神奈川県立生田高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

神奈川県立生田高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

神奈川県立生田高校は神奈川県川崎市多摩区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は小田急小田原線の生田駅、百合ヶ丘駅、新百合ヶ丘駅となっています。ただ、いずれもそこから徒歩で向かうことは難しく、バスを使う人が大半でしょう。そして、最寄りのバス停から徒歩5分となっています。また、バスは東急田園都市線、大井町線、JR南武線の溝の口駅(武蔵溝ノ口駅)、東急田園都市線の宮前平駅、たまプラーザ駅からも利用できます。この神奈川県立生田高校についてはレベルが気になるでしょう。偏差値はどのくらいなのか?倍率はどうなっているのか?そういった面をチェックしていくべきです。また、学校の評判についても知っておいた方がいいです。神奈川県立生田高校の難易度のみならず、進学実績などを含んだ神奈川県立生田高校の評判も併せて判断することが重要です。

 

神奈川県立生田高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

神奈川県立生田高校の偏差値について調べていきますけど、数字としては58となっています。だから、そこそこの難易度と言える状況です。決して非常に高いレベルというわけではないものの、ほどほどに難しいという状況でしょう。簡単に受かるレベルではないと言えるので、しっかりと対策をしてほしいと思います。神奈川県立生田高校の偏差値はだいたい同じような数字で推移していますから、今後も同様のレベルが維持される可能性は高いでしょう。でも、難易度については偏差値だけではありません。同時に倍率の情報も必要になってきます。そこも含めて、神奈川県立生田高校のレベルを把握していく必要があると言えるのです。

 

では、倍率のデータについて見ていきましょう。神奈川県立生田高校の倍率はどうなっているのか?というと、基本的に1倍台前半です。例年こういった数字で推移しています。公立高校としては普通の数字と言えると思うのです。高い年でも1.5倍未満ですから、基本的には1.5倍を超えることはないと考えていていいと思います。神奈川県立生田高校の倍率はこのような数字ですけど、偏差値はそれなりに高いです。したがって、レベルはそこそこあるという点はしっかりと頭に入れておきましょう。神奈川県立生田高校の難易度については、倍率も含めて理解しておくといいのです。そして、進学実績についても知っておいてほしいと思います。やはり偏差値がそこそこあるということで、そこが進学実績にどのように表れているのか?という部分は、多くの人たちが非常に気になるのではないでしょうか?学校の評判として無視できないポイントになります。

 

神奈川県立生田高校の進学実績はどうなっている?

進学実績は学校の評判にかかわりますから、しっかりとチェックしてほしいと思います。実際に神奈川県立生田高校の進学実績を見ていくと、ボリューム層となるのは日東駒専でしょうか?毎年100人前後くらいの合格者数があります。ただ、GMARCHに関してもそれなりに数は多く、100人近く受かっている年もあります。だから、難関大学における進学実績も十分と言えるのです。早慶上理になると10人前後といった感じで、数はそんなに多くありません。でも、GMARCHのレベルであれば、十分に狙える可能性もあるのです。指定校推薦に関しても気になるかもしれませんが、それを含めてこういった進学実績になっていると思われます。神奈川県立生田高校の偏差値からすれば、割と頑張っている方ではないか?と思うのです。国公立大学に関しては、毎年10~20人程度なので、あまり多くないです。それに地方の国公立大学が割と含まれています。首都圏で言えば、東京工業大学、電気通信大学、横浜国立大学、横浜市立大学がたまに見られる状況です。神奈川県立生田高校の難易度だと、国公立大学を受ける人がそもそも少ないのだと思います。

 

神奈川県立生田高校の評判はどんな感じか?

神奈川県立生田高校の評判をチェックしていきます。在校生や卒業生の口コミを参考にしていきます。まず校則についてですが、そこそこ緩いと言われています。髪の毛を染めるなどは厳しいみたいですが、校則が厳しいというほどの状況ではなく、適度に緩い状況が確認されます。つまり、普通という感覚でいるといいのかもしれません。でも、神奈川県立生田高校では、遅刻に対しての扱いが厳しいみたいです。いじめに関してはほとんど存在しないと言われています。実際のところは不明ですが、神奈川県立生田高校では少なくとも目立つようないじめは見られないという評価ができるでしょう。進学実績の面で言えば、それなりに評価している声が多いです。やはり偏差値やレベルの割には充実している印象なのでしょう。指定校推薦の枠も多いという口コミがありますし、神奈川県立生田高校に入って真面目に勉強をすれば、それなりに結果がついてくる可能性はあると思います。校舎はやや古く見えるものの、教室などは割と綺麗という評判があるので、外観と内部の差がある状況と言えるのではないか?と思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

社会人に相応しいのは長財布?二つ折り?色は何色が最適?

社会人になると、身に付けるものいろいろと気を使わないといけないのがダルいと感じている方も多い

記事を読む

指定校推薦の面接での服装は制服?私服?スーツ?時期や日程はいつか?

指定校推薦では校内選考を突破して、いよいよ大学独自の選考に進むとなると、指定校推薦の面接の時

記事を読む

神奈川県立橋本高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立橋本高校は神奈川県相模原市緑区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR横浜線の

記事を読む

法政大学の多摩キャンパスの立地条件が改善?経済と社会学部が都心回帰でレベルが上昇?

法政大学は文系の学部は市ヶ谷キャンパスと多摩キャンパスに分かれています。市ヶ谷キャンパスは文

記事を読む

京都橘大学の偏差値や倍率は?ボーダーラインや入りやすい学部は存在するのか?

京都橘大学は関西では有名な私立大学で、中堅大学という扱いになるとは思いますけど、それなりの規

記事を読む

ゼミは入らなくてもいい?ぼっちで辞めたい、行きたくないなどデメリットがあるのを知っておこう

大学のゼミには入らなくても良いという理由は存在します。ゼミは入ったら入ったで楽しい場合とそう

記事を読む

日東駒専の偏差値やレベルで順位、序列は?評判や難易度が高いのが特徴

大学受験において、日東駒専というのは有名なグループで、これはMARCHと大東亜帝国の間にある

記事を読む

東北大と名古屋大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

東北大学と名古屋大学はどっちが上か?偏差値やレベルを比較するとどうなのか?について知りたい人

記事を読む

青山学院大学のオープンキャンパスに行くなら見るべき場所やポイント【相模原キャンパス編】

青山学院大学は東京都の渋谷にある青山キャンパスだけではなく、神奈川県の相模原キャンパスもあり

記事を読む

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR中央線、総武線、都営三

記事を読む

神奈川県立金沢総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金沢総合高校は神奈川県横浜市金沢区にある男女共学の公

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り

藤沢翔陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

藤沢翔陵高校は神奈川県藤沢市にある男子校の私立高校です。最寄り

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑