ビックカメラの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

公開日: : 最終更新日:2019/03/08 学生たちの就職活動

ビックカメラの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ビックカメラと言えば、全国的に有名な家電量販店になりますが、ビックカメラは家電が中心ではあるものの、実にいろいろなものを売っています。ビックカメラの店舗に行くと、そういったところに気付くと思います。実際にそういった店舗で働くことになるわけですが、ビックカメラに就職したい人は難易度を理解しておく必要があります。ビックカメラの就職における難易度を調べておくと良いのですが、ビックカメラの就職の倍率が非公開になっているようなので、倍率は分かりません。ビックカメラに関しては大企業ではあるものの、小売業界はそこまで人気とは言えず、かつ採用人数はそれなりに多いので、倍率は意外と上がらないのではないか?と思います。採用人数は年度によっても違いますが、多い年だと300人近くで、少ないと100人くらいが最近の傾向で、結構変動があります。ビックカメラに就職するにはいろいろな選考を通過していく必要がありますが、まずは学歴フィルターの有無について検証していきたいと思います。

 

ビックカメラの就職では学歴フィルターはあるのか?

ビックカメラの就職における倍率が分からないので、そこから推測することはできませんが、出身大学の一覧を見るとなんとなく推測できると思うのです。ビックカメラの過去の採用実績として出身大学の一覧が公開されていますが、そこには幅広いランクの大学が載っていて、大東亜帝国レベルまでは採用があるようです。あとは日体大などの採用もあって、そんなに学歴や大学名に偏りがあるような感じではなく、いろいろなところから満遍なく採用されている感じがします。こういった出身大学の一覧を見ると、ビックカメラの就職では学歴フィルターはない可能性が高いと思います。ビックカメラの就職の倍率は正確には知ることができないのですが、こういったところからある程度推測はできると思います。小売業界では学歴フィルターのようなものを使っているところは少ないと思うのですが、一応ビックカメラに関しても知っておくと良いと思うのです。ビックカメラの採用試験の難易度においては、いろいろな面を把握しておいてほしいですけど、ビックカメラの就職の学歴フィルターに関してはそういった状況であり、存在している可能性は相当低いでしょう。

 

学歴フィルターについてはそもそも存在している企業の方が圧倒的に少ないはずなので、ビックカメラの就職において学歴フィルターがある可能性も当然低くなります。しかし、学歴フィルターがないといって、学歴や大学名が選考に関係ないとは言えません。たいていの企業では、エントリーシートや履歴書に学歴や大学名を書かせているので、それはつまりそこを見るということでしょう。合否に関係する割合はそれぞれの企業によりけりですけど、ビックカメラの就職でも学歴や大学名は関係あると思っておいた方が良いです。ビックカメラの場合には関係するといっても、単純に高学歴や有名大学が有利とか、そういう単純なものではない気もしますが。どちらかと言えば、OBやOGの採用実績が多いところの方が有利になる可能性もあります。だから、企業によってどういう部分を重視するか?は変わるということで、ビックカメラの就職で学歴や大学名を見ているとしても、どういった人が有利になるか?はケースバイケースで読めない部分もあるということなのです。ビックカメラの就職の倍率が分からないという意味では、ビックカメラの就職の難易度は測るのが難しいと言えますけど、実際に選考を受ける前にビックカメラの就職の評判は知っておいてほしいです。社員の口コミからビックカメラの仕事は激務か?とか、そういった面について知っておいた方が良いと思います。

 

ビックカメラの就職の評判はどうなっている?

ビックカメラの就職の評判を確かめるときには社員の口コミを見ておくのが良いです。そういったものが公開されているので、ここでも紹介していきます。ビックカメラの会社としての実態を理解したうえで受けていきましょう。ビックカメラの就職における難易度はある程度はあると思いますが、そういった中で内定を得ても、働きながら納得のいかない会社だと困りますから、こういったところはちゃんと調べておきましょう。ビックカメラの就職の評判としては、労働時間に関しては店舗ごとに異なっています。ビックカメラの場合、新卒で入ってくる人はまずは店舗勤務という形になると思いますが、配属される店舗によって激務の度合いなどは変わると思います。こういった会社の場合、自分が勤務するお店の立地による混雑具合やアルバイトの数などによって、仕事が忙しいか?が変わってくるのです。だから、店舗によってビックカメラの仕事が激務に感じたり、そうじゃない場合もあるはずです。だから、仕事が激務な可能性もありますが、働いてみないと分からない部分もあるようです。小売店の場合、基本的には忙しいですから、どの店舗になっても、ビックカメラで働く以上は激務は想定しておいた方が良いと思います。ただ、残業などが特に多いか?というと、そうでもないようなのです。ビックカメラでは、閉店後にお店の電気を節電目的で消すようになっており、残業ができるとしても時間は限られています。すなわち、長時間の残業はまずありえないのです。

 

したがって、ビックカメラの就職の評判においては、激務になるとしてもその限度はちゃんとあり、激務までいかないような状況が多い可能性もあるのです。店舗ごとに対応が異なっている可能性があるので、一概には言えませんが、ビックカメラの社員の口コミでは残業はあるが、すごい長い残業がありそうな雰囲気ではないのです。そして、サービス残業や休日出勤というのもないようで、その辺は社員の評判としても良いです。ただ、気になる点があるとすれば、年間の休日数が少ないという口コミがあるという点です。1日当たりの労働時間はそこまで多くないと思われますが、休日が少ないとその分忙しいと感じる可能性は高まります。小売店は仕方ない気がしますね。基本的にほぼ毎日営業してますから。年末年始にちょっと休むくらいで、それ以外は休まず営業しているはずなので、店舗勤務をしている間はどうしても毎日誰かが出勤しているような状況のはずなので、人手が足りなくなる可能性があり、必然的に休日が少なくなりやすいです。3日連続以上で休暇を取りづらいみたいで、有給休暇を使う日については限定されている状況でしょう。こういったところがビックカメラの就職の評判です。忙しいと思える面もあれば、激務というほどではない可能性がある面もあり、実際に働いてみないと分からない部分も多いと思いますが、新卒で入社したらしばらくはこういう感じで働くことになるでしょう。ビックカメラの採用試験の難易度はそこまで高くはない可能性もありますけど、倍率が分かりませんし、しっかりと対策をしてほしいです。ただ、その前には会社の評判を調べて、働く姿を想像しておくと良いでしょう。

 

就活で内定を取るためにおすすめのナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、実際に企業の方から自分にスカウトを送ってきたら、その企業は自分に対して少なからず興味を抱いているということが確定するということなのです。

 

だから、スカウトが着た企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。スカウトが誰に対しても絶対に来るとは言えないものの、自分のプロフィールページを充実させていけば、確率を高めることはできます。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

AO入試や推薦入試は就職に不利なのか?就職できないは幻想だが企業の偏見はありそう

就職活動をするときには、AO入試や公募推薦、指定校推薦などで入学する学生が不利になるという言

記事を読む

内定辞退の理由で勤務地や合わないからはダメ?留年したと嘘をつくのが鉄壁か?

内定辞退をするときにはすんなりいかないことも多々あって、どうしても企業からの説得を受ける可能

記事を読む

スターバックスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

スターバックスコーヒージャパンに就職したいと考えている就活生はその難易度について知っておきま

記事を読む

エントリーシートの大学で学んだこと、学んだ内容、勉強内容など大学で頑張ったことの書き方のポイント

就活をするときにはエントリーシートを書かないといけませんけど、そのときの項目と言うのはいろい

記事を読む

私立大学の職員は受からない?国立大学は面接の倍率が低く受かりやすい

大学職員というのは、新卒の大学生の人気の就職先となっています。それはどうしても仕事が楽という

記事を読む

エントリーシートと履歴書で内容がかぶる、重複するのは問題ない

就職活動で存在する履歴書とエントリーシートの違いって何でしょうか?多くの学生は1つの企業から

記事を読む

no image

就活で何をすべきか?何をしたらいいか分からない場合、内定を取るためにおすすめのやり方

就活をしているときに一体どうすればいいか?分からないというときがあると思うのです。就職活動ってやり方

記事を読む

ホテル業界の就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判と平均年収や離職率はどうなっている?

ホテル業界というのはどういうイメージでしょうか?ホテル業界と言えば、サービス業というイメージ

記事を読む

就活でOB訪問しないと不利になる?意味はあるのか?

就職活動を進めていくと、いずれOB、OG訪問をする時期がやってくると思います。OB、OG訪問

記事を読む

ネスレ日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ネスレ日本は海外に海外に本社がある食品メーカーとして、日本でも馴染みが深いという人が多いでし

記事を読む

日本アクセスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本アクセスの就職の難易度について気になっている人が多いと思い

日本食研の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

日本食研というと、焼き肉のたれのCMが有名です。最近はそこまで

NTT西日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTT西日本グループに就職するにはかなり高い難易度を突破してい

イトーキの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

文具やインテリア、事務機器などのメーカーであるイトーキに就職し

ラウンドワンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

ラウンドワンに就職したいと考えている人については、まずはその難

→もっと見る

PAGE TOP ↑