ゆうちょ銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 学生たちの就職活動

ゆうちょ銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ゆうちょ銀行に就職したい人は数多くいるでしょう。安定しているというイメージもありますし、大手の企業になりますから、ゆうちょ銀行の就職の難易度を知っておきたいところです。しかし、ゆうちょ銀行の就職における倍率を調べることができないのです。倍率は非公開になっているようですから。就職試験の倍率を公開している会社の方が圧倒的に少ないので仕方ないことですけど。ただ、ゆうちょ銀行の就職では採用人数が例年かなり多く、300~400人程度あるようです。毎年同じとは限りませんけど、極端に変わることはないでしょう。したがって、ゆうちょ銀行の就職における倍率は意外と高くはないのではないか?と思います。普通に考えたら、人気はすごい高いでしょうけど、ゆうちょ銀行の就職の採用人数が多いので、倍率が上がりづらいのです。ゆうちょ銀行の就職における難易度は分かりづらいのですが、倍率はすごい高い数字ではないと思います。

 

ゆうちょ銀行の就職では学歴フィルターはあるのか?

ゆうちょ銀行の採用試験の難易度を調べるときには、それ以外にも重要な要素があります。それがゆうちょ銀行の就職では学歴フィルターはあるのか?という部分で、ゆうちょ銀行に就職したい人は気になるでしょう。ゆうちょ銀行の就職における難易度に関係しますから。ただ、ゆうちょ銀行の就職では数年前に学歴フィルターの話題で盛り上がったことがあるのです。ネット上の記事で今でも確認できますけど、ゆうちょ銀行の就職で学歴フィルターが存在するという指摘をTwitter上でした人がいたのです。それ自体が真実なのか?は不明なものの、日東駒専の大学では参加できなかった説明会が、東京大学では参加できたといったことをTwitter上でつぶやいていたのです。これが仮に信じるならば、学歴フィルターが存在するという根拠になりますが、当時のゆうちょ銀行側は、その事実を否定しているようで、真実は分からないです。Twitterでつぶやいた人が作り話を投稿しているという可能性も一応残るので。ちなみに当該ツイートはその後削除されてしまったみたいです。イタズラで書いたという可能性も少なからず残るのかな?という気もしないでもないですが、これはつぶやいた本人にしか分からない事実ですね。あれから数年経ちますけど、ゆうちょ銀行の就職で学歴フィルターはあのとき本当に存在したのか?存在したとしたら今も同じなのか?というのは、なんとも言えません。

 

ただ、可能性としてはあるかもしれないということです。倍率が分かれば判断できることではあるのですが、ゆうちょ銀行の就職では倍率が分からないので、何とも言えません。ただ、すでに話したように、採用人数がかなり多いので、ゆうちょ銀行の就職における倍率はそんなに高くないんじゃないの?という予測が立ちます。そして、倍率が低ければ学歴フィルターをやる必要性は低くなります。学歴や大学名を見ている会社は山ほどありますが、その学歴や大学名が直接合否にかかわるか?というのはかなり重要なポイントになります。ゆうちょ銀行の就職では学歴や大学名をチェックする可能性はありますけど、学歴フィルターのようにそれだけで合否が決まるのか?というのは、採用側の人間しか知ることはできないので、考えてもしょうがないかもしれません。それに学歴フィルターがある可能性としては、他にも大手企業を中心に多くあると思いますから。ゆうちょ銀行の就職では学歴や大学名はその程度関係するか?は分からないものの、選考に置いてチェックはされている可能性はあると思います。あとはゆうちょ銀行の就職の評判についても知っておいてほしいです。社員の口コミから仕事は激務なのか?などについて理解しておくと良いと思います。

 

ゆうちょ銀行の就職の評判はどうなっている?

ゆうちょ銀行の就職における難易度をチェックすることも重要ですけど、会社での働き方についても知っておきたいところです。ゆうちょ銀行の社員の口コミを見ると、基本的に忙しい雰囲気はあまりないです。残業はあまりない雰囲気ですし、1日の労働時間の平均が8~9時間なので、激務という感じではなさそうです。残業が全くない部署もありますし、部署によっては残業はありますけど、それでも多少の時間みたいなので、ゆうちょ銀行の仕事を激務に感じたりする人はまずいないでしょう。そして、週に2回は定時帰宅が徹底されているようで、残業をしないで帰宅できる日もあるので、全体的にかなり働きやすい雰囲気です。ゆうちょ銀行の就職の評判としては、長時間労働の雰囲気はほとんどなく、忙しいと感じる社員は少ないのではないでしょうか?残業したときには残業代もちゃんと出るようですし。ちゃんとそういったところも徹底されているのです。本社と店舗ではまた働き方は違うようですけど、どちらも激務になっている感じはしません。

 

ただ、店舗だと休日出勤がたまにあるという口コミがあります。常態化しているわけではなく、本当にたまにみたいなので、そこまで気にしなくて良いと思いますけど。有給休暇も基本的に取りやすく、全部消化している人もいるようです。そして、土日祝日は原則として休みになっており、カレンダー通りに休みやすい環境となっているのです。営業の人は相対的に忙しいと感じる可能性がありますけど、全体的にはゆうちょ銀行の就職の評判はよく、働きやすい職場なのではないか?と思います。こういったゆうちょ銀行の社員の口コミは部署によって違いはありますけど、ゆうちょ銀行の仕事が激務ということはなく、多くの会社の中でも恵まれている職場と言えると思います。ゆうちょ銀行に就職したい人は会社の実態について知っておく必要があります。面接対策をするときに、企業研究などをするときに、いろいろな情報が役に立つと思いますから、ゆうちょ銀行の採用試験の難易度は高いと思いますけど、会社について深く調べたうえで、受けていくと良いと思います。

 

就活で内定を取るためにおすすめのナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このキミスカは多くが知っている一般的なナビサイトとはシステムが違います。自分で企業を検索して好きな企業にエントリーするというタイプのサイトではないのです。キミスカで採用活動をしている企業が、キミスカに登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。通常のナビサイトを使った場合、自分が受ける企業が自分のことを気に入っているか?は分かりませんけど、それが事前に確認でき、しかも自分に関心を持っていることが確定する、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

サイレントお祈りはおかしい?昔は当然かつ常識で、腹立つ方が非常識だった!?

就職活動では常識になりつつあるのがサイレントお祈りになりますけど、就活生はサイレントお祈りは

記事を読む

就活や公務員で他社の選考状況の答え方は?受けてないや御社だけ、落ちたはNG?

就活の面接などでは他社の選考状況を聞かれることが多々ありそうですけど、こういった場ではどうい

記事を読む

履歴書の手書きは時代遅れの悪習で無意味?書き損じの無駄を強要するおかしさ

日本の新卒の就活では履歴書は手書きが一般的です。履歴書を手書きで書くとなると、手間がかかって

記事を読む

インターンシップの内容は何をする?何をさせる?どんなことをするのか?どんな感じか?

インターンシップというのは一体何をする場なのでしょうか?インターンシップの内容に関しては、漠

記事を読む

新卒で内定が取れない、面接に受からない就活生は発想を転換すべき

新卒で就職活動をしているが、なかなか内定が出ない。卒業が迫ってきたという切迫感を感じている方

記事を読む

日本アクセスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本アクセスの就職の難易度について気になっている人が多いと思います。日本アクセスに就職したい

記事を読む

相模鉄道の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

相模鉄道は神奈川県を主に通っている路線であり、鉄道会社となっています。相模鉄道に就職したいと

記事を読む

ドン・キホーテの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

ドン・キホーテに就職したい人はまず難易度を知っておきましょう。ドン・キホーテに就職するにはど

記事を読む

AO入試や推薦入試は就職に不利なのか?就職できないは幻想だが企業の偏見はありそう

就職活動をするときには、AO入試や公募推薦、指定校推薦などで入学する学生が不利になるという言

記事を読む

集団討論では発言が少ないでも問題ない?話しすぎやしゃべれないは落ちる?

就職活動において集団討論はかなり多くの企業で実施されている採用試験になりました。したがって、

記事を読む

三井物産の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

三井物産の就職の難易度はどうなっているのか?かなり有名な企業だ

筑波大と九州大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

筑波大学と九州大学はどっちが上でしょうか?実際にこの2つで悩む

関西学院大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめは関関同立やMARCH、産近甲龍か?

関西学院大学を受験する人、第一志望であるという人は滑り止めや併

アルフレッサの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

アルフレッサに就職したい人はまず難易度を理解しておきましょう。

筑波大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや早慶、関関同立あたり?

筑波大学を受験する人はどういったところを滑り止めにするのか?そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑