第二新卒の就職の難易度は?内定率や就職率を上げる求人の探し方は積極採用の企業を見つけること

公開日: : 既卒者、第二新卒者の就職方法

第二新卒の就職の難易度は?内定率や就職率を上げる求人の探し方は積極採用の企業を見つけること就職活動は新卒や中途採用がメインみたいな感じになっていますけど、最近はその中間に位置する人の就活も積極的に行われています。第二新卒という形で新卒に近いが、経験をそれなりに持っている人を積極採用する企業もあるのです。したがって、第二新卒としての就職活動をするというのもありだと思います。でも、新卒や中途採用と違って、第二新卒の就職の難易度はどれくらいなのか?というのは分からない人もいると思います。第二新卒というのは、そもそも情報が少ないです。新卒の就活はむちゃくちゃ情報が多いですし、中途採用も情報は多いです。しかし、第二新卒という言葉が聞かれ始めたのも、割と最近かな?という感じがするので、情報が少ないため、第二新卒の就活がどういった状況なのか?受かるにはどうしたら良いのか?というのは分かりづらいと思います。第二新卒の就職率ってどれくらいなの?高いの?低いの?ということが気になる人もいると思いますが、全体としての数字は見つからないと思います。しかし、私の予想ですけど、第二新卒の就職率ば新卒や中途採用と比べると低いような気がするのです。それはすでに話した通り、情報が少ないという点も関係していると思います。

 

第二新卒の就職率を上げるために必要なこととは?

第二新卒の就職は難易度が高く感じる人もいるかもしれませんが、それは新卒や中途採用ほど情報が多くないからです。新卒や中途採用で就活をする人は多くいますが、第二新卒というのは歴史も浅いですけど、周りにほとんどいないのではないか?と思います。だから、正しいやり方が確立されていないのです。新卒ならばリクナビ、マイナビを使ってみたいな、王道のやり方が存在しないので、正しいやり方が分かっていないで就活を始めてしまう人がいて、それが第二新卒の就職率を下げている気がするのです。確かにナビサイト1つを見ても、新卒はリクナビ、マイナビ、中途採用はリクナビ転職、DODAとか有名なサイトがありますが、第二新卒ってあまり思い浮かばないでしょう。入口の時点で、どうやって就活を始めれば良いの?と迷ってしまう人がいると思うのです。そうやって正しいやり方というか、王道的なやり方が存在しないために、試行錯誤しながら、よく分からないまま就活を始めてしまう人が多いのが第二新卒になると思うのですが、そういった部分が難易度を高めている理由になると思います。したがって、第二新卒での就職の内定率を高めるには、まず最初にどんな方法を選ぶか?スタートラインの時点での決断がとても重要となるのです。第二新卒の就職の難易度は実際は高くないかもしれませんが、最初の時点で自然と高くなっている人がいるかもしれないので、そこはまず知っておきましょう。

 

では、どういうやり方が第二新卒の王道的な正攻法になるのか?と言えば、第二新卒専門のナビサイトを使うということです。第二新卒は新卒のナビサイトは使えませんから、転職用の中途採用の人が使うサイトを利用するケースが多いかもしれません。でも、そういったところは要は第二新卒ではなくて、中途採用組と同じ土俵で戦わないといけないケースが増えるので、第二新卒の人は不利です。転職組のナビサイトは転職組がメインなので、第二新卒の人でも利用はできるかもしれませんが、企業としても中途採用をメインに求人をそういうサイトに出しているはずなので、第二新卒の人が受けに来てもそこまで期待を持てないのではないか?と思います。だから、第二新卒の人が内定率を高めるには、第二新卒専門のナビサイトを利用するということが重要なのです。転職組がいるサイトは就職するための難易度がとても高くなりやすいので、第二新卒の人の求人の探し方としては、専門のサイトを見つけて登録するということが必要になります。そういったサイトを利用すれば、ライバルとなるのは全員第二新卒の人間なので、自分が不利になるということはなりませんし、そういうサイトに求人を出している企業は第二新卒の専門サイトであることを分かったうえで求人を出すので、第二新卒を積極採用する気がある会社ということが言えます。したがって、トータルで第二新卒の人が就職しやすい環境を作ることができるようになります。

 

第二新卒の人が使うべきナビサイトとは?

第二新卒の人の求人の探し方というのはいろいろありますが、積極採用をしているナビサイトを使うべきで、例えば「【ウズキャリ第二新卒】」があります。このウズキャリ第二新卒は第二新卒の人しかほぼ利用していないのですが、そういった層に特化して就職支援を行っています。こういったサイトを利用することが第二新卒の内定率を上げることにつながるのです。ここは求人を検索して応募するだけのサイトというよりは、内定獲得のための支援をメインとしたサイトで、求人を探して応募していくこともできますけど、それ以降のキャリアカウンセラーのサポートこそが特徴になるのです。具体的に言うと、会員登録をするとキャリアカウンセラーと一緒に面談をして、そこで希望の求人の条件について話し合います。そして、その後キャリアカウンセラーから求人をいくつか紹介してもらって、応募する会社を決めるわけです。そして、書類選考に際してはキャリアカウンセラーがきちんと応募書類をチェックして、問題があれば添削をして、その後送ることになるのです。そして、そのときには推薦状を添付して送ってくれるので、それも書類選考の通過率を上げることにつながります。そして、書類選考を通過すれば面接を受けるということになりますが、面接を受ける前にもきちんと対策をしてくれます。ウズキャリ第二新卒の場合には模擬面接などを通じて、キャリアカウンセラーがあなたの面接で足りない部分を指摘したり、直すべき部分について指導をしてくれるので、こういったプロセスを通じて少しずつ面接が上手くなっていくはずです。面接が苦手な人は多くいると思うのですが、こういった人たちが丁寧に指導をしてくれれば、嫌でも少しずつ実力は上がっていくと思います。

 

こういったところが第二新卒としての就職の内定率を高められる所以になります。実際、ウズキャリ第二新卒では内定率が83%とかなり高いみたいですから、こういった第二新卒の求人の探し方から、選考の受け方をしていくと就職率はどんどん高まっていくと思うのです。やはりこの世界に詳しいキャリアカウンセラーが最初から内定を取るまでずっとサポートをしてくれるという点が心強いでしょうし、第二新卒の就職の難易度は高いと感じても、こういった人たちがそばにいるということで、自分でもなんとかなるかもしれないという気になってくる人もいるのではないでしょうか?新卒の就活は1人でやらないといけない場面が多く、そこが難易度を上げている部分もあると思うのです。でも、こういった手厚いサポートがあるというのはかなりやる気にさせてくれると思いますし、貴重な存在と言えるのではないでしょうか?第二新卒の就職に関しては難易度は高いかもしれませんが、その壁を超えるために一緒に頑張ってくれる人たちがいるわけですから、就活のスタートからゴールまでキャリアカウンセラーが付きっ切りで面倒を見てくれますし、それによって就職率も上がりやすくなると思うので、ウズキャリ第二新卒のような就職支援をしてくれる会社はかなり貴重と言えるのです。ちなみにこのウズキャリ第二新卒の利用に際してお金はいくらかかるのか?というと、無料です。お金はかかりません。したがって、金銭的負担なく就活ができるので、かなり大きな助けになると思います。第二新卒の求人の探し方をするときにも使えますし、第二新卒専門のナビサイトなのでここに求人を出している企業は第二新卒を積極採用しているところだけでしょうから、そういったところも内定率を上げられる要素になると言えるのです。1人で就活をするのはいろいろと不安でしょうし、そういったときに身近に頼れる存在、力になってくれる人たちがいるという点はかなりメリットになると思うので、第二新卒として就職したい人は良かったら参考にしてほしいと思います。

既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート
書類通過率87%以上。面接対策無料【ウズキャリ第二新卒】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

既卒は採用しない嘘!有利な受け入れ企業を探せばなんとかなる!就職が不利や厳しいことはない!

大学を卒業してしまうと就職するのは困難というのが世間の常識です。確かにそういう常識は存在して

記事を読む

既卒で就職を諦めない人へ、なんとかなる方法を教えます!

世間一般的にいうと、既卒で就職活動をしている人は、あまり状況は芳しくないとされています。やは

記事を読む

内定が出ない就活生、内定ないまま卒業の既卒者の逆転方法

大学在学中に就職活動をしていたが、どうやら内定をとれないまま卒業してしまいそうだ。また、すで

記事を読む

第二新卒の就活でも職務経歴書の提出は必要?

第二新卒として就職活動をしている人たちも多いと思います。第二新卒といっても、いろいろな境遇の

記事を読む

第二新卒の就活は厳しいか?不安な人が頼れる綱とは?

就職後、すぐに辞めたくなってしまう人が多いようですね。辞めたくなる気持ちは誰にでも生まれやす

記事を読む

既卒で就活をするのが不安、面接に苦手意識のある人も大丈夫!

既卒の方は世間的にはやはり新卒と比べて不利と言われているし、就職できないということが囁かれて

記事を読む

既卒者やフリーターの就活の時期はいつからが最適?

大学を卒業して、既卒として就職活動をされる方もたくさんいます。彼らは卒業後すぐに始めている人

記事を読む

第二新卒の扱いは新卒と中途の両面を持った最高価値の存在

第二新卒というのは、言ってしまえば非常に中途半端な立場の人たちです。新卒の大学生と転職をする

記事を読む

ニートや職歴なしで、面接に落ちるの怖い人が就職する方法

ニートの人で働く気がある人というのもいると思います。でも、なかなか踏ん切りがつかない面接をう

記事を読む

新卒で就職できなかった、既卒になってしまった人も問題ない!

新たな4年生の就職活動が始まると同時に、すでに就職活動を終えて卒業を迎えた人もいるかと思いま

記事を読む

熊本学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインについて

九州の熊本県の私立大学としては熊本学園大学が有名です。熊本学園

音楽業界、レコード会社の就職の難易度や倍率は?激務の評判はある?今後や将来性は?

音楽業界といえば、レコード会社を代表するような非常に華やかなイ

神奈川大学の国際日本学部と国際経営学部の偏差値や難易度、評判の予想について

神奈川大学ではみなとみらいキャンパスの設置に向けて、新学部の設

ドラッグストアの就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判はあるのか?

ドラッグストアへの就職を考えている人もいるのではないでしょうか

東北学院大学と日東駒専、大東亜帝国はどっちが上?頭いいレベル?イメージや雰囲気の違いを比較してみた

東北地方にある私立大学の中でとくに有名なのは東北学院大学です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑