エントリーシートの大学で学んだこと、学んだ内容、勉強内容など大学で頑張ったことの書き方のポイント

公開日: : 学生たちの就職活動

エントリーシートの大学で学んだこと、学んだ内容、勉強内容など大学で頑張ったことの書き方のポイント

就活をするときにはエントリーシートを書かないといけませんけど、そのときの項目と言うのはいろいろなものがあります。履歴書にはない項目もあって、例えば大学で学んだことを書かないといけないときがあるのです。そういった部分はどういったことを書けば良いのか?と悩んだ人もいるかもしれません。エントリーシートで大学で学んだことを聞いているということは勉強面について聞いているということになります。問題は勉強面においてどういったことを書けば良いのか?ということです。大学で学んだ内容というのはいろいろなものがあります。授業やゼミなどになると思いますけど、その中から何を選ぶか?ということも重要ですけど、どういった方向性で書くか?ということも大切になります。そういったところを考えながら、エントリーシートに記入していきましょう。エントリーシートで大学で学んだことを書くときには、結局のところはそれが仕事につながることのアピールとして機能していかないといけないのです。だから、そういったアピールにつなげやすいものを選ぶというのがポイントになります。そういったものにぴったりなことをエントリーシートに書いていく必要があるのです。ちなみに勉強以外じゃダメなのか?と思う人もいると思います。この聞き方だと勉強以外でも良さそうなので、サークルとかでも良いのかな?という気はしないでもないです。ただ、別途自己PRもあるのではないか?と思うのですが、もし自己PRを別に書かないといけないときにはアピール内容のジャンルが異なった方が良いと思うのです。サークルとサークル、勉強と勉強ではなく、勉強とサークルにするとかです。だから、エントリーシートで大学で学んだことを書くときには、他にも自己PRや学生時代頑張ったことなど、似たような質問項目がないか?をチェックしておきましょう。ただ、勉強内容など明らかに勉強関連のことを聞いているときにはその話を選ばないといけないのです。

 

エントリーシートで大学で学んだことについて書くときのポイント

エントリーシートで大学で学んだ内容を選ぶときには、基本的にはこれじゃないといけないということはありません。しかし、先に受ける会社の企業研究をしておいて、事業内容などを細かく調べておく必要があります。というのも、先ほど言ったようにエントリーシートで大学での勉強内容を書くときには、仕事とリンクするものを書かないといけないのです。書かないといけないというよりは、そういったものを書かないとほとんどアピールにならないので、人事に認めてもらうには勉強内容を書くときにはそういった内容にしないといけないということになります。だから、大学で学んだことが、いかに有意義で素晴らしいことだとしても、仕事で生きない知識などしか得られなかった場合には、それは自己満足という評価になってしまうのでしょう。新卒の場合、会社としては即戦力になってもらいたいとは思っていないかもしれないが、将来的には能力を発揮してもらいたいと思っているはずなので、仕事に生きる能力が垣間見える人を選びたいはずなのです。すると、エントリーシートで大学で学んだ内容を書くときには、仕事に生きる知識などをアピールできるか?という部分が必要ということになります。例えば、経済学部の学生が労働法の授業を選んで説明しようとしても難しいと思います。労働法はどちらかというと、労働者にとって役立つ知識であり、会社における業務として生きる部分は少ないと思います。労働者に認められた権利を行使したりするときには必要な知識であるものの、それが仕事において役立つか?というと、厳しいのでそういうものは選ばない方が良いと思うのです。エントリーシートで大学での勉強内容を書くときには例えば、経済学部、または経営学部だと産業組織とかについて学ぶ授業があると思うのですが、そういったものを履修していて、それを題材にするとなれば良いアピールになる可能性があります。こういったものは実際の業務においても生かせる知識となりうるはずですから。あとは、それをどうアピールしていくか?という部分になります。

 

アピールをするときには受ける会社の事業内容などを考慮し、具体的な場面や仕事内容などを出して、ここで役立つ!生かせる!というピンポイントのアピールをした方が良い気がします。その会社じゃないと生かせないものであっても、多くの会社で生かせるものであっても良いと思うのですが、さっきの産業組織の話だったら、人事職などに就いたときには確かに生かせる場面はありそうです。エントリーシートで大学で学んだ内容を書くときにはそういったポイントを意識しておきましょう。あとはエントリーシートで大学での専攻内容というのを聞かれる場合があります。エントリーシートで大学での専攻を聞かれたときには、授業とはちょっと違う聞かれ方をするでしょう。専攻内容というのは普通に考えたらゼミかな?と思います。だから、ゼミに入っている人はその専攻内容を書いて、そこから得たことで会社に入ってから生かせることを書くと良いと思います。ゼミに入っていない人はこういった部分に関しては書きづらい可能性があります。そういったときにはエントリーシートで大学での専攻を書くときには、すでに話したように会社で仕事をするときに生きる能力や知識を身に付けられた授業をチョイスして、それを専攻とするのが1番良い気がします。エントリーシートで大学で頑張ったこととはちょっと違う角度からの質問ですけど、エントリーシートで大学での専攻という聞き方をする場合もあります。そのときには最後は会社で生かせる部分につなげていくことは忘れないでほしいと思います。エントリーシートで大学で頑張ったことなどを聞かれるときには、いろいろな聞かれ方があります。大学で学んだことや大学での勉強内容、あとは大学での専攻などです。同じようなことを聞いているように思えますが、聞かれ方によっては書く内容を変えていかないといけない場合があるので、そこはあらかじめ知っておいてほしいと思います。

 

就活ではナビサイトでどこを選ぶか?が重要になる

就活をするときにはナビサイトの選び方が重要になります。普段ナビサイトを使うときにはほとんどの就活生は意識することなく、とりあえず有名なところを使っておけば問題ないという認識で、知名度が高いところを選んで登録しているのではないでしょうか?そういったナビサイトはやはり安心感もあるでしょう。多くの人が利用しているわけですから。ただ、有名なナビサイトほど多くの就活生が利用するので、そこが1つ問題点になることがあるのです。それは多くの就活生が利用しているということは、その多くの就活生がエントリーした総量がとんでもなく多くなるということです。したがって、有名なナビサイトは多くの就活生が利用しているので、その多くの就活生がするエントリーの総量がとんでもなく多くなるために、そのナビサイトに求人を出している会社に対して、それぞれ多くのエントリーが届くことになり、自分もそのナビサイトを利用していたときには、自分がエントリーした会社に大量のエントリーが殺到している可能性もあるのです。そうなると競争率が上がりますから、倍率も高くなり、内定は取りづらいという状況が出来上がってしまうのです。有名で知名度のあるナビサイトを利用していると、知らない間に常にそういった状況で就活をしないといけない可能性もあります。倍率が高い状況で就活をしないといけないとなると、内定が取りづらいので、そういったナビサイトを使ってはいけないわけではないのですが、別のナビサイトと組み合わせて、リスクを分散すると良いと思います。知名度は下がるが、競争率が高くなりづらいナビサイト、就活生がそこまで多くは利用していないところはおすすめなのです。例えば、「ニクリーチ」はその1つです。ここはいわゆるスカウト型のナビサイトで、学生が企業を検索するのではなく、企業が登録している学生を検索して気に入った人にスカウトを送り、選考を受けてもらうといった流れになっています。したがって、通常のナビサイトとは明らかに違った流れになっているのですが、そこが大きなメリットを生むのです。従来のやり方では学生が企業を検索してから気に入ったところにエントリーをして、選考に参加します。その過程で自分に興味を持ってもらえるようにアピールをしますが、それが上手くいくとは限りません。多くのケースでなかなか人事に興味を持ってもらえず、不採用になることが多いでしょう。つまり、従来のやり方では、自分に興味を持ってもらえるか?どうかは受けてみないと分からないのですが、興味を持ってもらえないことが多いため、なかなか内定までたどり着けないということになるのです。受けてみないと分からないからこそ、たくさんの企業を受けて、その結果多くは不採用になることが多いと思われるので、従来のやり方は結果的に自分に対して興味を抱いてくれない企業を多く受けてしまう、内定が取りづらい企業を多く受けざるを得ないということが言えるのです。

 

内定を貰うには自分に興味を持ってもらうことがまず必要なので、その確率を上げられれば、内定を取れる確率も上がることになります。そして、ニクリーチではスカウト型の採用活動をしているため、企業からスカウトがくるわけですけど、スカウトがくるということはそれを送った企業側はあなたに興味を持っているという証拠になります。したがって、スカウトが着た会社を受けることで、少しでも内定への望みが高い状態の企業を受けられるということになるのです。ここは就活をするうえで大きなメリットになります。実際、スカウトはいろいろな企業や業界から来るので、自分が当初は想定していない業界などから来るのですが、そういったところが自分でも気づいていない適性や魅力を発見してくれてスカウトを送ることもあり、それを受け取ることで、就活における視野が広がるという効果も期待できるのです。いろいろなメリットがあるニクリーチはスカウトが届くと、事前に企業の人間と会って、食事などをしながらお互いに聞きたいことを質問する機会などがあります。企業の方も質問をいろいろとしてくると思うので、そのときに就活生としてもアピールをすることもできますし、こちらが質問をするときには事前に聞いておきたいことを個別に聞ける時間があるので、入社後こんなはずじゃなかった!ということを避けるために、気になることを何でも聞けるチャンスが用意されているのです。ミスマッチを防ぐために十分な機会があるというのも大きいでしょう。その企業を受けてみたいと思えば、そこから選考を受けることができますが、スカウトを利用しているので、多少なりとも有利な状況で進められるのではないか?と思います。ニクリーチはすでに話したように知名度がそこまであるわけではないので、就活生の利用者数は多くはないでしょうから、ここを利用して企業を受けるときに同じ企業を受けるという確率はかなり低い、つまり競争率が高まりづらいので、倍率も上がらないということになりますから、内定が取りやすいと言えるのです。絶対にスカウトがくるとは言えないものの、プロフィールを充実させるなどして確率を上げることはできます。そして、普段使っているナビサイトがあれば、そこと併用することも可能で、リスクを分散させることもできるはずです。無料の会員登録をすると利用できるので、良かったら参考にしてみてください。

これまで考えてもみなかった企業や業界からスカウトが届き、話を聞けば視界が大きく広がる!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

就活で男女の前髪は長い、短いはNG!中途半端の方が良い

就職活動をしていて、いろいろと自分の身だしなみにも気を使いますよね。就職活動では、人事に自分

記事を読む

銀行やメガバンクの面接、エントリーシートでの志望動機、自己PRの考え方の例

銀行やメガバンクを受ける新卒で未経験の大学生は面接での志望動機が必要になると思います。面接だ

記事を読む

インターンシップの内容は何をする?何をさせる?どんなことをするのか?どんな感じか?

インターンシップというのは一体何をする場なのでしょうか?インターンシップの内容に関しては、漠

記事を読む

面接等で「私服でお越しください」の正解を知るイベントがある

就職活動の場では、学生にスーツではなく、あえて私服を要求する会社もあります。それは企業側の思

記事を読む

社会人のスタート!入社式での髪色は?茶髪はダメ?

無事に就職活動を終えて、就職が決まれば、4月の上旬に入社式があると思います。入社式は会社の従

記事を読む

食品業界、メーカーの就職は安定性や評判が高いが難易度や倍率もヤバイ

就職活動をするにあたって、どの業界を志望するか?というのは、極めて大きな要素です。1つに絞ら

記事を読む

就活の自己PRで向上心、前向きさアピールは非常に効果的!

新卒の大学生の就職活動の自己PRのネタで悩んでいる人も多いかもしれません。自己PRはいろいろ

記事を読む

就活の髪型でウイッグやエクステは使用OK?パーマやボブというスタイルは許容範囲か?

就活をするときの髪型というのは非常に多くの人が気になるもので、なかなか考えるのも大変ではない

記事を読む

no image

不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません。不動産業界は大手から中小まで

記事を読む

会社説明会は当日欠席は電話はNG!?メールかばっくれる方がまだマシ?

就職活動において、会社説明会とかを予約してばっくれてしまう就活生がいます。しかも、そんなに珍

記事を読む

中村学園大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインと入試科目、配点について

中村学園大学は九州地方の名門女子大です。中村学園大学は全国的に

no image
不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります

平成国際大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは高いのか?

平成国際大学というのはどちらかというと、スポーツで有名な大学と

ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

ブライダル業界に就職したいと思っている方も多くいると思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑