NTTドコモの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

公開日: : 最終更新日:2019/10/04 学生たちの就職活動

NTTドコモの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTTドコモの就職における難易度は非常に高いという想像ができるでしょう。日本の携帯電話の会社の中でも特に大きな会社ですし、NTTドコモに就職するにはかなりの難易度があると言えると思います。問題はその倍率で、NTTドコモの就職における倍率はどれくらいなのか?ということになりますが、NTTドコモの就職における倍率はおよそ200倍となっています。高いのは予想できると思いますけど、NTTドコモの就職における難易度は相当高いということです。NTTドコモに就職したい人はまず難易度を知っておいてほしいですけど、NTTドコモに就職するには学歴フィルターの存在も気になると思います。これだけ倍率が高いと学歴フィルターがあるのではないか?という予測もできますから。そういったところに関してまずは知っておきましょう。

 

NTTドコモの就職では学歴フィルターはあるのか?

NTTドコモの就職では学歴フィルターはあるのか?NTTドコモの就職の倍率を見る限りでは、学歴フィルターがあっても不思議ではない気がします。NTTドコモの就職における倍率を見た感じでは、学歴フィルターがないとは断言できませんが、採用実績校を見るとどうでしょうか?しかし、NTTドコモの就職では採用実績校を公開していません。代わりに全国の国公立、私立大学、工業専門学校等と書かれています。これを文字通り読むとすると、学歴に分け隔てなく募集しているということになりますけど、実際はどうなのか?は分かりません。採用実績校が公開されていたとしても有名大学しか載っていないとどっちにしろ判断はできないので、NTTドコモの就職では学歴フィルターがある可能性は十分に残る気がします。内部の人間じゃないと真実は分かりませんから、推測の域の話ですけど、NTTドコモの就職では学歴フィルターがあっても不思議じゃないという結論になると思います。NTTドコモの就職では学歴や大学名はかなり重視される可能性があるので、学歴フィルターがないとしても油断はできません。

 

NTTドコモの採用試験の難易度に関してはかなり高いので、学歴フィルターがないとしてもかなり難しいということは頭に入れておかないといけません。NTTドコモに就職するには学歴や大学名の部分は避けては通れないでしょう。学歴フィルターとは別に、そういったところはチェックされていると思いますから。学歴や大学名も選考の要素としてチェックしていると思います。NTTドコモに就職したいという人はそういったところは知っておいてほしいです。NTTドコモの就職では学歴や大学名は見ているとしても、今からどうしようもないですから、知っておいては欲しいですが、気にしすぎても意味がないと思います。したがって、今からやるべきことはNTTドコモの志望動機や自己PRを考えて、面接対策を頑張ることです。中心となるのは面接試験だと思いますから。NTTドコモの就職の評判についても知っておきましょう。NTTドコモの社員の口コミを紹介するので、そこからNTTドコモの仕事は激務なのか?などについて理解しておくことをおすすめします。

 

NTTドコモの就職の評判はどうなっている?

NTTドコモに就職したい人は会社の評判も知っておきましょう。働き方に関する口コミをチェックして、どういった会社なのか?を先に知っておくと良いと思います。NTTドコモの労働時間に関しては、1日の平均が8~9時間となっているので、こういった数字を見る感じでは、激務という雰囲気はあまりないです。ただ、大きな会社でそれぞれで職種が結構違いますから、一概にNTTドコモの仕事が激務ではないとは言えません。残業が多いという口コミもちらほらあるので、部署とか、職種によっては忙しいケースがあるということなのでしょう。特に口コミで言われていることとしては、会議が長いという部分があります。これはNTTドコモの伝統のような部分かもしれませんが、昔から会議の時間が無駄に長いという状況があるようで、最近は会議にかける時間は減ってきているようですけど、まだ会議の時間が長いと感じている社員はいます。ただ、残業時間に関しては全体としてはそこまで多くないようです。だから、1日の労働時間の平均が8~9時間なのでしょう。NTTドコモの仕事は激務まではいかなそうな気がします。

 

残業は一応あるところはあるみたいですけど、その時間は多くないと。そして、会社としても少しでも残業を減らそうとする雰囲気があるおようで、かなり健全な状況となっているようです。また、仕事が早く終わった人は定時に帰ることも非常にしやすく、それを妨げるような空気がないので働きやすいという評判もあります。こういったところはかなり重要なNTTドコモの就職の評判だと思います。足を引っ張る社員がほとんどいないということなのかもしれません。ぞして、残業代は働いた分はちゃんと出るということで、そこも問題ありません。NTTドコモの評判としては結構良い口コミも多いです。やはりNTTドコモの仕事が激務っぽくなく、雰囲気も良いということで、部署とか、店舗勤務の場合にはそれぞれでも違いはあると思いますけど、NTTドコモに就職したい人にとっては優良な環境が揃っていると言えると思います。NTTドコモに就職するには難易度はかなり高いと思うので、採用試験は難しいですけど、こういった会社の実態を把握して、企業研究などに生かして、しっかりと対策を練っていくことで、確率は少しでも上げていけると思います。

 

就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、自分が選んでいる以上、企業側が自分をどのように思うか?は分からないのです。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。

 

しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。今使っているナビサイトが他にもあれば、キミスカと併用も十分できます。タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

パナソニックの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

パナソニックと言えば、言わずと知れた大手企業になりますけど、パナソニックの製品が家にあるとい

記事を読む

内定式、内定者懇親会に行きたくない!行かないとどうなる?

全国の企業で一斉に行われる行事というと、内定式になるのでしょうか?内定式と入社式はほぼ全国の

記事を読む

就活でリクルートスーツはなぜ必要?実は必要な理由はない?

就職活動では当たり前のリクルートスーツという謎のものがあるが、これはどうして必要なのでしょう

記事を読む

就活の面接で「最後に何か言いたいことは、伝えたいことはありますか?」の質問の答え方

就職活動の面接において「最後に何か言いたいことはありますか?」のような質問を受けることがあり

記事を読む

オワハラは当たり前?起きた原因は?対処法は嘘をついて入社すると言っておけばおk

就職活動をしていて、内定が近くなると面接官から言われることがあります。それは「今受けている他

記事を読む

会社説明会、面接に遅刻は不採用?謝罪やお詫びをメール、電話でする必要ある?

就職活動は実際に経験してみると分かりますが、スケジューリングがとても大変です。1日に1社だけ

記事を読む

就活でバイト歴や職歴の期間で嘘をつく、水増しや捏造は経歴詐称でアウトか?

就職活動をするとき、またはアルバイトの面接を受けるときなど、履歴書やエントリーシートに職歴を

記事を読む

就活でたくさん受ける意味って?エントリーを大量にすることの問題点

就職活動において、エントリーはどれくらいするでしょうか?リクナビやマイナビを使えば、気軽にエ

記事を読む

イトーキの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

文具やインテリア、事務機器などのメーカーであるイトーキに就職したいと思っている人も多くいると

記事を読む

ホテル業界の就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判と平均年収や離職率はどうなっている?

ホテル業界というのはどういうイメージでしょうか?ホテル業界と言えば、サービス業というイメージ

記事を読む

伊藤ハムの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

伊藤ハムに就職をしたいと思っている人は多くいるでしょう。伊藤ハ

ドン・キホーテの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

ドン・キホーテに就職したい人はまず難易度を知っておきましょう。

CBCテレビの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

CBCテレビに就職をしたいと思っている人もいるでしょう。中部日

ツムラの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ツムラと言えば、漢方のイメージがあると思いますけど、こういった

コーエーテクモの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

コーエーテクモの就職の難易度についてまずは知っておいてほしいで

→もっと見る

PAGE TOP ↑