就活でエントリーは何社?いくつが目安?たくさん大量に応募するのもあり!

公開日: : 学生たちの就職活動

就活でエントリーは何社?いくつが目安?たくさん大量に応募するのもあり!

就活をするにあたって、やはり最初はエントリーをするところからスタートします。就活はエントリーをしないと選考を受けられないので、まずはそこが重要になります。しかし、エントリーをするというのは今の時代、パソコンを使って簡単に行えてしまいます。クリック1つでエントリーをすることが容易なので、エントリーをすることに躊躇がありません。多くの学生は受けるか?どうか分からないけど、とりあえずエントリーはしておこうといった気持ちでいるのではないでしょうか?したがって、気付いたら100社くらいエントリーしている人もいると思います。実際はそれだけの数の会社を受けることはあまりないと思いますけど、就活ではエントリーをする数はどれくらい必要なのか?というのは気になっている人はいるでしょう。就活でのエントリーの目安はいくつなのか?について知りたい人もいると思います。エントリーはナビサイトがオープンした人からできると思うので、就活のエントリーはいつから行えるのか?と言えば3月1日あたりになるのではないか?と思います。だから、就活でエントリーはいつからできるのか?と疑問に思った人は3月1日にナビサイトを見てみると良いと思います。ただ、就活のエントリーはいつから行えるのか?分かったとしても、何社くらいやれば良いのか?疑問という人もいるのではないでしょうか?就活のエントリーはいくつ行えば良いのか?については正解はありません。だから、目安は全くないことはないですけど、エントリーした方が良いと思った企業はエントリーして良いと思うんですよね。就活ではエントリーはいくつすべきか?という部分は気にしないでいた方が就活は上手くいく気がするのです。

 

就活でのエントリー数はいくつくらいした方が良いのか?

これは要するにエントリーをすることのデメリットがあるか?という部分を考えてみると良いでしょう。就活でたくさんの企業にエントリーするとどういうデメリットがあるでしょうか?1つ挙がるとすれば、たくさんメールが着ます。それは就活で使っているメールアドレス宛もそうですし、ナビサイト内のマイページも同じです。デメリットがあるとすれば、そうやってエントリーした企業からの最新情報のようなものが多く届くので、それを見ていくのが大変とか、管理が手間がかかるといったことだと思うので、意外と少ないと思います。だから、就活でエントリーをたくさんしてもデメリットはそんなにないと思うのです。だから、就活のエントリーはいくつやればいいのか?というときには、好きなだけエントリーしてもそんなに問題ではないと思います。何社までとか制限を設けずに好きなだけやってもデメリットがそんなに大きくないのです。そして、エントリーしようか?迷っている企業があって、その場でエントリーしないと忘れてしまう可能性があります。そして、早くエントリーをしておかないと、会社説明会の予約とかに乗り遅れる可能性もありますし、ちょっと気になっている程度の企業でも、気付いた時点でエントリーをしないと失敗する可能性があるので、私はナビサイトを見ていて、気になった企業、エントリーしようか?どうか悩んでいる企業があれば、ちょっと考えてみようか?と思うのではなく、その場でエントリーしてしまって良いと思います。就活ではエントリーはいくつでもOKということで、エントリーはたくさんしていくこともある意味重要なのです。そして、最新情報を受け取って会社説明会の予約などに備えるという形が良いと思うのです。したがって、就活ではエントリーは何社までとか考えなくて良いと思います。チャンスを逃すことになるかもしれないので、エントリーは何社までとは考えず、気になった企業があれば上限は考えずにいて良いと思うのです。実際、企業によってはエントリーはいつまでという期限のようなものがある可能性があります。採用活動も1年中ずっとやっているわけではなく、その中の一部の時期です。開始時期はそれぞれの企業ごとにちょっと異なる面もありますが、ナビサイトのエントリーはいつまでという期限のようなものも会社ごとに違うと思われます。したがって、早くしないと採用活動が終わってしまう可能性もあるので、ナビサイトで検索をしていて気になる企業があれば、それがいつであっても、その場でエントリーして最新情報を受け取る形にした方が良いと思うのです。就活ではエントリーは何社という決まりはないですし、可能性を上げるならばたくさんエントリーした方が良いのでしょう。

 

今の就活はエントリーはたくさん行うのが常識みたいになっています。みんながたくさん行っているので、どの企業も受ける人が多くなり、倍率が上がりやすいため、内定を取るにはたくさん受けて確率を上げるしかないというのが、現代の就活のジレンマなのです。その結果、さらに企業あたりの倍率は上がりやすくなってしまいますが。ただ、現代の就活の仕組みを考えると、みんな大量にエントリーをするので、自分だけが数を自粛してもほとんど影響はありません。だから、わざと大量にエントリーをする必要はありませんが、ある程度たくさんエントリーしたいならば、しても良いと思いますから、就活ではエントリーの数はいくつが目安なのか?というのはほとんど存在しません。その人がどれだけの企業を検索して、どれだけの企業に関心を持つか?によるのです。関心を持つ企業が何社あるのか?という状況によってエントリーする数は決まります。したがって、エントリーは何社が良いのか?という目安はないので、結局内定を取りたいのであれば、気になる企業に片っ端から応募していくという戦略でも構わないと思います。就活ではエントリーはたくさん行うことがある意味正しいことになっていると思います。そして、就活のエントリーはいつからか?というと、3月1日が始まりのケースが多いです。これはナビサイトから応募するタイプの企業で、ナビサイトを使わないタイプの企業の場合には、もっと早い段階でエントリーできる場合があるので知っておきましょう。だから、どうしても入りたい企業、脂肪道が高い企業はどこで、どのサイトで採用ページをオープンしているのか?の確認をしておく必要があるのです。そういったところが注意点になりますが、就活でのエントリーはいつからか?といった問題もそうですし、いくつくらいエントリーするのが目安なのか?という数字に関しても言いたいことは伝わったかな?と思います。あまりそういった数字にこだわらない方が良いということなのです。

 

就活を行ううえで重要なナビサイト選び

就活をするときにはエントリーをしていくところからスタートするわけですが、そのときにはナビサイトが重要になります。ナビサイトがないと応募できませんから。しかし、皆さんはどういう基準で選んでいますか?恐らくですけど、有名で知名度もある、他の就活生がみんな使っていそうなところを選んで登録しているのではないでしょうか?そういうサイトは利用者が多くいて、正解みたいな安心感もありますし、無意識のそういうサイトが良いと思っている人が多いと思うのです。しかし、ここで1つ知っておいてほしいのは有名なナビサイト、利用者が多いナビサイトはデメリットもあるということです。それは利用者が多いナビサイトは、求人の数もとても多いわけですけど、今の就活はエントリーがクリック1つでできてしまうため、1人当たりの就活生が50社も100社もエントリーするということが稀ではありません。そのため、そういったナビサイトに掲載されている企業に対して大量のエントリーが届きやすくなります。したがって、利用者が多いことで、そのサイトを使っている就活生が同じサイト内のいろいろな企業に大量にエントリーをするため、そのサイト内の企業で就活生同士の競合が起き、1つの企業で倍率が上がってしまう可能性があります。倍率が上がると内定が取りづらくなるので、有名で利用者数も多いナビサイトを使うのは悪いとは言いませんが、それだけだと常に倍率が高い状態で勝負しないといけない可能性もあり、リスクも高いわけです。したがって、そういったサイトも使って良いと思うのですが、別のサイトも同時に使うとリスク分散になります。そのときにおすすめなのが「ニクリーチ」です。ここはちょっと変わった趣向のナビサイトで、いわゆるスカウト型のサイトになります。スカウト型というのは、学生が企業を検索してエントリーをするのではなく、企業が学生を検索して関心を持った人にスカウトを送り、選考を受けてもらうという形をとっているのです。このスカウト型にはある大きなメリットがあります。それは内定の見込みがより高い企業を受けられるということです。通常のナビサイトを使って就活をするときには、就活生自身が気に入った企業にエントリーして、選考を受けていきますが、その過程でアピールをして自分に関心を持ってもらえるように画策します。つまり、最初は企業は何の関心もない状態からスタートして、関心を高めていければ内定に近づけますが、それができないと不採用になるということになります。つまり、結果的に内定を取れる見込みがほぼないようなところも受けてしまう、エントリーしてしまう可能性があるということなのです。

 

その点、スカウト型のサイトはスカウトが着た時点で、スカウトを送ってきた企業はあなたに関心を持っていることが確定しています。じゃないと、送ってきませんから。つまり、内定の見込みがより高い企業を受けられる=内定を取りやすい企業を受けられるという大きな意味を持っているのです。ニクリーチでは学生の方からアプローチをすることもできますが、一般的には企業からのスカウトを待って就活を行うというスタイルになります。プロフィールを充実させて、それを見た企業がスカウトを送ってきて、それを承認すれば、企業の人と会って食事などをしたりしながら、いろいろな話をすることができます。そういった機会を設けてもらうことにより、企業の人間と直接話ができるわけですから、会社説明会とかの質問タイムよりも何十倍も濃い時間を過ごせます。聞きたいことを数に制限を設けないで聞けるような環境になっていますし、逆に向こうも聞きたいことがあって質問してくると思いますけど、そのときにはアピールも同時にできると思うので、選考とはちょっと違う時間ですが、いい機会になると思うのです。そして、そういった場を経て、その企業を受けてみようと思ったら、他の就活生よりも有利な状況の中で選考を受けられるということになると思うのです。そこがニクリーチを利用するメリットになります。ニクリーチの場合には、1度会員登録をしてしまえばあとはスカウトが来るまで待つだけです。スカウトがくるまでは特に何もすることがないので、その間に有名な利用者数も多いナビサイトを使って、企業を検索してエントリーをしていくという定番の流れをとっていくこともできます。つまり、ニクリーチは定番の就活のナビサイトと併用が容易にしやすいため、この2つを組み合わせていくことでリスクを分散しながら就活ができるということになります。無料の会員登録をすれば誰でも利用ができますから、本気で内定が欲しい人は良かったら参考にしてみてください。

これまで考えてもみなかった企業や業界からスカウトが届き、話を聞けば視界が大きく広がる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

新聞社への就職の難易度は筆記試験が高い!年収や評判も良い勝ち組だが大学名や学歴は関係ある?

就活生の中には新聞社に入りたいと思っている方もいるのではないでしょうか?新聞社は大手の企業が

記事を読む

やりがいより労働条件が大切な就活生が不採用なのは当然

以前、『「仕事内容」より「労働条件」ばかりを聞く学生はいらない』などのニュース記事で、給料の

記事を読む

就活でTOEICは有利?関係ない?アピール次第で大きく変わる

就職活動において、資格取得を目指す人は多くいると思います。資格を多く取得して、アピールしたい

記事を読む

新入社員の幕開け!入社式の内容は?何をやるの?

4月1日からは多くの方が新入社員として働き始める初日になると思います。そんな入社式は気持ちを

記事を読む

ソニーミュージックの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無は?激務という評判はある?

音楽業界の中では特に有名と言えるソニーミュージックエンタテイメントに就職したい人は多くいるで

記事を読む

面接官がメモをとらない、何も書かないでも落ちるフラグではない!書き込みの内容次第で決まる

面接を受けているときには面接官がどういう動作をしているか?気になる人もいると思います。それを

記事を読む

SPIはなんのために?やる意味は?やる意味と何がわかるのか?は違う

就活では第一段階などで実施されるのがSPIになります。これはメジャーな選考手法となっており、

記事を読む

就活の面接で親の職業、家族構成の質問の意図と答え方はどうする?

就職活動の面接で、何でこんな質問をするの?みたいな、納得できないような質問をするケースもある

記事を読む

no image

メガバンク、銀行に受かる人とは?就職での身辺調査、素行調査はどこまで?

銀行に勤務をする人間は、非常に慎重に決められていると言えます。そのため、人物としての優秀さと

記事を読む

グループディスカッションで協調性がない、空気読めない人はイライラさせ、うざいやつと思われて落ちる

就職活動の場で割と行われているのがグループディスカッションですが、これは集団の中の協調性や課

記事を読む

日本アクセスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本アクセスの就職の難易度について気になっている人が多いと思い

日本食研の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

日本食研というと、焼き肉のたれのCMが有名です。最近はそこまで

NTT西日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTT西日本グループに就職するにはかなり高い難易度を突破してい

イトーキの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

文具やインテリア、事務機器などのメーカーであるイトーキに就職し

ラウンドワンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

ラウンドワンに就職したいと考えている人については、まずはその難

→もっと見る

PAGE TOP ↑