学の受験に関して、中央大学附属高校では難易度の高い大学に合格しているケースがあるわけです。こういった進学実績には指定校推薦が含まれている可能性もありますが。そして、国公立大学については数は多くないものの、一定数の合格者がいる状況です。過去には京都大学、東京工業大学、東京外国語大学などに受かっている例があります。中央大学附属高校では偏差値の非常に高い国公立大学にも合格できる生徒がいるわけで、ここはかなり評価できる状況でしょう。進学実績はかなり重要な部分と言え、中央大学附属高校の評判に関する情報になります。受験をする前の時点で、こういったところにも注目しておいた方がいいと思います。

 

中央大学附属高校の評判はどんな感じか?

中央大学附属高校の評判について見ていきたいと思いますけど、在校生や卒業生の口コミをチェックすれば、大体の雰囲気などはつかめるのではないか?と思います。まずは校則からチェックしていきます。中央大学附属高校の校則はかなり緩いと言われています。まず制服がないですし、染髪、ピアス、メイク、ネイルなどもOKで、校則らしい校則が存在していないという言い方ができるでしょう。また、いじめについてはほとんど見られないと言われているので、日常的にいじめを目撃する機会はまずないと思われます。中央大学附属高校の進学実績については、ほとんどの生徒が中央大学に内部進学をしますが、指定校推薦などで早慶上理などのさらにレベルの高い大学を選ぶ人もいます。もちろん一般入試で受験するケースもあるようですが。中央大学附属高校では偏差値がかなり高いところへの進学が目立ちますから、ここは評判として大きいでしょう。それ以外では施設が割と綺麗であったり、図書館が非常に充実しているなどの口コミがあります。特に図書館に関しては、1度見てみる価値があると言われるほどです。中央大学附属高校の評判はこういった状況で、事前に詳しく知っておくといいでしょう。どんな学校生活が待っているのか?そういった部分を想像しておくといいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

名古屋市立大学の偏差値は高い!倍率やセンターの足きりのボーダーラインや入りやすい学部はある?

愛知県の名古屋市には名古屋大学と南山大学という2つの有名大学がありますが、この2つの大学以外

記事を読む

医学部の受験に数学がなぜいるのか?必要性はあるの?いらないという意見もあるが

医学部を受験する際にはいろいろな理系科目を勉強することになりますが、その中で数学が課されるこ

記事を読む

関西学院大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめは関関同立やMARCH、産近甲龍か?

関西学院大学を受験する人、第一志望であるという人は滑り止めや併願をどうするか?という問題があ

記事を読む

専修大学の併願校や滑り止めはどこがいい?大東亜帝国では厳しい?おすすめは?

専修大学は中堅大学の代表的のような存在だと思います。日東駒専の一角であり、偏差値的にも首都圏

記事を読む

早稲田政経と慶應経済はどっちが上?偏差値や難易度とW合格の評判などについて

早慶は私大の頂点に立っていますが、その中でも経済系の学部は互いに相当な難易度と言えます。どっ

記事を読む

大学と専門学校の違いは?学費が安いのは?どっちが楽しい?選び方はどうする?

大学と専門学校はどっちがいいのでしょうか?大学と専門学校は違う場所という認識はあると思います

記事を読む

東京理科大学は頭いいイメージ?女子は特にモテる?一般の人の知名度がどこまであるか?が問題だが

東京理科大学の学生というのは世間からはどういう風に思われているのでしょうか?東京理科大学とい

記事を読む

神奈川大学のみなとみらいキャンパスはいつから?経営学部と外国語学部の一部学科が移転?

神奈川大学のキャンパスと言えば、横浜キャンパスがメインになりますけど、それとは別に同じ神奈川

記事を読む

川崎市立高津高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

川崎市立高津高校は神奈川県川崎市にある男女共学の公立高校になります。最寄り駅は東急田園都市線

記事を読む

近畿大学経済学部の偏差値や倍率と評判は?合格最低点、ボーダーラインと口コミや魅力について

近畿大学は文系も理系も非常に幅広い学部が用意されていますけど、その中で経済学部は中心的な存在

記事を読む

神奈川県立金沢総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金沢総合高校は神奈川県横浜市金沢区にある男女共学の公

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り

藤沢翔陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

藤沢翔陵高校は神奈川県藤沢市にある男子校の私立高校です。最寄り

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑