就活で単位が少ない、ギリギリは関係する?両立できないと影響はある?

公開日: : 学生たちの就職活動

就活で単位が少ない、ギリギリは関係する?両立できないと影響はある?47e4cc5058dcdd15a5cc05cffe359b82_s

就活をしているときには学業生活との両立の問題があります。就活をしながら大学の単位をとっていかないといけないので、これが結構大変なのです。そして、学生によって残っている単位の数が違います。4年生の春の段階で残り1年ということを考えると、理想は15単位以下かな?と思いますが、それが難しい人もいます。私なんかは大学4年生の時点で残り単位数が30いくつだったと思います。かなりヤバかったです。だから、私は1年留年して、翌年就活をしました。就職活動をするときには残りの単位数というのが結構影響を与えるもので、それは就活と学業の両立の難易度という点でも重要ですが、人事の印象という部分でも大きな影響を与える可能性があるのです。就活では単位数が少ないと、残りで取らないといけない単位が多いということになり、それだけ大学に通わないといけないので、就活が疎かになりやすいという面もありますが、人事から見ると、「この子ちゃんと卒業できるのかな?」と思われたら、内定は出しづらいでしょう。そのラインがどこにあるのか?は人によって違いますが、私みたいに30単位以上残して就活していたら、内定は出しづらいと思います。そういう問題があるのです。

 

就活では残りの単位数と合否には関係がある?

就活をしていて単位がギリギリな感じになっている人って結構いると思います。私みたいな1年間で30単位以上とらないといけない状況はまさにそれに近いでしょう。余裕を持って卒業できるとは言えず、卒業できたとしてもギリギリになりそうな感じです。そういう人はどうしても企業から見ると信用が足りないという感じになりますよね。どれだけ優秀に思えても、卒業できないかもしれないという一点があるだけで、その人に内定を出すのはリスクに感じられる気がします。だから、就活と単位の関係は大いにあると思った方が良いです。でも、どのくらいの残り単位数から影響があるのか?は何とも言えません。そもそも全く気にしないという会社もあると思います。私であれば、4年生の時点で25単位以上残っていると、ちょっと怪しいと思うかな?って感じです。理想は20単位未満です。20単位未満ならば私はほぼ平等に見ると思いますが、20単位以上からはちょっとどうなのかな?と思うでしょうし、25単位を超えていると、卒業できない可能性がそれなりにあるかもしれないと厳しい見方をすると思います。ただ、他の人事がどう考えるか?は分かりません。就活と単位は関係があるが、いろいろな会社を受けていれば、関係が濃い企業と薄い企業があるはずで、いろいろな企業にバランスよく当たるということになるのではないでしょうか?就活で単位がギリギリな感じで、卒業できるか?微妙だと思っている人がいたとしても、そんなに気にしないといけないか?というと、そこまで気にする問題とも思えません。気にしてもしょうがないですし、成績証明書とか、卒業見込み証明書というのを出すタイミングが遅い会社があるはずで、内定後というところもありますから、そういうところは内定後じゃないと自分の残りの単位数が会社に分からないので、事実上影響がないということになります。就活と単位の関係というのは多くの学生は気になると思いますが、企業の中には気にしていないところは多くあると思います。就活では残りの単位数が影響しないと思われるところもあるので、気にしない方が良いんじゃないですかね?

 

就活をしながら単位を取るというのは結構大変だと思います。というのも、結局どっちかを優先しないといけないときがそれぞれであると思うのですが、単位を優先しようとすると就活が疎かになりやすいですし、その逆もありえるので、両立するというのはかなり難易度が高いと思います。また、特に地方から東京とかに来て就活をしている人の場合には、往復が大変ですから、余計に学業と就活に与える影響は大きいです。就活での単位の影響はいろいろなところであるかもしれませんけど、人によって違いもあると思われますし、就活では取得単位が少ないことが合否に影響するか?どうかよりも、卒業できるか?どうかを気にした方が良いのです。早めに内定が出れば、後は大学の授業の専念できるかもしれませんけど、就活が長引いたり、内定は出たけど、まだまだ就活を続けるという人は卒業に影響する可能性があるので、就活の時点で取得した単位が少ないために卒業が微妙と感じている人ほど、早めに内定をとっておきたいところだと思います。単位が卒業のギリギリだと感じている人ほど焦りはあるかもしれませんが、実際に焦りながら就活をしていかないといけない可能性もあるのです。焦ると良い結果にはならないかもしれませんが、内定を得ても卒業できないと水の泡になるので、就活で取得した単位が少ない人やギリギリで卒業になりそうな予感がする人は就活で内定を取れるか?どうかというプレッシャーと内定を取れても卒業できるか?という二重のプレッシャーに悩まされる可能性もあるので、企業は就活での単位が少ないとか、ギリギリの問題を関係ないものとして捉えている場合もありますけど、だからといって本人が一切気にしないで良いものとも言えない可能性もあるので、就活と大学の単位の両立はちゃんと考えながら行わないといけないのです。取得単位が多くて余裕がある人は良いですけど、そうじゃない人はいかに就活と大学の単位を両立して、どちらも理想的な状態に持っていくか?ということを考えましょう。

 

就活を優位に進めるためのナビサイトを紹介!

就活では大学の授業と両立して単位を多くとっていくことも重要ですけど、内定を取るためにはどのナビサイトを使うか?ということも同時に重要になるので知っておきましょう。就活で重要なナビサイトというのは、例えば「ニクリーチ」のようなサイトがおすすめです。ここは新卒の就職活動ではちょっと珍しいスカウト型のサイトです。学生が自分で企業を検索してエントリーする従来の形ではなくて、企業からのスカウトを待ってそこから選考を受けていくことになるのですが、こういったスカウト型のサイトはある大きなメリットを持っています。それは自分に興味を持っている企業を効率よく探し出し、そこを受けることができるというものです。従来の就職活動では自分が気に入った企業にエントリーし、選考を受けていくのですが、相手企業が自分を気に入るか?どうかは分かりません。つまり、選考を通じて自分をアピールしていっても、企業側が自分に興味を持ってくれないとなかなか内定は出ないわけですが、最後まで特に自分の魅力を伝えられず、興味を持たれずに不採用になるということが就活ではよくあります。しかし、スカウト型のサイトの場合には、スカウトが着た時点で確実にあなたに企業は興味を持っています。じゃないとスカウトを送りませんから。つまり、こういったサイトというのは、あなたに対して興味を持っている企業が分かることになるので、その企業の選考を受けていけば、自分に対して最初から関心を持っている、つまり相対的に内定を取れる可能性が高い企業だけを受けることができるということになります。最初から確実に自分に対する関心を持っている企業は、それを持っていない企業よりも内定が出やすいはずなので、そこがニクリーチの効率の良い就活ができるというポイントなのです。ニクリーチはプロフィールを充実させて企業からのスカウトを待つということもできますが、学生の方からも一応アプローチができます。だから、ニクリーチに在籍している企業の中で気になるところがあれば、学生からアプローチをすると良いでしょう。その場合、企業があなたに関心を持ったならば、スカウトを送ってくるとされているので、そこからは企業が最初からスカウトを送ってきた場合と同じ流れになります。

 

ニクリーチではスカウトが着たときには承諾をして、その企業の人間と直接話をする機会を得ることができます。会社説明会の個別バージョンみたいな感じかもしれませんが、自分が受ける企業の人間と直接話ができるので、そこで気になることを何でも質問することができますし、自分のアピールにも使うことができるでしょう。聞きたいことを何でも事前に聞きやすい雰囲気の中で過ごすことができるので、入社後にこんなはずじゃなかったという事態を避けやすくなりますし、自分が納得したうえでその企業の選考を受けられると思うのです。そして、自分に関心を持っている企業だけを受けていくことによって内定を取れる確率が高まりますから、ニクリーチは非常におすすめのサイトと言えます。実際、多くの就活生は大多数が使っている有名なナビサイトを利用しているはずで、そういったところは人気があって、みんなが使っているために安心感はあるかもしれませんけど、みんながみんな同じサイトを使えば、そのナビサイトに求人を出している企業に大量のエントリーが届くことになり、大量のエントリーが届けば、それだけ競争率が上がり、その企業の倍率が高くなって内定が取りづらくなります。つまり、みんなが使っている有名なナビサイトは自分が受ける企業に常にライバルが多くいる可能性が高くなって、内定を取れる可能性が低くなるかもしれないので、こういう知名度は高くない、穴場的なサイトの方が利用者数が少ないという恩恵を受けられる可能性があり、得策であると言える可能性もあるのです。ニクリーチは会員登録をして、プロフィールを登録しておけば、あとはスカウトを待つだけです。スカウトがくるまでは特にすることもないので、その間に別のナビサイトを使って従来通り気に入る企業を検索して、エントリーをして選考を受けていくということをしたり、ニクリーチでスカウトがくる前に自分でアプローチをしたりすると良いと思います。つまり、ニクリーチは従来のナビサイトと併用ができると思うので、今まで使っていたサイトがあるならばそれを使いながら、これからナビサイトに登録をするならば両方使っても良いと思います。そういう利便性もありますから、無料の会員登録をすると誰でも利用ができるので、良かったら参考にしてみてください。

プロフィールを登録しておけば、
後は待っているだけで企業からスカウトが
届くので非常に簡単でお手軽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

やりがいより労働条件が大切な就活生が不採用なのは当然

以前、『「仕事内容」より「労働条件」ばかりを聞く学生はいらない』などのニュース記事で、給料の

記事を読む

大企業はうらやましい?激務で入りたくない人も!メリットがデメリットになる理由

大企業に入りたいという人がいる一方で、大企業には入りたくないと思っている人もいます。大企業で

記事を読む

ちふれホールディングスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ちふれの化粧品を使っている人は世の中に多くいますし、非常に有名な会社ということが言えるのがち

記事を読む

女子大と共学のメリット、デメリットの違いやモテるのはどっち?就職に不利なのは?合わない可能性もある

女子高生は大学進学を考えるときには、男子高校生とは違う部分で迷うかもしれません。というのも、

記事を読む

マルハニチロの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

マルハニチロと言えば、食品会社の中ではかなり規模が大きい方で、就活生からも人気です。以前はマ

記事を読む

ヤマダ電機の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ヤマダ電機の就職の難易度はどうなっているのか?知りたい人も多くいるでしょう。ヤマダ電機に就職

記事を読む

明治安田生命の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

明治安田生命保険相互会社は生命保険の中でも非常に大手の会社であり、知名度も高いです。そういっ

記事を読む

no image

就活で内定がもらえない人、うまくいかない人の特徴、受かる気がしない人が採用されるには?おすすめの方法を紹介!

就活をしているけどうまくいかない人もいるでしょう。内定を取るというのは非常に大変なことで、誰もがうま

記事を読む

集団討論では発言が少ないでも問題ない?話しすぎやしゃべれないは落ちる?

就職活動において集団討論はかなり多くの企業で実施されている採用試験になりました。したがって、

記事を読む

ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

ブライダル業界に就職したいと思っている方も多くいると思います。女性の方が多いのかな?とは思い

記事を読む

筑波大と九州大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

筑波大学と九州大学はどっちが上でしょうか?実際にこの2つで悩む

関西学院大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめは関関同立やMARCH、産近甲龍か?

関西学院大学を受験する人、第一志望であるという人は滑り止めや併

アルフレッサの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

アルフレッサに就職したい人はまず難易度を理解しておきましょう。

筑波大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや早慶、関関同立あたり?

筑波大学を受験する人はどういったところを滑り止めにするのか?そ

博報堂の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

博報堂に就職したいと考えている人はその難易度を理解しておく必要

→もっと見る

PAGE TOP ↑